人付き合いが苦手な人の写真
「草食系男子」「絶食系男子」など女性との交際に消極的な男性が増えていますね。

彼らは、女性とのコミュニケーションが苦手な場合もありますが、そもそも人付き合いが苦手な場合も多々あるのです。

人付き合い自体が苦手なために、女性とも積極的に関われなくなっている男性も少なくないという事です。

そんな人付き合いが苦手な男性ですが、女性と交際するとメリットもあります。

今回は、人付き合いが苦手な男性の特徴や、そんな男性と付き合うメリットについてご紹介していきましょう。

人付き合いが苦手な人は案外多い!

人付き合いが苦手な人は案外多い

自分から「人付き合いが得意です」と胸を張れるほどコミュニケーションに自信を持った人は、それほど多くないでしょう。

人付き合いには正解がなく、接する相手によってさまざまな対応が必要となり、苦手に感じる人も少なくありません。

この人にはこのように言って通じたことでも、相手が変われば受け取り方も変わってしまうのが人付き合いの難しさです。

他にも、同じ人が相手でも自分の気分や相手の気分によっても受け取り方、言い方が変わってしまいますよね。

そういったさまざまな配慮に煩わしさを感じる人も多いのではないでしょうか。

近年では近所づきあいと言われるような人付き合いもほとんどしない人が多いですし、電車や通勤途中に素行の悪い人を見かけても「注意しない」つまり人付き合いを避ける傾向が強くあります。

それらも全て自分のコミュニケーション能力に自信がなく、人付き合いを苦手だと感じている証拠でしょう。

人付き合いが苦手な人は繊細で優しい人が多い

人付き合いが苦手な人を深堀していくと、ただ人との付き合いに煩わしさを感じ避けている人たちというわけではありません。

人付き合いに苦手意識を持っている人は、繊細で優しい人が多いのです。

なぜかというと、自分の不用意な発言で相手を傷つけてしまわないか…と他人を気遣い過ぎるあまり、どんどん人付き合いが苦手になっていくのです。

つまり、自分のせいで誰も傷つけたくないのです。

深堀してみると、人付き合いが苦手な男性にたいしてのマイナスなイメージが薄れていきますね。

自分が楽しければいい!といった自己中心的な人が多い中で、自分の不用意な発言まで気にしてしまう繊細な優しい男性は、大変貴重な存在だと言えるのではないでしょうか。

個性として受け止めれば幸せな恋愛ができる可能性も

人付き合いが苦手な男性は、繊細で優しい性格の持ち主であることがわかりましたね。

しかし、それでも「男らしい人がいい」「何でもはっきり言ってくれる男性がいい」など、強い男性を要望する女性もいることでしょう。

どんな男性が好きかというのは、好みの問題ですから、強い男性が好きな女性はそういった男性を探せばいいだけです。

ここで伝えておきたいのは「強い男性」「男らしい男性」といった男性の個性と同様、人付き合いが苦手な男性もそれは個性として受け止められるという事です。

「人付き合いが苦手」という個性ではなく「優しく繊細」というのがその男性の個性です。

このように正しく個性を理解することで、マイナスなイメージではなく、恋愛対象の男性として見ることができますよね。

人付き合いが苦手な人の特徴12個とは?

人付き合いが苦手な人の特徴

それではここからは、人付き合いが苦手な人の特徴についてお話していきましょう。

人付き合いが苦手な人の特徴をしっかり知っておくことで、そういった人たちとの接し方や、恋愛関係に発展した時の注意点やメリットも知ることができます。

1.人混みが苦手

人付き合いが苦手な人の特徴は、人混みが苦手です。

人混みとは、大勢の人たちが行きかっている状態のことですね。

人付き合いが苦手な人たちは、なぜ人混みが苦手なのでしょうか。

それは、大まかに言ってしまえば、そこにいる全ての人に気を遣ってしまうからです。

自分の不用意な発言や行動が「誰か」に迷惑をかけてしまわないか、不快な思いをさせてしまわないか、など神経を使ってしまうほど優しさにあふれているのです。

普通の人なら、友達や家族でも何でもない通行人に配慮などしない人がほとんどでしょう。

しかし、人付き合いが苦手な優しく繊細な人たちは、自分に全く関係のない人たちにまで配慮し、気を遣ってしまうのです。

そうなると、当然疲労感は想像できないですね。

本人も疲れてしまうので、人付き合いが苦手な人たちは人混みを苦手と感じ避けてしまう傾向があるのです。

2.飲み会やパーティには参加しない

飲み会やパーティーも、人が大勢集まりますし、人付き合いが苦手な人は積極的に参加しない人も多いでしょう。

自分とは全く無関係の人間に、あれだけ気を遣ってしまうのですから、飲み会やパーティーなど知人が集まる場所は、さらに避けたい場所ですよね。

飲み会やパーティーは、仕事関係での開催も多く、人付き合いが苦手な人はより一層神経をすり減らしてしまう場所です。

人付き合いが苦手な人は、賑やかな場所を嫌煙することも非常に多いのです。

なぜなら、そこに参加する人、1人1人に配慮ができなくなってしまうからです。

大音量で音楽が流れる場所や、暗い場所などはとくに相手の顔色もわからなくなってしまいますし、声のトーンも聞き取りづらくなってしまいますよね。

そんな場所では、周りの人間に配慮できませんし、自分が伝えたいことも的確に伝えられないと感じてしまうのです。

そのため、飲み会やパーティーには、人付き合いが苦手な人は、積極的に参加したがらないのです。

3.集まりに参加したとしても少人数を好む

とはいっても、社会人や大学生など大人になると参加せざるを得ないイベントやパーティー、飲み会などもあるでしょう。

人を気遣う優しい「人付き合いが苦手な人」は、参加が必要な場面にはしっかり参加します。

そこで頑なに「参加しない」という他人に迷惑をかけるような行為はほとんどしません。

では、実際に人付き合いが苦手な人が飲み会やパーティーなどの集まりに参加した場合は、どのような特徴があるのでしょうか?それは、少人数でパーティーや飲み会を楽しみます。

前項でもお伝えしたように、人付き合いが苦手な人の人口は少なくありません。

集まりの中に、数人程度同じように「人付き合いを苦手とする人」が参加していることもあるのです。

そういった同じ悩みを抱える者同士、少人数で会話をしている場合が多いでしょう。

「人付き合いが苦手同士が集まって会話ができるの?」と不思議に思う人もいるかもしれませんね。

ですが「人付き合いが苦手な人」というのは、なにも会話が苦手な人たちではありません。

ご紹介したように、人付き合いが苦手な人たちは周りへの配慮、気遣いが普通の人よりも過ぎる人たちのことです。

そういった人たち同士が集まると、同じように相手へ配慮することができますから、自分たちなりのペースで楽しく会話をすることができるのです。

ですから「人付き合いが苦手」と言っていたあの人を見てみると、少人数で笑いながら話をしている姿を見たことがある人もいるかもしれませんね。

「人付き合いが苦手な人」イコール「会話下手」ではないということを、覚えておきましょう。

4.友達が少ない

人付き合いが苦手な人は、友人もそれほど多くありません。

多くの友人を作ってしまうと、一人一人に配慮ができませんし、個人個人に合わせた対応をしていくのは、正直疲れてしまうのです。

それならいっそ、本当に気の許せる友達だけでいいというのが、人付き合いが苦手な人の特徴です。

よく、友達の数を競って、多ければ「人気者」といった優越感や自尊心を感じる人たちがいますね。

FacebookやTwitterなどで「いいね」を集めたくなる心理とよく似ています。

現在は、簡単に友達を探せる時代ですし、広げようと思えば、どこまででも人脈を築いていける時代です。

しかし、友人一人一人を大切に出来ているのは、どちらなのでしょうか?人気者と言われる彼らのように、友達は多ければいいのでしょうか?それとも、一人一人を大切に、何十年も変わらず交流を続けられる「人付き合いが苦手な人」たちがいいのでしょうか?

5.ひとりの人の付き合いを大切にする

前項でお伝えした「友達が少ない」という事にも関係しています。

人付き合いが苦手な人は、自分が大切に出来る人の人数をよく理解しています。

そのため、友人が少ないのですが、言い換えれば一人一人との付き合いを大切にしているのです。

人に優しく繊細な「人付き合いが苦手な人」は、自分の行いで人に不快感を与えたくありません。

繊細な気遣いや、思いやりを持って一人一人に接したいと思っていますし、実際に行動することも出来ています。

ですから、人付き合いが苦手な人は、自分の周りにいる一人一人を大切に扱うのです。

相談を受ければ、親身になって聞き時間を使って、一緒に解決しようと協力してくれますし、もちろん恋人関係になった場合は、どうやったら相手が喜んでくれるかな、もし自分がこんなことをしたら相手を傷つけてしまうかもしれないと、自分の行動をしっかり考えながら実践してくれる人です。

このように人の立場に立って物事を考え実行することができるのですから、飲み会の席での楽しそうな会話も納得ですよね。

6.電話が苦手

電話が苦手
人付き合いが苦手な人は、電話が苦手です。

ここまで「人付き合いが苦手な人」の特徴をご紹介してきましたので、お気づきの人もいるかもしれませんね。

これは、相手の顔が見えない電話では、行き届いた配慮が難しくなるからです。

声だけで会話をする電話では、相手の空気感や表情、状態などを読み取ることができません。

そのため、不用意な発言をしてしまうのでは…何気ない一言で傷つけてしまうのでは…といったことを恐れています。

つまり、普段「人付き合いが苦手な人」は人のあらゆる状態を観察しながらコミュニケーションをとっているということがわかりますね。

表情や仕草から相手の状態を観察し、的確なコミュニケーションをしたいと思っているのですから、疲れて当然なのですが、むしろコミュニケーション能力が高い人たちなのでは?と思ってしまいますね。

7.趣味もひとりでできるもの

人付き合いが苦手な人たちは、自分が人を気遣い過ぎてしまうということも理解しています。

そのため、1人で息抜きする時間が必要だと感じています。

ですから、ストレス発散する趣味も、ひとりでできるものを好む傾向があるでしょう。

集団スポーツなどの趣味よりも、部屋で何かを作ったり静かに読書を楽しむなどして、趣味の時間を充実させている人が多いでしょう。

8.一人旅が好き

一人旅が好き
人付き合いが苦手な人は、日常生活のあらゆる場面で、人よりも多くの疲労を感じてしまいます。

通勤時や出社後、帰路の途中など、人と接する場面ばかりですから気疲れも相当なものでしょう。

しかし、日々溜まっていくストレスを誰かで発散するようなことはしません。

なぜなら、優しい人たちだからです。

そんな彼らは一人旅が大好きです。

他人にも気を使ってしまう人達ですが、日常生活から離れた旅では、少しだけ気持ちを休めることができるのです。

9.1人で過ごすのが好き

一人では飲食店にも入れない人って意外に多いのです。

友達と一緒じゃないと、カフェでお茶を飲むことも難しいと答える若者も少なくありません。

ですが「人付き合いが苦手な人」は1人での行動が平気です。

むしろ、誰にも気を遣わなくて済むのですから、むしろ1人で過ごすことが好きなのです。

一人旅もそうですし、趣味なども一人で十分楽しめるのです。

10.休みの日は家にいることが多い

休みの日は家にいることが多い
人付き合いが苦手な人の休日についてご紹介してみましょう。

人付き合いが苦手な人は、休日にあまり外出をしません。

家でのんびり過ごすことが多いでしょう。

「つまらない人」と感じる女性もいるかもしれませんね。

ですが、よく考えてみましょう。

外出が好き、休みの日は友達と出かけるのが好き、飲み会に参加するのは当たり前、そんなアクティブな男性は、恋人にするなら刺激的かもしれません。

ですが、いざ結婚相手となると話は変わってきませんか?

せっかくの休日に家族サービスもなく友達と遊び歩いたり、外出が多いとお金の浪費も心配になりますよね。

また、交際当初はアクティブなところに魅力を感じるかもしれませんが、付き合っていくうちに浮気の心配もしてしまいませんか?

アクティブな男性と、人付き合いが苦手な男性なら、どちらが結婚相手に相応しいでしょうか。

11.理屈っぽい

人の表情や態度からあれこれと考え込んでしまう人付き合いが苦手な人は、理屈っぽいところがあります。

普段から考え込んでしまう癖がついていますから、あなたとの会話の最中も色々なことを考えすぎて理屈っぽい話をされてしまうかもしれませんね。

本を読まなくなってしまった現代では「単語」で会話を成立させてしまう事が非常に多く、理屈っぽく順序だてて長い話をされると聞き慣れないため拒絶反応を感じてしまう事もあるのです。

ですか、きちんと頭で考えている内容ですから、しっかり聞いてみると、理にかなったことを言っているのです。

自分がもし、理屈っぽい男性の話に嫌な気分を感じた時は、あなたも現代人のように「単語での会話の習慣」がついてしまっているかもしれませんね。

12.本当に楽しいときにしか笑わない

人付き合いが苦手な人は、愛想笑いが苦手です。

つまり、大変正直な性格をしているのです。

そういった正直な性格が災いして、一緒に話を聞いていてもあの人だけ笑わない…空気の読めない人だ、などとマイナスなイメージを持たれてしまう事も少なくないのです。

ですが、彼らが笑った時は、本当に心の底から「楽しい」「面白い」と感じている時です。

上司が発言したから、面白くなくても笑うといった男性よりも、よっぽど信頼感がモテますね。

また、人付き合いが苦手な男性はめったに笑ってくれないのですから、その笑顔は非常に貴重に思えますよね。

そんな純粋で素直な笑顔は大変魅力的ですし、是非見てみたいと感じますよね。

人付き合いが苦手な男性と付き合うメリットとは?

 

人付き合いが苦手な人の特徴をご紹介してきましたが、読めば読むほど魅力的な人たちなのでは?と感じてしまいますよね。

それではここから、人付き合いが苦手な人と付き合うメリットについて詳細にご紹介していきたいと思います。

これらを知ることで、より一層「人付き合いが苦手な人」に興味を持つことができるでしょう。

女性と知り合う機会が少なく浮気の心配がない

人付き合いが苦手な人たちは、女性と知り合う機会が極端に少ないのです。

飲み会やパーティーなど人が集まる場所、人と出会える場所には積極的に参加しません。

そのため、女性と知り合う機会も極端に少なくなってしまうのです。

ですから、浮気の心配はほとんどないでしょう。

浮気をする男性は、女性と出会える場所に積極的に参加する人たちが多いでしょう。

会社の飲み会で知り合ったり、合コンなどにも隠れて参加してしまうかもしれませんね。

ですが、そういった場所が苦手な彼らは、隠れて行く心配もありませんから、浮気の心配も通常の男性より少なくなるでしょう。

彼のプライベートを独占しやすい

友達が多く、趣味も多い彼氏と付き合うと、自分との時間を作ってもらうのに一苦労ですね。

何週間も前から約束していたのに、友達を優先されてしまうということも少なくないでしょう。

ですが、人付き合いが苦手な人は、友達もそれほど多くありませんし、休日はあまり外出も好みません。

そのため、あなたは彼らのプライベートを独占しやすいと言えるでしょう。

カップルになってもお互いに会える時間が少ないと、信頼関係を築くことも難しいですよね。

ですが、ずっと一緒に居られるのですから、人付き合いが苦手な人との恋愛では、強い信頼関係を築けると言えるでしょう。

一途に思ってくれる

人付き合いが苦手な人と付き合うと、あなたを一途に思ってくれるでしょう。

それは、彼らの根本に「人に優しく接したい」「思いやりを持って行動したい」という思いがあるからです。

交際相手のあなたのことを非常に大切にしてくれるでしょう。

また、人付き合いが苦手な人たちは、そのことを自分でコンプレックスに感じている場合もあります。

「こんな自分を好きになってくれた人」とあなたに感謝を持っている場合もあるのです。

ですから、交際するとあなたを非常に大切に、そして一途に思ってくれるでしょう。

趣味が合うと一緒にいて楽しい

人付き合いが苦手な人は、趣味に没頭している人も少なくありません。

ですから、趣味の腕前がプロ級なんてことがあるかもしれませんね。

そんな人と、趣味が同じなら、非常に楽しい時間を共有することができるでしょう。

もし、あなたに趣味がない場合は、彼らと同じ趣味を始めてみるのもおすすめです。

親切丁寧に、そして分かりやすく教えてくれるはずですし、趣味を通して二人の絆をより深めることも出来るでしょう。

優しくしてくれる

人付き合いが苦手な人は、人に対して優しい感情を持っていますから、交際相手となったあなたにも優しく接してくれるでしょう。

男性は、交際すると家事を女性に任せて、自分はゲームに没頭…なんて非道な仕打ちをすることも少なくありません。

相手を思いやれる男性なら、一緒に家事を片付けて、一緒にゲームをしたいと思えるはずですよね。

そんな扱いをされていては、あなたも男性に対して優しくできなくて当然です。

自然に二人の距離は広がっていくでしょう。

しかし、人付き合いが苦手な人なら、あなたを思いやり優しく接してくれます。

「今日は少し疲れているから」と言っただけで「ご飯は外で食べようか」「自分が作ろうか」など、あなたを思いやった提案を数々してくれるでしょう。

人付き合いが苦手な男性と付き合うときの注意点は?

人付き合いが苦手な男性と交際すると、さまざまなメリットがありましたね。

そんな人付き合いが苦手な男性と付き合っていくには、注意点もあります。

注意点をしっかり押さえ、良好な関係作りに役立ててみましょう。

人付き合いが苦手だということを責めない

人付き合いが苦手な男性は、自分が「人付き合いが苦手」ということを重々承知しています。

そして、そこに強いコンプレックスを抱えている場合もあるのです。

そんなコンプレックスを責めるようなことはしてはいけません。

例えば「友達少なそうだね」「一人で寂しくない?」などです。

こういった配慮のない発言は、一気に彼の気持ちを冷めさせてしまいますから注意が必要です。

友達を紹介するなど、彼が嫌がりそうなことをしない

人付き合いが苦手な男性は、極力人付き合いを広げたいと思っていません。

自分が大切にできる人の人数が限られていることを知っているからです。

そんな男性に、自分の友達を大勢紹介しようとしたり、ダブルデートなどの提案は避けましょう。

人付き合いが苦手な男性は、あなたの友達の前では人一倍気を遣い、愛想よく振る舞ってくれるでしょう。

しかしそれは、彼らにとって非常に疲れることなのです。

もしあなたと交際を続けていくと、これからも多くの友人を紹介され接待しなければならないと彼らが感じたら、男性の気持ちは徐々に冷めてしまうでしょう。

デートは人混みが多い場所を選ばない

人付き合いが苦手な男性は、人混みが苦手です。

そのため、デートの場所には配慮してあげましょう。

女性なら、話題のスポットや、人が長蛇の列をなすスイーツ店などに一緒に行きたくなるでしょう。

しかし、人付き合いが苦手な男性たちにとって、それはとても過酷な状況です。

デート場所は、あなたが行きたい場所を選ぶのではなく、2人で楽しめる場所といった考え方で選んでみてはいかがでしょうか。

女心がわかっていなくても責めない

人付き合いが苦手な男性は、女性と知り合う機会が少ないことがほとんどです。

そのため、女心には少々疎いところがあるかもしれません。

ですが、人には必ず得意な事、不得意なことがありますよね。

「女心」という彼らの不得意な部分が目についても、責めることは止めましょう。

人付き合いが苦手な男性だけではなく、男性は全てプライドが高い生き物です。

女性に指摘されることは基本的に好みません。

責めるのではなく「こうしてくれると私は嬉しいよ」と教えてあげる気持ちで接してみましょう。

ダサいと言わない

服がダサい、髪型がダサいなど、外見を否定するような「ダサい」という言葉は使わないようにしましょう。

人との接点を極端に抑える彼らは、あまり流行に敏感でもありませんし、人前に出る時の服装にもそこまで拘りがありません。

ですから、実際にダサい場合も多々あります。

ですが、それを面と向かって言う事は大変失礼です。

先ほどもお伝えしたように、女性から否定的な言葉を言われると、男性はへそを曲げてしまいます。

ですから、もし彼のファッションをもう少し直したいと感じたのなら、お洒落な服をプレゼントするなどして少しずつ改善してあげましょう。

人付き合いが苦手な男性へのアプローチの仕方は?

ここからは、人付き合いが苦手な男性へのアプローチ方法についてご紹介していきましょう。

人との接点を減らして生きようとしている彼らへのアプローチは少々難しいと感じる女性もいるかもしれませんね。

ですが、彼らをしっかり理解するだけでアプローチ方法は意外に簡単なものなのです。

ゆっくりと距離を縮める

人付き合いが苦手な男性との恋愛の進め方はとにかく焦らないことです。

人を大切にする彼らはとは、急速に関係を進めようとすると「自分には無理」と感じ、逃げて行ってしまいます。

他の男性よりも、じっくり時間をかけることを忘れないようにしましょう。

連絡頻度を少しずつ増やす

最初は、数週間に1回程度の連絡から始めます。

「今日はありがとうございました」「おはようございます」など非常に何でもないような会話から始めましょう。

ここで「あなたに気があります」といったことをアピールしてしまうと、理屈っぽい彼らは、あなたが良からぬことを考えているのでは…と不信感を持ってしまう場合もあります。

こうした何気ない会話を続けながら、徐々に連絡頻度を増やしていきましょう。

毎日少しでも顔を合わせる

もし可能なら、毎日少しずつでも顔を合わせて挨拶などをしてみましょう。

顔を毎日合わせていると、心理学的にも警戒心を解きやすいと言われています。

人付き合いが苦手な男性は、こんな自分に女性がアプローチしてくるわけがないと警戒心を持って女性に接している場合が多いのです。

彼らの警戒心がある状態では、恋愛関係に発展できませんよね。

まずは、その警戒心を解くように、毎日少しずつ顔を合わせるようにしてみましょう。

趣味を合わせて心を通わせる

人付き合いが苦手な男性にとって、趣味はストレス発散であり、憩いの時間でもあるのです。

そこで、同じ趣味をあなたも始めてみましょう。

同じ趣味をしているということで、急速に心の距離を縮め、心を通わせることができます。

しかし、前項でお伝えしたように、人付き合いが苦手な男性は自分1人で楽しめる趣味をしている場合が多いのです。

そのため、男性が何の趣味をしているのか分からない場合もあるでしょう。

そんな時は、まず男性の趣味調査から始めましょう。

持ち物や、パソコンのデスクトップ画面などから、男性の趣味を予測することも出来ます。

もし難しいようなら、男性の身近な人に声をかけ、それとなく聞いてみるといいでしょう。

「趣味が知れても、一緒にできる趣味じゃなかったら意味がないでしょ」と思う女性もいるかもしれませんが、同じ趣味なら、一緒にやらなくてもいいのです。

つまり、趣味の情報交換をしてみるのです。

男性は趣味を大切にしていますから、そんな趣味の話が一緒にできる女性は大変貴重な存在です。

自分が同じ趣味を持っていることをさりげなく言うだけで、男性の方からあれこれ聞いてくれるかもしれませんよ。

相手の告白を待たず自分からストレートに言う

人付き合いが苦手な男性は、自分から告白することは少ないでしょう。

いい感じだとあなたが感じていても、いつまでも彼からの告白は無いかもしれません。

そんな時は、思い切って自分から告白してみるといいでしょう。

あなたが「いい感じ」と感じているのですから、激しく拒絶されることは無いはずです。

また、もしまだ付き合うまで気持ちがいっていなかったとしても、彼にあなたを意識させることができます。

タイミングを見計らい、告白をしてみてもいいでしょう。

人付き合いが苦手な部分を長所として見てあげると上手くいきやすい!

人付き合いが苦手なことは、決してマイナスなことばかりではありません。

ですが、本人が悩んでいる場合も多いですから、傷つけるような不用意な発言は控えましょう。

また、人付き合いが苦手な男性にはグイグイ迫っていく方がいい!といった情報も目にしますが、自分主体ではなく相手に合わせたアプローチを心がけてあげましょう。

彼らのゆったりとしたスピードに合わせ、しっかりとした関係性を築いてくださいね。