断り方が上手なモテ女の写真
男性からアプローチをされてどう断れば良いか悩んだ経験はありませんか?

好意を寄せてもらえることはとても嬉しいことですが、断るのにも勇気が必要ですよね。

自分の発言で相手を傷つけてしまったら、こちらも申し訳ない気持ちになってしまいます。

繊細な男心を傷つけないためにも、上手な断り方を身につけたいものです。

今回は断り方が上手なモテ女の特徴と男性を上手く振り回す小悪魔な女性の行動について詳しく紹介していきます。

断り方って難しい

誰でも相手の好意を断るのには勇気が必要なものです。

相手から好意を寄せられているのは嬉しいというポジティブな気持ちと、嬉しいけどきちんと断らなければいけないというネガティブな気持ちが混ざり合って断り方を難しくしてしまいます。

ストレートにNOを突きつければ相手の男性が傷ついてしまうでしょう。

かと言って遠回しになり過ぎても下手にフォローをしているようで惨めな思いにさせてしまいます。

相手に対して「ありがとう」という気持ちをもっているからこそ、傷つけたくなくて困ってしまうのです。

それでも同情でYESと返答するわけにもいかないため、良い断り方を身につけることが大切です。

色々な場面で必要な断り方

断ることは告白をされたときに限ったことではありません。

恋愛においては遊びや食事に誘われたときやプレゼントを渡されたときなどにも必要です。

特にはっきりと告白をされていない時期に断る際は、慎重に言葉を選ぶ必要があります。

告白を意識し過ぎてしまうと、まだ告白していないのに振られたような感じになってしまいます。

あなたの勘違いの場合もあるため、先を読み間違えると自分自身が恥をかくこともあります。

他にも仕事や友達関係で断ることもありますよね。

恋愛以外のシーンでも言い方や伝え方を間違えると相手に対して失礼にあたることもあります。

仕事では大切なお客様や取引先を怒らせてしまい、損失に繋がることもあるので注意しましょう。

上手な断り方を身につけると恋愛以外のシーンでも役立ちます。

いろいろな場面を想定し、正しい断り方を身につけるようにしましょう。

断り方が上手だと良いの?

断るということは、相手にとって決して良い状況ではありません。

告白であれば「失恋」、商談であれば「破約」や「解約」などネガティブな状況に繋がります。

相手は断られれば少なからず傷つきます。

ひどい断られ方をすればその傷はさらに深まり、相手に大きなダメージを与えかねません。

場合によっては断ったことでこれまでの関係を維持できなくなることもあります。

恋愛においては「告白をしたら友達に戻れない」と考える人もいますよね。

こっぴどい振られ方をすれば、二度とその人と会うのが嫌になってしまうこともあるでしょう。

しかし、上手な断り方を身につければ相手の傷を最小限に抑えることができます。

相手の告白を断っても良好な関係を維持することもでき、気まずい思いをせずに済みます。

上手な断り方を身につけることは、自分だけでなく相手にとっても大きなメリットがあります。

相手を傷つけないための上手な断り方を身につけ、良い人間関係を維持するようにしましょう。

上手な断り方とは?

上手な断り方とは

上手な断り方とは自分や相手の傷を最小限に抑える断り方のことを指します。

断る以上、相手をまったく傷つけないというのはほとんど不可能でしょう。

自分の望む結果を得られないとなれば、少なからず傷つくのは仕方ありません。

上手く断るためにも、傷つけない断り方はないと認識しましょう。

大切なのは傷つけないことではなく、お互いの傷を最小限に抑えることです。

その上で自分の意思をはっきりと提示できれば、無理に我慢する必要もありません。

次は上手な断り方のフレーズや断り方について詳しく紹介していきます。

「家に両親が来てるので」

「家に両親が来ているので」というのは、急な誘いを断るときのフレーズです。

当日に遊びや食事に誘われて、どう断れば良いか悩んだ経験はありませんか?
さっと断るフレーズが出てこないと、予定がないことがバレてしまいます。

相手の申し出を断る際に最も注意するべき点は、自分が嘘をついていないと思わせることです。

嘘をつかれることは、断られること以上に相手にショックを与えてしまうことがあります。

相手に嘘だと悟られないためにも、スラッと出てくるようなフレーズを持っておくと安心です。

当日の申し出に対しては、すでに予定を変えられないと伝えることが効果的です。

この場合はすでに両親が家に来ているため、わざわざ両親を帰らせるわけにはいきません。

すでに予定が入っており、どうにも変えられない状況を伝えることで断りやすくなります。

「先約がいるのでごめんなさい」

「先約がいるのでごめんなさい」というのは、急な誘いや事前の誘いを断るときのフレーズです。

軽い誘いや急を要さない誘いであれば、ほとんどの人が申し出を諦めるでしょう。

しかし、なかには「先約」とは何かを追求しようとする人もいます。

先約が歯医者の予約や習い事などであれば「今日だけずらせない?」と粘られることもあります。

相手に粘られた場合は、前項で紹介した「家に両親が来ているので」といったすでに実行されている予定を伝えるようにしましょう。

どうしてもずらせない状況を伝えることで、相手も諦めやすくなります。

また、最後に「ごめんなさい」と謝罪を付け加えることも大きなポイントです。

「ごめんなさい」を加えることで「行けないことを申し訳なく思っている」という謙虚さが出ます。

ただし、何度も使い過ぎると相手が先約を取ろうとするので注意しましょう。

「すごく行きたいけど今日は無理なんですよ」

「すごく行きたいけど今日は無理なんですよ」というのは、急な誘いを断るときのフレーズです。

急な飲み会や食事に誘われたときにやんわりと断ることができます。

ここでのポイントは「すごく行きたいけど」というポジティブな言葉を加えることです。

ポジティブな言葉を加えると「本当は行きたいけど、どうしても行けない」という印象をつくれます。

一方、「すごく行きたいけど」を抜くとどうでしょうか。

「今日は無理なんですよ」と断る言葉だけになってしまい、ぶっきらぼうな印象を与えてしまいます。

前者であれば「今日は都合が悪いのか。

またタイミングを見て誘おう」と思えますが、後者だと「行きたくないのかな。

もう誘うのはやめよう」ととらえてしまうかもしれません。

今後も誘われたくないのであれば後者でも良いですが、相手に与える印象は良くないためオススメではありません。

「ダイエット中ですので痩せたら行きましょう」

「ダイエット中ですので痩せたら行きましょう」というのは、食事の誘いを断るときのフレーズです。

急な誘いと事前からの誘いのどちらにも使えます。

ここでのポイントは「ダイエット」というコミカルな言葉を使うことです。

ただ断るよりもちょっとクスッと笑える言葉や次の会話に繋がる言葉を入れると場が和みます。

なかには「それじゃあいつ食事に行けるんだ」とからかってくる人もいるでしょう。

失礼な言葉ですが、こちらが先に冗談を言ったのでそれに乗ってくれているだけだと考えましょう。

「なるべく早く行けるように頑張りますね」とあまり深くとらえず、軽く流すのが大人の対応です。

明るく返答してもらえれば誘った方も嫌な気はしませんし、ユーモアのある印象を与えられます。

普段から仲良くしている友達や気心のしれた同僚、上司などにも使うことができます。

使う人のタイプを選びますが、抵抗がなければ使ってみるのもオススメです。

「落ち着いたら私から誘いますね」

「落ち着いたら私から誘いますね」というのは、自分が誘いの主導権を握るときのフレーズです。

こちらも急な誘いと事前からの誘いのどちらにも使えます。

ここでのポイントは「私から誘いますね」と言うことで、自分が誘いの主導権を握ることができます。

裏を返せば「私が声をかけるまでは誘いを控えてくださいね」ということです。

そのまま「誘わないで欲しい」と伝えるのは角が立ちます。

しかし、いつまでものらりくらりと断り続けることもできないとしつこく誘われてしまいます。

どうしても誘いに応じられないときや応じたくないときなどは、主導権を握ることが重要です。

そう断られることで、人によっては「誘われたくない」という裏メッセージを読み取る人もいます。

真顔で言うと感じ悪くとらえられるため、なるべく笑顔でやんわりと伝えるようにしましょう。

最初に誘ってくれたお礼を言う

誘いを断る際は、まず最初に誘ってくれたお礼を言うようにしましょう。

お礼を言うことで誘ってくれたことを好意的にとらえている気持ちを伝えることができます。

どんな場合でも、人を誘うのには勇気が必要です。

誘うという背景には「断られるかも」というネガティブな結果がつきまといます。

ハッキリ「行けません」と伝えるだけでは、誘って良かったのかどうかを判断することができません。

最初に「誘ってくれてありがとう」と加えることで、機会があれば誘って欲しい旨を伝えられます。

このような小さな気遣いが後の人間関係に大きな影響をもたらします。

良い関係を築いていきたいのであれば、断る際も気遣いをするように心がけましょう。

また、断る際は相手が言われてどう感じるかを想像することも大切です。

どういう言葉を選ぶか、どういう表情や声色で伝えるかで相手が受ける印象も大きく変わります。

断り方が上手なモテ女の特徴

断り方が上手なモテ女の特徴

上手な断り方をマスターすると、人間関係も良好に保つことができます。

そのため、モテる女性は上手な断り方を心得ています。

断りるためのフレーズを覚えることも大切ですが、振舞いなどもとても重要です。

次は断り方が上手なモテ女の特徴について詳しく紹介していきます。

演技派

断り方が上手なモテ女は演技派である特徴があります。

いくら断りのフレーズを覚えていても、すぐに嘘だと見破られてしまっては意味がありません。

上手に断るためには、多少の演技力も必要です。

自分の誘いを断られる際、最も相手を傷つけるのは嘘を言うことです。

矛盾しているようにも思えますが、断る際は嘘も方便なのです。

相手を必要以上に傷つけないためには、演技によって嘘を真実だと思わせることも重要です。

ただし、それが嘘だとバレてしまっては逆効果です。

むしろ相手が負う傷が深くなり、あなたの印象もマイナスに転じてしまう危険性があります。

そのような事態を防ぐためにも、上手に断るためには演技力も必要です。

断り方が上手なモテ女はほど、女優顔負けの演技力を身につけています。

頭の回転が速い

断り方が上手なモテ女は頭の回転が速いという特徴があります。

頭の回転とはただ勉強ができるだけではなく、状況判断能力に優れているということです。

相手に断り文句を言う際、それが嘘だとバレてはいけません。

しかし、人によっては誘いを断る理由を深く追求し、本当かどうかを探ろうとする人もいます。

そのように深く突っ込まれた場合は、冷静にそれが事実である裏付けをつくらなければなりません。

たとえば「先約って誰と?」と聞かれたら瞬時に誰と約束しているのか答えましょう。

少しでも迷ってしまうと相手に「先約があるのは嘘なんだな」と読まれてしまうからです。

日頃から断り慣れていない方や嘘をつくのが苦手な方は素直にとらえてしまいがちです。

断り方が上手なモテ女は、突っ込んだ質問にもすぐに機転を利かせてそれらしい答えを導きます。

その結果、嘘だとバレずに上手く断ることができるのです。

笑顔が素敵

笑顔が素敵
断り方が上手なモテ女は、笑顔が素敵という特徴があります。

断り方の上手さと笑顔が結びつかないように思えますが、実は笑顔も重要なポイントです。

誘いを断るときにさっとかわすような態度を取ってしまうとマイナスなイメージを与えてしまいます。

「断る」こと自体がネガティブな行動なので、なるべくポジティブな印象を与えることが大切です。

どのような誘いでも笑顔で断ることで、相手に良い印象を与えることができます。

人間の表情は複雑なため、困った素振りを見せながらも笑顔を維持することはできます。

二つの表情を組み合わせることで、「本当は行きたかったんだな」「仕方なく断っているんだな」と相手に思わせることができ、深く追求されるのを回避することができます。

逆に不愛想に断ったらどのような印象を受けるでしょうか。

「口では良く言っているけど、本当は行きたくないんだな」と深読みをされる可能性もあります。

断りのフレーズを覚えることも大切ですが、伝えるときの表情にも注意しましょう。

ポジティブシンキング

断り方が上手なモテ女は、ポジティブシンキングが得意という特徴があります。

相手の誘いを断る際は、申し訳ない気持ちが先行してネガティブな言葉を使ってしまいがちです。

こちらがネガティブな雰囲気を出してしまうと、相手もそれにつられてしまいます。

「ああ、断られるのかな」と断られることに気構え、残念な気持ちになってしまうのです。

しかし、断り方が上手なモテ女は、断る際もポジティブな言葉を添えることができます。

「とっても残念だけど」「また誘ってね」など前向きな言葉を入れることで印象が大きく異なります。

同じ断られるという結果でも、ポジティブな言葉が入っているとまた誘いたくなりますよね。

咄嗟にポジティブな言葉を添えられるのは、普段から前向きな気持ちを持っているからです。

恋愛経験が豊富

恋愛経験が豊富
断り方が上手なモテ女は、恋愛経験が豊富という特徴があります。

普段から断る経験をしていないと、上手な断り方をマスターすることができません。

断り方が上手ということは、それだけ誰かに誘われているということでもあります。

モテるから誘われるという考えもありますが、上手く断るからまた誘ってもらえるのです。

断り方の駆け引きは恋愛に似ています。

相手の様子や感情を読み取り、それに適した言葉や態度を選んで使い分けるのです。

そのため、上手く断れる女性は恋愛の駆け引きにも慣れている傾向があります。

男性からモテモテの女性でなくても、恋をすると自然と駆け引きの機会が増えていきます。

残念がる

断り方が上手なモテ女は、残念がるという特徴があります。

明るく笑顔で断るのも好印象を与えますが、残念がることで可愛げを表現することができます。

本当に相手の誘いに乗りたいときは、「行けなくて残念だな」と思いますよね。

残念がることで「本当は行きたかった」という裏付けをすることができるのです。

残念な表情をつくったり、断る際に「残念ですが」と加えたりすることで残念アピールをします。

相手もあなたが残念がっている姿を見れば、また良いタイミングで誘おうと思うでしょう。

今後は誘われたくない相手であればキッパリと断った方が良いですが、タイミングが合えば誘ってほしい相手の場合は、好印象を残しておくことが非常に重要です。

隙がある

断り方が上手なモテ女は、隙があるという特徴があります。

隙のある女性とは、相手に踏み込みやすいと思わせらえる人のことを指します。

いつも誰からの誘いにも乗らず、一人を貫いている女性はガードが堅いように見えるでしょう。

一方、隙のある女性は誘えば好意的に取ってくれるため、とっつきやすい印象を与えます。

普段からオープンな女性は、相手の誘いを断る際もトラブルになりづらい傾向があります。

日常的にコミュニケーションを取ることで、誘いやすい環境をつくれているのです。

相手の誘いを断るには勇気が必要ですが、お互いに仲の良い関係性を築き上げていければ、断っても嫌な印象を与えずに済みます。

絶妙な距離感

断り方が上手なモテ女は、絶妙な距離感を持っているという特徴があります。

相手との距離感が遠いと断りづらく感じることがありますよね。

一方、距離感が近すぎても「いつも断るのは悪いな」と後ろめたさを感じることがあります。

相手の誘いを断る際は、お互いに良い距離感を保つことも非常に重要です。

遠すぎず近すぎない距離感を保つことで、急な誘いも断りやすくなります。

ここで重要なのは、断ることで距離が離れていると感じさせないことです。

相手は断られることで、あなたとの距離を遠くに感じることがあります。

「ごめんね」「残念だけど」とフォローを入れ、親しい間柄は変わっていないことを表しましょう。

清潔感があって清楚系

断り方が上手なモテ女は、清潔感があって清楚系な女性が多い特徴があります。

相手の誘いを断る断らないに関わらず、多くの男性は清潔感のある女性に好感を持っています。

誘いを断る際は、なるべく清潔感のある清楚系な振舞いを意識しましょう。

サバサバとした対応をしてしまうと、「予定を把握していない」「しっかりしていない」などのマイナスイメージを持たれてしまう恐れがあります。

清楚系の女性を演じることで、使い古された断り文句も真実のように聞こえます。

同じ言葉でも言う人によって相手に与える印象も異なるため、外見や振舞いにも注意しましょう。

男性を振り回す小悪魔な女性の行動とは?

男性を振り回す小悪魔な女性の行動
男性を振り回す小悪魔的な女性もいますよね。

小悪魔女子とは男性に思わせぶりな態度を見せ、自分の意のままに操る女性のことを指します。

わがままで性格が悪いなどのマイナスイメージを持つ方もいますが、多くの場合、男性の方が好んで小悪魔女子に翻弄されているというケースも少なくありません。

小悪魔女子は個人の性格に関係することもありますが、恋愛のテクニックでもあります。

小悪魔女子の特徴をおさえ、モテ行動や仕草を身につけてみましょう。

男をその気にさせる

小悪魔女子になるために重要なポイントは、男性をその気にさせることです。

相手に嫌々行動させるのではなく、率先的に行動してもらうことで自由にコントロールできます。

相手の行動をコントロールするためには、信頼関係や恋愛関係を上手く活用しましょう。

次は男性をその気にさせる方法について詳しく紹介していきます。

ボディタッチが多くてうまい

小悪魔女子は男性へのボディタッチが上手く、回数が多い傾向にあります。

ベタベタと触るのではなく、ふとした瞬間に腕や足が相手に触れるように計算をしています。

ボディタッチの頻度も他の女性と比べ多いという特徴があります。

男性は女性に触れられると思わずドキッとし、相手のことを異性として意識するようになります。

その時点で恋心が芽生えていなくても問題ありません。

自分のことを異性として意識させることによって、アピールしやすい環境をつくることが大切です。

あなたのことを異性として認識させれば、その後の言動の意味や効果もガラリと変わります。

たとえばあなたが笑っているだけでも「楽しそうだな」「喜んでくれている」と意識するでしょう。

ボディタッチは相手に自分の存在を気づかせるきっかけにもなるのです。

連絡がマメ

小悪魔女子は男性への連絡がマメで、適確なメッセージを送れる特徴を持っています。

女性と比較すると、男性の方が異性に対するハードルが低い傾向にあります。

恋愛感情を持っていない相手でも、相手が女性というだけで思わず気が緩んでしまうのです。

そこに連絡をマメにもらったらどうでしょうか。

「もしかして好きなのかな」「自分に興味があるのかな」と思わずドキドキしてしまうでしょう。

男性を自由にコントロールするためには、自分に対して好意を持たせることがとても大切です。

行動の原動力はこの好意に結びついており、あなたに好意があるほど言うことを聞いてくれます。

連絡を小まめにすることも、自分に対して好意を寄せてもらうためのきっかけです。

完全な恋人関係にならなくても、信頼関係さえ築けていれば自分の意見も通しやすくなります。

目を合わせるのがうまい

小悪魔女子は男性と目を合わせるのが上手いという特徴を持っています。

前項でも述べた通り、男性は女性とのちょっとした接点で意識がガラリと変わります。

これまで異性として見ていなかった女性も目が合うだけでドキドキしてしまうこともあります。

この男性の心理を上手く活用できるのが、小悪魔女子の大きな特徴です。

自分から意図的に目を合わせることで、相手に自分の存在を上手く意識させているのです。

ただし、じっと見つめるだけでは効果がありません。

偶然を装ってチラリと見るくらいが自然にでき、相手も意識しやすくなります。

色気を武器にできる

小悪魔女子は色気を武器にできるという特徴を持っています。

女性にとって色気は最大の武器であり、それを上手く活用しない手はありません。

本来、色気とは異性を引き付ける性的魅力のことを指します。

肌を大胆に露出したり、過剰なスキンシップを取ったりしなくても色気を活用することはできます。

前項で述べた「さりげなくボディタッチをする」「目を合わせる」なども色気を出す方法のひとつです。

自分の行動によって相手に異性として認識させることが重要なポイントなのです。

他にも「ぽってりとした唇」や「淡く色づいた頬」などのメイクに色気を感じることもありますし、「髪をかきあげる」「上目遣いをする」などの仕草から色気を感じることもあります。

反対に過激なアピールは相手に引かれてしまう恐れがあります。

色気を武器にするためには、さりげなくアピールすることが大切です。

甘え上手

小悪魔女子は甘え上手であるという特徴があります。

甘え上手とは相手に「守ってあげたい」「尽くしてあげたい」と思わせることを指します。

ただ一方的に要望を押し付けるのではなく、相手が思わず自分から行動したくなってしまうようなことを指し、それを上手くコントロールできるのが小悪魔女子の特徴です。

甘え上手な女性は、わがままと可愛げの線引きをきちんと心得ています。

同じおねだりでも度が過ぎればわがままになってしまい、ほどほどであれば可愛げになります。

どこまで踏み込んで良いかは相手によって大きく異なります。

小悪魔女子は相手のタイプに合わせて甘えるレベルを絶妙に調整しているのです。

褒め上手

小悪魔女子は褒め上手であるという特徴があります。

誰でも褒めてもらったら嬉しいですよね。

男性も女性に褒められることで喜びを感じ、相手に対するガードが下がってしまうのです。

自分に良い感情を与えてくれる人とは、積極的に一緒にいたいと思うものです。

褒め上手になるということは、相手にとっての癒しや安らぎになることにも通じています。

相手を褒め、上手くおだてることで甘いおねだりも聞き入れられやすくなります。

このバランスを絶妙にコントロールできることは、小悪魔女子ならではテクニックでもあります。

小悪魔女子を目指すのであればおねだりだけではなく、相手の魅力や長所にも目を向けて褒め上手になるように心がけてみましょう。

ツンデレ

小悪魔女子はツンデレという特徴があります。

ツンデレとは敵対的な態度と好意的な態度を上手く使い分けることを指します。

男性に対してずっと甘い態度を取っているだけでは、いつか飽きられてしまう可能性があります。

時々敵対的な(ツンツンした)態度を取ることで、良い刺激を与えることができます。

もともと男性は狩猟をしていたため、追いかけることに喜びを感じる生き物でもあります。

いつも尽くしてくれる女性も魅力的ですが、それだけでは追いかけたい欲が満たされません。

時には男性の狩猟本能を刺激するために、刺激を与えてあげることも効果的です。

ただし、いつまでも冷たい態度ばかり取るのは逆効果です。

甘えるときはしっかりと甘える、可愛げを見せることで正しい効果を得ることができます。

たまに可愛くワガママを言う

小悪魔女子はたまに可愛くワガママを言う特徴を持っています。

相手を上手くコントロールするためには、「押し」と「引き」のバランスを取ることが大切です。

前項で述べた褒め上手になることは「引き」にあたります。

相手を褒めて気持ちよくさせ、自分に対して好意的な印象を持ってもらう効果があります。

一方、甘え上手になることは「押し」にあたります。

自分の要望や欲求を相手におねだりし、それを叶えてもらうことで可愛げを表現できます。

多くの男性は「押し」と「引き」のギャップに好感を持ちます。

たまに可愛くワガママを言うことで、男性の守ってあげたいという保護本能を刺激するのです。

上目遣い

小悪魔女子は上目遣いが上手いという特徴を持っています。

上目遣いは小悪魔女子にとってスタンダードなテクニックのひとつです。

上目遣いをすると子供っぽく、可愛らしい顔つきに変化します。

同じ顔でも視点によって見え方が異なるため、いつもとは違う表情を見せることができます。

多くの男性は小さく、か弱いものを守るという保護本当を持っています。

子供っぽく、幼い印象の女性がモテるのも、男性の保護本能を効果的に刺激しているからです。

小悪魔女子は「上目遣いをすれば可愛く見える」ということをきちんと理解しています。

多少あざとく見えても、男性には効果抜群なので上手く活用することができるのです。

上手な断り方でいい女を演出しよう

いかがでしたでしょうか?

断り方が上手なモテ子の小悪魔的な行動についてご紹介させていただきました。

案外、簡単に言えそうな上手な断り方の項目がたくさんあったはずです。

意識して行動すれば周りの見方も変わり、いい女を演出できるはずです。

すぐに実践して、ぜひモテる小悪魔な女性に変身してみてください。