好きになる瞬間って?ドキッとするシュチエーション3選と彼をドキッとさせられる鉄板行動2選について
異性に対してふとした瞬間にドキッとすることがありますよね。

女性だけに限らず、男性も女性の仕草にドキッとすることがあります。

相手にドキッとするのは、新しい恋の訪れを予兆している可能性が高いです。

男性にドキッとしたのであれば、あなたがその人を好きになる前兆かもしれません。

一方、意中の男性をドキッとさせれば、相手があなたを異性として意識し始めるかもしれません。

相手にドキッとするポイントは男女によって異なります。

今回は好きになる瞬間や思わずドキッとしてしまうシチュエーションについて詳しく紹介します。

好きになる瞬間ってどんな時だっけ?

相手を好きになる瞬間とは、いったいどのようなときでしょうか。

もともと好意を寄せている男性であれば、自分の恋心にも気が付きやすいですが、それまで異性として意識していなかった男性に対してはなかなか自分の気持ちに気付くことができません。

多くの女性は男性を好きになるのに時間がかかります。

一方、男性は直感的に女性を好きになる傾向があり、それほど時間がかかりません。

そのため、男性の方が一目ぼれをする確率が高い傾向にあります。

女性が男性を好きになる背景には、その人に対する信頼があります。

恋に発展するのは瞬間的ですが、それまでの間に好きになる土台がつくられているのです。

性別によって好きになる時間に差が生じるのは人間が持つ本能に関係しています。

もともと男性は、より多くの子孫を残そうという本能を持っています。

相手とのマッチングよりも効率性や可能性を重視する傾向の高い生き物なのです。

それに対して女性は子孫の質を重視する本能を持っています。

女性には妊娠する力があるため、より質の高いオスの子孫を残そうとするのです。

男女の恋に落ちるまでの時間差や過程が異なるのは、動物的な本能に付随しています。

ドキドキしたい!させたい!

好きな人ができるとドキドキすることが増えてきますよね。

異性を前にしてドキドキするのは、その人を恋愛対象として見ている証拠です。

気のない相手にドキドキすることはないですよね。

相手に良く見てもらいたい、好かれたいと緊張することでドキドキが高まるのです。

緊張状態が続くと脳からアドレナリンが過剰に分泌されます。

アドレナリンはホルモンの一種であり、血糖量の上昇や心拍数の増加を引き起こします。

つまり、恋をするとドキドキするのは自然なことなのです。

まだ明確な恋愛感情を抱いていない異性でも、その人のことを考えたり、その人と話をしたりすることでドキドキするということは、恋に発展する可能性があるかもしれません。

ドキドキしたいのは当たり前!だって女の子だもん!

多くの女性は、甘酸っぱくドキドキするような恋愛を夢見ています。

恋愛をすると快楽ホルモンや幸せホルモン、女性ホルモンなどが大量に分泌されます。

快楽ホルモンはドーパミンのことを指します。

ドーパミンが多く分泌されることで、快感や多幸感を得ることができます。

また、ドーパミンには食欲を抑える働きがあり、美容やダイエットにも繋がります。

幸せホルモンとはオキシトシンのことを指します。

愛情ホルモンとも呼ばれ、愛情が増したりストレスが緩和されたりする効果があります。

女性ホルモンとはエストロゲンを指します。

エストロゲンは女性の体を健康に保つ働きを担っており、脳や自律神経を整えます。

恋をすると女性は綺麗になると言いますが、肌の艶が良くなったり表情が明るくなったりするのもエストロゲンが大量に分泌されているからだと考えらえます。

このように恋をしてドキドキするのには、いろいろなメリットが存在します。

体の調子が良くなるだけでなく、精神的にも満たされ、幸せな気持ちになることができます。

男性にドキッとするシュチエーション3選

その1:男性のこんな仕草にドキッとします!

女性は男性のどのような仕草にドキッとするのでしょうか。

普段の何気ない仕草に思わずドキドキしてしまうことがありますよね。

気取っていない自然体だからこそ、ふとした仕草にドキドキしてしまうのです。

次は思わずドキッとしてしまう男性の仕草について詳しく紹介していきます。