そんな時には彼の袖口をキュッと掴んでみましょう。

人ごみの中を歩く時にも彼の袖口を掴んで歩いてみましょう。