シングルファザーの男性の特徴とメリット!再婚男性のいい所と注意点をチェック!について
好きになった男性が、実はシングルファザーだったらどうしますか?

「バツイチ」や「離婚」といったワードにネガティブな印象を受ける方もいますよね。

しかし、近年では離婚歴があることは珍しくありません。

女性の社会進出が進むにつれ、結婚に対する価値観も大きく変化しています。

シングルマザーへの手当なども充実していることから、無理に婚姻関係を続けない選択をする女性も多く、それと同時にシングルファザーやバツイチになる男性も増加傾向にあるのです。

それではシングルファザーの男性と再婚をするにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回はシングルファザーの特徴と再婚のメリットについて詳しく紹介していきます。

シングルファザーの出会いなら?
「シングルファザーと出会いたい女性」にも、「シングルファザーな男性」にも、マッチングアプリ『マリッシュ』の利用が1番おすすめ!
※シングルファザー、バツイチの人を優遇するためにの特典も用意されてます!

> 【無料】マリッシュのアプリお試しダウンロードはこちら →

▼まずは紹介動画を見てみましょう。



アプリに抵抗感がある人は!結婚相談所で、バツイチ婚活の評判も良いノッツェがおすすめ!

> 【無料】ノッツェでパートナー紹介登録をしてみるにはこちら!(お試しにもオススメ) →

シングルファザーとは?

シングルファザーとは、父親だけで子どもを育てている父子家庭のことを指します。

子どものいる家庭が離婚を選択する場合、女性に親権が渡ることが多い傾向にあります。

特に子どもが幼いうちは母親に親権が渡りやすく、シングルマザーになる方が多くなります。

そのため、シングルマザーに対する支援や情報が多く、シングルファザーに対する手当や情報が少ないというのが現状です。

女性がシングルマザーになる理由に浮気やDV、価値観の相違などが挙げられる一方、男性がシングルファザーになる理由には妻との死別や妻の一方的な浮気などが上位に入ります。

男性に子どもの親権が与えられるということは、それだけの深刻な理由があることもあります。

シングルファザーは多いの?

圧倒的にシングルマザーの割合が多い傾向にあります。

日本のシングルマザー数は100万人以上もいる一方、シングルファザー数は20万人程度です。

近年では離婚を選択する家庭も増加傾向にあり、それに合わせてシングルマザーやシングルファザーの人数も増えてきています。

子どもが幼いうちに離婚する家庭では、子どもの親権は母親に渡されることがほとんどです。

「フルタイムで仕事をしているので子どもの面倒が見られない」「子どもが母親との生活を望んでいる」「母親に養育費を支払う能力がない」などの理由から父親が親権を得られないこともあります。

このような背景から、離別が原因でシングルファザーになる男性はそれほど多くありません。

シングルファザーの現状

今の日本のシングルファザーは厳しい現状に置かれています。

以前まではシングルマザーとシングルファザーとで得られる支援に差がありました。

現在は公的支援が見直され、シングルファザーもシングルマザーと同等の支援を受けられます。

しかし、子育てをするために必要なのは公的支援だけではありません。

シングルファザーの場合、元妻から十分な養育費を得られないことも多々あります。

男性の方が収入が多いのは事実ですが、それもフルタイムで働いているからこそです。

子どもがいれば残業するのも難しく、基本給だけでは経済的な負担が増えることも考えられます。

また、シングルファザーに対する情報が少ないのも大きな問題です。

いくら公的支援が見直されていても、当人までその情報が行き届いていないことも多々あります。

実際に生活保護の母子加算に関しては、「母子」と書いているため父親は加算されないのではと勘違いしてしまうケースも存在します。

シングルファザーの恋愛事情

多くのシングルファザーは再婚に前向きな気持ちを持っています。

やはり子どもに母親の存在をつくってあげたいという父心から再婚を望む方もいます。

ただし、焦って再婚しようとは考えていません。

離婚を経験しているからこそ、再婚相手は慎重に選びたいというのが男性の本音です。

再婚に前向きな気持ちを持っていても、仕事や育児に追われて恋愛ができない人もいます。

特にフルタイムで働いていることが多く、仕事と育児にほとんどの時間を消耗してしまいます。

真面目なシングルファザーほど、女性との出会いが少ないということです。

それでも子どもが小さいうちは、子育てに専念しないとという大きな責任感を持っているので、今すぐに再婚相手を見つけなければ!という焦りはありません。

良い女性と出会ったときが、再婚のタイミングだろうとゆっくりと考えている方も少なくありません。

シングルファザーの出会いなら?
「シングルファザーと出会いたい女性」にも、「シングルファザーな男性」にも、マッチングアプリ『マリッシュ』の利用が1番おすすめ!
※シングルファザー、バツイチの人を優遇するためにの特典も用意されてます!

> 【無料】マリッシュのアプリお試しダウンロードはこちら →

▼まずは紹介動画を見てみましょう。



アプリに抵抗感がある人は!結婚相談所で、バツイチ婚活の評判も良いノッツェがおすすめ!

> 【無料】ノッツェでパートナー紹介登録をしてみるにはこちら!(お試しにもオススメ) →

シングルファザーと結婚したい女性は多い

女性側はというと、シングルファザーと結婚したいという女性は多いのです。

シングルファザーは仕事と育児を一人でこなしているため、他の独身男性よりも働き者で、家庭や子どものこともきちんと考えてくれるという印象を抱いている女性もたくさんいます。

実際に何でもこなせるスーパーマンかといえば、幻想を抱き過ぎている点もあります。

しかし、独身男性よりも結婚や育児について熟知しているという点は当てはまるかもしれませんね。

最近は女性の社会進出が進み、共働きを希望している女性も増えています。

シングルファザーであれば、育児の大変さも理解しているのでお互いを労わることができます。

シングルファザーの特徴

シングルファザーの特徴
シングルファザーにはどのような特徴があるのでしょうか。

特徴を知ることで、自分とマッチするパートナーであるかを見極めることができます。

次はシングルファザーの特徴について詳しく紹介していきます。

子供好き

シングルファザーの男性には、子ども好きの方が多い傾向があります。

離婚する際に親権を求めるのですから、我が子のことを大切に思っているはずです。

そのため、恋愛においても子ども優先に考えることが多いですね。

再婚相手には「子ども好き」「我が子を愛してくれる」などの条件を提示しています。

自分の好みよりも子どもにとって良い母親になれるかが重要なポイントなのです。

このような男性は父性に溢れ、優しい気持ちの持ち主である証拠です。

ただし、元から子ども好きかどうかは個人によって異なります。

我が子の誕生を機に、子ども好きになるという男性も多く存在します。

今まで子どもに興味がなかった人でも、我が子の誕生によって子ども好きに変わったのでしょう。

責任感が強い

仕事をしながら育児や家事もこなすシングルファザーは、責任感の強い男性といえるでしょう。

しっかりとした責任感を持っていなければ、これほど大変な仕事を毎日こなすことはできません。

離婚を機に子どもを施設に預ける親も存在します。

それぞれの家庭に事情があるので、施設に預けることだけを批判することはできません。

しかし、そのような選択肢がある中で親としての責任をまっとうしようとする姿は魅力的です。

特に今の日本社会ではシングルファザーに対する理解や支援も十分とはいえず、子育てしやすい環境ではない中でも懸命に我が子を守るのは簡単なことではありません。

このように自分の責任をきちんとこなし、頑張っている姿に惹かれる女性も少なくありません。

その誠実な性格に「助けたい」「支えたい」という気持ちをくすぐられる人もたくさんいます。

家事ができる

家事ができる
シングルファザーは家事もすべて自分でこなしています。

中には実家から支援を受けている人もいますが、同居していない場合はすべて自分です。

そのため、もともと家事ができなかった男性でも経験を積むことで家事スキルがアップしています。

一人暮らしの男性もほとんど自分でこなしますが、子どもがいるのといないのでは大きな違いです。

育児をしながら日頃の料理や洗濯、掃除を行うのは至難の業です。

自分だけであれば弁当や総菜などで済みますが、子どもの食事も準備しなければなりません。

洗濯物も単純に倍になりますし、子どもを埃だらけの家で生活させるわけにはいきませんよね。

子どもがいるからこそ常に気を遣い、小まめに掃除や洗濯をしなければなりません。

このように毎日家事をこなすのは、シングルファザーだからやれるのです。

シングルファザーになったことで身についた家事スキルは、再婚後も発揮してくれることでしょう。

包容力がある

シングルファザーは毎日子どもと接しているため、包容力に優れています。

包容力とは、相手の欠点なども含め、さまざまな部分を受け入れる心の広さを指します。

包容力のある男性とは「トラブルにも冷静に対応できる」「相手の意見に耳を傾けられる」「困っている人がいれば率先的に助ける」「他人に対して気遣いができる」などの特徴が挙げられます。

育児をしていると自分の思い通りにいかないこともたくさんあります。

子どものいたずらやわがままに怒っていては、ギスギスした生活になってしまいますよね。

育児を経験しているからこそ、急なトラブルにも寛大な心で対応することができるのです。

もともとは普通の男性であっても、育児経験を通じて精神的にも成長することができます。

このように精神的に成熟した男性はそれほど多くありません。

やはり他とは違う経験をしているからこそ、穏やかな人間性が育まれていくのでしょう。

経済力がある

シングルファザーだからといって経済力があるわけではありませんが、世帯収入で考えるとシングルマザーよりシングルファザーの方が高い傾向にあります。

離婚前から正社員で働いている男性も多く、離婚後に慌てて転職や就職をする必要がないため、シングルマザーよりは世帯年収が高くなるのです。

ただし、独身男性と比較するとずば抜けて経済力があるというわけではありません。

やはり育児や家事をしながら働くため、働き方にも制約がかかってしまいます。

遅くまで残業をし、バリバリ働いていて稼いでいる男性と比較すると劣るかもしれません。

しかし、限られた時間内で最大のパフォーマンスを発揮しなければならない環境下にあるため、制約がなくなれば将来的に出世する可能性は大いにあり得ます。

シングルファザーの出会いなら?
「シングルファザーと出会いたい女性」にも、「シングルファザーな男性」にも、マッチングアプリ『マリッシュ』の利用が1番おすすめ!
※シングルファザー、バツイチの人を優遇するためにの特典も用意されてます!

> 【無料】マリッシュのアプリお試しダウンロードはこちら →

▼まずは紹介動画を見てみましょう。



アプリに抵抗感がある人は!結婚相談所で、バツイチ婚活の評判も良いノッツェがおすすめ!

> 【無料】ノッツェでパートナー紹介登録をしてみるにはこちら!(お試しにもオススメ) →

シングルファザーと結婚するメリットと注意点

シングルファザーと結婚するメリットと注意点
それではシングルファザーと結婚することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

結婚はその後の人生を大きく左右するため、好きという感情だけでは踏み出しづらいですよね。

しかし、シングルファザーとの結婚にはメリットもたくさんあります。

実際にシングルマザーが再婚相手に選ぶのは、同じ状況の男性である場合も多いのです。

次はシングルファザーと結婚するメリットと注意点について詳しく紹介していきます。

メリット

実はシングルファザーには意外とモテる男性がたくさんいます。

離婚歴があるからといって、必ずしも男性側だけに問題があるというわけではありません。

シングルファザーの場合、元妻に離婚原因があることも珍しくありません。

男と浮気をして出て行ってしまった、ネグレクトをしていたなどの問題もあるでしょう。

中には子どもを守るために離婚を選択したという男性もいます。

このような場合、男性側だけに非があるとは言い切れません。

誠実な男性であれば、シングルファザーでも結婚するメリットはたくさんあります。

まずはシングルファザーと結婚するメリットについて詳しく紹介していきます。

家族が増える

シングルファザーと結婚すると自然と家族が増えます。

いきなり母になるのは大変ですが、その分愛情を感じながら新生活を過ごせます。

家族が増える以外にも、子どもを催促されないというメリットもあります。

女性は妊娠をすると産休や育休を取得しなければなりません。

自分のキャリアを考え、今は妊娠しない方が良いという選択もあるでしょう。

しかし、結婚をすると「子どもはまだ?」と催促してくる人もいます。

時には催促されることが嫌になり、ストレスになってしまうケースもあります。

シングルファザーと結婚をすれば、すでに子どもがいるので産まずに子育てができます。

子どもは欲しいけれど、今はまだ…という女性にとっては大きなメリットになります。

頼れる

シングルファザーと再婚する方は、同じシングルマザーの方が多い傾向にあります。

シングルマザーにとって新たなパートナーと一緒になれることはとても心強いですよね。

特に同じシングルを経験している者同士であれば、育児や家事の苦労も共有することができます。

これまで一人で育児と家事をこなしていた女性も、パートナーに頼れるようになります。

身体的な負担が軽減されるだけでなく、精神的な負担も軽減することができるでしょう。

もちろん、独身男性と再婚することにも魅力はあります。

ただ、いきなり父親になるのは相手の負担になってしまうこともあります。

育児は単純に子どもを可愛がるだけではなく、時には厳しく叱ることも必要です。

このような育児に対する考え方も、経験しているからこそ頼りになることもたくさんあります。

やはり波長が合いやすいのは、同じ経験を持つ者同士なのでしょう。

子供と遊べるから楽しい

子供と遊ぶ
シングルファザーと結婚をすると、妻になるのと同時に母親にもなります。

これまで子育て経験のなかった女性にとってはとても新鮮に感じられるでしょう。

育児は一筋縄ではいかないことも多く、実の子を育てている母親でも悩むことがあります。

しかし、子どもと遊んだりコミュニケーションを取ったりする中で癒されることもたくさんあります。

二人きりの新婚生活も良いですが、子どもと一緒に過ごす新婚生活も賑やかで良いですよね。

最初から子どもを望んでいる女性にとっては、早い段階でその願いを叶えることができます。

苦労することも多いですが、その分幸せを感じられることもたくさんあるでしょう。

経験豊富

シングルファザーには経験が豊富というメリットもあります。

独身男性と比較して、最もわかりやすいのは家事や育児の経験が豊富であることです。

一人暮らし経験のある男性でも、育児をしてみないと経験できないことはたくさんあります。

自分だけであれば、自分の都合だけで行動できますが子どもがいたらそういうはいきません。

保育園や幼稚園への送迎、洗濯、掃除、料理、子どもの寝かしつけなどすべて子ども中心の生活に切り替え、なんとか時間と体力をやりくりしていく必要があります。

特に実家に頼らずにひとりでこなしている男性は、とても大変な思いをしているでしょう。

その大変な経験が家事スキルアップへの経験値となり、成長へと繋がっています。

このような経験は少し手伝っただけで身につくものではありません。

結婚後もその経験を活かし、夫婦で協力し合いながら育児や家事を行うことができるでしょう。

経済的に余裕ができる

シングルマザーの方にとって経済問題はとても深刻です。

公的支援が充実していても、ひとりで子どもを養っていくのは簡単なことではありません。

シングルファザーと結婚することで、経済的に余裕ができることも大きなメリットでしょう。

単純にパートナーの収入を得られるだけでなく、自分の仕事を増やすという選択肢もあります。

シングルマザーの場合、保育園や幼稚園の都合でパート勤務の方もたくさんいます。

もっと働きたくても時間の制約がかかり、思うように稼げないという問題もあります。

再婚をすることで世帯年収を増やすだけでなく、育児や家事を二人で分担することで効率良く働ける環境をつくることもできます。

再婚を機にパートから契約社員や正社員へ雇用形態を変える女性もいます。

働き方の選択肢が増えるということは、経済問題だけでなく気持ち的にも良い影響を与えます。

甘えられる

包容力があることもシングルファザーの魅力のひとつです。

育児や家事を経験しているからこそ、おおらかな気持ちが育まれているのでしょう。

独身男性よりも育児や家事に理解があるため、結婚後も衝突することはあまりありません。

お互いの苦労を理解できるからこそ、素直に甘えられることもありますよね。

シングルファザーは子どもの甘やかし方だけでなく、女性の甘やかし方も心得ています。

それは自分も同じような状況のときに甘えたいと思うからです。

特にシングルマザーの方にとっては、お互いに共感できることがたくさんあります。

これまで一人で頑張ってきた者同士だからこそ、お互いを尊重し合えるのです。

育児や家事に疲れたら誰かに甘えたくなりますよね。

それはシングルファザーの男性も同じです。

お互いに支え合えるからこそ、結婚後も良い関係を築くことができるのです。

自分も成長できる

シングルファザーと結婚をすると、自分の成長に繋がるメリットもあります。

いろいろな経験が豊富なため、育児経験がなくても丁寧に教えてくれるでしょう。

初婚の女性にとっては育児や家事など初めての経験ばかりです。

最初のうちは迷うことも多いでしょうが、経験者がそばにいてくれるので心強いです。

経験を積んでいくことで、少しずつでも育児や家事をマスターできるようになります。

シングルを経験した女性にとっては、新しい育児や家事の方法を学べます。

同じ育児や家事でも、人によって考え方が異なるので新しい発見に出会えるかもしれません。

このように自分にはない経験を持つ方との触れ合いは、自分の成長にも繋がります。

「初めて知った!」「そういう考え方もあるんだ」という発見が、新しい価値観をつくってくれます。

子供に癒してもらえる

時に子どもは疲れた心を癒してくれます。

天使のような子どもと一緒に生活できるのも、シングルファザーと結婚するメリットです。

最初は血の繋がっていない子どもを愛せるか不安になる人もいます。

しかし、子どもの可愛い笑顔を見たらそんな不安もどこかへ吹っ飛んでしまうかもしれません。

子どもの笑顔や存在には、そのような不思議な力が秘められているのです。

初めての育児に迷うことがあっても、経験豊富なパートナーがいるので心配ありません。

初めから何でもできる女性はいません。

少しずつ経験を積んでいくことで、子どもたちとも仲良くなることができます。

その点を前向きにとらえることができれば、不安も大きなメリットへ変換できるでしょう。

父親として出来上がっている

父親として出来上がっている
シングルファザーの経験がある男性は、すでに父親としての自覚ができあがっています。

育児や家事を毎日こなしているからこそ、しっかりとした自覚を持ちやすくなるのです。

子どもが生まれた後にトラブルになりやすいのが、旦那さんの父親の自覚についてです。

父親になったのに自分の好きなことばかりやって、育児も家事も任せっきりの男性もいます。

母親はお腹に子どもを宿した瞬間に母となりますが、父親は子どもが生まれてから父になります。

本来は授かった瞬間に父親になるのですが、子どもの存在を感じられないうちは難しいのです。

しかし、結婚後も父親としての役目を放棄し、いつまでも独身気分の男性もいますよね。

一方、シングルファザーは育児も家事も自分でこなしているので父親の自覚ができています。

1度失敗しているから安心

シングルファザーは一度離婚をしているため、再婚に対して慎重になります。

一度失敗をしているからこそ、相手選びだけではなく自分の振舞いにも気を遣うのです。

また、結婚生活に対しても現実的な考えを持っています。

甘い新婚生活はすでに経験しているため、生活に対する考え方はとても現実的です。

精神的にも自立しているので、小さなことで喧嘩をする心配が少ないのも大きなメリットです。

落ち着きがあり、大人っぽい男性と結婚したいという女性にはピッタリです。

他にも女性に多くのことを求めないのも特徴です。

中には相手に求めすぎて失敗してしまった経験を持つ方もいます。

求め過ぎることが相手の負担になってしまうことを知っているからこそ、冷静に判断できるのです。

注意点

シングルファザーと結婚するには、注意するべき点がいくつかあります。

子どもがいるからこその問題も多く、時にはあなたのことを悩ます種になるでしょう。

シングルファザーとの幸せな結婚生活を手に入れるためには、努力をすることも必要です。

最後はシングルファザーと結婚する際に注意するべきことについて詳しく紹介していきます。

子供のことを考える

独身男性と結婚するのとシングルファザーと結婚するのでは大きな違いがあります。

それは子どもがいるかいないかです。

シングルファザーと結婚する場合、その子どもと一緒に生活することになります。

結婚と同時にその子の母親にもなるわけですから、事前に子どもについても考えましょう。

誰の子でも子どもは可愛いものです。

しかし、言うことを聞かなかったりわがままを言ったりするときは憎らしく思うこともあるでしょう。

時には子どもばかりを可愛がる旦那の姿に嫉妬してしまうこともあります。

結婚前には気づかなかったネガティブな思いに悩む女性もたくさんいます。

子どものことで悩むのは決して悪いことではありません。

むしろ多くの女性がいろいろな葛藤を抱え、思い悩む経験を繰り返しています。

大切なのは、それをどう処理できるかです。

「彼が好きだから結婚する!」という気持ちだけでは上手くいかない結婚だからこそ、結婚前に彼の子どもとどう接するべきか、どのような関係を築くべきかを考えなければいけません。

シングルファザーとの結婚を考える際は、常にその子どもとの関係にも目を向けるようにしましょう。

家事を手伝う

シングルファザーと結婚する際は、率先的に家事を手伝うようにしましょう。

あなたが初婚の場合、彼の家事スキルの方が圧倒的に上です。

これは経験の差なので、最初のうちは仕方ありません。

花嫁修業だと思って、なるべく手伝いながら家事のノウハウを学んでいきましょう。

家事だけではなく、育児も同様です。

特に育児は未経験者のため、基本的なことがわからないこともたくさんあります。

結婚後にいきなり手伝うことになってもハードルが高いですよね。

家事や育児の手伝いは、付き合っている段階で少しずつ参加することが大切です。

子供に好かれる努力が必要

シングルファザーと結婚するためには、子どもに好かれる努力が必要です。

いつも無邪気なイメージのある子どもでも、初対面の人と仲良くなるには時間がかかります。

特にこれから母親になる人とであれば、なおさら時間をかける必要があります。

母親である以上、常に甘やかし続けるわけにはいきません。

時には厳しく叱る必要もありますし、子どもの要望を拒否しなければいけないこともあります。

まだ信頼関係ができていない時期に叱れば、途端に不貞腐れてしまうこともあるでしょう。

それでも毅然とした態度を取らなければいけないこともあります。

子どもに不貞腐れたり、拒絶されたりしても諦めずに好かれる努力をすることが大切です。

もちろん、すぐに良い関係が築けるとは限りません。

常に愛情を持ち、子どものことを一番に考えていけば自然と心を開いてくれるでしょう。

元妻のこと

シングルファザーと結婚する以上、元妻の存在を感じることもたくさんあります。

彼が気を遣って元妻の話をしなくても、子どもから話を振られることもあるでしょう。

そのたびに嫉妬し、イライラしていては身が持ちません。

元妻のことは最初から承知の上だったと割り切り、気にしない努力をすることも大切です。

しかし、あまりにも今の家庭に干渉し過ぎる点があれば意見を言っても問題ありません。

自分の意見を言う際は、感情的にならず冷静な態度を保つことが重要です。

元妻とのトラブルはただでさえ面倒なものです。

それに対してあなたが怒り狂ってしまえば、彼にとって大きな負担になってしまいます。

円満な家庭を築くためにも、割り切るところは割り切り、我慢ができないことについては冷静に話し合うことで平和的解決を模索しましょう。

子供好きをアピールし過ぎない

子ども好きなのは良いことですが、アピールし過ぎると嘘っぽくなってしまうので注意しましょう。

女性のなかには子ども好きをアピールすることで、自分を良い女に見せようとする人もいます。

独身男性であれば、素直に「優しい人だな」「可愛いな」と好印象を持ってくれるかもしれません。

しかし、シングルファザーは子どもの可愛くない面もたくさん見ています。

あまりにも子ども好きアピールが過ぎると「本当に育児のことわかっているの?」「子どもをダシにして自分を良く見せようとしているのでは?」と余計な勘繰りをさせてしまいます。

彼や彼の子どもと良い関係を築きたいのであれば、言葉だけのアピールは控えるようにしましょう。

子ども好きをアピールするよりも「お迎えの時間大丈夫?」「子どもでも食べられるかな?」など彼や彼の子どもを気遣う方が信頼性も高まります。

両親を説得させること

シングルファザーと結婚するためには、自分の両親を説得させる必要があります。

いくら彼が誠実な人であっても、自分の娘をわざわざバツイチの男性と結婚して欲しいと考える両親はそれほど多くないでしょう。

さらに元妻の子どももいるとなれば、祝福よりも心配の方が勝ってしまいます。

両親に祝福してもらうためにも、彼と彼の子どもを認めてもらう必要があります。

結婚をする場合は、入籍前に顔合わせの機会を設けましょう。

一度ではなく、何度か機会を設けることで次第に彼の人間性の良さをわかってくれるはずです。

また、責任を持って子どもを育てるという気持ちを伝えることも大切です。

ご両親も子どもが憎いわけではなく、純粋にあなたのことを心配しているのです。

両親を説得し、みんなから祝福される結婚を目指しましょう。