金髪男の特徴の写真

街中でふと目に入る金髪男。

派手な髪色は人混みの多いなかでも目立ちますよね。

金髪はオシャレ、チャラいとまったく逆のイメージを持たれることが多く、好みも分かれます。

金髪にしている男性はどのような心理で金髪を選んだのでしょうか。

金髪男には独特の心理があり、共通する特徴を持っています。

今回は金髪男の心理と特徴、個性的な男性を落とすためのアプローチ方法について紹介します。

意外に多い金髪男

金髪の男性は人混みのなかでも目立つため、知り合いでなくてもつい目が引かれますよね。

派手な髪色のためタイプを選びそうですが、意外にも金髪にしている男性はたくさんいます。

最近は男性のファッションも多様化しているため、派手な髪色を楽しむ男性も増えています。

また、芸能人にも髪を派手な色に染めている人が多く、茶色以外の色も人気が高まっています。

金髪を楽しめるのは学生やフリーターの時期だけです。

社会人になればほとんどの人が黒髪や濃い茶色に戻さなければなりません。

金髪が珍しくなくなったといっても企業に勤めるようになれば状況は変わります。

美容系の仕事ではない限り黒髪や濃い茶色が主流のため、金髪を楽しめる時期は限られます。

その限られた時間のなかで自由にオシャレを楽しみたいという男性もいるでしょう。

オシャレの幅が広がったからこそ選べる選択肢も増え、金髪を楽しむ男性も増えています。

金髪男ってモテるの?

金髪の男性は多くの女性からモテますが、必ずしも金髪がモテ色というわけではありません。

派手な髪色が似合う人はごく限られており、もともとの容姿がいい男性が多い傾向にあります。

つまり、金髪の男性がモテるというのはもともとの容姿と密接に関係しています。

金髪にしている男性は自分の容姿のよさを自覚しており、その上で派手な髪色を選んでいます。

しかし、金髪の男性が必ずしも芸能人のような端正な顔立ちというわけではありません。

モテる男性にはさまざまな種類があり、端正な顔立ちだけがモテるというわけではないのです。

金髪の男性は容姿のよさだけではなく、自分に派手な髪色が似合うかどうかも熟知しています。

同じ金髪でもギャル系やバンド系、スポーツ系などさまざまな種類があります。