忘れられない女性の特徴14選!男性の心にずっと残るいい女ってどんな女性?について
男性にはこれまで付き合ってきた中で、忘れられない女性がひとりくらいはいるものです。

忘れられないというのは、相手を恨んでのこととは限りません。

忘れたくても忘れられないほど良い女性であったということもあります。

相手の記憶にいつまでも残り続けるような良い女になれたら素敵ですよね。

今回は男性が忘れられない女性の特徴を詳しく紹介していきます。

男性には必ず忘れられない女性がいる?

恋愛観について男性は「名前をつけて保存」、女性は「上書き保存」と例えられることがあります。

これは過去の恋愛をパソコン上のデータに例えたもので、男女での考え方の違いを表しています。

女性は過去の恋愛の上に新しい恋愛の記憶を上書きしていきます。

過去は過去と割り切り、新しい恋だけを真っ直ぐに見つめています。

男性は過去の恋愛の思い出を大切に保管しています。

それぞれに思い出があり、新しい恋愛を楽しんでいても時々過去を思い返すことがあります。

このような違いは男女の脳の構造によるものです。

女友達で集まると恋愛トークで盛り上がることもありますよね。

女性は男性よりも言語能力が優れており、自分の恋愛を他者と共有することで消化できます。

しかし、男性は男友達と集まってもそれほど自分の恋愛を語りません。

そのため過去の恋愛を自分の中に閉じ込める傾向があり、大切に保管するようになるのです。

忘れられない女性って多いの?

多くの男性には忘れられない女性が一人や二人くらいはいます。

これも男女の脳の構造に違いがあることが大きく関わっています。

性別に関わらず、人間は良い思い出も嫌な思い出も一定期間は脳に記憶されています。

しかし、時間が経つにつれて嫌な記憶は薄れ、良い記憶だけが残るようになっていきます。

女性は感情的な部分に長けており、記憶も感情とともに記録される傾向があります。

そのため、大きく感情が揺れ動いたときの記憶は鮮明に残すことができるのです。

彼がサプライズをしてくれて感動した思い出などの良い記憶はもちろん、彼と大喧嘩して怒鳴り散らしてしまった嫌な記憶も感情が大きく動いた思い出なので強く残ります。

一方、男性は関心のない記憶はすぐに消去してしまいます。

自分にとって良い思い出、都合の良いことなどは強く残る傾向があるのが特徴です。

そのため、過去の恋愛においても元カノとの良い思い出は長く記憶され続けます。

過去を思い出すことで幸せな気持ちになり、時間とともに美化されることも多いでしょう。

このように男性には良い思い出はいつまでも記憶し続けられ、時には記憶が美化される特徴があるため、忘れられない女性も何人か存在するのです。

忘れられない女性の特徴

忘れられない女性の特徴
それでは忘れられない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

前項でも述べた通り、男性は嫌な記憶よりも良い記憶を大切に保存しておく傾向があります。

つまり、男性にとって良い女性ほど記憶に残りやすいのです。

次は男性が忘れられない女性の特徴について詳しく紹介していきます。

一途

男性は自分を一途に想ってくれた女性を忘れることができません。

一途に尽くしてくれる女性は、男性にとって自分を大切にしてくれる貴重な存在です。

一緒にいるときにはそのありがたみに気付くことができなくても、彼女を失った瞬間にいかに自分を大切にし、尽くしてくれていたかを実感するようになります。

特に彼女に甘えてばかりいた男性には、心に大きな穴を空ける存在となるでしょう。

家に一人でいるときや仕事で疲れているときなど、ふとした瞬間に孤独を実感するようになります。

このように自分の気持ちを満たしてくれる女性は簡単には現れません。

新しい恋を始めても、小さな心の隙間を埋めてもらえないと元カノのことを思い出すでしょう。

初恋

初恋
初恋は性別に関わらず、誰にでも思い出深いものです。

特に男性は女性をリードする側なので、いろいろな緊張や葛藤を経験した可能性があります。

初めてのデートでどこに行こうか悩んだり、初めての彼女をどのようにリードすれば良いか困ったりするなど、失敗や悩んだ経験などもたくさん記憶されています。

人から与えてもらったことよりも、自分で与えようと努力した記憶の方が強く印象に残るものです。

女性にとっても初恋は初めてのことだらけで思い出深いものですが、男性にとっては初めて酸いも甘いも経験した大切な思い出なのです。

このような衝撃的な記憶を簡単に忘れることはできませんよね。

特に大きなイベントや出来事がなかった恋でも、初恋であるだけで男性の記憶には深く残ります。

最後の恋人

初恋と同じように、最後の恋人というのも記憶に残りやすい傾向があります。

特に結婚をしてこの先に新しい恋がないという場合は、本当の意味で最後の恋人になります。

何事も最初と最後が一番記憶に残ります。

多少喧嘩別れをしても、「最後の恋人」という肩書がネガティブな記憶さえ良いものにします。

また、最近別れたばかりというのも大きなポイントです。

今の恋人と何年も付き合っている場合は別ですが、最近まで付き合っていた可能性もあり得ます。

この場合、まだ記憶も新しいため思い出しやすいのです。

良い思い出しかない

付き合っている間に良い思い出しかない女性は、いつまでも忘れることができません。

前項でも述べた通り、男性は悪い思い出よりも良い思い出を長く記憶し続ける傾向があります。

良い思い出というのは、思い出すたびに幸せな気持ちにさせてくれます。

今の恋人と喧嘩した際などは「昔は良かったな」「元カノは良かったな」と現実逃避をします。

このように良い思い出ばかりであれば、嫌なことがあるたびに思い出して癒されることができます。

過去のことであっても、良い思い出であれば彼を癒す効果を十分に発揮するのです。

結婚まで考えていた

結婚
真剣に結婚まで考えていた女性を簡単に忘れることはできませんよね。

これは男性にとっても同じことが言えます。

結婚まで考えていたのに、結婚に至らなかったのには大きな原因が衝撃、葛藤があるはずです。

たとえば思い切ってプロポーズをしたのに、受け入れてもらえなければショックですよね。

人生に一度のイベントですから、普通に告白をして振られたのとはショックのレベルが違います。

他にも結婚前の同棲期間で別れてしまったのであれば、一緒に生活をする中でお互いの存在が当たり前になっていたでしょうし、デートだけよりも思い出の数が多くなります。

なにより結婚したいと思うほど、男性にとって本気の相手であったことも大きなポイントです。

生涯一緒にいたいと思えるのは、そう簡単なことではありません。

死ぬまで一緒にいたいと思えるということは、それだけ素敵な女性であったということです。

体の相性が良かった

体の相性が良いのも忘れられない女性の特徴です。

男性の中には夜の相性を重視し、記憶に残している人も多く存在します。

やはり男性ですから、少なからず下心を持っているものです。

男性は夜の営みでもリードする側のため、さまざまなことを考えながら行動しています。

単純に気持ち良いかどうかだけでなく、見た目がとてもセクシーだった、彼女もとても気持ち良さそうだったなど視覚から得る情報も深く記憶しているのです。

興奮度合いが高ければ高いほど、男性の記憶には根深く残ります。

新しい恋人ができても、体の相性がイマイチだと思わず元カノを思い出してしまうかもしれません。

価値観が合った

価値観の合う人と一緒にいると、それだけで居心地が良くなります。

人は他人と接するときに、少なからず相手に気を遣うものです。

特に恋人関係になれば、相手に良く見てもらおうと気を張ることもありますよね。

趣味や好み、価値観の合う人であれば、気を張らなくても自然体を受け入れてもらえます。

変に意識しなくても、ありのままの自分を受け入れてもらえるので居心地が良くなるのです。

このようにリラックスした状態を維持できる関係は簡単に築くことができません。

努力も必要ですが、そもそもの相性というのも大きく関係しています。

お互いに気張らず、リラックスできる関係というのはそれだけ相性が良いということでもあります。

特に男性はリード側に立つことが多いため、リラックスできる相手はとても貴重です。

同じ趣味

自分と趣味の合う人も忘れられない女性となり得ます。

趣味が合うということは、それだけお互いに共有できる思い出も多いということです。

街中をフラフラと歩き回るデートよりも、自分の好きなことをやっている時間の方が楽しいですよね。

趣味が合う人同士であれば、自分の好きなことをデートに盛り込むことができます。

たとえば野球観戦や映画鑑賞、スポーツデートなど人によって趣味や好みはさまざまです。

特に男性は興味関心のないことはあまり記憶に残りません。

自分にとっても本当に楽しい思い出だからこそ、別れた後でも鮮明に覚えていられるのです。

他にも自分が好きなことであれば、別れた後でも続けることが多々あります。

人の好みは簡単に変わりませんので、その好きなことに触れるたびに元カノを思い出すでしょう。

料理がうまい

料理が上手い人も忘れられない女性の特徴のひとつです。

昔から「男性の心をつかむためには、まずは胃袋をつかめ!」という通り、男性は料理が上手い女性に弱いという傾向があります。

実際に料理上手な奥さんがいる家庭では、旦那さんが浮気をしなかったり、仕事から寄り道せずに帰ったりと家庭円満なところが多いと言われています。

料理の味も大切ですが、自分のために料理をつくってくれるというのも大きなポイントです。

多くの男性は自分に尽くしてくれる女性に弱く、尽くしてもらうことで愛情を感じています。

美味しい料理を振舞ってくれるということは、それだけ自分に対する愛情も大きいということです。

料理が上手いことの背景には、味だけでなく愛情の大きさも隠れているのです。

男性の胃袋をつかむためには料理の腕を磨くのはもちろん、料理をつくり続けることも重要です。

同棲していた

同棲
一緒に同棲していた経験があることも、忘れられない女性の特徴のひとつです。

自分と価値観や相性が合わない女性と一緒に暮らそうとは思いませんよね。

同棲をしていたということは、それだけ相手に気持ちを許しているということでもあります。

プライベートな時間を一緒に過ごしたいと思えるほど、男性にとって大切な存在だったということです。

また、同棲をするにはいろいろと体力が必要です。

実家暮らしの人であれば同棲をするための物件を探し、引越しをしなければなりません。

一人暮らしでもワンルームの物件であれば手狭になり、引越しを検討することもあるでしょう。

その他にも家具や家電、食器などを買い揃える必要があるなど出費もかさみます。

このように同棲をするためには、いろいろと準備をする必要があります。

思い立ってすぐにできることではないからこそ、一緒に暮らしたいという真剣さもあります。

あらゆる苦労や大変さも乗り越えて同棲したいと思える相手のことを簡単には忘れられないですよね。

守ってあげたくなる

守ってあげたくなる人も忘れることができない女性の特徴です。

もともと男性には保護本能が備わっています。

保護本能とは守るべき存在を守るための本能のことを指します。

男性は自立している女性よりも少し抜けていておっちょこちょいな女性に惹かれる傾向があります。

「自分が守ってあげないと」「助けてあげないと」という責任感がくすぐられるからです。

多くの男性は与えることや与えられることに喜びを感じます。

か弱い女性を見て「守ってあげたい」と思うのも、守るという与える行動を取りたいからです。

このように守ってあげたくなる女性には、「俺がいないと駄目だな」という感覚が育ちます。

自分の存在意義を見出せるようになり、女性の存在が自分の価値とリンクするのです。

守るべき存在がいなくなってしまうと、男性は途端に虚無感に襲われるでしょう。

自分が抱いていた責任感や存在意義のやり場がなくなり、寂しさを感じるはずです。

色々な初めてを一緒に経験した

初恋以外にもいろいろな初めてを一緒に経験した女性は忘れられないものです。

初めてのデートやイベントの他にも、初めて行く先々に忘れられない思い出が散らばっています。

特に場所に関する思い出は深く残ります。

定番のデートスポットでも、初めて行く場所であればワクワクしますよね。

男性はデート先をリサーチし、決めていることも多いので余計に印象に残ります。

行ったことのある場所は、別れた後でも再び訪れれば当時の思い出がよみがえります。

このように定番の場所であっても、初めての思い出があれば見方も変わるのです。

先にも後にも初めての経験であれば、「初めて」が上書きされることはありません。

「初めて」にはそのような特別な意味が込められているのです。

記憶に残る女性を目指すのであれば、積極的にいろいろなことにチャレンジしましょう。

誰が見ても可愛いor綺麗

誰が見ても可愛い女性や綺麗な女性は忘れられません。

実は男性は聴覚から得る情報よりも視覚から得る情報の方が優位に働きます。

そのため、恋をするときも言葉でのコミュニケーションより見た目を重視する傾向にあるのです。

これは男性が持つ本能に関係しており、良い遺伝子(子孫)を残すために可愛い女性や綺麗な女性に惹かれやすいのです。

また、男性はプライドの高い生き物です。

やはり誰が見ても可愛い女性は他人に自慢したくなりますし、それがステータスにもなります。

このような誰にでも自慢できるような美しい女性はとても貴重な存在です。

別れてしまった後は「何で別れてしまったんだ」という後悔を抱くこともあるでしょう。

このように別れたことを後悔してしまうような女性はそれだけ良い女性ということです。

色々な面で支えてくれた

いろいろな面で支えてくれることも忘れられない女性の特徴のひとつです。

男女では愛情表現の方法も異なります。

男性はプレゼントを贈ったり、相手を助けたりすることで愛情表現をします。

女性に与えるだけでなく、自分自身も与えてもらうことで相手の愛情を感じ取ることができます。

一方、女性は気持ちや言葉で愛情表現をします。

「ありがとう」「愛してる」などストレートな感情表現によって愛情を伝え、自分自身も感じます。

男性は目に見えるものに愛情を感じるため、尽くしてくれる女性に弱い傾向があります。

特に自分のために時間や労力を尽くしてくれることに大きな愛情を感じます。

このように精神面だけでなく、実際の行動によって尽くしてくれた女性のことはなかなか忘れることができません。

男性の心に残る良い女とは?

男性の心に残る良い女とは
男性の心に残る良い女性は、男性にポジティブな記憶を残す存在です。

ネガティブな思い出しかない恋は、幸せな記憶に上書きされてしまいます。

それでは男性の心に残る良い女とはどのような人物を指すのでしょうか。

次は男性の心に残る良い女の特徴や、目指す方法について詳しく紹介していきます。

気配り上手

気配り上手であることは、良い女になるための必須条件です。

男性にとっての良い女とは、一緒にいることでプラスになる女性を指します。

もちろん、メリットがある女性ばかりを好きになるわけではありません。

たとえば一緒にいて落ち着く、安心するといった精神的な安らぎもひとつの要因です。

気配り上手というのは、男性の心にそっと寄り添うことと似ています。

言葉にしなくても上手く察し、お互いに気持ちの良い関係を築くことができるのです。

ただし、男性に尽くし過ぎるのは良くありません。

自分の意見を言いづらくしてしまいますし、男性としても愛情が負担になってしまいます。

大切なのはお互いにとって良い距離感を保つことです。

上手く距離感を測るためにも気配りは必要ですし、それが良い関係への一歩となります。

清潔感がある

良い女になるためには、清潔感を保つことも重要です。

多くの男性はオシャレな女性よりも清潔感のある女性に魅力を感じています。

最先端のトレンドを取り入れるのも良いですが、髪がボサボサだったり肌がボロボロだったりしていては清潔感に欠けてしまいます。

流行に乗る前に基本的なスキンケアや身だしなみができているかチェックすることが大切です。

せっかく良いものを身につけていても、清潔感がなければ途端に台無しになってしまいます。

最近では奇抜なファッションよりも清楚な女性の人気が高い傾向にあります。

女性からすれば夢見がちだと思われてしまいますが、男性は女性に純粋さを求めているのです。

スタイルの良い女性も良いけど、彼女は清楚系の女性が良いという男性も少なくありません。

このように理想と現実に求めているものには大きな差があるのです。

尽くしてくれる

男性にとって良い女になるためには、尽くしてあげることも大切です。

多くの男性は女性に尽くしてもらうことで、相手からの愛情を感じ取っています。

ここでいう「尽くす」とは男性にとってプラスになることです。

たとえば「料理をしてくれる」「掃除をしてくれる」など目に見えて感じられるものを指します。

これだけ見ると「ただ家政婦が欲しいだけでは?」と思ってしまいますが、自分ができないことや苦手なことを助けてくれるというところに思わず惹かれてしまうのです。

できないことや苦手なことというのは、いわば弱点でもあります。

その弱点をサポートしてもらうことで「自分は愛されているんだな」と感じることができるのです。

風邪を引いたときに看病してもらえると嬉しいですよね。

男性の「尽くしてほしい」という願望もそれに近い意味を含んでいます。

相性がバッチリ

相手との相性がバッチリな女性は、男性にとって忘れられない良い女です。

ここでいう相性とは、お互いに気の合う関係であるということを指します。

恋人同士であっても性別も違えば、それぞれ性格も異なります。

好きな食べ物や嫌いな食べ物、趣味、興味など挙げていけばキリがありません。

人間にはそれぞれ個性や好みがあるので、人が集まれば好みや趣味が反発することもあります。

一方、相性が良ければ好みや趣味、価値観などがピッタリと合います。

努力で解決することもできますが、根本的な相性は最初から決まっているものです。

つまり、相性の良い人と出会えるということは奇跡的なことです。

一緒にいて楽しい、心地よいと思える相手とは良い思い出をたくさん作れるでしょう。

良い思い出があればあるほど、男性にとって忘れられない女性となります。

笑顔が素敵で多い

笑顔が素敵な女性は、それだけで魅力的な女性に見えます。

実際に笑顔が素敵な女性が好きという男性はとても多いです。

多くの男性は付き合う女性に癒しや安らぎを求めています。

好きな人と一緒にいるときくらいは、気持ちよく過ごしたいと思いますよね。

しかし、いつも喧嘩腰に離されたり怒られたりしていては居心地が良くありません。

ムスッと不貞腐れていれば、彼女の機嫌を取らなければと焦ってしまいます。

このような女性では、男性の方が疲れて離れて行ってしまいます。

前項でも述べた通り、男性は嫌な記憶はすぐに忘れてしまう特徴を持っています。

いつまでも心に残る女性を目指すのであれば、良い印象を残すことがとても重要です。

不貞腐れた顔をしているよりも、いつもニコニコしている女性の方がずっと魅力的です。

料理上手

料理上手な女性は男性から高い人気を誇っています。

いつの時代も家庭的な女性が好まれる傾向は高いままなのです。

料理をつくることも大切ですが、男性は自分に料理を振舞ってくれることに喜びを感じています。

これは尽くされることと同様に、自分のために何かしてくれることが嬉しいのです。

お弁当であれば「早起きしてつくってくれたのかな?」とお弁当の背景にある努力や苦労などを想像し、さらに彼女からの愛情を実感することができます。

彼の自宅で料理をする場合は、調理姿を見て「一生懸命つくっている」と幸せを感じるでしょう。

このように料理上手には料理が美味しいというだけでなく、いろいろな意味が込められています。

その一つひとつが男性にとっては大切な愛情であり、愛されていると実感できるものなのです。

世話好き

世話好きな女性は、男性にとってとても魅力的な女性です。

どんな大人な男性でも、心のどこかでは「甘えたい」という気持ちを隠し持っています。

もともと男性はマザコンな部分を持っています。

彼女に対しても「甘えたい」「優しくされたい」といった子どものような気持ちを抱いています。

そのため、世話好きな女性であれば甘えたことも言いやすくなります。

ただし、世話好きが過ぎると何でも甘えてしまう男性になってしまうので注意が必要です。

適度に厳しさを織り交ぜながら、保育士さんのような優しさを見せることが大切です。

甘えん坊といっても叱られるのが嫌いというわけではありません。

悪いことはきちんと悪いと伝えることで、自分のことを思ってくれているという愛情を感じます。

このようにメリハリのある接し方をすることで、あなたへの信頼も深まっていくでしょう。

自分好みになってくれた

男性にとって自分好みの女性になってくれる人も魅力的な女性です。

本来、男性は独占欲の強い生き物なのです。

男性には狩猟脳が備わっており、獲物を追う習性が本能に組み込まれています。

自分好みの女性にしたいという気持ちも独占欲の一種です。

また、男性はプライドの高い生き物でもあります。

その反面、自分に自信が持てない弱い面もあるため、好きな女性を自分色に染め上げることで相手に「信頼して欲しい」「頼って欲しい」という気持ちを満たしているのです。

男性の好みの女性になることで、男性に自信をつけてあげることができます。

自分に自信を持たせてくれる存在はとても貴重なため、男性にとって大切な存在になるでしょう。

大切な存在であればあるほど、忘れたくても忘れられない存在となります。

本気でぶつかり合える

本気でぶつかり合えることも男性にとって良い女性の特徴のひとつです。

恋愛関係において、本気でぶつかり合えることはそれほど多くありません。

やはり好きな人の前では良い子でいたいですし、喧嘩になることは避けたいですよね。

そのような思いから、上辺だけの関係になってしまうことも珍しくありません。

本気でぶつかり合えるということは、それだけ相手のことを信頼している証拠です。

遠慮なく言われることでイライラすることもありますが、それだけ自分を信頼してくれているのだという安心感を得ることもできます。

特にこれまで自分の言いなりになっていた女性としか付き合ったことのない男性にとっては、言い返してくる女性の存在はとても珍しいでしょう。

このような貴重な関係は、別れた後も忘れられない思い出になるはずです。

連絡がマメ

マメに連絡をする女性は、男性の記憶に残りやすい傾向があります。

特に毎日決まったメッセージを送るなど、生活の一部になっているとより効果的です。

メッセージを受けているときは気にしていなくても、習慣化されたメッセージがぱたりと来なくなってしまうと、途端に寂しい気持ちに駆り立たれます。

これは男性の生活にあなたの存在が自然と組み込まれていたという証拠です。

その存在があるうちはありがたみに気付かなくても、失ってからその大切さを痛感するのです。

相手に寂しいと思わせる女性になるためには、連絡の頻度をコントロールすることが大切です。

あまり頻繁に連絡を取り過ぎてもうるさがられてしまいます。

短文でもふと彼の生活に溶け込むようなメッセージの方が良いでしょう。

交際期間が長い

交際期間が長ければ長いほど、彼にとっても忘れられない女性になります。

期間が長ければそれだけ楽しい思い出や嬉しいできごとがたくさん詰まっています。

それだけ多くの楽しい思い出を詰め込むには、それなりの時間が必要です。

たとえすぐに新しい恋と出会っても、しばらくは過去の思い出を引きずることでしょう。

交際期間が長いということは、それだけあなたを好きであった期間が長いということです。

それほど長く好きだった女性を簡単に忘れることはできませんよね。

忘れられない女性を目指そう

男性は嫌な記憶よりも楽しい思い出を長く記憶し続けることができます。

忘れられない女性になるということは、それだけ男性にとって素敵な女性であった証拠です。

いわば忘れられないということは、その人の価値を表すということでもあります。

忘れたくても忘れられないほど素敵な女性になれたら良いですよね。

良い女性であり続けるためには、引き際も肝心です。

いくら良い女性であっても、最後に嫌な別れ方をしてしまったら意味がありません。

男性と別れる際は、最後までさっぱりとした姿勢を保ちましょう。

綺麗に終わらせることで、良い女としての自分が彼の中で保存され続けるでしょう。