断り方が上手なモテ女の写真
男性からアプローチをされてどう断れば良いか悩んだ経験はありませんか?

好意を寄せてもらえることはとても嬉しいことですが、断るのにも勇気が必要ですよね。

自分の発言で相手を傷つけてしまったら、こちらも申し訳ない気持ちになってしまいます。

繊細な男心を傷つけないためにも、上手な断り方を身につけたいものです。

今回は断り方が上手なモテ女の特徴と男性を上手く振り回す小悪魔な女性の行動について詳しく紹介していきます。

断り方って難しい

誰でも相手の好意を断るのには勇気が必要なものです。

相手から好意を寄せられているのは嬉しいというポジティブな気持ちと、嬉しいけどきちんと断らなければいけないというネガティブな気持ちが混ざり合って断り方を難しくしてしまいます。

ストレートにNOを突きつければ相手の男性が傷ついてしまうでしょう。

かと言って遠回しになり過ぎても下手にフォローをしているようで惨めな思いにさせてしまいます。

相手に対して「ありがとう」という気持ちをもっているからこそ、傷つけたくなくて困ってしまうのです。

それでも同情でYESと返答するわけにもいかないため、良い断り方を身につけることが大切です。

色々な場面で必要な断り方

断ることは告白をされたときに限ったことではありません。

恋愛においては遊びや食事に誘われたときやプレゼントを渡されたときなどにも必要です。

特にはっきりと告白をされていない時期に断る際は、慎重に言葉を選ぶ必要があります。

告白を意識し過ぎてしまうと、まだ告白していないのに振られたような感じになってしまいます。

あなたの勘違いの場合もあるため、先を読み間違えると自分自身が恥をかくこともあります。

他にも仕事や友達関係で断ることもありますよね。

恋愛以外のシーンでも言い方や伝え方を間違えると相手に対して失礼にあたることもあります。

仕事では大切なお客様や取引先を怒らせてしまい、損失に繋がることもあるので注意しましょう。

上手な断り方を身につけると恋愛以外のシーンでも役立ちます。

いろいろな場面を想定し、正しい断り方を身につけるようにしましょう。

断り方が上手だと良いの?

断るということは、相手にとって決して良い状況ではありません。

告白であれば「失恋」、商談であれば「破約」や「解約」などネガティブな状況に繋がります。

相手は断られれば少なからず傷つきます。