既婚者と付き合いたいの写真

好きになった相手が既婚者だったということは決して珍しいことではありません。

既婚者を好きになる人もいますが、知らずに好きになった相手が既婚者であることもあります。

本来であれば既婚者と気づいた段階で身を引くべきですがそうできない人もいるでしょう。

駄目だとわかっていても簡単に気持ちを止められないのが恋心の難しいところです。

それでは既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理と間違った価値観を直すための方法について詳しく紹介していきます。

既婚者と付き合うのはあり?

既婚者と付き合うということは、不倫関係になるということです。

日本では一夫一妻制を敷いているため、不倫は法律違反にあたります。

つまり法律的には既婚者と付き合うのはナシです。

連日ワイドショーで不倫問題が取り沙汰されているように、不倫は道徳に反する行為です。

相手の人生だけでなく、自分の人生を守るためにも不倫関係は避けた方がいいでしょう。

とはいえ、頭では理解できても気持ちを止められないのが恋心の難しいところです。

彼への気持ちが止められず、不倫とわかった上で関係を続けてしまう女性もいます。

他にもスリリングな関係に魅力を感じ、自ら不倫関係を望む女性も少なくありません。

どちらにしても後々大きなトラブルを引き起こす可能性があるため、自分の気持ちをきちんと整理して不倫関係を解消した方がいいでしょう。

既婚者と付き合うってどうゆうこと?

既婚者と付き合うってどうゆうこと

既婚者と付き合うということは、不倫関係になるということです。

相手が既婚者と知っていながら不貞行為に及んだ場合、法律で罰せられる可能性があります。

日本は一夫一妻制を敷いており、結婚すると夫婦関係を維持する義務が発生します。

不倫によって行われた不貞行為はその義務違反となり、法律で罰せられる可能性があります。

この時、相手が既婚者と知った上で不倫関係を続けていた場合、不倫相手の責任を問われます。

つまり、相手の奥さんに慰謝料を請求されたらそれを支払わなければなりません。

慰謝料の相場は状況によって異なりますが、だいたい100~500万円程度といわれています。

たった一度の不倫でも場合によっては100万円以上の慰謝料を請求される可能性があるのです。

不倫をするということは、相手の家庭を壊すだけでなく、自分の人生をも狂わしてしまいます。

既婚者と付き合うことにはとても大きなリスクがあるため控えた方がいいでしょう。

既婚者と付き合う人はどう思われている?

既婚者と付き合う場合、冷たい目で見られるのは女性の方が多い傾向にあります。

女性は純粋で清楚なイメージを持たれやすいため、不倫は大きなマイナス要素になります。

既婚者と知って付き合っているのであれば「遊び人」「関わりたくない」などネガティブなイメージを持つ方も多く、なかには女性の敵だと敵視している人もいます。

一方、既婚者と知らずに付き合ってしまった場合は「かわいそう」「仕方ない」など擁護の気持ちを持つ人も少なくなく、肯定はできないけれど否定もできないという考えが強い傾向にあります。

しかし、どちらにしても不倫に対してポジティブなイメージを持つのは少数派です。

多くの人は不倫をされた奥さんに同情し、不倫相手の女性に対してネガティブな印象を持ちます。

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理15選

既婚者と付き合いたいと思ってしまう

相手が既婚者と知らずに恋愛関係に発展してしまうこともありますが、既婚者と知った上で自らっ恋愛関係になることを望む女性も存在します。

悪いことだとわかっていても既婚者に惹かれてしまう…。

既婚者と知った上で付き合いたいと思ってしまうのはどのような心理があるのでしょうか。

次は既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理について詳しく紹介していきます。

人のものが良く見えてしまう

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、人のものが良く見えてしまうことが挙げられます。

隣の芝は青く見えるといいますが、他人が持っているものは本質よりも良く見えてしまうものです。

他にも他人のものとわかっているからこそ奪いたくなるという心理もあります。

奪うことに興味があり、積極的に既婚者の男性にばかりアプローチをする女性も存在します。

このようなタイプの女性は、相手を手に入れた途端に興味を失くすことがあります。

重要なのは他人が持っているものであって、手に入れてしまったら自分のものになってしまいます。

相手から完全に略奪したいという心理を持つ人もいますが、略奪する過程を楽しみ、手に入りそうで入らない関係性を維持したいという人もいます。

このような女性は相手の家庭を壊したい、彼を自分のものにしたいと考えているわけではなく、むしろ手に入らないギリギリのラインをいつまでも保とうとします。

心の隙間を埋めたい

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、心の隙間を埋めたいということが挙げられます。

不倫に対する考え方は男女によって大きく異なります。

男性は体の関係を求めて不倫をし、女性は心の関係を求めて不倫をするという違いがあります。

女性は不足原則が強くはたらきやすい傾向を持っています。

不足原則とは「足りないものを補いたい」という心理で、浮気や不倫にも密接に関係しています。

恋人から十分に愛されていないという愛情不足を別の男性に埋めてもらおうとするのです。

W不倫の場合、旦那からの愛情を感じられないために他の男性と不倫してしまうこともあります。

このように心の隙間を埋めたいという心理から不倫に走ってしまうのです。

男性にも不足原則があてはまりますが、男性の場合は物理的な寂しさを埋めようとします。

家庭に居場所がない、妻に冷たくされるなどのことがあると、安らぎや心のよりどころを求めて他の女性のところへ行き不倫関係になってしまうのです。

心の隙間を埋めたいという心理もありますが、スキンシップや肉体関係を求めることも多いのです。

甘えたい

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、甘えたいということが挙げられます。

不倫に走ってしまう女性のなかには、極度の寂しがり屋で愛情に飢えている人もいます。

常に誰からか愛されていたいため、相手が既婚者であっても恋愛関係を求めようとします。

特に既婚男性には大人の余裕を持った人が多く、寂しがり屋の女性にとってはピッタリです。

包容力のある男性であれば思い切り甘えられるため、寂しい気持ちを埋めることができます。

男性側も女性に対して癒しを求めているため、不倫相手のことを猫可愛がりしたくなるでしょう。

不倫をする女性と男性のニーズは絶妙にマッチしやすいのです。

恋愛体質で甘えたがりの女性は、他にも何人かの男性と関係を持っている可能性もあります。

しかし、既婚男性も不倫関係であるため彼女の恋愛事情に深く口を出すことができません。

たっぷりの愛情を与え、思い切り甘えられる一方で、お互いに踏み込み過ぎないドライな関係を続けられるのも既婚者を好きになる女性にとっては都合がいいのです。

知らない世界を知れる

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、知らない世界を知れることが挙げられます。

不倫関係は他の人にバレてはいけないため、会う場所も慎重に選ばなければなりません。

近所のファミレスや居酒屋などではいつ知り合いに会ってしまうかわかりませんよね。

人目を避けるためには個室のレストランや隠れ家的なバーなどが最適です。

普段は行けないようなお店に行けたり、経験したことのないデート重ねていくと今まで知らなかった世界を知れるようになることに魅力を感じるようになってしまいます。

また、そのような少しリッチな経験ができることで特別感を感じる女性もいます。

人目を避けるためとはいえ、自分のことを特別扱いしてくれているのではとらえることもあります。

愛情表現のひとつととらえ、ますます既婚男性との恋愛にのめりこんでしまうこともあるでしょう。

寂しい

寂しい
既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、寂しい気持ちを解消したいことが挙げられます。

不倫してしまう女性は男性にかまってもらえることに弱く、すぐに気を許してしまう傾向があります。

既婚男性とデートができる時間はとても限られています。

そのため喧嘩をする余裕がないので、会えれば思い切り甘やかし愛情を注いでもらえます。

「可愛いね」「好きだよ」と甘い言葉をかけてもらえることも多いため、愛情不足に悩み、寂しい思いをしている女性は相手が既婚男性であってもコロッと心を許してしまうのです。

このように寂しさを感じやすい女性は、恋愛体質の方が多い傾向にあります。

恋愛体質とは恋愛や恋人に依存し、すぐに男性に惹かれてしまうようなことを指します。

恋愛体質の女性は他の人よりも愛情不足や寂しさを感じやすく、男性に依存する傾向があります。

不足した愛情を満たしてくれる既婚男性は、そのような女性にとってはぴったりな存在なのです。

スリル感

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、スリル感を求めるということが挙げられます。

不倫関係にはいつ相手の奥さんにバレるかという緊張感が付き物です。

相手の奥さんに知られれば当然責められますし、場合によっては慰謝料を請求されるでしょう。

メリットよりもデメリットの方が多いように思えますが、恋愛にスリル感を求める女性にとってはいつバレるか、どうすれば隠し通せるかなどのドキドキ感も醍醐味のひとつなのです。

W不倫の場合、安定した家庭とスリルの両方を同時に楽しめるのもメリットになり得ます。

普段は愛する夫と子供との幸せな家庭を楽しみ、不倫相手とはスリリングな恋愛を楽しみます。

このような女性にとって既婚男性との恋愛はゲーム的な要素が含まれています。

相手の奥さんにバレなければOK、バレたらゲームオーバーなどの感覚を持つ女性もいるでしょう。

略奪と優越感

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、略奪と優越感が挙げられます。

略奪愛に魅力を感じる女性もいますが、結果として略奪愛になってしまうケースも存在します。

略奪愛に魅力を感じる女性は、前項でも紹介したように人のものほど魅力的に感じてしまいます。

その他にも略奪愛をする女性にはプライドが高く、常に一番でいたいという特徴があります。

幸せそうな家庭を見ると自分の方が愛されているという事実をつくりたくなってしまうのです。

上手く略奪できれば相手の奥さんよりも自分が選ばれたという優越感に浸ることができます。

しかし、略奪愛を好む女性は飽きやすい性格でもあります。

一度手に入ってしまうと途端に気持ちが冷め、彼を手放してしまう女性も少なくありません。

一時の感情とプライド、優越感のために不倫に走ってしまう女性も少なくないのです。

ストレス発散

ストレス発散
既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、ストレス発散が挙げられます。

ストレスを発散するため、手当たり次第関係を持っていたら既婚者だったということもあり得ます。

知らなかったとはいえ、既婚者を見抜けなかった側にも落ち度はあるでしょう。

気付いた時点で引き返せればいいですが、そのまま関係を続けてしまう人も少なくありません。

特に恋愛のストレスを発散するために不倫をする女性は、既婚男性に対して軽い関係を求めます。

重い関係にうんざりしているため、不倫というほどよい距離感が居心地がいいのです。

不倫でストレスを発散しようとする女性には、恋愛体質という特徴があります。

男性に依存しやすく、癒しを求めているためストレス発散先が恋愛に行きついてしまうのです。

ときめきを求める

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、ときめきを求めていることが挙げられます。

特に自身も既婚者である場合、ときめきを求めて不倫をしてしまう傾向があります。

愛する夫と結ばれ、幸せな生活を送っていても人間は欲深く、刺激のない日々に不満を感じます。

いくら優しい夫でも毎日一緒にいれば飽きてきますし、ときめきも薄れてきてしまいます。

マンネリ化した生活を打破するために、外にときめきを求める女性もたくさんいます。

実際に不倫関係になるかは別として、SNSなどを通じてときめきを探している人も多いでしょう。

既婚男性に惹かれる女性は、付き合ったばかりのような甘酸っぱいときめきを求めています。

家庭を壊してやろう、夫を奪ってやろうという悪意ではなく、興味本位な気持ちが大きいでしょう。

もちろん自分の家庭に不満があり、不倫に走る女性もいます。

このような女性もやはり日頃から愛情不足を感じ、外に向かってときめきを求めてしまうのです。

非日常が味わえる

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、非日常が味わえるということが挙げられます。

独身女性も既婚女性も同じような毎日を送っていれば、人生がマンネリ化してしまいますよね。

不倫関係というのはマンネリ化した生活に刺激を与え、非日常を提供してくれます。

普段は寂しく、物足りなさを感じていても、不倫相手と会えば一気に非日常へ飛び込めます。

行ったことのないデートスポット、食べたことのない食事、経験したことのないサプライズなど、不倫相手との関係にはさまざまな刺激があり、それが女性を虜にしてしまうのです。

特に既婚女性は日常生活にマンネリを感じやすい傾向にあります。

日々の生活にルーチンワークが多く、「このままでいいの?」と焦る女性も少なくありません。

何とかルーチンワークをこなすだけの生活から抜け出すため、既婚男性と不倫してしまうのです。

そこでの刺激にのめり込んでしまうと、抜け出すのはなかなか難しいでしょう。

必要とされたい

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、必要とされたいということが挙げられます。

不倫関係を持ち出す既婚男性は、女性に対して癒しや安らぎを求める傾向があります。

自分の家庭では居場所がなく、ぞんざいに扱われるため不満や寂しさを抱えているのです。

そのため不倫相手の女性にはとても優しく、甘やかしてくれます。

一方、女性は優しく甘やかしてくれる彼から「必要とされている」という満足感を得ています。

既婚者を好きになりやすい女性は寂しがり屋が多いため、必要とされることはメリットになります。

既婚女性の場合は家庭がマンネリ化し、何をしても反応が得られないことに不満を感じています。

他の既婚男性と不倫関係になることで、「愛してる」「好きだよ」など、再び甘い言葉を得られます。

普段の生活では「ありがとう」のひとつももらえず、「自分は何のために結婚したのだろう」と悩んでいる既婚女性にとって、たとえ不倫相手でも甘い言葉をかけられると心が満たされるのです。

縛られないから楽

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、縛られないから楽ということが挙げられます。

不倫関係であれば相手に家庭があり、秘密の関係のため過度に束縛されることはありません。

束縛されるのを嫌い、自由気ままに恋愛をしたいという女性にとっては不倫関係はぴったりです。

これまで彼に束縛された苦い思い出のある女性は、その気軽さから不倫に魅了されてしまいます。

しかし、束縛できる関係ではないだけで、不倫関係が楽というわけではありません。

不倫関係になればデートや連絡などにも制限がかかるため、何事も自由になることはないのです。

一方、既婚女性にとってはお互いの秘密を共有しているため、ハマってしまう危険を回避できます。

束縛され、家にまで連絡を入れられたら大変ですよね。

踏み込まれ過ぎて困るのはお互い様なので、既婚男性と付き合うのにメリットを感じてしまいます。

綺麗になれる

綺麗になれる
既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、綺麗になれることが挙げられます。

不倫関係であるかどうかに関係なく、多くの女性は恋をすると美しさに磨きがかかります。

相手が既婚男性であっても愛してもらえるようにと自分磨きをし、身なりにも気を配るものです。

既婚男性と付き合いたいからというよりは、恋をして綺麗になるという方が正確かもしれません。

他にも既婚男性を好きになる女性には、自信家が多いという特徴があります。

既婚という障害があっても恋愛に踏み出すのには、勇気が必要ですよね。

自分に自信がなければ負け戦になるようなことに飛び込もうとはしないでしょう。

既婚男性にアプローチするということは、それだけ勝算を持っているということでもあります。

自分に自信があるからこそ、ハードルの高い相手であっても怯むことなく突っ走ってしまいます。

女性として扱われたい

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、女性として扱われたいということが挙げられます。

不倫関係になってしまう多くの女性は、心のどこかに不満や不安を抱えています。

一方、既婚男性は余裕を持っている人が多いため、上手く女性が求めるものを与えられます。

優しく甘い言葉をかけてくれる既婚男性は、寂しさを抱えている女性にぴったりハマります。

紳士的な既婚男性の魅力にとらわれ、不倫関係であっても結ばれたいという女性も存在します。

既婚女性の場合は結婚生活が長くなると、夫から女性扱いしてもらえないことに不満を感じます。

そのため自分が求めている言葉を与えてくれる既婚男性にコロッと心を許してしまうのです。

夫婦の関係がマンネリ化している家庭ほど、愛情を埋める方法を外へと求めてしまいます。

結果、自分の夫よりも優しく扱ってくれる既婚男性と不倫関係になってしまうのです。

他の男性との出会いが少ない

既婚者と付き合いたいと思ってしまう心理には、他の男性との出会いが少ないことが挙げられます。

恋愛対象となる男性が既婚男性ばかりであれば、自然と気持ちが寄っていってしまいますよね。

いくら不倫が悪いことだとわかっていても、相手がその人しかいなければ流されてしまいます。

このような環境にいる女性はもともと男性付き合いが少なく、男性慣れしていないことが多いです。

他に男性とのコミュニティを持たないため、その人を逃すと出会いを失ってしまいます。

他にも男性への依存性が高いことも考えられます。

自分が「この人だ!」と決めたら一直線になり、他のことを考えられなくなってしまうのです。

このような女性は恋愛体質であることが多く、男性への依存性も高い傾向にあります。

こちらも不倫は悪いことだと理解していますが、自分の感情を上手くコントロールできないのです。

この人しかいないと思ってしまう

男性への依存性が高い女性は、理想の相手と出会うとこの人しかいないと頑なになります。

他に探せば素敵な人と出会えても、一度ロックオンしてしまうと他のことが考えられないのです。

よく言えば一途な性格ですが、悪く言えば依存性が高く自己中心な性格です。

このようなタイプの女性は既婚男性に家庭があることもお構いなしにアプローチをしてきます。

既婚男性が断れればいいですが、熱烈なアタックに心を許してしまう男性も少なくありません。

恋愛体質な女性ほど男性の心を掴むのが上手いため、簡単に相手の手中にハマってしまいます。

間違った価値観を直す方法

既婚男性を好きになってしまうのは仕方ありませんが、付き合うのはルール違反です。

不倫関係でもお互いに愛し合っていれば幸せになれると信じる女性もいますが、誰かを不幸にして手に入れた幸せはそう長く続くことはないでしょう。

刺激的な恋愛をしたいだけで不倫関係を求めているのであれば、もっと別の方法があるはずです。

自分だけではなく、その周りの人も幸せになれる方法を模索してみましょう。

どんな理由があっても不倫は許されるものではありません。

不倫を肯定しているのであれば、その間違った価値観を直す必要があります。

しかし、自分の価値観を直すのはとても難しいことですよね。

最後は間違った価値観を直す方法について詳しく紹介していきます。

自分の価値観を正し、幸せになれる恋愛を探してみましょう。

新たな恋愛

自分の価値観を直すためには、新たな恋愛に目を向けてみましょう。

あなたが信じている愛や恋愛の形が常に正しいとは限りません。

少し視点を変えれば新しい世界が見え、素敵な恋愛に出会える可能性がたくさんあります。

まずは彼に依存しないためにも広い視野を得ることが大切です。

そのためには新たな恋愛に対して前向きに考えてみましょう。

「この人しかいない」「これが最高の愛だ」と頑なにならず、意識を外に向けてみるのです。

「こういう人と付き合いたい」「こんなデートをしてみたい」など楽しい恋愛を想像してみましょう。

あなたが理想とする恋愛は、必ずしも不倫をしなければ得られないものではないはずです。

想像する以外にも積極的に外出をし、外の世界と繋がることも非常に重要です。

部屋に引きこもってばかりいると考え方が狭まり、負のループに陥りやすくなってしまいます。

考え方を柔軟にするためにも外に出て、さまざまな刺激を受けるようにしましょう。

刺激を受けるなかで何か新しい出会いやヒントに繋がるかもしれません。

出会いの場へ行く

自分の価値観を直すためには、出会いの場へ行ってみましょう。

既婚男性以外にもあなたを幸せにしてくれる男性はたくさんいるはずです。

既婚男性への依存を断ち切るためにも、新たな出会いの場に行くことをオススメします。

出会いの場であれば、恋人や奥さんのいないフリーな男性とたくさん出会えます。

新しい出会いの場をつくることで、既婚男性へ依存する必要性も少なくなっていくでしょう。

どうしても一人に固執してしまうと、それ以外の世界が見えなくなってしまいます。

しかし、少し行動に移せば今まで気づかなかった素敵な出会いが見つかるはずです。

出会いの場は合コンや街コン、社会人サークルなどさまざまなタイプがあります。

合コンや街コンであれば出会い目的の異性と効率よく出会えますし、社会人サークルであれば同じ趣味や好みを持つ人と効率よく出会うことができます。

自分に適した出会い方を探し、行動に移してみましょう。

自分を見つめ直す

自分の価値観を直すためには、自分を冷静に見つめ直してみましょう。

何かに固執しているときは視野が狭まり、自分が正しいと頑なに信じてしまいます。

しかし、少し冷却期間を置いて冷静になれば意外と簡単に間違いに気づくはずです。

自分を見つめ直すときは、あまり否定的にならないように注意しましょう。

駄目な部分に気付いても「私は駄目な人間だ」と自分を全否定する必要はありません。

ただ今までの誤りを確認し、反省をすればいいだけです。

駄目な部分に気付くことは悪いことではなく、次に進むためのステップという意味があります。

他にも自分の考えを紙に書き出してみるのも効果的です。

頭のなかで悶々と考えても解決できなかったことが、書き出すことで整理されることもあります。

書き出された内容を客観的に見ることで、考え方が少しずつ整理されていきます。

相手の家族を思い浮かべる

自分の価値観を直すためには、相手の家族を思い浮かべてみましょう。

既婚男性にはその人の帰りを待つ奥さんと子供がいるはずです。

既婚男性と付き合うということは、その幸せな家庭を自分の手で壊してしまうことにも繋がります。

離婚となれば子供から父親を奪い、奥さんから夫を奪うことになるのです。

あなたの判断ひとつで大切な家庭がバラバラになることをきちんと考えてみましょう。

事の重大さを理解するためには、相手の立場になって考えることが大切です。

第三者の立場であれば問題ないことでも、当事者の立場になれば考え方も変わるはずです。

愛する人に裏切られ、家庭を崩壊されたらどのような気持ちになるでしょうか。

自分だけでなく、相手の立場になって考えることもとても大切なことです。

友達に相談する

自分の価値観を直すためには、友達に相談してみましょう。

既婚男性と付き合いたいと打ち明けるのは少し勇気が必要だと思います。

なかなか言いづらいということは、それだけ後ろめたいことをしようとしているということです。

友達に相談することで第三者の意見を聞くことができます。

恋は盲目と言うように、人は恋をすると視野が狭くなり自分が正しいと勘違いしてしまいます。

第三者の立場から意見してもらうことで、自分では気づけなかった間違いを知ることができます。

冷静になれば簡単に理解できることでも、熱中しているときは気づかないものです。

あなたのことを本当に大切に思っている友達であれば、不倫することを全力で止めるでしょう。

当たり前ですが不倫は絶対にしてはいけないことです。

しかし、恋愛に夢中になっているときはその当たり前なことにさえ気づかないことがあります。

不倫を打ち明け、友達に叱られることで我に返ることもあります。

自分の価値観を直すためには、他の人の価値観と照らし合わせることもとても効果的です。

好きな人が既婚者なら諦めて新しい恋を

いかがでしたでしょうか?

既婚者の男性になぜ惹かれてしまうのか?どうして不倫してまでそんな男性と一緒にいたいのか?など、既婚者の男性の魅力をご紹介させていただきました。

そんな魅力に浸かってしまった女性は、これを機にキッパリその恋を諦めることをおすすめします。

世の中には今、あなたが感じている以上に幸せになれることで溢れています。

自分の幸せを願うのであれば、新しい出会いを楽しみながら、あなたを幸せにしてくれる素敵な既婚ではない男性を見つけに行きましょう。