ドヤ顔をしがちな男性の特徴15個!そんな男性を手玉にとる方法10個で落として彼氏にしちゃおう!について
ドヤ顔する男性の心情には、いくつになっても周りから誉められたい気持ちや、自分は他の人より優れていると思うプライド、女性よりも優位な立場でいたい気持ちが見栄隠れします。

うっとうしいと思いつつも少し気になる存在ではないでしょうか。

いつまでも子供のように思えてかわいいとも思えますよね。

ドヤ顔しがちな男性の特徴15個を押さえて、手玉に取れそうな方法を10パターン網羅し、彼氏にするテクニックをマスターしましょう。

ドヤ顔する男性ってウザい!

ドヤ顔ってされた瞬間はイライラとまではいかないものの、ちょっと嫌だなと思いませんか?

それが毎回だったり、普段からも自慢話が多いとうっとうしいとすら感じてしまいます。

この人上から目線の言い方が多いなと思い始めると他のことも気になるようになり、男性自身に苦手意識すら持ってしまうこともありますよね。

何事もほどほどがいいかもしれません。

そもそもドヤ顔のルーツはどこから来ているのでしょうか?

気が付いたらよく使われていてなんとなくその意味も理解しているものの、あまり知らないという方もいると思います。

まずはドヤ顔のことを掘り下げてみましょう。

言葉の奥深いところって改めて見直すと結構面白いです。

得意顔・したり顔な表情のこと

他の人が出来ないようなことをサッと出来たり、知識を持っていたりすると誰しも自慢したくなります。

それがストレートに顔に出ることをドヤ顔と言うのでしょう。

きちんとした言葉で言い換えると、得意顔やしたり顔のことになります。

周りよりも優位であることがうれしくて、それを誉めて欲しい気持ちが全面的に出るのでしょうね。

幼い頃に親に誉めてほしくて必死に自慢したり、主張したりしてきたものと重なるものはあります。

ドヤ顔の元は関西弁から

ドヤ顔のドヤは、関西弁がルーツとなっています。

何か目標とするものが達成されたり、何かを成し遂げたりしたときに「どうだ?」と聞くときに関西弁では「どや?」と聞くことがあります。

どや?には「どうだすごいだろう」といった自慢したい気持ちが含まれていることが多いため、ドヤ顔には自慢したいという気持ちを表す時に使うのでしょう。

濁音が含まれていることから話しやすいということもあり、気が付いたら自分たちの日常会話に馴染んでいったのだと思います。

時に見栄を張ったり、虚栄心を持ったりするという意味でも使います。

古くから親しまれている正しい言葉を大切にしつつ、日常会話を楽しいものにするために使って貰えたらと思います。

ドヤ顔しがちな男性の特徴15個

ドヤ顔しがちな男性の特徴
ドヤ顔は男性ならみんなするものかと聞かれると答えに迷うかもしれません。

大なり小なりドヤ顔をすることは皆あったとしても、そんなに頻繁ではないでしょう。

性格的なものが大きいかなと思います。

自慢話が多いとか、周りを割と気にするとか、色々あります。

幼い頃の家庭環境からくるものもあるでしょう。

両親から構ってもらうことが当たり前になっていて、大人になってからもそれが当然のことだと思っている人がその一例です。

真逆で、兄弟姉妹が多い家庭に育ち、普段から両親も放任主義だったとします。

なんとなく満たされない部分があり、それを家族以外の人で満たそうとするのでしょう。

そうでなかったとしても、ほとんどの人は誰かに認められたり、褒められたりすると嬉しいものです。

人目を気にして表に出さないだけで、日頃の努力が報われる瞬間ほど感動的なものはないですよね。

色々な理由から時々現れるドヤ顔、その背景には様々なものが隠れているようです。

具体的にどんな男性がドヤ顔が多いのか特徴を挙げます。

今後の恋愛や友達付き合いの参考にしてください。

プライドが高い

自分はこれくらいのことが出来て当然だと変な自信を持っていて、弱みや苦手なところを指摘されるとすごく怒ります。

周りよりも出来て当然だと思っているので、それなりの努力もするため今までも割と勝ち組と言われるようなルートを歩いてきた男性が多いと思います。

すごいね。素敵だね。私にはそんなこと出来ないから尊敬します。といった称賛の言葉が大好きです。

どこか幼さが残る一面もあり、自分の成績や出来具合がオープンになった時に、喜びが隠しきれずにドヤ顔になってしまうのかもしれません。

付き合う女性はどちらかというと大人しめで堅実な、素直な人を選ぶように思います。

同等のスキルを持つような女性は敢えて選ばないように思います。

プライドが高く、ドヤ顔の多い男性を好きになったときは、その人のプライドをストレートに傷つけるような発言は控えましょう。

陰ながら応援できるような素敵な女性を目指しましょう。