既婚者と付き合いたいの写真

好きになった相手が既婚者だったということは決して珍しいことではありません。

既婚者を好きになる人もいますが、知らずに好きになった相手が既婚者であることもあります。

本来であれば既婚者と気づいた段階で身を引くべきですがそうできない人もいるでしょう。

駄目だとわかっていても簡単に気持ちを止められないのが恋心の難しいところです。

それでは既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理と間違った価値観を直すための方法について詳しく紹介していきます。

既婚者と付き合うのはあり?

既婚者と付き合うということは、不倫関係になるということです。

日本では一夫一妻制を敷いているため、不倫は法律違反にあたります。

つまり法律的には既婚者と付き合うのはナシです。

連日ワイドショーで不倫問題が取り沙汰されているように、不倫は道徳に反する行為です。

相手の人生だけでなく、自分の人生を守るためにも不倫関係は避けた方がいいでしょう。

とはいえ、頭では理解できても気持ちを止められないのが恋心の難しいところです。

彼への気持ちが止められず、不倫とわかった上で関係を続けてしまう女性もいます。

他にもスリリングな関係に魅力を感じ、自ら不倫関係を望む女性も少なくありません。

どちらにしても後々大きなトラブルを引き起こす可能性があるため、自分の気持ちをきちんと整理して不倫関係を解消した方がいいでしょう。

既婚者と付き合うってどうゆうこと?

既婚者と付き合うってどうゆうこと

既婚者と付き合うということは、不倫関係になるということです。

相手が既婚者と知っていながら不貞行為に及んだ場合、法律で罰せられる可能性があります。

日本は一夫一妻制を敷いており、結婚すると夫婦関係を維持する義務が発生します。

不倫によって行われた不貞行為はその義務違反となり、法律で罰せられる可能性があります。

この時、相手が既婚者と知った上で不倫関係を続けていた場合、不倫相手の責任を問われます。

つまり、相手の奥さんに慰謝料を請求されたらそれを支払わなければなりません。

慰謝料の相場は状況によって異なりますが、だいたい100~500万円程度といわれています。

たった一度の不倫でも場合によっては100万円以上の慰謝料を請求される可能性があるのです。