消防士の彼氏が欲しいなら!やることリストと出会いの場について
男らしく、力強いイメージのある消防士に憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。

一方、硬派なイメージとは反対に女性に人気があるゆえに遊び慣れている人も多いという意見もあります。

今回は消防士の彼氏をゲットする方法や出会いの場についてなど詳しく紹介していきます。

消防士の男性と出会うためには?

それでは消防士の方とは、どのような場所で出会うことができるでしょうか。

友だちの紹介や合コンだけで消防士と出会うのは非常に困難です。

消防士というターゲットが決まっている場合、確実性の高い方法を取ると良いでしょう。

消防士の男性と出会える場所はどこ?

街コンや相席居酒屋などの出会いの場に足を運んでみるのも良いでしょう。

特に街コンは男子大学生の参加は受け付けていないケースも多いため、社会人男性と出会える可能性が高まります。

出会った人が消防士か否かについては完全に運任せになってしまいますが、消防士は男性が多い職場なのでよく街コンに参加している方もいます。

また、相席居酒屋は気軽に入れるお店としておすすめです。

学生が利用していることも多いため、街コンよりも可能性は低いですが事前に参加予約をしなくて良いなど、手軽さに長けています。

消防士の男性と出会う方法は?

消防士の男性と出会う方法を知りたい女性
確実に消防士の方と出会うためには、マッチングサイトやアプリがオススメです。

消防士に限らず、ある職種に特化したマッチングサイトやアプリはたくさんあります。

職業を絞れるメリットの他にも、出会う前に相手のプロフィールを確認できるのも嬉しいポイントです。

いくら消防士と付き合いたいからといって、誰でも良いというわけではないですよね。

できれば趣味や好みなどが合う人が良いという場合は、さらに条件を絞り込むこともできます。

女性の登録料は無料のケースも多いため、あまりお金をかけずに消防士の方との出会いのきっかけをつくることができ、非常にオススメです。

これから消防士になる男性をつかまえるには?

消防士になるためには、高校や大学、短大などを卒業後、採用試験を受ける必要があります。

採用試験に合格後は各自治体の消防学校に入学し、消防の基礎知識などを身につけます。

ほとんどの自治体では全寮制を強いており、6ヶ月~1年かけて消防について学びます。

この消防学校に通っている期間は実務には就かないため、いわゆる消防士の卵期間です。

まだ訓練期間なので遊んでいる時間はほとんどありませんが、いずれ恋に発展するように適度に連絡やコミュニケーションを取っておくと良いでしょう。

友人から消防士を目指している人をひとり紹介してもらえば、どんどん人脈が広がっていきます。

まずは、友人の周りに消防士を目指している人がいないかリサーチしてみましょう。

消防士の彼氏を作るためにやることリスト!

ずっと待っていても消防士の彼氏はつくれません。

時には自分から積極的に行動してみることも大切です。

しかし、具体的にどうすれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

次は消防士の彼氏をつくるためにやることを詳しく紹介していきます。

身近なところで消防士が行きそうな場所をチェック!

まずは身近なところで消防士が行きそうな場所をチェックしてみましょう。

消防士がいる確率が非常に高いのは消防本部や消防署、消防訓練所などの職場です。

当たり前のことではありますが、消防士の出現ポイントを把握する上では重要なことです。

いきなり職場に押し掛けることはできませんが、周囲の飲食店やコンビニなどを利用することで自然と顔なじみになれるチャンスをつくることができます。

特に消防士は緊急出動が多いため、独身であれば勤務地の近くに住んでいる可能性があります。

そのため、勤務地だけではなく生活エリアもその周辺に集中しているケースが考えられます。

特に居酒屋などの飲食店であれば、その場の雰囲気に乗ってコミュニケーションを取れるチャンスがあるかもしれません。

友達や知り合いに消防士がいないかチェック!

確実性が高いのは友だちや知り合いから消防士を紹介してもらうことです。

特に体育会系の男性は消防士を目指している人も多いため、要チェックです。

最初から出会い目的を丸出しにしていると相手に引かれてしまう恐れがあるため、あくまで交友関係を広げる意味でアプローチをすると良いでしょう。

特に友だちを交えたイベントなどを開催すれば、自然と複数の消防士を誘えるチャンスをつくることができます。

ただし、消防士は緊急出動の可能性があるため、遠方でのイベントごとを避ける傾向にあります。

自然と消防士を誘うのであれば、近場でのイベントを提案すると良いでしょう。

消防士が集うSNSやサークルで情報収集!

消防士が集うSNSで情報収集する女性
消防士が集うSNSやサークルで情報収集をするのも良いでしょう。