笑顔がかわいいと男性に思わせる方法7選!女性の武器をフル活用してモテ子になろう!について
笑顔は最大の武器と言われるように、笑顔には人を魅力的に見せる効果があります。

性別に関わらず、笑顔の素敵な人はそれだけで周囲の人を惹きつけるのです。

男性のなかには、女性の笑顔が好きという人がたくさんいます。

ファッションやメイクにこだわるのもいいですが、笑顔を磨くのもとても重要です。

素敵な笑顔を身につけるのは、いい恋愛を成功させる近道でもあります。

魅力的な笑顔を身につけ、好きな男性にアプローチしてみましょう。

今回は笑顔がかわいいと男性に思わせる方法について詳しく紹介していきます。

女性の武器をフル活用してモテ子になりましょう。

笑顔がかわいい女性って思われたい!

いつもニコニコとしている女性はとても感じがよく、性別に関係なく人を惹きつけます。

笑顔の人には明るい雰囲気があり、周囲の人はその笑顔に癒され、励まされます。

いくら綺麗に着飾っていても、いつも不貞腐れたような顔では台無しですよね。

素敵な人と思われるためには、ファッションやメイクだけでなく笑顔も大切なのです。

笑顔は周囲に明るい印象を与えるだけでなく、自分自身のストレス解消にもつながります。

普段からニコニコしている人は、他の人よりもストレスが少ない傾向にあります。

これは自律神経と副交感神経のバランスが保たれるからです。

交感神経には気分をリフレッシュさせる役割があり、副交感神経には気分をリラックスさせる役割があります。

この二つの交感神経のバランスが崩れると、ストレスを感じやすくなってしまうのです。

笑顔でいると副交感神経が優位になるため、リラックスするのでストレスが減ります。

笑顔には周囲にいい印象を与えるだけでなく、心を整える効果も期待できるのです。

やっぱり女性の武器は笑顔!

「涙は女の武器」と言いますが、実は女性の最大の武器は笑顔です。

いつも俯いて泣いている女性よりも、笑顔の女性の方が魅力的に感じますよね。

涙は女の武器というのは、男性は女性に泣かれるとどうしようもなくなるからです。

怒りたくても怒れない、譲りたくなくても譲らざるを得ないと我慢を積み重ねています。

一緒にいても我慢ばかりしなければいけない女性よりも、いつもニコニコとした笑顔の素敵な女性の方が一緒にいて楽しい気分になりますよね。

笑顔の素敵な女性は異性からだけでなく、同性からも好印象を得ている特徴があります。

女性から好かれている女性が、男性に嫌われるわけありません。

笑顔の素敵な女性は同性からも異性からも好かれる要素を持っています。

対人関係を円滑にするためには、素敵な笑顔が必要不可欠です。

恋愛だけでなく、いい人間関係を築くためにも素敵な笑顔を武器にしましょう。

笑顔のモテ効果はかなり絶大

多くの男性は女性に対して癒しや安らぎを求めています。

一緒にいて落ち着く、癒されるという女性に惹かれる傾向があるのです。

笑顔が素敵な女性は、相手を癒すオーラを持っています。

誰でもムスッとした顔の人と一緒にいるよりも、笑顔の方が気分も明るくなりますよね。

笑顔が可愛く、愛嬌がある人は好感度も上がります。

特別なことをしなくても「一緒にいて楽しい」と思ってもらえるのです。

他にも笑顔はその人の魅力を最大限に引き出してくれます。

メイクやファッションにこだわるのもいいですが、笑顔も魅力を引き出してくれます。

親しみやすい印象を与えるだけでなく、可愛さにも磨きがかかるのなら嬉しいですよね。

好きな男性の心を射止めるためにも、日頃から笑顔でいることを心がけましょう。

笑顔がかわいいと男性に思わせる方法7選

笑顔がかわいいと男性に思わせる方法
笑顔は女性の魅力を倍増させてくれる魔法の仕草です。

いつもニコニコしている女性は、それだけで周囲に優しく親しみやすい印象を与えます。

笑顔の素敵な女性は、異性だけでなく同性からも好かれる傾向があります。

同性から好かれる女性は、当然男性からも好かれる要素を持っています。

笑顔がかわいいと男性に思ってもらうためには、いくつかのポイントがあります。

自分の魅力を最大限に引き出すために笑顔をかわいく見せるポイントをおさえましょう。

次は笑顔がかわいいと男性に思わせる方法について詳しく紹介していきます。

まずは自分の笑顔を知る

まずは自分の笑顔を見てみましょう。

みなさんは鏡の前で自分の笑顔をチェックしたことがありますか?

自分では笑っているつもりでも、実は上手く笑えていないケースも多々あります。

笑っているつもりでも目や笑っていなかったり、口角が下がっていたりするものです。

他にも自分なりの笑顔が、他の人にとっては笑顔に見えないという場合もあります。

ただ笑うのではなく、周囲から愛される笑顔を目指すことがとても重要です。

最初に自分の笑顔を知り、理想の笑顔との違いについて細かくチェックしてみましょう。

鏡で笑顔の練習をする

鏡で笑顔の練習
鏡で笑顔の練習をしてみましょう。

笑顔の練習をするためには、理想の笑顔と比較することがとても大切です。

自分の顔を見ずに笑顔の練習をしていても、それが正しい笑顔なのかわかりませんよね。

笑顔をつくっているつもりでも、実は目が笑っていないということも多々あります。

まずは自分の笑顔を知り、理想の笑顔と何が違うのか確認することが重要です。

鏡に向かって笑顔をつくり、笑った顔をチェックしてみましょう。

完璧な笑顔がつくれていますか?

多くの人は「イメージしている笑顔と違う」と思ってしまうでしょう。

笑顔に慣れていない人は、笑顔をつくろうとすると作り笑いが目立ってしまいます。

目が笑っていない、口角が下がっているなどの違和感を感じるかもしれません。

しかし、最初から上手に笑える人はいません。

鏡の中の自分と理想の笑顔を比較し、少しずつ理想に寄せていくことが大切なのです。

毎日鏡に向かって笑顔の練習をすることで、理想的な笑顔を身につけることができます。

笑顔の練習を習慣にし、素敵な笑顔を身につけましょう。

写真で自分の笑顔をチェック

写真で自分の笑顔をチェックするのも自分の笑顔を知るきっかけになります。

鏡で見る顔と写真の顔が違うと感じたことはありませんか?

鏡に映る顔は、左右が反転している状態です。

写真より鏡の自分を見る機会が多いため、左右反転している顔に慣れてしまっています。

そのため、写真を見ると妙な違和感を感じてしまうのです。

しかし、他の人が見ている顔は左右が反転していない写真に映るあなたの顔ですよね。

写真で自分の笑顔をチェックすることは、相手が見ている自分を知ることになります。

鏡で笑顔の練習をするだけでなく、写真でも自分の笑顔をチェックしてみましょう。

ふとした瞬間の写真であれば、あなたの自然体な笑顔を知ることもできます。

鏡の前や自撮りをするときはどうしてもキメ顔をしてしまいます。

自然体な笑顔を知ることで、普段どのような顔をしているか確認できます。

笑顔の写真が少ない場合は、あまり笑えていない可能性があるので要注意です。

自撮りで笑顔のコツを掴む

笑顔のコツを掴むためには、自撮りで笑顔の練習をするのも効果的です。

自撮りをすることで、普段のあなたの笑顔をチェックしながら練習することができます。

自撮りで笑顔の練習をするときは、いろいろな角度の笑顔をチェックしてみましょう。

日常では必ずしもあなたの笑顔を正面から見るとは限りません。

横顔、斜め上から見た顔などいろいろな角度から笑顔を見られる可能性があります。

鏡では正面からの笑顔しか見られないですが、自撮りはいろいろな角度から見られます。

気に入った笑顔ができたときは、写真に撮って保存しておきましょう。

練習開始当初と慣れてきたときの笑顔を比較することで、笑顔の成長記録を残せます。

練習成果を確認することもできますし、自分のモチベーションにもなるでしょう。

理想の笑顔を知る

素敵な笑顔を身につけるためには、理想の笑顔を知ることも大切です。

ただ闇雲に笑顔の練習をしても、目指す理想像がわからなければ上手くいきません。

みなさんには思わず素敵だなと思ってしまうような理想の笑顔はありますか?

素敵な笑顔は自然と人の視線を惹きつけ、見る人を魅了させる力を持っています。

具体的な人が思いつかない場合は、素敵な笑顔のポイントをおさえるのも効果的です。

次は理想の笑顔について詳しく紹介していきます。

キュッと口角を上げる

口角を上げる
キュッと口角を上げると理想的な笑顔に近づきます。

笑顔をつくる上で最も基本的なことのように思えますが、これがなかなか難しいのです。

最近はスマホやパソコン作業によって長時間下を向いている人が増えています。

すると口周りの筋肉が衰え、笑顔をつくろうとしても口角が下がってしまうのです。

自分では笑っているつもりでも、上手く口角が上がらずに笑顔が半減してしまいます。

それを防ぐためには、常にキュッと口角を上げるよう意識することが大切です。

頬全体を上げるのではなく、唇の端を頬骨あたりに向けて引き上げるイメージです。

頬に力を入れるのではなく、小鼻の横あたりに力を入れるようにしましょう。

小鼻の横あたりに力を入れることでほうれい線をおさえ、素敵な笑顔をつくれます。

口の開き方が左右対称

口の開き方を左右対称にすると素直で真っ直ぐな性格という印象を与えます。

癖がなく、明るい笑顔は多くの人に愛されるでしょう。

口を開いて笑うときは、両方の唇の端を同じだけ引き上げるように意識しましょう。

多くの人は顔が左右対称ではないため、口の開き方もゆがんでしまいがちです。

意識して笑うことによって自然に口の開き方が左右対称になっていきます。

もうひとつは、顔のゆがみを正すことも非常に重要です。

日常的に頬杖をついたり、片側の歯で噛む癖があると顔がゆがむ原因になります。

頬杖をやめ、両方の歯でバランスよく噛むことでゆがみの原因を無くせます。

顔のゆがみを正すことで、自然と笑ったときの口の開き方も左右対称になります。

目から笑うようにする

笑顔を意識していても、目が笑っていないということもありますよね。

目が笑っていないとは、口元は笑っていても目の奥に笑みがない状態のことをいいます。

抽象的でいまいちピンとこない人もいるでしょう。

目が笑っていないと愛想笑いをしているような印象が強くなってしまいます。

相手が笑顔で接してくれているのに、妙な距離を感じることはありませんか?

それは笑顔をつくっていても、目から笑えていないからかもしれません。

目が笑っていないように見える特徴は、目の大きさや形に変化がないことです。

ニコッとした目でもずっとそのままの形では愛想笑いをしているように見えます。

一方、目を見開いたり、ニコッと目を細めたりすると感情が伝わりやすくなります。

「目は口ほどに物を言う」という言葉がある通り、感情を伝える重要な部分です。

笑顔の練習をする際は、口角だけでなく目の動きや形にも注目してみましょう。

上の歯が見えるようにする

笑顔にはいろいろな種類があります。

口角だけを上げて微笑むような笑顔や口を大きく開けて笑う人もいますよね。

魅力的な笑顔をつくるためには、相手に見える歯の本数にも注目してみましょう。

素敵な笑顔のポイントは上の歯が8〜10本ほど見えているのが理想的です。

上の歯を8〜10本見えるようにするためには、口角をぐっと引き上げる必要があります。

歯を見せるように意識するだけで、自然と口角をあげることができるのです。

もうひとつのポイントは、下の歯は見せないことです。

笑ったときに下の歯が見えてしまうと幼い印象を与えてしまいます。

清楚で可憐な笑顔をつくるためには、上の歯だけを見せるようにしましょう。

歯の見せ方を練習する際は、理想とする女優やアイドルの写真を参考にするといいですよ。

大きく笑うときは口を手で押さえる

大きく笑うときは口を手で押さえる
人前で大きく笑うときは、口を手で押さえるように意識しましょう。

口を大きく開いたまま笑うと、大雑把でガサツな印象を与えてしまう可能性があります。

清楚でおしとやかな印象を与えるためには、口を手で押さえるのがベターです。

その際、顔をやや下に向けて控えめな雰囲気をつくるとより理想的です。

また、大きく笑うときに大声を上げたり、手を叩いたりするのも控えましょう。

大声を上げたり手を叩いたりする行為も、大雑把でガサツな印象を与えてしまいます。

明るい笑顔の女性はとても素敵ですが、笑い方ひとつで相手に与える印象が変わります。

いい印象を与えるためにも、常に清楚でおしとやかな行動を心がけることが大切です。

表情筋を鍛える

素敵な笑顔を身につけるためには、表情筋を鍛えることがとても重要です。

表情筋とは目や口、鼻などを動かす筋肉であり、さまざまな表情をつくる筋肉です。

日常生活では30%ほどしか表情筋を使えていないとも言われています。

表情筋は使われないとどんどん衰え、シワやたるみの原因にもなってしまいます。

最近はスマホを使う頻度も増えているため、ついつい下を向いてしまいがちです。

すると頬や口周りの筋肉がたるんできてしまいます。

素敵な笑顔を保つためにも、日頃から表情筋を鍛えるように意識しましょう。

口をしっかり動かして喋る

表情筋を鍛えるためには、日頃から話し方に注意することが重要です。

表情筋を意識せずに話していると、ついつい口の動きが小さくなってしまいます。

口の動きが小さくなれば表情筋もあまり動かず、鍛えることができません。

話すときはなるべく表情筋を意識し、口角や頬の頂部を動かすように心がけましょう。

口をしっかり動かして話すことには、表情筋を鍛える以外にもメリットがあります。

ハキハキと話すと自信がつき、明るい印象を与えることができます。

一方、口を開かずにボソボソと話すと自信がないように見え、伝わりづらくなります。

自分の言葉を相手に伝えやすくするためにも、口をしっかりと動かして話しましょう。

あいうえお運動をする

表情筋を鍛えるためには、あいうえお運動をしましょう。

あいうえお運動とは、口を「あいうえお」と発音するように動かす運動のことです。

発音といっても実際に声に出す必要はありません。

口を大きく動かすことで表情筋を刺激し、鍛えることができます。

あいうえお運動をする際は、首周りをゆっくりマッサージしてからはじめましょう。

「あ」は口を大きく開けましょう。

口を開けると同時に目も大きく見開き、目の周りの筋肉も刺激します。

「い」は口を真横に引き伸ばし、頬の高い部分を上げるようなイメージで行いましょう。

「う」は唇をすぼめてできるだけ前に突き出します。

「え」は舌をべーっと出すように口を横に広げます。

頬の下の部分を上に引き上げるようなイメージで筋肉を動かしてみましょう。

「お」は口を縦に開き、ほうれい線を伸ばすように肌を伸ばします。

頬を内側に引っ込めると頬が痛くなりますよね。

それは筋肉を動かせている証拠です。

表情筋トレーニング器具を使う

あいうえお運動も表情筋を鍛えるのに効果的な方法ですが、より高い効果を得たいという方は表情筋を鍛えるトレーニング器具を活用してみるのもいいでしょう。

最近は表情筋を鍛えるためのトレーニング器具が発売されています。

トレーニング器具には、MTGフェイシャルフィットネスPAOやフェイシャルリフトアトワンスなど口にくわえて表情筋を鍛えるグッズがあります。

まずは手頃なものからはじめたいという方には、風船やペットボトルがおすすめです。

風船は風船を膨らませることで口周りの筋肉を鍛えることができます。

ペットボトルは息を吸う力でペットボトルを潰す練習をするために使います。

風船と同様に頬の筋肉を鍛えるため、表情筋を鍛えることにも繋がります。

表情筋を鍛えると表情が豊かになるだけでなく、小顔効果も期待できます。

美容のためにも表情筋を鍛えてみましょう。

日頃の美意識を上げる

素敵な笑顔を手に入れるためには、日頃の美意識を上げることも重要です。

意識的に笑顔をつくろうとしても、自分に自信がなければ素敵な笑顔にはなりません。

自分に自信を持ち、心から明るい気持ちになるためにも美意識を持つようにしましょう。

ここでいう美意識とは、自分の気持ちを明るく保つ意識です。

美しくなることや可愛くなることだけを重視するのではなく、楽しむことも大切です。

スキンケアをしっかりする

スキンケア
日頃の美意識を上げるためには、スキンケアをしっかりしましょう。

肌が綺麗になるとそれだけで気持ちが明るくなります。

透き通った肌は笑顔をさらに美しく見せてくれるでしょう。

素敵な笑顔を手に入れるためにも、日頃からスキンケアをしっかりすることが大切です。

基本のスキンケアは洗顔、ブースター、化粧水、美容液、保湿クリームです。

スキンケアというと化粧水などをイメージする人も多いですが、洗顔も重要な工程です。

たっぷりの泡で肌の汚れを落とし、毛穴を綺麗にした状態で化粧水などを使いましょう。

洗顔後に使用するブースターとは化粧品の浸透性を高めるためのアイテムです。

化粧水は肌に潤いを与え、保湿クリームは与えた潤いを肌に留める役割があります。

このような基本的なスキンケアを徹底することで、美しい肌をつくることができます。

フェイスマッサージをする

素敵な笑顔を身につけるためには、フェイスマッサージを行うのも効果的です。

フェイスマッサージには筋肉をほぐすだけでなく、むくみを解消する効果もあります。

顔がむくんでいるとせっかくの笑顔も台無しですよね。

素敵な笑顔をより素敵に見せるためにも、日頃から顔周りのお手入れを徹底しましょう。

まずはリンパの流れをよくするマッサージをしましょう。

首の後ろに手を回し、指先で上から下へ首筋を撫でるようにリンパを流していきます。

次に耳たぶの裏に指をあて、首筋に沿って上から下へ撫でるようにリンパを流します。

リンパを流すことで体内の老廃物を排出する効果が期待できます。

フェイスマッサージは額からはじめていきます。

人差し指と中指、薬指を揃えて額の中央にあて、ゆっくりとこめかみに向けて撫でます。

頬は親指と人差し指で顎をはさみ、フェイスラインに沿ってゆっくりと持ち上げます。

こめかみのあたりまでぐっと持ち上げたらゆっくりと指を離します。

このようなフェイスマッサージをすることで、気持ちもリフレッシュされます。

エステでスペシャルケアをする

たまには贅沢をしてエステでスペシャルケアをするのもいいでしょう。

日頃のスキンケアに加え、エステでスペシャルケアをすればさらに磨きがかかります。

肌が綺麗になるだけでなく、気持ちもリフレッシュすることができるでしょう。

ストレスや疲れは無意識のうちに顔にも出てしまいます。

せっかくの笑顔が台無しになってしまわないためにも、日頃からストレスや疲れを溜めないように定期的にリフレッシュする場を設けることが重要です。

メイクでかわいさアップ

素敵な笑顔をつくるためには、メイクで可愛さをアップさせるのもひとつの方法です。

女性はメイク方法によっても印象が大きく変わるため、とても重要なポイントです。

女性が可愛く見えるポイントもおさえながら笑顔が華やかに見えるメイクを紹介します。

口紅やリップをキレイに塗る

明るい笑顔をつくるためには、口紅やリップを綺麗に塗りましょう。

口角が下がっていると顔が疲れて見えてしまい、顔が暗くなってしまいます。

口角が下がって見えるときは、口角の周りにコンシーラーを塗ってみましょう。

影になる部分を隠し、その上から口紅やリップを塗ると綺麗に発色します。

リップライナーで口角を上げるように輪郭をつくることで微笑んだ口をつくれます。

口角の角度ひとつで顔全体の印象が変わるため、ぜひ試してみてくださいね。

ほんのりチークで血色感を出す

明るい笑顔をつくるためには、ほんのりチークで血色感を出しましょう。

透明感のある肌にスッと優しい赤みが入ると顔全体が一気に華やかな印象になります。

チークの色は素肌の色に馴染むものを選びましょう。

あまり赤々とした色を選んでしまうと派手な印象になり清楚さが下がってしまいます。

チークは大きめのブラシにパウダーを取り、余計なパウダーを落としてから使います。

にっこりと微笑んだときに頬が一番高くなる位置に撫でるように乗せていきます。

チークの色が乗りすぎてしまった際は、上からパウダーファンデーションをはたきます。

肌の下から頬のピンク色が透けて見えるような自然な印象をつくることができます。

ロングタイプのマスカラを塗る

明るい笑顔をつくるためには、ロングタイプのマスカラを塗りましょう。

ボリューム重視のマスカラは、目を大きく見せてくれますが派手な印象になりがちです。

一方、ロングタイプのマスカラはデカ目効果はそれほど高くはありませんが、すっきりとした目元をつくってくれるため自然に大きな目をつくることができます。

多くの男性は女性の優しい笑顔に癒されます。

優しい印象をつくるためには、控えるところは控えるメリハリのあるメイクが大切です。

自然なナチュラルメイクをする

自然な可愛さを演出するためには、自然なナチュラルメイクがオススメです。

ばっちりメイクも華やかな印象を与えますが、派手な印象がつきすぎる恐れもあります。

多くの男性は女性に対して清楚や可憐な印象を求めています。

恋愛においては派手さよりも自然体な可愛さの方が好まれる傾向が高いのです。

自然なナチュラルメイクをするためには、引き算メイクを意識しましょう。

何でも濃くすればいいというわけではなく、部分的にあえて薄くする部分をつくります。

くっきりとした部分と薄い部分をつくることでメリハリのある美しさを演出できます。

笑顔の意識を持つ

素敵な笑顔を身につけるためには、日頃から笑顔の意識を持つことが大切です。

多くの人は意識をしていないと口角が下がり、顔が暗くなってしまいます。

口角は上げる意識を持っていないとどんどん下がり、顔のたるみの原因にもなります。

日頃から笑顔を意識することで、笑顔が自然の顔になっていきます。

笑顔を癖づけることを意識し、日常生活を過ごしてみましょう。

気づいたときに口角を上げる

日頃から気づいたときに口角を上げるようにしてみましょう。

口角を上げるとそれだけで笑った顔に見えるため、相手にも明るい印象を与えます。

一方、日頃から口角が下がっていると顔全体が暗い印象になってしまいます。

口角が下がったままだと顔のたるみの原因にもなるため、意識することが大切です。

口角が下がっていると思ったら口角を引き上げ、今まで下がっていたことを意識します。

少し意識するだけでも笑顔をつくる頻度が上がります。

人と笑顔で接する

特別な人でなくても、常に笑顔で接することが大切です。

日頃からニコニコと笑顔で接していれば、明るい笑顔や性格が身についていきます。

笑顔が身に付くだけでなく、周囲にも明るく優しい印象を与えることができます。

好きな人や親しい人に対してだけでなく、他の人たちにも笑顔で接してみましょう。

笑顔で接する習慣が身につけば、意識しなくても素敵な笑顔になれるようになります。

落ち込んだ時こそ笑顔になる

落ち込んでいるときこそ、笑顔になるように意識しましょう。

気持ちが下がっているときは、顔の筋肉も下がってしまいがちです。

口角が下がり「への字」になっていると、それだけで顔が暗くなってしまいます。

暗い顔をしていると雰囲気も暗くなってしまい、相手にもいい印象を与えられません。

落ち込んでいるときこそ笑顔を意識し、いい運気をどんどん吸収していきましょう。

何でも気の持ちようで、明るい気持ちを持っていれば運気も自然といい方向に向きます。

会話の中でよく笑う

会話のなかでよく笑う人は相手にいい印象を与えることができます。

誰でも自分の話にニコニコと相づちを打ってもらえたら嬉しい気持ちになりますよね。

一方、終始ムスッとした顔で聞かれたら話している相手も嫌な気持ちになります。

相手が気持ちよく話せるようにするためにも、会話中は笑顔でいるよう心がけましょう。

会話中の笑顔のポイントは目や眉でリアクションを返すことです。

ただ「うんうん」と相づちを打つよりも、はっきりとした反応を返した方が喜ばれます。

楽しいときには声を出して笑い、悲しい話は眉を八の字にして悲しみを共有しましょう。

話題に適した反応を返すことで話題も盛り上がりやすくなります。

さまざまな笑顔を使い分ける

一口に笑顔といってもさまざまな種類があります。

ニコニコと微笑む笑顔もあれば、恥ずかしそうにはにかむ笑顔もありますよね。

相手のタイプやそのときのシチュエーションに応じて使い分けるようにしましょう。

照れたときのハニカミ笑顔

照れたときのハニカミ笑顔は男性たちが思わずドキッとしてしまう笑顔のひとつです。

ハニカミ笑顔とは、恥ずかしそうにする様子や恥ずかしさを誤魔化す笑顔をいいます。

ちょっとした失敗をしたときに「あーあ」と落ち込んだり、残念がったりするよりも、失敗した恥ずかしさを隠すように照れ笑いした方が好感を持ってもらえます。

ネガティブなことでも、ちょっとした笑顔を見せた方がその場の雰囲気が和らぎます。

優しさ溢れる微笑みの笑顔

口角を上げてにっこりと微笑む笑顔は優しさや安らぎといった印象を与えます。

相手に微笑みかける以外にも、ふとした瞬間の微笑みに癒される男性もたくさんいます。

綺麗に咲いている花を見て微笑んだり、子供たちが無邪気にはしゃぐ様子を見て微笑んだりする様子を見て、女性らしさや清楚な印象を受ける男性も少なくありません。

女性らしさを引き立たせるためには、優しさ溢れる微笑みを上手く使いこなしましょう。

嬉しいときのとびきり笑顔

嬉しいときの弾けるようなとびきり笑顔は、周囲を楽しく幸せな気持ちにさせます。

ネガティブな感情を露わにするのは控えた方がいいですが、嬉しい感情や楽しい感情は惜しみなく爆発させましょう。

たとえばプレゼントを贈ったときにクールに「ありがとう」と言われるよりも、目を輝かせて「ありがとう!」と言ってもらえた方が贈る側も嬉しいですよね。

笑顔がかわいいと男性からの印象もアップ!

いつもニコニコしている人の周りには、自然と多くの人たちが集まってきます。

笑顔には人を惹きつける魅力があり、その人をより魅力的に見せてくれる力があります。

笑顔がかわいい女性は、男性からの印象もアップします。

男性は女性に対して癒しや安らぎを求めているため、笑顔の素敵な女性に惹かれます。

好きな男性を射止めるためには、難しい駆け引きをするよりも素敵な笑顔を見せた方が効果的ですし、ストレートにあなたの魅力を伝えることができます。