また、別の味方をすると「あんな素敵な男性にモテるなんて羨ましい。」という使い方をし、特定の異性から好かれることを意味することもあります。