遠距離恋愛の後悔しない

遠距離恋愛をしているカップルは別れるのがじつは普通のカップルよりも難しかったりします。

なぜなら、なかなか会えない距離にいるため別れを会って伝えることが困難だからです。

せっかく両思いになり付き合うことになったパートナーに、最後の別れくらいはきちんと会って今までのお礼を言って別れたいと思う人が多いですよね。

逆にいえば、別れを切り出される側も、付き合った相手からの突然の別れ話が電話やメールだけではなんだか寂しい気持ちになったりもします。

なかには直接会って言ってくれないと、別れることに納得ができないという人もいるでしょうね。

最近では別れ話がもつれて、相手がストーカーになってしまったり、恐ろしい事件へと発展したりと、恋愛でも恐怖との紙一重ですので、なるべくなら穏便に済ませられるようにしたほうが良いでしょう。

今回は、そんな遠距離恋愛をしているカップルがパートナーと別れる時に、後悔しない納得のできる別れ方を6個ご紹介していきたいと思います。

距離は心の距離を生む?

距離は心の距離を生む

好きな人とはなるべくたくさん会いたいものです。

「今日はこんな嬉しことがあった」というときには1番に大好きな人に話をして「よかったね」と言ってもらいたいし、とても悲しいことがあったときは「こんな悲しいことがあったよ」と言って慰めてほしいです。

それはやっぱり・・・直接会って言いたいというのが、大好きな恋人がいる人すべてに共通する感情でしょう。

しかし、遠距離恋愛の場合なかなかそうもいきません。

遠距離恋愛を自分で選んだわけですから、それが自分でももちろんわかっています。

だから、会いたいと思っても自分に無理やり理解をさせて我慢をさせます。

それがいつしか、心の距離を作ってしまうとも知らずに・・・。

遠距離恋愛はやっぱり難しい

遠距離恋愛を好きで始めるカップルはいません。

大抵は距離がある理由があるものです。

たとえば、最初は同じ街に住んでいても大学の進学や、会社の転勤などで片方が県外に行ってしまうというケースです。

なかには最初の出会ったときから県外に住んでいることを知っていて、それでも付き合いたいと思って交際を始めるカップルもいるかもしれませんが、そのカップルですらできれば近くに住んでいたらなぁと願うものです。

遠距離恋愛は、会いたいときに会うことができないぶん、やっぱり続けていくことはとても難しいです。

普通のカップルが仕事終わりに「食事でもしよう」という約束ができないですし、記念日や休日ですら、お互いの休みが合わないと会うことができません。

そして、会いに行くのにもお金がかかるというデメリットがあります。

そんななか、その恋愛関係をうまく続けていくことのできるカップルは一体どれくらいいるのでしょうね。

成功するカップルは少数

遠距離恋愛は、続けていくことはなかなか難しいとは思いますがもちろん良い関係を続けてそのまま結婚するというカップルもいます。

しかし、それはじつはとても少数なのです。

人間はやっぱり自分の欲望には正直ですし、距離があり相手の生活が見えない分、通常の近距離カップルには分かり得ない心配事が多かったりします。

たとえば、通常の近距離カップルはパートナーが浮気をしていたら、同じ地元の友達やつながりのある人からその情報が相手に流れてきたり、実際にパートナーと会う回数も多い分浮気を見破るのも簡単だったりします。

しかし遠距離恋愛カップルの場合、会う回数がとても少ないので浮気も隠しやすい特徴があります。

そして時間が経つにつれて、遠くの恋人より近くの友達というように、近くにいる浮気相手のほうが好きになってしまったりすることも少なくないのです。

このようなとても難しい環境でも、いつまでもお互いを1番に思い続け一途でいることはなかなか簡単なことではありません。

遠距離恋愛を見事成功させて、結婚をするカップルというのは本当に奇跡にでも近い2人なのです。

距離を超えるほどの互いの強い気持ちがあるか否か

遠距離恋愛を成功させるカップルと、結局は別れてしまうカップルとでは一体なにが違うのでしょう?
もしも別れることになったきっかけが、遠距離ゆえに生まれたものだとしたらやはり問題は距離だったのでしょう。

距離がもしもなければ、もっと会うことができたら、こんなにも気持ちが離れることはなかったかもしれないと、どうしても思ってしまうかもしれませんよね。

そんな難しい関係でも、別れずにうまく付き合っていくためには、お互いに距離を超えるほどの強い気持ちがあるかどうかが恐らく大切になってくるのでしょう。

「会えなくても別れたくない」「この関係が終わってしまうことのほうが耐えられない」このように思うことができたら、もしかしたらどんな寂しさも、切なさも、悲しさも我慢することができて、遠距離恋愛を乗り越えることができたのかもしれません。

最初の情熱をずっと保つのは難しい

恋をして、両思いになり、カップルになったら、その時点で男性は満足してしまうことも多いようです。

男性は釣った魚に餌をやらない恋愛脳ともいわれており、ターゲットに決めた女性を自分の彼女にすることができた時点で気持ちが少し冷めてしまうので、そこにもし距離もあったとしたらその恋愛を長く保つことはなかなか難しいものなのかもしれません。

逆に女性は、好きな人ができてそれが恋人になると、どんどん好きになっていく恋愛脳です。

そのため、最初は「あなたの彼女になれるだけで嬉しい。

「会えなくても我慢できるわ」と思っていたのにどんどん欲張りになってしまい、「会えなくて寂しい」「もっとまめに連絡がほしい」「どんな予定よりも私を優先させてほしい」と最初の頃に心がけていた思いとは真逆に自分本位の感情を押し付けてしまうことも多くなったりします。

交際を始める前の最初の情熱をずっと保つことは確かにとても難しいことです。

そしてそれは、遠距離恋愛というものが自分たちが想像していたよりも、遥かに大変なものだからなのかもしれません。

ストレスになり始めたら別れるという選択肢も

遠距離恋愛を続けていると、最初は我慢できていたことがどんどん我慢できなくなってしまうものです。

そのストレスを紛らわせようと、最初は恋人に会えない週末も仕事を入れてみたり、友達と遊んでみたり、自分で時間を忘れるような趣味を作ってみたり工夫をします。

しかし、どんなに会えない辛さを忘れようと頑張っても、それはいずれ我慢できないものへとなっていき、ストレスを抱え始めます。

逆に言えば、気持ちを紛らわすことができて、遠距離恋愛で大好きな恋人に会えないことも自身のストレスになっていないのなら、全然関係は続けられます。

それがもしストレスになり始めたときが、おそらくもう関係を続けていくことへのメリットが少ないということ、すなわち別れを考えてもよいボーダーのサインなのかもしれません。

一度は好きになった人に別れを告げることはとても勇気がいります。

相手のことをもちろんたくさん悲しませるし、傷つけるかもしれません。

だからこそ、そんな結末を迎えるタイミングというのは自分で選んで後悔のないようにしないといけないですよね。

まずはその1つのきっかけとして、自分のストレス信号をよう見極められるよう、よく自分の気持ちと向き合ってみてくださいね。

遠距離恋愛の後悔しない6個の別れ方

別れ方