ヤンデレがかわいいと言う男性の特徴とは?そんな男性の見分け方や付き合った場合のメリットをご紹介!について
「ヤンデレは面倒」「ヤンデレ好きはいない」など聞いたことはありませんか?

ヤンデレやツンデレなど、自分の性格的な部分は意図して作るわけでもないので、自分がヤンデレだった場合「このまま彼氏ができない」「モテない…」など悲しく思っている人もいるでしょう。

しかし、ヤンデレがかわいいと思ったり「ヤンデレが好き」と答える男性もいるのです。

そんな男性がいるのなら「出会いたい」「その男性の特徴を知りたい」と思うでしょう。

この記事では、ヤンデレがかわいいと思っている男性の特徴や、見分け方についてご紹介していきます。

そんな男性たちとの交際メリットもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみましょう。

「ヤンデレ」ってなに?

出会ったばかりの頃は冷たい印象で、話しかけてもつまらなそうにしていた女性が、徐々に心を開き、そして自分の前だけでデレっとしてくれることを「ツンデレ」といいます。

ツンデレはアニメキャラクターにも多く、その意味を知っているという人もいるでしょう。

では「ヤンデレ」とは、どういった女性のことをいうのでしょうか。

「ヤンデレ」というのはどういった女性か理解していなくても、イメージだけで「めんどくさそう」「ややこしそう」などとマイナスな印象を持っている人もいます。

ヤンデレ好き男性を探す前に、まずは、ヤンデレ女性がどういった女性なのか、正しい意味を知ってみましょう。

「ヤン」は病んでいる「デレ」はデレデレの略語

まず、ヤンデレとは、病んでいるという意味の「ヤン」とデレデレするの「デレ」を掛け合わせた略語です。

その言葉の通り、病んでいるようにデレデレしてしまうのが、ヤンデレ女子なのです。

病んでいるようにとは、精神的バランスを崩しているような状態です。

精神状態のバランスを崩しているように見える程、極端な考え方をしていたり、感情の起伏が激しい女性のことです。

「彼氏のことが好きすぎて常に一緒にいなければ不安」「浮気をしている気がして、怒りが湧いてくる」など、病的なほどの決めつけや思い込みをする女性のことになります。

そんな病的な女性と聞くと「付き合いたくない」「怖い」といった感情を持つかもしれません。

しかし、ヤンデレ女子には可愛らしい魅力的な部分もあるのです。

ヤンデレの女の子の特徴

ヤンデレの女の子の特徴
ヤンデレは、精神バランスを崩していると思われてしまうほどの、極端なものの考え方や、いきなりの激昂、号泣を繰り返すなど、感情の起伏が激しいのも特徴的です。

その他にも、ヤンデレな女の子ならではの特徴があります。

ここからは、ヤンデレ女子の特徴や、その特徴からどういった言動になるのかなど、詳細にご紹介していきましょう。

依存性が高い

ヤンデレ女子の特徴の一つは、依存性が高いことです。

彼氏や同性の友達とトラブルを起こしているヤンデレ女子を見かけたり、聞いたことはありませんか?

それらのほとんどが、依存心が強すぎるあまり、相手を窮屈にさせ、そしてトラブルとなっています。

「女性に依存されるのは可愛い」「依存された方が愛されていると感じる」など、ポジティブな捉え方をする人もいるかもしれませんね。

しかし、ヤンデレ女子の依存性はその他の可愛らしい依存性のレベルと異なるものがあります。

女子の可愛らしい依存性とは、少し会えない日が続くと「寂しい」「会いたい」とメッセージを送ってくる程度でしょう。

どこへ行くにしても「一緒に行かない?」と声をかけてくるくらいです。

しかし、ヤンデレ女子の依存性は、違います。

数分連絡が途絶えると「どこにいるの?」「誰といるの?」「何してるの?」と矢継ぎ早にメッセージが連投されます。

普通に考えれば「仕事中」「学校」など、日中のスケジュールくらいわかりそうなものなのですが「本当かわからない」というのが、ヤンデレ女子の言い分です。

不安にさせたくないという思いから、「仕事中だよ」「勉強中だよ」と返信しますが、もちろんメッセージなんてどこからでもできますし、嘘もつくことができます。

そのため、ヤンデレ女子は、メッセージの返信があったからといって安心するわけではありません。

それなら、一緒にいれば「安心してくれるのか」「依存性が落ち着くのか」と思うでしょう。

しかし、一緒にいても、ヤンデレ女子は安心することができません。

相手の頭の中までわからないからです。

一緒にいて、ただぼーっとしているだけで、「他のことを考えている」「他の女性を思っている」と妄想を膨らませ、次第に不機嫌になっていくのが、ヤンデレ女子です。

病的なほど人に依存し、その人物の中を自分だけで満たしたいと考えているのです。

この依存性は、異性や恋人に限ったことではありません。

同性の友達や、家族などにも向けられることがあります。

同性の友達が自分以外と会うことも良く思いませんし、家族がひたすら自分を愛してくれなければ、気が済まないのです。

ヤンデレ女子の依存先は、人に限らず小物やぬいぐるみなどにも向けられることがあります。

小奇麗な格好をしたヤンデレ女子なのに、なぜか一つだけくたびれたファッションアイテムを身に着けていたり、明らかに壊れたぬいぐるみをカバンの中に忍ばせていることもあります。

こうしたことからもわかるように、ヤンデレ女子の依存性は高く、人や性別に限定されることもなく、あらゆるものに対して依存していくということがわかります。

周りの目を気にする

周りの目を気にするのは、女性としては普通のことかもしれません。

「人に良く思われたい」と考えるのは、人としても珍しい考え方ではないでしょう。

しかし、ヤンデレ女子の「周りの目を気にする」という特徴は、これも通常の人と大きく異なる点があるのです。

それは、気にする度合いと、そこからの被害妄想です。

ヤンデレ女子は、自分に自信がありません。

素のままの自分に自信が持てないがために、優しくしてくれた人全てに依存しますし、自分を否定してこない物にまで依存します。

これほどまでに自信を無くすきっかけは、それぞれですが、自信がないために、周りの目を異常に気にしてしまうのです。

友達同士で会話をしている最中、ふと目線がぶつかることはよくあります。

「人の目を見て話しなさい」といった教育がされている人なら、会話の最中に相手を見つめることも普通のことです。

しかしここでヤンデレ女子は、友達が自分を見つめたことに不安を抱きます。

「おかしなファッションだと思われたのではないか」「話し方が変だと思われたのではないか」といった具合に、友達が自分に対して批判的な意見を持っているのではないかと、不安になるのです。

友達は決して睨んだわけでも、批判的な会話をしたわけでもありません。

しかしヤンデレ女子にとっては、何気ない仕草が、自分にとっての批判に見えてしまうのです。

これは、全く知らない他人に対してもです。

仕事をしていても、学校にいても、道端ですれ違う通行人相手でも、異常に周りの目を気にします。

少しでも視線が合うと「あの人は私を批判している」「私の外見が変なのではないか」と考えます。

そのため、一人で過ごすことに辛さを感じ、また依存先を探してしまうのですが、誰と一緒にいても落ち着くことができず、他人の目を気にしてしまうのがヤンデレ女子の特徴です。

独占欲が強い

ヤンデレ女子は依存性が強く、そして独占欲が尋常ではありません。

もともとヤンデレ女子は、自分に自信がないために、優しくしてくれる・自分を受け入れてくれる人に強く依存します。

そして、そんなかけがえのない人を「離したくない」「一人になりなくない」と考え独占したい欲求が高まっていくのです。

ヤンデレ女子の独占欲は、当然彼氏に向けられますし、同性の友達にも向けられます。

「自分以外と会わないでほしい」「話さないでほしい」という感情を持つのです。

独占欲とは、相手を自分だけのものにしたいという感情です。

その感情は、時として攻撃性や敵意に変わることもあります。

自分の依存先である女友達が、別の友人をヤンデレ女子に紹介するとします。

そうすると、ヤンデレ女子はその女性を「自分と友達の関係を脅かす存在」と認識します。

そして、仲良くしようとするのではなく、攻撃したり、その場から排除しようとするのです。

さらに、紹介してくれた友達と、その友人との関係も「壊したい」と考えるようになります。

自分以外の人間と接触されることが気に入りませんし、仲良くなりすぎて自分に使ってくれる時間が減ることも不快なのです。

ですから、ヤンデレ女子は、比較的友達が少ない傾向があり、そしてそんな女性に依存された友達も、同じように友達を無くしていく傾向があります。

「依存先があればそれでいい」と考えているヤンデレ女子に友達が少ないのは、本人の行動の結果ですから仕方ないと言えますが、その友達にさえ影響が出てしまい、同じく友達を無くしていくのは少しばかり可哀そうな気がします。

束縛が激しい

束縛が激しい
依存性が高く、そして独占欲が強すぎるなら、当然束縛が激しくなるでしょう。

ヤンデレ女子の束縛は、非常に激しいのが特徴的です。

「相手を失いたくない」と考えているので、失わないように束縛し、行動を制限しようとします。

始めは「毎日連絡し合おうね」といった軽いものから始まります。

しかし、その連絡頻度も尋常ではありません。

学校や職場でも会う友達なら、そもそも毎日連絡することなどないでしょう。

しかし、ヤンデレ女子は何気ない会話でもいいので毎日の連絡を求めます。

そして、その連絡は朝、晩といった手が空きそうな時間に限ったことではありません。

仕事中や勉強中、習い事の最中など、手が離せない状況などの相手のスケジュールはお構いなしに、「何分おきに連絡して」という時間指定を行うことも珍しくありません。

それらが少しでも遅れると「何しているの」「誰といるの」と質問文が連投されるでしょう。

ヤンデレ女子たちは、自分の不安な気持ちを満たすために、相手の行動を全て把握しておきたいと考えています。

そのため、連絡がなくなると相手のことが把握できないと考え、そして焦りだしてしまうのです。

焦るだけならまだしも、その感情が怒りに変わってしまうこともあるのです。

「私がここまで思っているのに」「私にこれほど心配させるなんて」など、自分本位な怒りを持ち始めます。

ヤンデレ女子がここまで束縛が強く、そしてそれらが怒りに変わる原因は、思い込みの激しさと、被害妄想も関係しています。

ヤンデレ女子は常に、マイナス思考で妄想を膨らませています。

「私が嫌いだから連絡を返してくれないのでは」「何か間違ったメッセージを送ってしまったのでは」といった被害妄想を持ち、その考えが正しいと思い込んでしまうのです。

自分のマイナスな妄想を思い込んでしまうと、次にその相手が憎くなってしまいます。

「私を嫌うなんて許せない」「私は何も悪くない」「悪いのは相手だ」と、相手に激しい怒りを向け、そして怒りのメッセージを送り始めます。

全てはヤンデレ女子の妄想ですから、送られた相手はびっくりしてしまうでしょう。

このような束縛行為は、彼氏にも向けられます。

同性の友達よりも、激しい場合があるかもしれませんね。

彼氏の携帯から女性の連絡先を消すのはもちろん、GPSアプリを入れるヤンデレ女子もいます。

そして、彼氏が男友達と遊ぶことも制限しようとします。

男友達と遊ぶと、そこに「他の女子が来るかもしれない」「変なお店に行くかもしれない」という被害妄想からです。

彼氏への束縛は、友達だけではありません。

彼氏自身の家族にも、向けられてしまうことがあります。

異性の兄妹との接触を制限したり、家族との時間を邪魔しようとすることもあります。

自分以外の人間が、彼氏から大切にされることを嫌うのです。

つまり、家族も自分のライバルとして考えているということです。

このように、ヤンデレ女子と関わっていく人は多かれ少なかれ、人間トラブルを起こしてしまうのです。

愛情表現が重たい

ヤンデレ女子の愛情表現は、非常に重たいものがあります。

遊女が行っていた心中立てのように、体を傷つけて愛情を示すようなこともヤンデレ女子の中では多々あります。

「別れるくらいなら死ぬ」といった自殺騒動も、命をかけるほど愛しているといった彼女たちなりの愛情表現の一つです。

それ以外でも、ヤンデレ女子の愛情表現は独特です。

たとえば、自身の携帯電話を壊すなどです。

携帯電話は、人と連絡を取り合う上で失くせない大切なツールですし、SNSやアプリ、インターネットなど、さまざまな活用ができ、現代ではなくてはならない大切なアイテムです。

そんな大切なアイテムを、ヤンデレ女子は惜しげもなく壊すことができます。

それは、男性に対しての愛情表現なのです。

「これほど大切なものを簡単に壊せるほどあなたを愛している」といった表現方法なのです。

ヤンデレ女子の愛情表現は、何かを壊したり傷つけたりするのが特徴的です。

大切なものを傷つけたり、壊したりすることで、どれほど相手を愛しているのか伝えられると考えています。

そして、その重たい愛情表現は、相手にも求められます。

つまり、相手も自分と同じように大切なものを壊したり傷つけたりすることで、自分が愛されていると感じることができるのです。

このような歪んだ愛情表現方法を持っているため、ヤンデレ女子は恋愛関係でトラブルを起こすことも少なくないのです。

そんなヤンデレをかわいいと言う男性の特徴とは?

ヤンデレをかわいいと言う男性の特徴
ヤンデレ女子の特徴を読み進めてみると、ヤンデレ女子と接触するのは、非常にリスクがある行為だと感じるでしょう。

友達としてそばにいることも、彼氏になることも、あまり魅力的には感じられませんね。

繊細でデリケート、排他的で破壊的なヤンデレ女子をかわいいと感じる男性は本当にいるのでしょうか。

実は、そんなヤンデレ女子だからこそ好きになったり、かわいいと感じる男性がいるのです。

ここからは、ヤンデレ女子をかわいいと言う男性の特徴について、ご紹介していきます。

自分に自信がない

自分に自信がない男性は、ヤンデレ女子をかわいいと思っています。

自信がない男性は、積極的に女性にアピールすることができません。

交際したとしても、自信がないために「俺を愛してくれるわけがない」「きっと必要とされていない」と考えてしまいます。

つまり、自信がないことから交際中もずっと不安を抱えているのです。

しかし、ヤンデレ女子は、愛情表現が過激ではありますが、大きな表現をしますし、頻繁でもあります。

そのため、自信のない男性は、ヤンデレ女子の愛情表現に安心し、健気に愛してくれるかわいい存在として見るのです。

他にも、ヤンデレ女子の連絡は尋常ではないほどの頻度です。

それらの行動で、男性を必要としていることが伝わるため、自信がない男性に、男性としての自信を取り戻させることもできるのです。

過激な恋愛をするヤンデレ女子ですが、積極性に欠ける自信のない男性とは、相性抜群と言えるでしょう。

女性を守りたい欲が強い

男気があり、「女性は男が守るもの」といった意識の強い男性にも、ヤンデレ女子は人気です。

ヤンデレ女子は、友人や家族相手にトラブルを起こしやすく、自分を傷つけてしまうことも多々あります。

つまり、手間のかかる放っておけない女性と言えるのです。

「女性を守りたい」といった願望が強い男性は、女性を守ることで自分の価値を感じたり、プライドを保ったりします。

女性を守ることで、心が満たされるのです。

そして、なにより手間がかかりどうしようもない女性であれば、それだけ大きな満足感を得ることができます。

つまり、手間がかかり放っておけない女性代表のようなヤンデレ女子を守ることで、男性の心が非常に満たされるのです。

また、男気があり「女性を守りたい」といった欲求を持っている男性は、女性に強く求められることを好みます。

そのため、他人に依存し、強く求めてしまうヤンデレ女子は、可愛くて仕方のない存在と言えるでしょう。

依存性が高い

ヤンデレ女子を可愛いと感じる男性は、男性自身もヤンデレ女子と同じように依存性が非常に高いと言えるでしょう。

お互いに、強く依存する傾向があるので、相性がいいのです。

自分が求めることと同じように、相手も求めてくれるので、非常に心地のいい関係性となります。

依存性が高い人は、自分が求めるだけではなく、相手にも同じように求められたいといった欲求を持っています。

自身が相手に依存するのは、相手を強く思っている証拠であり、相手から強く求められれば、相手も強く自分を思ってくれていると感じられるからです。

そのため、依存性が高いヤンデレ女子と、依存性が高い男性は、お互いに可愛いと思い合える相性です。

愛情に飢えている

愛情に飢えている
他者からの愛情に飢えている男性も、他人を強く求めるヤンデレ女子をかわいいと感じます。

男性は、愛情が足りないと感じていても、大きな声で「寂しい」「愛してほしい」と言いにくい生き物です。

そのため、全身で愛情を求めるヤンデレ女子がかわいくて仕方ないのです。

憧れに近い感情もあります。

そんな愛情に飢えている男性は、ヤンデレ女子の精一杯の過激な愛情表現に、安心することができます。

自分を傷つけたり、大切なものを壊す姿でさえ、自分を愛してくれているからだと受け取るからです。

どんな形でさえ、「愛情」という気持ちを伝えてくれる姿が、かわいくてたまらないのでしょう。

寂しがり屋

愛情に飢えている男性と同じように、寂しがり屋の男性もヤンデレ女子をかわいいと感じます。

一人で過ごしたり、恋人と一緒にいられない時間を「寂しい」と感じるのは、女性だけではありません。

男性であっても、寂しがり屋な人はいるのです。

しかし、男性ということもあり、「寂しい」「一緒にいて」と言えないこともあります。

そんな時、常に一緒にいようとするヤンデレ女子の存在は、かわいくて仕方ないでしょう。

ヤンデレ女子は、隙あらば依存先と一緒にいようとします。

一緒にいなければ、彼女たち自身が不安になってしまうからです。

普通の男性にとっては、鬱陶しくもなるこれらの行動ですが、寂しがり屋の男性にとっては、非常にありがたい行動なのです。

なぜなら、彼らもまた、一人で過ごす時間に耐え難いものを感じているからです。

しかし、男性としてはっきりと気持ちを言えずに悩んでいるのに、何も言わなくても一緒に過ごそうとしてくれるヤンデレ女子は、かわいいと言うしかないでしょう。

ヤンデレ好きは自分自身もヤンデレの可能性が高い

ヤンデレ女子を「可愛い」「好きだ」と思っている男性の特徴をご紹介しましたが、あることに気付いた人もいるでしょう。

ヤンデレ女子を好きだと思っている男性の特徴が、ヤンデレ女子の特徴に似ているという点です。

つまり、ヤンデレ女子を好きだと感じる人は、その人自身もヤンデレの可能性が高いと言えるのです。

ヤンデレは、他人に求めることや、愛情を感じるポイントなどが、人とずれていることがあります。

そのため、受け入れられることも少ないのです。

そんなヤンデレの気持ちがわかり、それらの要求に応えられるのは、他でもないヤンデレの気持ちが理解できる、ヤンデレ本人なのです。

そんな男性を見分ける方法

ヤンデレである自分を受け入れてくれ、さらに欲求や、求める愛情表現にも応えてくれるヤンデレ男性と「是非知り合いたい!」と思うヤンデレ女子も多いでしょう。

これまで、受け入れてもらえる機会が少なかったヤンデレ女子たちは「どうせ私なんて」「このまま一人なんだ」と悲しい思いや、寂しさを抱えていたでしょう。

しかし、あなたの全てを受け入れてくれる男性がいるのです。

そんな魅力的な男性かどうか、見分ける方法についてご紹介していきます。

見分けることができれば、安心して近づくことができますし「拒絶されるかも…」といった不安を抱える必要もありません。

連絡の頻度が高い

連絡の頻度が高い
まずは、連絡の頻度から、相手の男性がヤンデレ女子OKなのか探る方法をご紹介します。

注目するのは、連絡の頻度です。

連絡先を交換したということは、少なからず気持ちがある証拠です。

相手が、あなたに興味を持っているということになります。

その状態で、連絡の頻度を確認してみましょう。

非常に多いということは、基本的に連絡頻度が高い人と言えます。

逆に、あなたに興味を持っているのに連絡が少ないようなら、これから先交際を始めても、より一層連絡頻度が低くなっていくだけです。

つまり、あなたが寂しさを感じ始めるのも、そう遠くはありません。

自分の考える連絡頻度が満たされているか、最初の段階からしっかりとチェックしてみましょう。

愛情を確認してくる

ヤンデレ女子と相性がいいのは、同じくヤンデレ気質のある男性です。

ヤンデレは、自分に自信がなく、常に愛情不足を感じているのが特徴になります。

ですから、あなたに愛情を確認してくるか見てみましょう。

交際前や、交際中でも「好き?」「会いたい?」など、あなたの愛情を確認するような言葉が多いようなら、その男性は愛情不足の可能性が高いでしょう。

つまり、高い確率でヤンデレ気質のある男性だと言えるのです。

束縛が激しい

ヤンデレの代表的な特徴と言えば、束縛です。

この特徴が見られるかどうか確認するだけで、ヤンデレ気質の男性かどうか、すぐにわかるでしょう。

束縛行為は、交際前でも確認することができます。

例えば、あなたに対して、他の男友達と遊ぶなと言ってみたり、誰と一緒にいるかなどの行動チェックがあれば、高い確率で、その男性は束縛男子だということがわかります。

束縛男子であれば、ヤンデレの可能性も高いと言えます。

細かい事まで何でも聞いてくる

気になる男性が、細かいことまで何でも聞いてくるようなら、その男性はヤンデレ気質があります。

ヤンデレ男子は、自分に自信がないのです。

そのため、安心できる要素をいつも探しています。

あなたがどのように過ごしているかや、誰と何をするかなど細かすぎる質問が来るようなら、ヤンデレの可能性が高いでしょう。

他にも、化粧品や使用しているインテリア、その他何でも細かすぎる質問があれば、それもヤンデレの可能性があります。

あなたのことを「全て知りたい」「把握したい」という願望を持っているために、細かい質問をして、情報を集めているのです。

相手のことを全て知りたいと考え、そして把握したいと願うのは、ヤンデレの特徴です。

心配性である

「遊びに行ってくる」と伝えると「気を付けてね」と返すのは、流れのようなものです。

挨拶程度の言葉と言えるでしょう。

しかし、ヤンデレ男性は、心の底から相手の女性を心配しています。

送り出すとき、天災の心配や、人災などさまざまな危険を想像し、苦しい気持ちで送り出すでしょう。

そういった気持ちを持っているため、心配のあまり所在確認や生存確認などが頻繁なのが特徴です。

もしかしたら、送り出してくれさえしないかもしれません。

このように、異常な心配性を発揮する男性は、被害妄想と思い込みが激しいヤンデレと言えるでしょう。

ヤンデレ好きと付き合うメリット

ここからは、ヤンデレ好きと付き合う具体的なメリットについてご紹介していきます。

ヤンデレ好きは、同じくヤンデレである可能性が高く、自分を棚に上げて「面倒では?」と感じる女性もいるかもしれませんね。

しかし、具体的なメリットを知ることで、ヤンデレ好き男子を探さずにはいられなくなるでしょう。

浮気の心配がない

ヤンデレ好きは、浮気の心配がありません。

なぜなら、ヤンデレ好きは常に愛情不足だったからです。

他人からの愛情が感じられないということは、自分の愛情を向ける相手もいなかったということになります。

そんな行き場のなかった愛情を向けられる女性を見つけたら、とことん愛するのがヤンデレ好きの特徴です。

他の女性と遊んだり、連絡を取ることもほとんどないと言えるでしょう。

もし、それらが必要になった時は、必ず女性に報告します。

ですから、浮気の心配はほぼないと言えるでしょう。

自分色に染めやすい

ヤンデレ好きの特徴は、献身的な愛です。

相手の女性の全てを知り、そして受け入れたいと思っています。

そのため、自分好みの男性に変えやすいと言えます。

女性に嫌われることを恐れるために、女性の要求をのみ続けてしまうのです。

ですから、家事やその他のことも仕込みやすいと言えるでしょう。

結婚後は、楽な生活が待っているでしょう。

わがままを聞いてくれる

ヤンデレ好きは、とにかく相手の女性に好かれることだけを考えています。

なぜなら、自分に自信がなく、そんな自分を愛してくれる女性を失いたくないと考えているからです。

そのため、女性のわがままくらい、可愛いものだと感じ、何でも聞いてくれるでしょう。

あまりにもわがままを聞いてもらい過ぎて、自分がだらけたりする心配があるかもしれませんね。

いつも優しい

ヤンデレ好き男性は、女性にいつも優しく接してくれます。

機嫌によって怒鳴ってきたり、暴力を振るうなどの行為は、絶対にありません。

関係性が常に女性優位なので、女性に対しての優しさや、敬う気持ちを忘れずにいてくれます。

長く付き合うと、対応が雑になったり、愛想がなくなる男性は少なくありません。

ヤンデレ好きと付き合うと、どれだけ長く付き合っても寂しさを感じることがなくなるでしょう。

献身的である

ヤンデレ好き男性は、いつも優しく献身的です。

あなたのために、どんなことでもしたいという健気な心を持っています。

それは、あなたに感謝しているからです。

自信のない自分を必要としてくれ、そして一緒にいてくれるだけで、男性は満たされているのです。

そのため、あなたにも何か返したいという思いが強く、献身的に対応してくれます。

男性が献身的というのは、非常に珍しい関係性です。

女性が大きな負担を感じることなく、交際を続けることができるでしょう。

絶対的に自分を受け入れてくれる存在

絶対的に自分を受け入れてくれる存在は、非常に貴重なものです。

そのような存在の代表として思い浮かぶのは、両親や家族ですが、それでさえ「絶対的」ではありませんね。

環境や、状況の変化によっては、あなた自身を受け入れてくれなかったこともあるでしょう。

絶対的に受け入れてくれる存在が欠落すると、自分に自信を無くしてしまいますし、自分なんて必要ないと感じるでしょう。

愛情の底が深いのでいつまでも愛してくれる

血縁者でさえ受け入れてくれなかったあなたを、ヤンデレ好き男性は受け入れてくれます。

気持ちが通じ合えば、あなたを否定することなく、深い愛情でいつまでも愛し続けてくれます。

なぜなら、ヤンデレ男性もまた、同じように「人に愛されたい」「受け入れられたい」と感じていたからです。

自分を受け入れてくれたあなたが貴重で、大切な存在だと感じ、深い愛情でいつまでも大切に接してくれるでしょう。

過去に恋愛のトラウマがある人にぴったり

恋愛に関するトラウマを持っている人には、ヤンデレ好き男性はぴったりです。

恋愛に関するトラウマと言えば、自分のことを拒絶されたり、利用されたりするなどでしょう。

それらを全て受け入れ、癒してくれるのがヤンデレ好き男性です。

あなたを拒むこともなく、深い愛情で根気強く向かい合ってくれます。

つまり、途中で投げ出すことがないのです。

あなたが傷を癒やし、心を開いてくれるまで、いつまでもそばにいてくれるのが、ヤンデレ好き男性なのです。

自分だけを思いっきり愛してくれる人と恋をしよう

自分だけを愛してくれる存在は、非常に貴重な存在です。

自分ばかりが思っている相手と恋愛しても、辛さや寂しさを感じるばかりなのです。

そのような恋愛を続けていると、自分に自信を無くしてしまいますし、恋愛が楽しいものではなくなってしまいます。

あなた自身は、愛される存在であり、愛してくれる人が必ずいます。

自分が幸せになれる恋愛をしてみませんか?