仕事ではテキパキ積極的なタイプでいいのですが、男性をうまく頼って、入り込みやすい女性の方が、かまいたい、守ってあげたい、と男気スイッチが入るものです。

できないこと、弱み、落ち込んでいる…などは、見せたほうが得です。

極めつきは、警戒心の薄さを感じさせることです。

無防備さや抜けた部分が、相手を寛がせます。

清潔感を意識する

清潔感のある女性
男性の好感度を上げる一番の要素は、清潔感です。

清潔感のない女性は、美人でスタイルがよくても、恋愛対象から外すのが男性です。

少しくらいの不美人は、清潔感さえあれば恋愛対象として見れます。

今すぐに取り入れて、恋をゲットしましょう!

まず、肌と髪がきれいであること。

これは七難隠すと言えます。

造作のよさよりも、透き通るような肌、つやのある髪が、美しさを感じさせます。

歯が綺麗な女性は、清潔感に溢れまくってますね~。

そして歯が白いこと。

毎日丁寧に磨いて、白い歯を目指すようにしましょう!

歯に食べかすは厳禁です。

そして、爪も磨いておくことです。

服装にも清潔感が不可欠です。

ただそう難しい話ではなく、洗濯しているか、ちゃんとアイロンをかけているか、それで十分です。

最近は形状記憶の服も売ってますから、面倒くさがりやさんは、大いに利用しましょう。

案外忘れがちなのは靴ですが、ここは意外にチェックされています。

あとは体臭です。

臭いのは論外ですが、香水のつけすぎはいけません。

すれ違ったときに、かすかにいい匂いがするよう心がけましょう。

丁寧な言葉遣いをする

美人でスタイルもいいのに、話してみたら、言葉遣いが汚い。

聞いてがっかりした経験は、ありませんか?

またはあなたが他人を不快にさせている可能性もあります。

安い服を着ていても、言葉遣いが美しければ、それだけで高級感がありますね。

「ヤバい」「ムズい」「マジ」など、本来の言葉をはしょった言葉が、あまり違和感もないまま使われています。

あまり品のいいものではありませんね。

カジュアルな会話を楽しむ場では、くだけた言葉遣いのほうがいいこともありますが、それでも、上記のような言葉は、きちんと正しく言い換えたほうが育ちの良さを感じます。

あまり神経質にならなくてもかまいませんが、普段から気をつけておかなければ、とっさの時に出てしまうのが、言葉遣いです。

気さくな女性は魅力的ですが、品のない女性にならないようにしましょう。

シンプルかつナチュラルなメイク

ナチュラルメイクの女性
ナチュラルメイク、正しくはナチュラルに見えるメイクのことです。

素顔と変わらないくらいの自然な薄化粧に見えるというのは、実はお化粧の上級者で、手間も時間もかかっていることを、女子なら誰でも知っていますよね?

基本はやはりスキンケア。

肌を整えたところで、日本人に肌なじみのいいオレンジ系の下地で顔色をよく見せ、カバー力の強いファンデーションを使いましょう。

薄くつけてもナチュラルに仕上げることができます。

化粧下地を使わない派の人もいますが、くずれにくく、ファンデーションのりもいいので、ナチュラルに仕上げるためには、必ず使うようにしましょう。

眉は元の形を少し整える程度に、アイラインはブラウン系で、まつ毛の隙間を埋めるように描きます。

シャドーは色味を抑えたベージュやビスケット色、チークはアプリコット系が自然に見えます。

口紅は肌なじみのいい色を選んでください。

同じピンクでも、肌の色によって似合ったり似合わなかったりしますが、一般に日本女性は黄味がかったピンクのほうが無難です。

ここまでくれば、マスカラやリップグロスなど、なんでもありです!

仕上げはパールの入ったフェイスパウダーでつやを出します。

笑顔を心掛ける

笑顔を心掛けよう!とはりきっても、つくった笑顔は、どこやら嘘っぽいというか、不自然ですよね?

人が最も恐怖心を抱くのは、想像できない、不可解な状況、要はわけがわからないことです。