好きかわからない男性の気持ちの見極め方7個と、付き合える男性と付き合えない男性の違いとは?について
彼氏が欲しいなと思っていたら、素敵な人が現れて、話も合うし気づけば二人でいることも多い、だけどなんとなく相手の行動が曖昧で、自分のことをどう思っているかわからないという経験はありませんか?

恋愛は駆け引きとよく言いますが、相手もこちらの気持ちを推し量っていたり、悩んでしまったりすることも多いもの。

そうするとあなた自身も、気になる彼に対してどう接していけばいいのかわからなくなってしまいますよね。

そんな場合は彼があなたのことをどう思っているか一旦冷静になって、彼の行動から読み取っていくことがオススメです。

今回はそんな時の冷静に見極め方を掘り下げてみましょう。

自分を好きかわからない人には積極的になれない

気になる人ができても相手の気持ちがよくわからないと、自分から積極的にアプローチするのを躊躇してしまいますよね。

特に相手が友人だったり、会社の同僚だったりすると、関係を壊さないよう、なおのこと慎重になってしまいます。

もしかしたら相手の気持ちはまだそこまで盛り上がっていないのかもしれないし、ただ気の許せる友達と思っているかもしれない…そんな堂々巡りをしていると、あなた自身も積極的に誘えなくなってしまいます。

気になる人ができたら、まずは相手が自分のことをどう思っているか、相手の行動から見極める必要があります。

ここからは気になる彼の行動で自分のことをどう思っているのか見極める方法を見てきましょう。

曖昧な態度をとられると信用できなくなってしまいます

草食男子という言葉が流行して10年以上経ちましたが、最近ではグイグイ攻めてくる男性が減ってきていて、その代わり曖昧な態度をとる男性が増えてきています。

昔に比べて「失敗したくない」「気まずい雰囲気を作りたくない」といった守りの姿勢に入っている男性が少し増えつつあります。

ただそんな草食男子も決して積極的になりたくない訳ではなく、あなたの気持ちがわからず、どうやって進めていけばわからなくなっていることも多いのです。

彼らもあなたの態度を見極めて、付き合える可能性があるかどうか探っているので、曖昧な態度を取られてしまうと、「もういいや」と諦めてしまう女性も多いかもしれませんが、せっかくのチャンスなので一旦落ち着いてみましょう。

あなたのことを好きかどうか見極める7個の方法

私のことどう思っているのだろう…、片思いの時は相手の些細な行動に意味を探してしまい、夜も眠れないなんてことも経験したことがある方も多いのでしょうか?

できれば恋愛している時はハッピーな気持ちでいたいですよね?

ネガティブな感情にならずに常にポジティブでいられるよう、相手のことをしっかり観察してみましょう。

ここからは相手が自分のことを好きでいてくれるか見極める7つの方法をご紹介します。

1:連絡頻度が多い

連絡頻度が多い
気になる相手からLINEやFacebookで頻繁にメッセージが来る場合、相手はあなたの事を気になっているはずです。

男性は、付き合っている時よりも付き合う前の方が、連絡を頻繁に取ろうとする傾向があります。

本来、男性は用事がないのに連絡をするのが面倒くさいと感じている人も多いのですが、片思いの時は相手の心を手に入れようと頑張って連絡を取る人が多いようです。

気になる相手のことはもっともっと知りたいなと思いますし、離れていても繋がっていたいなと思うのは男性も女性も同じこと。

ただ連絡頻度が少ないからといって落ち込む必要はありません。

中にはSNS等メールをするのが苦手な男性も一定数いますし、仕事が忙しくて帰りが遅くてなかなかやりとりができないという方も一定数います。

彼の普段の生活をチェックしてみてくださいね。

連絡の返信が早いほどよし!

例えばあなたが連絡をして、相手の男性からすぐに返事が返ってくるようでしたら、脈ありの可能性が高いです。

SNSを使った連絡をマメにするのが苦手な男性も、気になる相手とは繋がっていたいものなので、早めに返事をくれるでしょう。

ただ前述の通り、仕事が忙しい男性には、SNSのやりとりを繰り返すのが難しい人もいます。

そんな人には残業が終わった帰りくらいの時間に「残業、お疲れ様」というメールを送ってみましょう。

一生懸命頑張ってヘトヘトになって帰宅している中、頑張っている自分のことを気にかけてくれる人の存在は、普段頑張っている人ほど心に沁みるものがあります。

またその際も、返信が早く来るからといって次々に返信するのは控えましょう。

少し名残惜しいな、くらいで返信をストップしておくと、相手も「ああ、また連絡したいな」と思ってくれるはずです。

くれぐれも「連絡でお腹いっぱい」にならないようにご注意を。

返事をしないと続けて連絡が来る

気になる彼からメッセージが来て、こちらが返信する前にまた彼からメッセージが来る、そんな時も脈ありのサインです。

あなたの気持ちよりも彼の気持ちが大きくて、常に連絡を取っていたい、そんな気持ちの表れかもしれません。

この際は自分の時間の許す限り返信をするのがオススメですが、ここでも「少し名残惜しいな」と思う程度で返信をストップするようにしましょう。

そうすると彼の方で「ああまた連絡したい」という気持ちが高まっていき、しばらくしたらまた連絡がくるはずですよ。

気になる人とのメッセージのやり取りは嬉しくて、ついつい返事をすぐに返して、やり取りを楽しみがちですが、ある程度のところで区切りをつけてみるのがオススメです。

2:距離感が近い

パーソナルスペースという言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

パーソナルスペースとは、人が自分の周囲に持っている他人が近付くと不快に感じる空間を指します。

家族や友達、恋人のように親しい間柄の人であればこの空間が小さくなると言われており、距離感が近いということは、このパーソナルスペースを埋めたい、親しくなりたいという気持ちの現れです。

ただ一気に距離感を縮めてしまうと、彼の方も安心してないがしろになる可能性があります。