彼氏いるのに合コンってあり?合コンに行ってわかる私の彼のいいところ13個!について
合コンは恋人を求める男女が理想のパートナーと出会うためのチャンスの場です。

しかし、合コンに参加している男女は必ずしもフリーの人だけとは限りません。

パートナーがいても合コンに参加している場合もたくさんあります。

それではなぜ、パートナーがいるのに出会いの場である合コンに参加するのでしょうか。

今回は彼氏がいる女性が合コンに参加する理由や意味について詳しく紹介していきます。

彼氏がいるのに合コンってアリ?

みなさんは彼氏がいる女性が合コンに参加することをどう思いますか?

一般的に合コンは恋人を求める男女が理想のパートナーと出会うための場所です。

パートナーがいるのであれば、合コンに行く意味はないのではと思う方もいるでしょう。

しかし、合コンに参加している女性が必ずしも恋人を求めているとは限らないのです。

一方、彼氏がいるのに合コンに行くなんてありえない!と否定的な人もいますよね。

ナシ派の女性たちはどのような理由で合コンには参加しないと考えているのでしょうか。

彼氏がいる女性が合コンに行くことに対してアリ派の意見とナシ派の意見を比較してみましょう。

アリ派!の女性の意見

アリ派
実は、彼氏がいる女性が合コンに行くことをアリだと考える女性は少なくありません。

その結果だけ聞くと「彼を大切にしていないのでは?」と感じてしまう人もいるでしょう。

しかし、その背景には合コンに対する考え方の違いが存在します。

一般的に合コンは恋人を求める男女が理想のパートナーと出会うための場所ですが、彼氏持ちの女性が合コンに行くことをアリと考える方々は男女の出会いを目的としているわけではありません。

それではアリ派の女性は合コンをどのような場所だと捉えているのでしょうか。

アリ派の意見を詳しく紹介していきます。

合コンから恋愛に発展することはないから

アリ派の女性の多くは合コンを男女の出会いの場と捉えていません。

友達に誘われれば普通の飲み会に参加する感覚で承諾する女性が多い傾向にあります。

合コンは出会いの場といってもそれほど成功率は高くありません。

特に女性側が好意を示さなければ参加している男性もアプローチできなくなります。

恋愛感情を持つか持たないかは自分自身でコントロールできるため、合コンに参加をしても「楽しく話せる飲み仲間」程度の気持ちを維持していれば恋愛に発展することはないのです。

実際にパートナーがいるのに合コンに誘われたときに参加すると回答するのは、男性よりも女性の方が割合が多いというデータが存在します。

彼氏がいるのに合コンに参加する女性の多くは、合コンに参加することを彼と共有しています。

浮気をしたいわけではないという意思がはっきりしているからこそ、下手に隠す必要がないのです。

また、女性は恋愛に対して非常に冷静な一面を持っています。

いくら大勢の男性がいても、そう簡単に恋愛対象とは認識しません。

その理由は女性の脳のつくりにあります。

女性はひとつの命を育てるため、優秀な遺伝子を吟味する傾向があります。

一方、男性はより多くの遺伝子を残すために数を重視する傾向があります。

これは個々の性格というよりも、より本能に近い部分に関係しています。

そのため、女性は簡単に自分のパートナーを決めてしまう可能性が低いのです。

仕事関係なら人脈を広げたいから

彼氏がいる女性が合コンに参加するもうひとつの理由は、仕事関係の人脈を広げたいからです。

女性は男性よりも人とのコミュニケーションを重視する傾向があります。

バリバリのキャリアウーマンでなくても、なるべく人の多い場所に行き、そこでの出会いを大切にしながら上手く仕事に繋げることができます。

しかし、必ずしも「仕事のために!」と意気込んでいるわけではありません。

合コンに参加して、良い出会いがあれば良いなくらいの気持ちでいることがほとんどです。

人脈といっても特別濃密な関係になることを望んではいないのです。

なるべく多くの人と出会い、程よい距離を保ちながら必要に応じて連絡を取り合いたいのです。

一方、男性は一対一のコミュニケーションを大切にしています。

プライベートと仕事の区別もはっきりしており、合コンに人脈を求めることはほとんどありません。

会社の外で人脈を形成するのであれば、セミナーや異業種交流会などを選びます。

このように男女でも合コンに対する考え方が異なるため、女性側が合コンに恋愛的な出会いを求めていなければいくら大勢の男性と出会っても、そこから恋愛関係が生まれることはないのです。

人数合わせや友達の誘いは断れない

友達から人数合わせを頼まれて断れなかったという理由もあります。

このような場合は女性が合コンに積極的でないケースが多いです。

女性は同性の友達同士でもコミュニケーションやコミュニティを大切にする傾向にあります。

周囲の空気を読み、関係を崩さないための最良の選択をしようとします。

女性にとって友達の関係性を良好に保つことは非常に重要なことなのです。

合コンの誘いを断って気まずくなってしまうのであれば、参加した方が良いという結論になります。

友達付き合いにおいても男女では考え方が異なります。

男性は子供の頃から友達付き合いが変わらず、本音で話すことが多い傾向にあります。

一方、女性は年齢と共に大人の付き合い方を身につけていきます。

話す内容や判断などは深く分析し、時には建前を言うこともあります。

友達の誘いを断らないというのは、穏やかな関係性を保つために必要なことなのです。

ナシ派!もやっぱり多数

ナシ派
多くの女性は彼氏がいるのに合コンへ行くのはナシだと考えています。

パートナーを吟味する女性だからこそ、相手を不安にするようなことはしたくないのです。

ナシ派の女性の多くは合コンを男女の出会いの場だと捉えています。

浮気をしようとする気がなくても、そういう場に行くこと自体が裏切り行為だと感じているのです。

その他にもナシ派の女性にもそれぞれナシだと思う理由があります。

次はナシ派の女性の理由について詳しく紹介していきます。

ほかの男性と食事するなんて信じられない

ナシ派のなかには、男性と食事をすること自体を良く思っていない意見もあります。

いくら好意がなかったとしても、異性と食事をする行為が彼への裏切りとなってしまうのです。

彼が心配してしまうような行為は一切控えるべきであるというのはナシ派の意見です。

女性に恋愛感情がなくても、相手が女性を好きになってしまう可能性は十分あります。

口説かれて応じてしまったら浮気ですが、男性に言い寄られることもあまり良くはありません。

言い寄られるということは、それだけ隙を見せていると考える人もいます。

そもそも合コンに行かなければ口説かれることもないため、安全な道を選ぶようになるのです。

このような女性はたとえ友達同士でも、異性が参加する場合は複数で会うように考慮します。

彼への配慮の意味もありますが、トラブルに巻き込まれないための予防線でもあるのです。

トラブルになりそうで

彼氏がいる女性が合コンに参加する際に、最も心配になるのが彼とのトラブルです。

合コンに秘密で参加してバレるのはもちろん、行く相談だけでトラブルになることもあります。

大好きな彼とはなるべく喧嘩したくないですよね。

男性によっては「彼女が合コンに行く=浮気をしようとしている」と考える人もいます。