体育会系の男性の特徴とそんな男性のメリットと注意点について
肉食系男子や草食系男子の男性が人気を集めていますが、体育会系男子も人気のひとつです。

体育会系男子というと、スポーツマンで爽やかな男性をイメージする方も多いでしょう。

今回は体育会系の男性の特徴とそんな男性のメリットや注意点について詳しく紹介します。

「体育会系の人」と出会うなら?
体育系の人も多く利用している、マッチングアプリ『Pairs(ペアーズ)を使うのは1番おすすめ!
※利用率No.1で、1000万人以上の利用者がいるんです!

> 【無料】Pairsアプリのお試しダウンロードはこちらから →
▼まずは「Pairsとは?」や「使い方」の解説動画を見てみましょう。

体育会系ってなに?

体育会系とは部活やクラブ活動などを経験し、そのなかで精神論や根性論、上下関係などを学ぶことを指し、人だけではなく組織や企業などに対して使うこともあります。

その意味から「体育系男子」とは部活やクラブ活動の経験があり、運動能力に優れている人や精神論や根性論、上下関係に対する考え方がしっかりと根付いている人のことを指します。

単なるスポーツマンよりも精神的な特徴が強く、タフで力強いイメージを持つ人も多いですね。

恋愛や仕事においてもハキハキとしており、みんなのリーダーになる男性も多いでしょう。

ポジティブなイメージがある一方で、「単純」「子供っぽい」という印象を持つ方も多くいます。

恋の駆け引きなどには疎く、自分の想いをストレートに表現する男性が多い傾向にあります。

体育会系はモテるの?

体育会系の男性は女性から高い人気を得ています。

多くの女性は男性にリードして欲しいと願っており、体育会男子はまさに理想そのものなのです。

体育会男子というと、イケメンのスポーツマンを想像する方も多いでしょう。

本格的にスポーツをやっていた男性も多いため、スポーツ万能なイメージが強いのです。

他にも筋肉質で男らしく見えたり、積極的で頼りがいがあるように見えたりもします。

人間関係においてはリーダーに抜擢されることが多く、周囲を巻き込む力に長けています。

学校ではクラスの人気者の地位に立っていた男性が多く、お調子者な一面も持っています。

実際はその人の性格によって異なるものですが、ポジティブなイメージであることは事実です。

体育会系と文科系の男性とでは、圧倒的に体育会系の人気が高いこともわかっています。

初対面の場合は視覚的情報で判断することが多いため、体育会系の方が有利に働きます。

「体育会系の人」と出会うなら?
体育系の人も多く利用している、マッチングアプリ『Pairs(ペアーズ)を使うのは1番おすすめ!
※利用率No.1で、1000万人以上の利用者がいるんです!

> 【無料】Pairsアプリのお試しダウンロードはこちらから →
▼まずは「Pairsとは?」や「使い方」の解説動画を見てみましょう。

体育会系の男性の特徴

体育会系の男性の特徴
多くの女性は体育会系の男性に対して、男らしく爽やかなイメージを抱いています。

そのため、初対面では文科系よりも体育会系の男性に分配が上がりやすい傾向にあります。

実際に体育会系の男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

まずは体育会系の男性の特徴について詳しく紹介していきます。

負けず嫌い

体育会系の男性には、負けず嫌いという特徴があります。

学生時代から本格的にスポーツをやっていた男性も多く、社会人になってからも仕事の評価や売上成績などで他に負けたくないという強いプライドを持っています。

厳しい部活に所属していた経験から努力を惜しまないのも大きな特徴です。

時にはビックマウスな発言もありますが、それを実現するための努力もきっちり行っています。

勝利にこだわっていても、卑怯なことやズルいことには手を出しません。

スポーツマンシップが根付いているため、正々堂々とした姿勢で勝利を掴みにいきます。

そのような姿に爽やかさや誠実さを感じる女性も多いでしょう。

単なる強い男性ではなく、正義感に溢れる姿勢に胸を打たれる女性も少なくありません。

挨拶がしっかりしている

体育会系の男性には、挨拶がしっかりしているという特徴があります。

長年上下関係の厳しい部活やクラブ活動を経験してきたため、目上の人だけではなく周囲に対しての挨拶を徹底している傾向があります。

挨拶はコミュニケーションの基礎ですから、元気よく挨拶をされたら嬉しいですよね。

爽やかに挨拶をする姿に誠実さや優しさを感じる女性も多く、体育会系の男性が高い人気を誇っている理由のひとつでもあります。

その他にもきちんとお礼を言うなど、基本的な礼儀もきちんと身につけています。

爽やかなだけでなく、紳士的な対応にも優れているため大人っぽい魅力も持っています。

ただし、体育会系の男性にとっては挨拶は当たり前のことなので深い意味がないこともあります。

「よく挨拶してくれるな」とドキドキしても、実はみんなにも同じように挨拶をしていたということもよくあることなので、思わずドキッとしてしまっても浮かれ過ぎないようにしましょう。

縦関係に厳しい

体育会系の男性には、縦関係に厳しいという特徴があります。

これも長年上下関係の厳しい部活やクラブ活動を経験してきたため、目上の人に対する礼儀やマナーを徹底するのが身についているのです。

礼儀やマナーを徹底しているのは素晴らしいことですが、その一方で後輩や年下にして厳しく指導し過ぎてしまうという部分も存在します。

人によっては「上から目線」「偉そうにしている」と感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、厳しいのは女性に対してよりも同じ男性に対してのことの方が多い傾向にあります。

強豪の部活やクラブ活動は、基本的に男性だけで組織が形成されています。

コーチも男性であることが多いため、男社会の中で生きてきた人が多いのです。

そのため、女性に同じ厳しさを求めることはあまりありません。

ただし、あまりにも礼儀がなっていないと相手に引かれてしまう恐れがあるため注意が必要です。

声がデカい

体育会系の男性には、声がデカいという特徴があります。

スポーツ系の部活やクラブ活動では、大きな声を出す機会がたくさんあります。

声が小さいとコーチや先輩から叱られることもあるため、自然と大きな声が身についています。

社会人になってからは、挨拶や反応が大きいといった特徴があります。

ただ声を張り上げているのではなく、話し方もハキハキとしていて爽やかな印象を受けるでしょう。

声が大きいとそれだけで明るく元気な印象を受けます。

そのようなハツラツとしたキャラクターは女性だけでなく、同性からも慕われる傾向があります。

あなたの周りにも男性の上司から可愛がられている同僚はいませんか?

男性上司から可愛がられる人の多くは、ハキハキとしてノリの良い体育会系の男性です。

異性からだけでなく、同性からも慕われやすいというのは素敵なポイントですね。

体力がある

体育会系の男性には、体力があるという特徴があります。

厳しい部活やクラブ活動を経験してきたため、学生時代に基礎体力が鍛えられるのです。