遅すぎてもいけません。

気がないと思われます。

相手が「あれ?どうしたんだろう?」と思う頃、連絡をすると、覚えていたことにちょっと嬉しくなります。

早すぎると、焦っている感があり、警戒されます。

次に会うまでにやりとりで相手のことを知る

1週間後くらいにデートの設定をして、食べたいものや行きたいところを提案してもらいます。

何が好きなのか、どういう性格なのか、そんなところから情報を集められます。

なかなか決められない優柔不断な相手なら、「この前できたカフェのパフェ食べたいけど、男一人じゃはずかしいからつきあってくれないか?」「私、一回焼き鳥屋さんに行きたいけど、女だけじゃ入りづらくて!」など、水を向けるのもいい方法ですね。

やりとりが順調ならデートの約束をする

行きたいところが決まったら、初デートを、すごく楽しみにしていることを表現しましょう。

「あれ食べたかったの!」など、相手の提案のセンスを、まず、褒めておくと、頑張ってくれます。

遠慮するより、とにかく喜ぶことです。

待ち合わせ場所は、何が起こるかわかりませんから、万一携帯電話を忘れても、連絡がつきやすいところを選びましょう。

女子力を高くしてナンパ待ちしてみよう

女子力を上げるためには、まず健康でないといけません。

食生活の乱れによる体の不調は肌荒れや口内炎を引き起こし、肥満にもなります。

女性は美しくなければなりません。

それには健康第一です。

ジーンズ姿も素敵だけど、やはり女子はスカートです。

スカートやワンピースで女性らしさを演出しましょう。

ピンクは女子力を助けてくれますので、洋服やメイクにも、取り入れてみましょう。

靴もできればヒールのあるものをお勧めします。

内面の女らしさはなかなか伝わりませんが、外見を変えることは、今すぐできます。

女性の言葉遣いが汚いと、100年の恋も冷めます。

男言葉を日常的に使っている女子は、今すぐやめましょう。

好きな人の前でも出てしまいますよ。

可愛らしい言葉は、自然と女子力を上げます。

スタンバイ、オーケーですか?