金髪男の特徴の写真

街中でふと目に入る金髪男。

派手な髪色は人混みの多いなかでも目立ちますよね。

金髪はオシャレ、チャラいとまったく逆のイメージを持たれることが多く、好みも分かれます。

金髪にしている男性はどのような心理で金髪を選んだのでしょうか。

金髪男には独特の心理があり、共通する特徴を持っています。

今回は金髪男の心理と特徴、個性的な男性を落とすためのアプローチ方法について紹介します。

意外に多い金髪男

金髪の男性は人混みのなかでも目立つため、知り合いでなくてもつい目が引かれますよね。

派手な髪色のためタイプを選びそうですが、意外にも金髪にしている男性はたくさんいます。

最近は男性のファッションも多様化しているため、派手な髪色を楽しむ男性も増えています。

また、芸能人にも髪を派手な色に染めている人が多く、茶色以外の色も人気が高まっています。

金髪を楽しめるのは学生やフリーターの時期だけです。

社会人になればほとんどの人が黒髪や濃い茶色に戻さなければなりません。

金髪が珍しくなくなったといっても企業に勤めるようになれば状況は変わります。

美容系の仕事ではない限り黒髪や濃い茶色が主流のため、金髪を楽しめる時期は限られます。

その限られた時間のなかで自由にオシャレを楽しみたいという男性もいるでしょう。

オシャレの幅が広がったからこそ選べる選択肢も増え、金髪を楽しむ男性も増えています。

金髪男ってモテるの?

金髪の男性は多くの女性からモテますが、必ずしも金髪がモテ色というわけではありません。

派手な髪色が似合う人はごく限られており、もともとの容姿がいい男性が多い傾向にあります。

つまり、金髪の男性がモテるというのはもともとの容姿と密接に関係しています。

金髪にしている男性は自分の容姿のよさを自覚しており、その上で派手な髪色を選んでいます。

しかし、金髪の男性が必ずしも芸能人のような端正な顔立ちというわけではありません。

モテる男性にはさまざまな種類があり、端正な顔立ちだけがモテるというわけではないのです。

金髪の男性は容姿のよさだけではなく、自分に派手な髪色が似合うかどうかも熟知しています。

同じ金髪でもギャル系やバンド系、スポーツ系などさまざまな種類があります。

金髪の男性は自分がどのようなタイプに適しているかも知っているため、似合う髪型を選べます。

その男性がモテるかどうかは金髪の有無ではなく、似合っているかどうかで大きく左右されます。

金髪にする男の心理

金髪にする男の心理

金髪にしている男性には、オシャレ以外の目的で髪を染めている人もいます。

それでは金髪にする男性にはどのような心理があるのでしょうか。

次は金髪にする男性の心理について詳しく紹介していきます。

金髪にする男性の心理を知り、男性のタイプを知っていきましょう。

怖く見られたい

金髪にする男性には、怖く見られたいという心理があります。

もともと男性は好戦的な思考を持っており、力や強さなどがステータスになると考えています。

そのため選択を迫られたときは、自分がどうすれば強く、良く見られるかを優先して考えます。

金髪を選択する男性にも、金髪にすることで強く見られたいという心理がはたらいているのです。

黒髪が多い日本での金髪は異質のように感じるでしょう。

昔からヤンキー漫画の主人公、ガラの悪い悪役は決まって金髪をしています。

そのため日本人が金髪にすると「怖い」という印象を受ける人もたくさんいます。

実際に自分を強く見せるため、周囲に怖く見られるために金髪にしている男性もいます。

このような男性は男らしさを求めている心理とヤンチャに見られたい心理を持った人がいます。

男らしさを求めている男性は、どちらかというとスポーティーな髪型が多いでしょう。

一方、ヤンチャに見られたい心理を持った男性はアレンジを加え、さらにチャラそうに見せます。

目立ちたい

金髪にする男性には、目立ちたいという心理があります。

黒髪や茶髪が主流の日本では、金髪にするだけで簡単に目立つことができます。

周囲の注目を集めるために金髪にしている男性も少なくありません。

目立ちたがり屋な男性には、自己顕示欲が強いという特徴があります。

自己顕示欲とは自分の存在を周囲にアピールしたいという欲求のことを指します。

自己顕示欲の強い男性は、あらゆる方法で自分の存在をアピールしようとします。

友達の多さや恋愛歴、過去のヤンチャエピソードなどの自慢話をするのもそのひとつです。

このような自己顕示欲の強い男性にとって金髪にするのは簡単に目立てる手段なのです。

自分から周囲に声をかけなくても注目を浴び、興味を持ってもらえます。

目立ちたがり屋な金髪男性は、髪色以外にも声が大きかったり、ノリがよかったりします。

日頃の会話や態度からも読み取れるため、注意して見てみましょう。

モテたい

金髪にする男性には、モテたいという心理があります。

生物学的に考えるとモテるオスはメスにモテるだけの強さを持っているということです。

自然のなかでは弱い遺伝子は淘汰されるため、強い遺伝子を持ったオスが生き残ります。

このように男性には本能的にモテたいという欲が存在します。

自分をよく見せるためにオシャレをしたり、髪を染めたりするのもモテるための行動なのです。

特に金髪にすることで少なくとも周囲の注目を集めることができます。

いくら魅力がある男性でも女性に関心を持ってもらえなければよさを発揮することができません。

女性との接点を持つために目立つ金髪を選ぶ男性も少なくありません。

さらに金髪は似合う似合わないがハッキリわかれるため、自信をつけるための心理もあります。

金髪に染めることで「自分は金髪が似合うタイプの男」という自信を持ちたいのです。

人と一緒が嫌

金髪にする男性には、人と一緒が嫌という心理があります。

自分の個性を主張したい男性は、周囲と似たような髪色を敬遠する傾向があります。

なかでも自己主張の強い男性はオンリーワンの個性を求め、派手な髪色を選びがちです。

このように自己主張の強い男性は10代くらいの若い人に多く見られます。

10代は多感な時期のため、周囲との調和を保ちつつ自己主張をしたくなる時期でもあります。

没個性を避けるため、髪を金髪に染めることで自分にしかない個性を出そうとします。

一方、20代や30代くらいになると純粋にオシャレの一環として金髪にしている人が多い傾向です。

多感な時期が過ぎ、精神的にも落ち着いてきているので自分の好みにあった選択ができます。

そのため10代で金髪に染めた男性でも、多感な時期を過ぎると地味な色に戻すこともあります。

これは人と一緒が嫌という心理が落ち着き、自分が本当に好きな物を選べるようになるからです。

他にもバンドやモデルなど特殊な活動をしている男性は、個性を出すために金髪にします。

オシャレというよりもキャラを際立たせる方法のひとつとして金髪に染めているのです。

イメチェン

金髪にする男性には、イメチェンしたいという心理があります。

これまでの自分のイメージを大きく変えるため、まずは外見から変えるという人も少なくありません。

イメチェンをするときに真っ先に変えるのが容姿です。

髪色以外にも洋服や靴、髪型、女性であればメイクのタイプを変えることもあるでしょう。

人間の第一印象の大半は見た目で決まると言われています。

メラビアンの法則によると第一印象を決める三つの要素のうち、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報はたったの7%だという結果があります。

第一印象が決まるのに話の内容は7%しか影響を与えず、ほとんどが視覚情報だということです。

そのためイメチェンをするのであれば、外見から変えるのが最も効率的であることがわかります。

男性が金髪に染めるのもイメチェン目的である場合があります。

金髪は「強い」「明るい」「軽い」などの印象を受けるため、真面目から脱出したい男性に人気です。

若く見られたい

金髪にする男性には、若く見られたいという心理があります。

10代などの若者ではなく、大人の男性が金髪にするときは若く見られたい場合があります。

金髪は若者の髪色というイメージもありますが、大人の男性にもとても似合う色合いです。

同じ金髪でも色のトーンや髪型によっても与える印象が変わるのでオシャレにまとめられます。

実は金髪は実年齢よりも若く見せる髪色でもあります。

もともと若者のイメージが強いため、大人の男性でも若く見えるという効果も考えられるでしょう。

その他にも全体的にスタイリッシュな印象になり、ほどよい明るさをプラスしてくれます。

さらにイメチェンをすると気持ちも前向きになるため、内面からも若々しいオーラが出るのです。

ギャルと付き合いたい

金髪にする男性には、ギャルと付き合いたいという心理があります。

ギャル系の女性と付き合うために、自らギャルっぽい髪色に染める男性もいます。

ギャルは金髪、露出したファッション、派手なメイクなどが大きな特徴です。

外見だけでなく、性格や遊び方も派手なため、彼氏にも派手さを求める傾向があります。

黒髪の真面目そうな男性と付き合っているギャルはあまり見たことないですよね。

実際にギャルはEXILE系のキレのある男らしい男性を好む傾向があります。

そのようなギャルのお眼鏡にかなうように金髪にする男性もいます。

このような男性は髪色以外にもファッションやライフスタイルもギャルの好みに合わせています。

全体的に派手な印象が強く、ギャルがよく出没するような若者の街で見かけることが多いでしょう。

覚えてもらいたい

金髪にする男性には、覚えてもらいたいという心理があります。

前述した通り、人の第一印象はほとんど視覚から得られる情報によって決まります。

相手に自分のことを覚えてもらうためには、容姿や外見にインパクトがあることが重要です。

容姿や外見にインパクトのある人は、とりあえず相手の印象に残りやすくなります。

金髪という大きな特徴を持っていれば、名前を覚えていなくても「金髪の人」という印象が残ります。

人に顔を覚えてもらうためにはとても効果的な方法だと言えるでしょう。

実際に美容師には派手な髪色や髪型の人が多い傾向にあります。

美容の仕事ということもありますが、派手な髪型にすることでお客様に覚えてもらえます。

このような効果を期待し、美容系の仕事以外に就いている男性が金髪に染めることもあります。

企業やクライアントが許せばビジネスマンが金髪にするのにも大きなメリットがあります。

金髪男の特徴9選

金髪男の特徴

派手な髪色にする男性には、共通するいくつかの特徴があります。

性格が外見にも表れることもあるように、金髪の男性にもその心理が表れてることがあります。

次は金髪に染めている男性の特徴について詳しく紹介していきます。

自己主張が強い

金髪の男性には、自己主張が強いという特徴があります。

派手な髪色を選ぶということは、自己主張をしたいという気持ちの表れでもあります。

黒髪や茶髪などが主流のなかで、あえて金髪に染めようとする人はそれほど多くはありません。

一般的にはイメチェンをしようとしても少しトーンを上げるくらいに留めます。

しかし、金髪の男性は他よりも目立ちたい、個性を出したいという思いから派手な色を選びます。

自分らしさや個性を大切にしており、こだわりやプライドが強いという一面も持っています。

このようなタイプの男性は、日頃から自分の意見を貫く姿勢が見られます。

ワガママと思われることもありますが、確固たる意志を持っている男らしいタイプでもあります。

意外に小心者

金髪の男性には、意外に小心者という特徴があります。

自分に自信がなく、臆病な性格の男性はそれを隠すために金髪に染めることがあります。

イメチェンをしようとする人は、まず外見から変えようとします。

金髪に染めるということは、強い人間や男らしさを得たいという気持ちの表れでもあるのです。

見た目が派手な男性ほど、自信のなさを隠すための鎧を着ている可能性があります。

金髪にすることは自分を変えるひとつのきっかけであり、いい影響を与えてくれるかもしれません。

イメチェンのために金髪にする男性には、明確な憧れや理想像を持っている人が多いです。

高収入ではない

金髪の男性には、高収入ではないという特徴があります。

10代であればまだ学生なので、ある程度の自由が許されているので金髪にするのも簡単です。

しかし、社会人になってから金髪にするのはとても難しいでしょう。

ほとんどの企業は金髪を含む派手な髪色を禁止しているため、金髪にできる人は限られます。

特に収入の高い仕事ほど社会的信頼が求められるため、派手な髪色を禁止しています。

つまり金髪や派手な髪色の男性は高収入ではないと考えることができます。

一方、金髪で高収入の男性には自営業である可能性があります。

特に職人系の仕事から独立した男性は、髪色に制限がないため金髪でも特に問題ありません。

ですが自営業で成功している人は稀なため、ほとんどの人は高収入を期待できないでしょう。

ヤンキーが多い

金髪の男性には、ヤンキーが多いという特徴があります。

男性が金髪に染めるのには、自分を強くみせたい、怖がらせたいという心理があります。

一般的に普段の生活で強く見せたい、怖がらせたいと思うことはほとんどないでしょう。

自分を強く見せる必要があるのは、ヤンキーやちょっとヤンチャをしている男性です。

ヤンキーは相手にナメられてはいけないため、強そうな容姿にすることで威厳を保っています。

攻めているようにも思えますが、実際はヤンキーという同族であるというアピールでもあります。

古くからヤンキーやヤンチャしている男性は金髪などの派手な見た目が主流でした。

漫画やドラマに登場するヤンキーも金髪や派手な髪型の男性が多いですよね。

ヤンキー世界は金髪や派手な髪型であることが当たり前のため、地味な髪型は浮いてしまいます。

そのため金髪の派手な男性のなかには、ヤンキー上がりの人がいる可能性もあります。

遊び人

遊び人
金髪の男性には、遊び人が多いという特徴があります。

遊び人の男性はとにかく外見がチャラく、髪型も含めて派手なファッションを好みます。

黒髪でビシッと髪型を決めている男性が遊び人というのはあまり考えられませんよね。

実際に遊び人の男性は洋服やアクセサリー、髪色がとても派手でチャラチャラした雰囲気です。

90年代後半に流行ったギャル男やホストにも金髪や派手な髪型の男性が多くみられます。

派手な世界で生きている人は、自然と容姿や外見も派手になっていくのです。

そのため容姿や外見が派手な人には、遊び人の男性が多いという可能性が高いのです。

人の目を気にしない

金髪の男性には、人の目を気にしないという特徴があります。

目立ちがり屋で自己主張の強い金髪男性は、人の目を気にすることはありません。

このような自己顕示欲の強い男性は、むしろ周囲からの注目を集めたいと思っています。

金髪に染めているのも目立ちたいからであり、注目されることは彼らの目的でもあります。

そのためわざわざ周囲の評判や評価を気にすることはありません。

文句を言う人間がいれば「わかってないな」と自分を肯定して悪い言葉をスルーします。

このような金髪の男性は屈強なメンタルの持ち主でもあります。

自分がいいと思ったものを自信を持って貫き、強い芯を持っているという特徴もあります。

お洒落目的

金髪の男性には、お洒落目的であるという特徴があります。

純粋にお洒落を楽しみたいという男性のなかには、抵抗なく金髪に染める人もいます。

金髪に染められる時期は限られています。

企業に勤めると黒髪や濃い茶髪にしなければいけないため、金髪にできるのは学生のうちです。

金髪の男性はこの限られた時間のなかでお洒落を楽しもうとしています。

実際に金髪の男性にはお洒落で、全体的にかっこいい雰囲気を持った人がたくさんいます。

金髪が自分に似合うとわかっているだけあって、ファッションセンスもとても高い傾向にあります。

存在感をアピール

金髪の男性には、存在感をアピールする特徴があります。

一般的に金髪や派手な髪色に染めるには勇気が必要ですし、なかなか判断できませんよね。

金髪の男性には自己顕示欲が強く、存在をアピールしようとする人が多い傾向にあります。

他者に自分の存在を認めてもらいたいため、派手な髪色で相手の注意を引こうとするのです。

このようなタイプの男性は「個性的だね」「目立つね」という言葉に弱いです。

もともと周囲の注意を引くための髪色のため、その目的が達成されれば満足感が得られます。

自分に自信がない

自分に自信がない男性
金髪の男性には、自分に自信がないという特徴があります。

自分に自信がないため、派手な髪色にイメチェンすることで理想に近づこうとしているのです。

自分に自信のない男性は、当然ながら自信に満ち溢れた男性に憧れます。

金髪は男性を強く、男らしく見せてくれるため、それに憧れて髪を金髪に染める人もいます。

このようなタイプの男性は、明確な理想像や憧れを持っていることが多い傾向にあります。

理想像がハッキリしているため、容姿から憧れに近づこうとする男性も少なくありません。

金髪男のような個性的な男性を落とすには?

個性的の強い金髪男性ですが、そのような男性を落とすにはどうすればいいのでしょうか。

金髪の男性には独特の世界観や考え方があるため、喜ぶポイントを知ることが重要です。

最後は金髪の男性を落とすための方法について詳しく紹介していきます。

褒めまくる

金髪の男性を落とすためには、積極的に褒めまくりましょう。

自己顕示欲の強い金髪の男性は、自分の存在価値を認められることを強く望んでいます。

相手の自己顕示欲を満たしてあげるためには、まず相手の価値観を受け止めることが大切です。

「その金髪かっこいいね」と髪色を褒めてあげるだけでも相手の価値を認めることになります。

もともと男性は自尊心の強い生き物のため、女性から褒められるのに弱い傾向があります。

女性の前ではかっこつけたいのが男性の心理であり、それが満たされると喜びを感じるのです。

特に自己顕示欲の強い金髪の男性には、少しオーバーなくらい褒めてあげるといいでしょう。

金髪以外にも持ち物、ファッション、考え方などを褒めてあげれば気分もよくなるはずです。

相手の好みに合わせる

金髪の男性を落とすためには、相手の好みに合わせるようにしましょう。

相手に好印象を与えるためには、お互いの共通点をたくさんつくることがとても重要です。

人間は自分と共通点の多い異性に惹かれる傾向があります。

共通点があるだけで話が弾み、相手との距離感もグッと縮まるのです。

金髪の男性は独特の感性を持っているため、共通点を持つ女性となかなか会えません。

特にこだわりやプライドが高い男性は孤独を感じている可能性があります。

そのような金髪の男性を落とすためには、彼の好みに合わせるようにしましょう。

たとえ知らないことであっても「教えて?それ好かも」と好意的な反応を示すことが大切です。

興味を持ってもらえれば男性も嬉しいですし、もっと教えたいという気持ちになります。

秘密を共有する

金髪の男性を落とすためには、秘密を共有するようにしましょう。

秘密を共有することで男性に対して「あなたは特別」というメッセージを伝えることができます。

親しい人でなければ秘密を共有しようとはしないですよね。

信頼できる相手だからこそ、秘密を打ち明けられるのです。

そのようなことから秘密を共有することで、相手との距離をグッと縮めることができます。

他にも秘密を共有するのには、脳内に興奮ホルモンやアドレナリンを分泌させる効果があります。

秘密を漏らしてはいけないという禁止事項が無意識に男性をドキドキさせるのです。

禁止されていることをやりたくなることをカリギュラ効果といいます。

このドキドキ感が上手く恋愛感情とリンクすると、相手との距離感がより縮まることになります。

楽しいこと好きな金髪男性にとっては絶大な効果を期待することができるでしょう。

頻繁に会う

頻繁に会う
金髪の男性を落とすためには、頻繁に会うようにしましょう。

頻繁に会うということには二つの効果が期待できます。

ひとつは寂しがり屋な金髪男性の場合は、相手の心の隙間を埋めてあげられることです。

金髪の男性には、自分に自信がなく寂しがり屋な一面を持った人もいます。

このようなタイプの男性には、頻繁に会うことで寂しい気持ちを緩和させてあげることができます。

日頃から頻繁に連絡を取り合い、安心できる女性のポジションを確立しましょう。

もうひとつは女性友達が多い遊び人タイプの場合です。

この場合は、頻繁に会うことで他の女性と差別化を図り、特別な存在になりやすくなります。

遊び人タイプの金髪男性は、他の女性からもモテます。

他の女性に横取りされないためにも、なるべく早く特別な存在として認められることが大切です。

意中の金髪男性のタイプによって会う頻度やアプローチの方法を工夫してみましょう。

共感する

金髪の男性を落とすためには、共感するようにしましょう。

自尊心の高い金髪の男性は、自分の価値観や存在を認めて欲しいという欲求を持っています。

金髪の男性の自尊心を満たしてあげるためには、相手の話に共感することが大切です。

否定的なリアクションはせず、「そうだね」「すごいね」と相手の話を肯定してあげるようにしましょう。

人間は共感してもらえると相手との距離が近いと感じます。

これは共通点が多い人に対して親近感を持ちやすいことと非常に似ています。

相手との距離を縮めるためには、いろいろなことに共感するようにしましょう。

ボディタッチ

金髪の男性を落とすためには、積極的にボディタッチをしましょう。

多くの男性は女性からのボディタッチに対してポジティブな印象を持つ傾向にあります。

女性の場合は親しくない男性にボディタッチをされると不快に感じてしまいますが、男性の場合は親しいかどうかに関係なく、女性からボディタッチをされると思わずドキッとしてしまいます。

特に遊び人タイプの金髪の男性にとってボディタッチはコミュニケーションのひとつです。

むしろボディタッチをしてこない女性はガードが堅いと思われてしまう可能性があります。

派手な男性を落とすためには、相手のノリに合わせることも重要です。

ボディタッチに慣れていない女性にとってはハードルが高いですが、勇気を出して挑戦しましょう。

甘える

金髪の男性を落とすためには、上手に甘えてみましょう。

男らしさに憧れを抱いている金髪の男性は、女性に頼られたり甘えられたりするのに弱いです。

昔は男性は狩猟が仕事のため、女性に頼られたり甘えられたりするのをステータスにしています。

女性に甘えられたいというのは本能的に思うことであり、それをくすぐらない手はないですよね。

金髪の男性に甘えるときは、相手の男らしさに注目して上手に甘えてみましょう。

たとえば相手が詳しいことについて質問したり、男らしい腕に抱きついたりするのも効果的です。

甘えたあとは可愛く「ありがとう」「さすがだね」と満足したことを素直に伝えるとよりいいでしょう。

甘えられた男性は「役に立った」「頼られた」と再確認でき、自尊心を満たすことができます。

頼る

金髪の男性を落とすためには、頼ることも大切です。

前述した通り、男らしさに憧れている金髪の男性は、女性に頼られることにも非常に弱いです。

男性は女性に頼られることによって、自分の男らしさを実感することができます。

逆に言えば女性に頼られない男性は、「自分は頼りないのかな」と自信を失ってしまいます。

男性であれば誰しも女性の前ではかっこよくいたいものです。

しかし、女性が何でも卒なくこなしてしまったら男性が活躍できる場所がなくなってしまいます。

男性にいいところを見させてあげるためにも、あえて積極的に頼ることも大切です。

特に自尊心の強い金髪の男性は、女性に頼ってもらえないとすぐに自信を喪失してしまいます。

リスペクトする

金髪の男性を落とすためには、相手をリスペクトしましょう。

男性は女性にリスペクトされると気持ちが舞い上がり、強い自信を持てるようになります。

自尊心が強い男性ほど傷つきやすく、ちょっとしたことで自信を喪失してしまいます。

金髪の男性には自尊心が強い人が多いため、相手をリスペクトして自信を持てるようにしましょう。

どんな男性にもリスペクトできることがあるはずです。

まずは彼のいいところを探し、「すごいね」「さすがだね」と褒めてあげましょう。

注意するべきことは、嘘はつかないということです。

思ってもいないことはすぐに相手にバレてしまうため、本当にリスペクトしていることにしましょう。

共通の趣味を持つ

金髪の男性を落とすためには、共通の趣味を持つようにしましょう。

独自の世界観を持ち、個性的な金髪の男性には、独特の趣味や好みがあります。

このような独特の趣味や好みはなかなか周囲からの共感を得ることができません。

趣味の話をできる友達も少ないため、一緒に盛り上がれる存在を求めているはずです。

そのため共通の趣味を持ち、接点を増やすことで一気にお互いの距離を縮められます。

特に寂しがり屋な金髪男性にとって共通の趣味を持っている女性は貴重な存在です。

金髪男を彼氏にしちゃおう

いかがでしたでしょうか?

金髪男性の特徴や、そんな男性を有効的に落とすテクニックをご紹介させていただきました。

金髪で個性的な男性を彼氏にしてみると、あなたをもっと違う世界に連れて行ってくれるはずです。

刺激的な恋愛を希望する女性は、ぜひそんな金髪男性を彼氏にしてみてはいかがでしょうか?