彼と手が触れ合うほどの距離がいいでしょう。

歩いている時に、たまに触れる手で彼も気持ちはドキドキするはずです。