彼氏が嫉妬しやすいってうれしい?重すぎ男子のチェック表を作ってみました!あなたの彼は何個当てはまるかな?について
寛容すぎる男性は、付き合っていて「本当に私のことが好きなのかな」と女性は不安に思ってしまいますよね。

嫉妬してくれる男性の方が、愛されている気持ちが伝わってきて安心できる女性もいるのではないでしょうか。

女性はそんな風に安易に安心してしまって大丈夫ですか?

付き合いたてのカップルなら嬉しいはずですが、その嫉妬が何ヶ月、何年と続くことを考えてみてください。

少し不安に思ったり、どっと疲れてしまう感覚を持った女性は、彼氏の嫉妬が重すぎるか診断をすぐに始めてみましょう。

嫉妬しやすい彼氏!あなたは本当に嬉しい?

まずは、自分の胸に手を置いて彼氏が嫉妬することについてゆっくり考えてみましょう。

嫉妬されることに慣れてしまって、わからなくなっていませんか?

また、彼氏が言う「嫉妬するのはお前を愛しているから」を信用しきって愛されていると思い込んでいませんか。

あなたが彼氏の嫉妬を感じ、本当に嬉しいと思っているのか冷静になって考えてみましょう。

ほかの異性にLINEできない

家族や友達と連絡手段として日々使用するLINEですが、異性とのLINEを禁止されていませんか。

その理由は、異性と連絡すると心配になるからというのがほとんどではないでしょうか。

ですが、あなたからすれば異性の友達も居て当然で、それは同性の友達と何ら変わらず連絡を取り合いたい相手ではないでしょうか。

そんなあなたの気持ちを無視して、異性というだけでLINEを禁止されることに納得していますか?

彼氏が言う「心配だから」という漠然とした理由を今一度よく考えてみると、何が心配なのかわからない女性もいるのではないでしょうか。

また、学生時代は学校で会うことができた異性の友達ですが、社会人になるとそのほとんどが頻繁に会うことは出来なかったり、ほとんど会う機会が無いのではないでしょうか。

せっかく知り合えた、友達になれた友達と、会うことは出来ないのだから、せめて連絡だけはしていたいというのがあなたの本音ではないでしょうか。

遠くで暮らしている友人のLINEを消されると、実質もう二度と会うことはできませんよね。

それはあなたにとって寂しい事ではないでしょうか。

女友達との用事をキャンセルさせる

せっかく予定を合わせ、どこに行くかも決めていた女友達との用事をキャンセルさせられたことはありませんか。

それも、思わず女性が「え?」と思ってしまうほど、どうでもいいような理由で自分を優先させるよう彼氏に言われたことはありませんか。

好きだからこそ、彼氏の方を優先させたのかもしれませんが、冷静になって考えてみましょう。

友達と遊びに行くことを彼氏に報告した時は、「楽しんでね」なんて笑って言っていませんでしたか?

ですが、嫉妬深い男性は聞いたときは精一杯いい顔をして彼女を送り出そうと思っています。

それが、彼女が出かける日が近づくに連れて不機嫌になり、彼女が自分以外と出かけることが許せなくなります。

しかし、今更「行かないで」とは言えないのが小さなプライドを持った男性です。

そんな時は、とってつけたようなどうでもいい理由で、優しい彼女を引き止めます。

注意したいのは、本当にその日でなければならない彼氏の用事もあるので、友達との約束をキャンセルさせられたからと言って、重たい彼氏なのではなく、「今日じゃなくてもよかったじゃん」というような理由で引き止められた場合は重たい彼氏の可能性があります。

自分が最優先じゃないと拗ねる

自分が最優先じゃないと拗ねる
女友達の約束でもそうですが、突然彼氏が「会いたい」などと言ってきて、その日彼女が予定が有ったり、時間的拘束があった場合などに、彼氏を断ると拗ねる男性はいませんか。

そんな男性はたとえ彼女が時間の都合をつけ「〇時からなら大丈夫だよ」と言ったとしても同じように拗ねます。

そして驚きなのが、重たい彼氏は、友達ならまだしも、彼女の家族よりも自分が優先されて当然と考えています。

家族との予定までわざわざ彼氏に報告している女性も少ないと思いますが、「家族と出かける」といったことを彼女が言うと、とたんに彼氏からの連絡が途切れたり、拗ねて不機嫌になってみたりします。

当然、彼女は何故彼氏が怒ってしまったのか理解できませんよね。

「浮気じゃないよ」などと彼氏を安心させようと言ったりするかもしれませんが、彼氏は浮気を心配しているのではなく、自分以外とどこかに行くことや行動することが気に入らないのです。

自分が最優先でいつでもあなたを自由に動かせる状況でなければ気が済まないのです。

また、「浮気ではない」と女性側が言ったことで、本当に浮気をしているかもしれないと被害妄想を膨らませるのも重い彼氏の特徴です。

勉強や仕事に集中していると連絡が来る

受験生や、新学校に進んでいれば勉強時間はきちんと確保したいですよね。

また、仕事にも山場は時々やってきますよね。

そんな大事な時に限って彼氏から連絡が来ませんか?

この週は忙しそうや、明日は勉強しますなど前もって報告していたにも関わらず、そんな日に限って連絡の返信が早かったり、頻繁に連絡が来たなんてことは有りませんでしたか。

そんな彼氏はあなたの意識が自分以外に向かっていることに嫉妬しています。

常に自分のことを考えていなければ嫌なのです。

LINEなどでは「頑張ってね」や「無理しないでね」などと言っていても、そんなやり取りが永遠と続きませんか?

あげく「好きだよ」などと言い出してみたり、「今?!」とイラっとした経験はあるのではないでしょうか。

彼は仕事や勉強よりも自分をかまってほしいのです。

そんな忙しい時でも連絡を返してくれる彼女に安心したいのです。

元彼のことを悪く言う

まず、付き合う時に元彼のことを根掘り葉掘り聞かれたりしませんでしたか?

また、2人で出かけた際、「元彼と来たことある?」や「元彼とどっちが〇〇?」なんて聞かれたことはありませんか?

そんな彼氏は、自分に自信が無く、彼女が好きでいるという確信が欲しくて元彼と自分をいつも比べています。

そして、元彼のことをライバル視するあまり、元彼の悪口を言います。

女性からすれば、そんな昔のことなんてことも、彼氏は覚えていて自分との会話で引き合いに出してきます。

一見、元彼に嫉妬して可愛いななんて思うかもしれませんが、あなたが一度は好きになった相手です。

知りもしないで悪く言われるのは気分が悪くありませんか?

たとえどれほど酷い元彼だったとしても、元彼を悪く言う権利は当事者のあなたにしかなく、今彼には言う権利などないのです。

そして、会ったことも無い人や良く知りもしない人の悪口を言うのは、嫉妬以前に人間性も疑ってしまいますよね。

重すぎ男子はこれだ!チェック項目13個

重すぎ男子のチェック項目
あなたが普通だと思っていた彼氏の言葉や行動に疑問を持ち始めていませんか?

彼はもしかしたら重い男子なのではないかと感じ始めていませんか?

それを普通だと今まで思っていられたのは、感覚がマヒしていたからです。

それでは、もっと正確に重すぎる彼氏ではないか以下のチェック項目で確認してみましょう。

1.あなたのSNSを全て知っている

彼氏はあなたのSNSを全て知っていますか?

それはあなたが彼氏に直接教えたものですか?

現代では、SNSのアカウントを複数持っているのも稀ではありませんよね。

複数持っているという事は、友達に知られたくないことや彼氏に知られたくないことを吐き出す場所が、SNSなのではないでしょうか。

そんなあなたの見られたくないSNSを彼氏が全て把握しているという事は、彼氏は重たい彼氏の可能性があります。

あなたの行動や気持ちを知りたいだけではなく、全てを監視していなければ落ち着かないのです。

あなたが自ら全てのSNSを教えていたのなら問題はありませんが、彼氏に全てを教えるよう強要されて教えていたり、隠していたSNSを知らないうちに彼氏に知られていたなんてことがあれば、彼は重すぎ男子の可能性があります。

2.あなたの元彼を恨んでいる

あなたの元彼を悪く言う彼氏は重すぎかもしれないといったお話をしましたが、悪口では飽き足らず、あなたの元彼を恨むようであれば彼は重すぎ男子と言えます。

恨むとはどの程度だと思いますか?

また、彼氏にそんな素振りはないと安心していませんか?

例えば彼はこんな行動をとったことはありませんか。

あなたと元彼のプリクラや写真を燃やすまたは、ハサミで粉々にしてしまうなどの行動を見たことはありませんか?

プリクラや写真を捨てろと言う男性は珍しくありませんが、それを跡形もなく処分しようとしているのは、元彼を恨んでいる予兆が見られます。

また、元彼と一緒にいる時に買ったものや、着ていた服を捨てろなどと言われたことはありませんか?

元彼に買ってもらったものなら、彼氏が不機嫌に思う理由も、処分してほしいと言うことも納得ができますが、処分しろと言われたものが、たまたま元彼と付き合っていた期間というだけだったりした場合、彼氏が言っていることは重すぎます。

そんなことを言い出す男性は、あなたの過去を含め愛するつもりはなく、全てが自分との初体験でなければ気が済まない重たい男性です。

3.自分に自信がなくいつもネガティブ

自分に自信がなくいつもネガティブ
男性が、相手の女性の行動や言葉を制限し拘束する束縛は、自分に自信が無い男性ほど強くなり、強い嫉妬心があるということに繋がってきます。

自分に自信が無い男性は、常に誰かと自分を比べる癖があります。

他人と比べて切磋琢磨できるならいいのですが、そうした男性はネガティブ思考で、いつも自分に劣等感を抱いています。

彼氏のこうしたネガティブ発言に、あなたもフォローした経験があるのではないでしょうか。

何を言っても、「どうせ俺は」などと一人で考え込みどんどん暗くなっていきます。

いつまでフォローしても終わらないネガティブ発言に、あなたがフォローすることを止めてしまうとそれも男性は気に入らず、不機嫌な気持ちを爆発させます。

ネガティブ男性の特徴として、自分の気持ちの変化を自分で処理する癖がありません。

誰かが傍にいて、自分の気持ちを鎮めてくれることを当たり前と思っています。

こうした男性は、あなたが傍にいないと自分の気持ちをコントロール出来ない重たい男性です。

4.過保護と言ってもいいくらい心配性

「君が心配なんだ」と言われたら、自分を気遣ってくれる優しい彼氏だと思っていませんか?

あなたの幼い頃に、両親が心配していたような優しい感情からだと思っていませんか。

あなたが幼い頃、両親が心配していたのも、色々な制限をつけあなたに注意していたのも、子どもの頃はあなたに正しい判断力が無いということを、両親が知っているからです。

子どものうちは経験も少なく、気持ちのコントロールも出来ないのが当たり前ですよね。

だから両親はあなたを心配し、色々な助言をしてくれていたのです。

大人になったあなたは、子どもの頃とは違い、沢山の経験をし、自分の価値観で判断する能力が身についています。

それなのに、彼氏が言っている「心配」ってなんだか変なもののように感じてきませんか?

彼は、あなたの経験や判断力を信用していないのです。

あなたが自ら危険なことを犯す、子どものような幼い存在だと思っているのです。

そして、彼の言う心配には、「君を心配して不安だから、僕を安心させる行動をしてほしい」という彼氏を安心させるための行動をしてほしいという願いが込められているのです。

何がそんなに不安なんだろうと不思議に思いますよね。

過保護な彼は、あなたの行動を信用していないので、あなたが動くことが不安です。

つまり、あなたが何をしても心配するのです。

そんな一方的な不安を常に持ち歩く彼氏は重たい男性です。

5.次いつ会える?と毎回聞いてくる

先ほどまで一緒にいたのに、別れて家に着く前に「次はいつ会える?」と彼氏に聞かれたことはありませんか。

または、会って間もない段階で、次に会える日にちを決めようと言ってくる彼氏は重たい男性の可能性があります。

彼女であるあなたが居なければ、不安になる表れで、常にあなたと会える約束がなければ不安なのです。

また、この質問には、常にあなたの意識を自分に向けていたいという男性の思いの表れでもあります。

仕事で休みが少ない女性などの自由な時間を、他の人が入り込めないように自分で押さえてしまいたいという男性の欲求もあります。

彼氏はあなたが他の人に時間を割くことを嫌っているんですね。

会ったそばから、次の予定を決められては、あなたは友達や家族と過ごす時間も無くなりますし、彼氏とばかり会わなければならなくなってしまいますね。

6.ほかの男性と会話するのを制限される

彼女の行動や発言を制限する男性は、重たい男性の傾向があると思って間違いありません。

彼女が他の男性と会話をすることを制限するのも、重たい男性です。

異性と話すのを嫌がるのは、彼氏・彼女としては当たり前だと思っていませんか。

でも冷静に考えてみると、大人になったもの同士が、相手が誰と話すかを決めるなんて、おかしなことだと思いませんか?

可愛い嫉妬だと、彼氏の言う事を聞いて行動していると、後々大変なことになることを知っておきましょう。

最初は、同級生や友人の異性と会話を減らしてほしいと言われるでしょう。

それが、今度はコンビニの店員や飲食店の従業員などの異性と話しているだけで、彼氏は不機嫌になり、なんの関係もない異性と話すことも制限されていきます。

それがもっといきすぎると、従妹や兄弟・両親なども異性に含まれ会話をしないでほしいという要求に変わっていきます。

自分の家族を異性という目線で見ることに、不快感をもちませんか?

ですが、彼氏の中では家族なのか他人なのかではなく、男か女かで判断することしか出来ないのです。

そうなった時、いくらあなたが家族だと説明しても聞く耳を持ってくれないでしょう。

だって、最初に異性と話してはいけないという制限を飲んだのはあなたなのですから。

7.頻繁にケータイをチェックされる

頻繁にケータイをチェックされる
携帯電話には、プライベートな情報が沢山詰まっていますよね。

家族であれ、恋人であれ、そんな人のプライバシーな部分を覗くことは許されることではないのです。

それが、彼氏を安心させたいというあなたの優しさから、携帯を見ることを許可してしまうと、その行動はエスカレートしていきます。

彼氏はあなたの携帯のどこまで見ていると思いますか?

通話履歴やLINEのやり取りくらいだと思っていませんか?

あなたの携帯を見る彼氏は、あなたの電話帳に入っている人数や、ネットでの検索履歴まで見ている可能性があります。

電話帳に知らない人が追加されていると、しつこくその人に関して説明を求められたことはありませんか?

また、YouTubeなどの動画観覧履歴や、登録チャンネルなどもチェックされていると思って間違いないでしょう。

男性の動画を頻繁に見ていると、釘を刺されたことはありませんか?

彼氏は、あなたのプライベートな携帯から、あなたの行動全てを知ろうとし、そして管理したいと本気で思っています。

それは本当に愛する彼女にする行動でしょうか。

なんの信頼もされず、彼氏が望むようなこと以外は許されないというのは、あなたを1人の女性として尊重しているとは言えません。

とても重たい男性です。

8.1日に50回以上のLINEが来る

恋人同士であれば、LINEなどで頻繁に連絡を取り合っていることは幸せなことですよね。

常に相手のことだけを考え、一緒に居ない時でも、まるで傍で一緒に何かをしているような会話を続けるのは、仲のいい証拠ですよね。

ですが、本当にそうでしょうか。

あなたには彼氏の他に大切な人がいますよね。

その人と過ごす時間は大切なものではないでしょうか。

それなのに、それを監視しているような制御するような彼氏のLINEが頻繁に携帯に入ってきたら、あなたは大切な人との時間を楽しめないのではないでしょうか。

そんな何度も鳴るあなたの携帯を見て、友達はきっと「忙しいのに誘って申し訳なかった」と負の感情を持ちます。

それが1度や2度なら良いのですが、会うたびに携帯が鳴りまくっていたら、友達はあなたと積極的に会おうとしなくなるでしょう。

連絡のメリハリがなく、1日中ダラダラした連絡をするような彼氏は、あなたが何をしているのか知らないことがストレスなのです。

あなたの大切な時間が、彼氏のストレス解消に使われていると思うと、理不尽だと感じませんか。

9.あらゆる手段で愛情を確認したがる

「僕の事、どれくらい好き?」というのは、甘いカップルの会話で良くあります。

沢山好きだよと言って満足する彼氏ならいいのですが、「具体的にどういうところ」などと次の言葉を求めてくるようなら、その男性は重い男性の可能性があります。

好きというのは感情なので、表すことが出来ません。

どのくらいと明確に見せることは不可能なのです。

そんな誰でもわかることなのに、彼氏はその好きという愛情をハッキリと見せてほしいと思っています。

だから、なにかを引き合いに出してあなたの愛情を明確に確かめようとします。

例えば、両親と比べてみたり、大切な親友と彼氏を比べるようにせがむのです。

両親も友達も本来は彼氏と別の愛情ですから、比べようが無いのですが、比べて「彼氏の方が好きだよ」と言わない限り、この会話は終わりません。

やっと終わったと思っていても、今度は彼女が欲しいと言った服やアクセサリーと自分を比べてと言い出します。

無機物と比べられて彼の心が安心するのだろうかと疑問を持ちますが、彼はあなたの愛情を信頼していないのです。

目に見えない愛情が不安定で不確かだと思っているから、常に目に見えるハッキリとした対象物と愛情を比べさせ安心しようとしています。

10.ちゃんと愛しているのに信頼されていないと感じる

愛情を頻繁に確認される時にも感じていたかもしれませんが、男性は、あなたを信頼していません。

一緒にいて、女性も薄々信頼されていないことを感じているのではないでしょうか。

あなたが友達と過ごすのも、何か1人で時間を使うのも彼はいい顔をしませんよね。

それは、あなたを信頼していないからです。

また、彼のためにと用意したものや、言ったこと、「愛している」という言葉を疑われると、今までのような行動を疑われるよりも、傷つきませんか。

こんなに想っているのに、これだけ一緒の時間を過ごし愛してきたのに、そんなあなたの愛情が彼氏には一切伝わっていなかったと思うと、虚しさとどうしようもない悲しみに包まれることでしょう。

それは、あなたの伝え方、表現の仕方に問題があったのかもしれませんが、彼氏があなたを信頼しようと思っていなかった場合もあります。

恋人同士は、お互いを信頼することから始まるのに、彼はあなたを信頼するのではなく、あなたを自分の思い通りにコントロールすることしか考えていなかったのです。

そんな人に、あなたの愛情が伝わるはずもないのです。

11.アナタを心配する時、度が過ぎている

「2時間くらい飲みに行ってくるね」などと言って出かけた時、その2時間がきっちり過ぎた時、鬼のような電話の嵐はありませんでしたか。

何事かと思ってみたら、彼は泣きそうなほどの剣幕でどこにいるかなどを確認してきませんでしたか?

明らかに、あなたを心配し過ぎています。

お酒を飲んでいたり、友人と話し込んでいれば2時間などあっという間に過ぎてしまうものです。

そんな想像力が無い彼氏にも驚きますが、その短い時間で彼女に何かあったかもしれないということを彼氏は本気で想像しています。

重い男性は総じてマイナス思考ですから、あなたと一緒にいないとあなたがどうにかなってしまうのではないかと、本気で心配しています。

ここであなたが、彼氏を心配させないために4時間など時間を増やしたとしても、「そんなに友達と話すことある?」などと外出を許可してくれない場合があります。

彼があなたから目を離していられる時間はとても短いのです。

12.約束していない時に会いに来る

突然会いに来るのは、あなたを驚かせたいというサプライズではありません。

あなたが嘘をついていないかの確認です。

もし、部屋で勉強するなどと伝え、コンビニなどにフラッと出かけたタイミングで彼が会いに来ていれば、あなたが嘘をついたと物凄く怒り出すでしょう。

彼は、コンビニにちょっと行くという些細な報告も欲しいのです。

こういった行動をとる彼氏を不安なのねと優しく思ってはいけません。

彼はあなたの嘘を探しているのです。

つまり不安の種を自ら探しているのです。

だから、どれだけあなたが安心させようと行動していても、彼はずっと不安にあなたの粗を探し続けるのです。

それが重たい男性です。

13.家の合鍵を欲しがる

合鍵
家の合鍵を欲しがるのは、家という簡単に動かせない物を人質に取ろうとしています。

大げさなと思うかもしれませんが、家というのはその人の基盤であり、必ず帰る場所です。

そんな場所の合鍵を手に入れると、あなたが簡単に離れられなくなることを知っているのです。

彼氏が家の合鍵を欲しがるようなら、その合鍵を渡すメリットを考えてみましょう。

彼氏に合鍵を渡すメリットは何だと思いますか?女性のように、家に来て洗濯や掃除、料理をしてくれるのでしょうか?そんな男性は稀ですよね。

彼に合鍵を渡すメリットは無いのです。

「嫉妬されたらわたしはうれしい」どうしてみんなは嫌なの?

嫉妬されることに愛情を感じてしまう女性はいます。

どうして、嫉妬深い彼氏が嫌なのと本気で思っている女性もいます。

そんな女性と彼氏の関係は共依存になっている可能性も高く、女性側も男性に異常な嫉妬心を持っていたり、必要異常な束縛行為をしている可能性もあります。

度がすぎればただの妬みに変わってしまうこともある

嫉妬という愛情から来た感情が、いつの間にか嫉妬心に変わってしまう危険性があります。

自分はこれだけ彼氏のことを思って行動しているのに、彼氏の行動に満足が出来なくなり、それが「彼氏だけ自由でずるい」といった妬みに変わってしまいます。

それは逆も言えることで、彼氏は束縛や嫉妬を自分から彼女への愛情だと感じています。

それに応えてくれない彼女は自分を不安にさせ、無下に扱う存在として変化していきます。

妬みの少ない恋愛もある

あなたや彼氏が、愛情とは別の感情を持ち始めたのではないかと気付けたなら、周りのカップルを見て冷静に観察してみることをお勧めします。

恋愛は悲しいこともありますが、楽しく前向きに自分を向上させることができるものです。

嫉妬心や妬みが少ない恋愛もあなたの周りには数多く存在していることを知り、今一度、自分たちの感情と向かってみましょう。

「まわりを妬む=愛情」と捉えてはいけない

妬むという感情は、他人を羨ましく思うことや憎らしく思うことです。

進化心理学という学問の見解では、妬む行為は、生命の危機を感じた際妬むという感情を持つと言われています。

それは昔、食べ物を他人に取られ、結果食べられなくなった自分の生命に危機感を覚えることで妬みという感情が生まれたというのです。

つまり、妬みは「自分を守る」ための感情という事です。

愛情は他者に向けられる感情ですよね。

妬みと愛情は全く別の感情なのです。

二次元のキャラクターの嫉妬は美化されている

ツンデレやヤンデレ彼氏が二次元では流行っていますが、その中で表現されている男性の嫉妬はとても美化され表現されています。

美化され、適度な嫉妬を表現しているといっても良いでしょう。

また、あれだけ完璧な二次元の彼氏には何を言われても、女性側が良くとってしまうので嫉妬に悪い印象を持ちにくくなります。

例えば、あなたに一途な二次元彼氏はあなたの望む言葉をくれ、適度に嫉妬し、でも最後には優しくしてくれるというどこまでも女性目線で、女性がしてほしいことをしてくれます。

だから、些細な嫉妬が心地よく感じてしまうのです。

その二次元と現実を混合させて考えてしまわないように気を付けましょう。

嫉妬キャラが好きなら実際の人間が演じている映画を見てみよう

二次元はストーリーがあり、細部まで拘った映像が売りです。

別世界だと頭ではわかっていても、現実でもそんなことが起こるのではないかと、心の中で期待しています。

男性の嫉妬に心地よさを感じるなら、人間が実際に演じている映画や舞台を見てみましょう。

実際に人が演じていることによって、より身近に嫉妬というものを感じることができます。

声なども、声優の整った声ではなく、どこまでも人間に近づけるように演じるのが映画であり、舞台です。

よりリアルに「嫉妬」というものを客観的に見ることが出来ます。

実際の人間が演じた嫉妬を見ても好意的に捉える人は少ない

実際に人間が演じる演劇やドラマ、映画を見てそこで見られる嫉妬を目の当たりにした場合、その嫉妬に好感を持つ人は少ないです。

より人間の日常生活に近い演劇や映画は、嫉妬を客観的に冷静に見ることができるため、不快感を持つ人が多くなります。

ゲームやアニメなどの二次元とは違った人間の汚い感情の部分をよりリアルに感じることができるからです。

それが自分の日常に一番近い感情だと気付くことができます。

適度な嫉妬は愛を育むもの、行き過ぎは良くない

ここまで、嫉妬の怖さや愛情との違いをご説明してきました。

嫉妬することが全て悪いのではなく、行き過ぎるということは何事にも歪みが発生してくるということです。

適度な嫉妬をすることは、愛情を育むことが出来るという事もまた事実です。

何事も適度さが肝心

嫉妬も束縛も適度さが大切です。

彼女が何をしていても動じない彼氏を見ていると、本当に愛されているのか女性は不安に感じてしまいます。

その逆もあり、彼氏は適度に嫉妬する彼女を可愛らしいと感じます。

嫉妬や束縛で相手の思いを感じ取ることもできるのですから、そのバランスを見極めることが大切なんですね。

愛情を周囲の人間に分け隔てなく注ぐべき

束縛や嫉妬が行き過ぎてしまうのは、彼女や彼氏の周りの人間を蔑ろにしてしまうからです。

周囲の人間にも同じように愛情を注いでいたら、彼女が自分以外の人間と過ごす時間も大切に感じることができるはずなのです。

自分だけ、彼女だけが幸せならそれでいいという自己中心的な考えではなく、周囲の人間に分け隔てなく愛情を注ぐことが仲のいいカップルへの道だという事を忘れないようにしていきましょう。

嫉妬についてもう一度自分の心を振り返ってみよう

さて、あなたの彼氏は”重すぎ男子のチェック表”の何個の項目に引っ掛かりましたか?

彼氏にされる嫉妬が、自分にとって本当に心地いいものなのか、2人の関係にプラスになっているのか今一度考え直してみましょう。

また、その際、束縛があなたの周りの人間関係に影響を与えていないかも見直してみましょう。

彼氏はかけがえのない存在ですが、あなたの周りにいる人たちも同じく大切にするべき存在です。

そんな大切な人たちを失ってしまう前に、2人の関係について冷静に見つめ直してみましょう。