顔が赤くなる時っての写真

気になる男性と会話をしたり、一緒にいたりすると顔が赤くなるときがありますよね。

心臓がドキドキして、体が震えるような体験をしたことのある女性も多いでしょう。

好きな人の前でドキドキし、顔を赤らめてしまうのは珍しいことではありません。

それではなぜ、好きな人の前では顔が赤くなってしまうのでしょうか。

今回は顔が赤くなる理由と思わず赤面してしまう男性の行動について詳しく紹介します。

ドキドキするポイントをおさえ、素敵な恋に繋げましょう。

顔が赤くなる時ってどんなとき?

どんなとき

多くの人は好きな人を目の前にして思わず顔を赤らめる経験をしたことがあるでしょう。

人は感情や状況によって顔を赤らめることがよくあります。

たとえば人前に立ったとき、好きな人を目の前にしたとき、暑さを感じるときなど感情によって顔が赤らむこともあれば、環境によって赤くなることもあります。

顔が赤くなるのは、顔の血行がよくなるためです。

熱が出たり、部屋が暑かったりするときに顔が赤くなるのは血行がよくなるからです。

顔を赤らめるのは環境や体調によるものだけではありません。

人間は緊張下に置かれると交感神経のスイッチが入り、アドレナリンを分泌させます。

アドレナリンが分泌されると心拍数が上がり、血管が拡張します。

これは危機的な状況を打破しようと神経が体にはたらきかけているのです。

そのため、緊張したり感情が昂ぶったりしたときも顔が赤くなってしまうのです。

やっぱり恋愛でドキドキしたとき!

恋愛をしているときもドキドキして顔が赤くなってしまうことがありますよね。

恋愛漫画でもヒロインが好きな人を目の前にして顔を赤らめるシーンがよく描かれます。

顔が赤くなる=恋をしているという表現方法は一般化されています。

それほど恋愛と顔が赤くなることは密接な意味を含んでいるのです。

恋愛をしているときに顔が赤くなるのは、相手に対して緊張をしているからです。

好きな人に好かれたい、よく見られたいという緊張感から顔が赤くなってしまいます。

前述した通り、人間は緊張をするとアドレナリンが分泌され、心拍数が上がります。

それによって体内の血管が拡張し、血行がよくなることで顔が赤くなってしまいます。

もうひとつは好きな人の前でプレッシャーを感じているからです。

「恥ずかしいことはできない」「失敗できない」というプレッシャーから顔が赤くなります。

これも緊張と非常によく似ています。

特に片思いの場合はちょっとの失敗も怖くなってしまうものです。

相手に好意を寄せているからこそ、緊張して無意識に顔が赤くなってしまいます。

恥ずかしさや照れで顔が赤くなる

恋愛に限らず、恥ずかしさや照れによって顔が赤くなることもあります。

人前で発表をするとき、失敗したときに恥ずかしさや照れを感じることがあるでしょう。

これも前述した通り、アドレナリンの分泌が大きく関わっています。

恥ずかしさや照れから身を守るため、体はアドレナリンを多く分泌しようとします。

その結果、体内の血管が拡張し、血行がよくなることで顔が赤くなるのです。

恋をしているときの緊張も恥ずかしさや照れによる緊張も同じような意味があります。

人前での発表や失敗に限らず、恋愛でも恥ずかしさや照れを感じることがありますよね。

好きな人に恋愛感情を悟られたら恥ずかしい、好きな人と会えて気持ちが昂ぶってしまい恥ずかしいなど、恋愛にもいろいろな恥ずかしさや照れがあります。

顔が赤くなるようなドキドキな男性の行動25選

ドキドキな男性の行動

恋愛で顔が赤くなってしまうのは、好きな男性と一緒にいるからだけではありません。

男性のふとした行動や仕草にドキッとし、顔が赤くなってしまうこともありますよね。

男性にとっては何気ない行動でも、彼に好意を寄せているあなたにとっては特別な意味を勘ぐってしまったり、急激な緊張を引き起こしたりとあらゆる刺激を与えます。

それでは顔が赤くなるような男性の行動にはどのようなものがあるのでしょうか。

次は顔が赤くなるようなドキドキな男性の行動について詳しく紹介していきます。

耳元でコソッと囁かれる

男性に耳元でコソッと囁かれたら思わずドキドキしてしまいますよね。

耳元で囁かれると体の距離だけでなく、声からも距離の近さを感じることができます。

好意を寄せた男性であれば、その距離の近さに思わずドキドキしてしまうでしょう。

一方、好意のない相手であれば男性であってもドキドキすることはありません。

人間にはパーソナルスペースというものがあります。

これは他人に近づかれると不快に感じる空間のことを指します。

人は親しくない相手が自分のパーソナルスペースに入ることを非常に嫌がります。

耳元で囁くほどの近さでも不快に思わないのは彼に好意を寄せている証拠です。

突然下の名前で呼ばれる

好きな男性に突然下の名前で呼ばれたら思わずドキドキしてしまいますよね。

思春期を過ぎると異性から下の名前で呼ばれることはほとんどありません。

よくも悪くも男女の間にはある一定の距離が保たれているのです。

下の名前で呼ばれるということは、保たれていた距離がぐっと縮まることを表します。

実際に好意のない相手に下の名前で呼ばれると馴れ馴れしく感じることがありますよね。

これはいきなり距離を縮められたと感じ、不快に思ってしまうからです。

しかし、好きな人であれば不快に感じることはないでしょう。

むしろぐいぐい距離を縮めてくる様子に嬉しさと緊張が混ざりドキドキしてしまいます。

これは男性も同じです。

意識している女性に下の名前で呼ばれたら思わずドキッとしてしまいます。

好きな人との距離を縮めるためのとっておきのテクニックなのです。

頭をなでなでされる

頭をなでなでされる

好きな人に頭をなでなでされたらドキドキしてしまいますよね。

相手との距離がぐっと縮まりますし、触れられることで彼の存在を大きく感じられます。

実は頭をなでなでされてドキドキするのには大きな科学的な理由があります。

研究によって女性は頭をなでられることによって快感を得ていることが判明しています。

人間の体にはニューロンという神経細胞が張り巡らされています。

髪をなでられることでニューロンが活性化され、快感を得ているのです。

他にも頭をなでられることで守られている、受け入れられているなど安心感を得られます。

好きな人であれば自分に好意を寄せてくれているのでは?というドキドキもあるでしょう。

ほっぺをぷにぷにされる

好きな人にほっぺをぷにぷにされるのもドキドキする行動のひとつです。

ボディタッチの一種であり、好きな人に触れられれば誰でもドキドキしてしまいますよね。

顔は体で最も不快感を感じやすい部分であり、安心感を感じやすい部分でもあります。

敏感な部分のため、親しい人以外には触れられたくない部分なのです。

そのため、好きな相手であれば安心感やドキドキ感もひとしおです。

もっと触れられたい、親しくなりたいという気持ちにも火がつくでしょう。

実はほっぺをぷにぷにする男性も親しくなりたいと思っている可能性が高いのです。

なかなか触れづらい部分のため、触る側も親しくなりたい人にしか触れようとしません。

ほっぺをぷにぷにするのは「親しくなりたい」「愛しい」という気持ちの表れです。

好きな人にほっぺを触れられた際は、もしかしたら脈ありサインかもしれません。

髪をさらっと触られる

髪を触られる

好きな人に髪をさらっと触られるとドキドキすることがありますよね。

頭をなでるのではなく、髪だけをさらっと触るだけでも思わずドキドキしてしまいます。

髪には神経が通っていないため、触られることで温かみや痛みを感じることはありません。

感覚的には何も感じない場所ではありますが、好きな人に触られればドキッとします。

感覚がなくても「触られた」という行動にドキドキしてしまうのです。

「私のこと好きなのかな?」「髪を褒められて嬉しい」などいろいろな感情が渦巻きます。

同じ髪を触る行為でも美容室で髪を触られてもドキドキしませんよね。

これも好きな相手だからこそ、いろいろなことを勘ぐってドキドキしてしまうのです。

遠くから手を振ってくる

好きな男性が遠くから手を振っている姿にドキドキしてしまうこともあります。

好意を寄せている男性に会えたという喜びもありますが、それ以外にも理由があるのです。

ひとつは自分を見つけてくれたということです。

偶然あなたを見つけて手を振ってくれた場合、あなたを見つけたという喜びがあります。

知り合いを見つけても「まあいいか」と声をかけないこともありますよね。

声をかけてくれたということは、それだけ親しみを感じてくれているのかもしれません。

そのような男性の心理を想像し、思わずドキドキしてしまう女性も多いでしょう。

もうひとつは待ち合わせをしているときに手を振ってくれるときです。

遠くから手を振っている姿を見て楽しそう、楽しみにしてくれたと感じる女性もいます。

「私と会うのを楽しみにしていてくれたのかな」と想像し、ドキドキしてしまいます。

特に片思い期間は彼の行動一つひとつに意味があるのでは?と想像してしまうでしょう。

「可愛い」と褒められる

好きな男性に「可愛い」と褒められれば多くの女性がドキドキするでしょう。

褒められれば純粋に嬉しいですが、その一方で褒められる照れも同時に生じます。

大人になると少しずつ褒められる機会が少なくなっていきます。

その人に魅力がないというわけではなく、言葉にする機会が減ってしまうのです。

そのため、素敵なところを見つけても「素敵だな」と思うだけでそれを相手に言葉で伝えないことも少なくありません。

そのため、素直に「可愛い」と褒めてもらえれば誰だって嬉しく思うでしょう。

それと同時に褒められ慣れていないせいで恥ずかしくなり、照れてしまうこともあります。

好きな男性に褒められたら照れ隠しをせず、素直に「ありがとう」と受け止めましょう。

案外、男性側も勇気を出して素直に褒めてくれたのかもしれません。

些細な変化に気付いてくれる

好きな男性があなたの些細な変化に気付いてくれたら思わずドキドキしてしまいますよね。

些細な変化に気付いてくれるのは、それだけあなたを意識している証拠かもしれません。

それが本当でも勘違いでも、片思いをしている女性はいろいろな意味を考えてしまいます。

彼が意識してくれているのかな?と想像するとそれだけで顔が赤くなってしまうでしょう。

些細な変化だからこそ、気付いてもらえたときの喜びはひとしおです。

もしや彼も同じ気持ちなのでは?と想像しドキドキするのは恋愛の醍醐味でもあります。

彼の行動の一つひとつに一喜一憂するのが嫌になってしまうこともありますが、脈ありかも?と期待を膨らませるのも恋愛の楽しみのひとつでもあるのです。

ナンパから守ってくれる

好きな男性がナンパから守ってくれたらドキドキしてしまうでしょう。

女性にとって強引な男性は怖い存在です。

特に見知らぬ男性にナンパされ、しつこく言い寄られたら恐怖を感じてしまいますよね。

そんなときに好きな男性がナンパから守ってくれたらドキッとしてしまうでしょう。

颯爽とあなたとナンパ男の間に入り、救出してくれたらヒーローのようにも見えます。

そのような彼の男らしい一面を見てドキドキしてしまう女性もたくさんいます。

彼にとっては当たり前の行動でも、あなたにとっては特別な行動に見えるでしょう。

片思いの場合は、男性にとって守る理由がありません。

それでも守ってくれたということは、女性として大切に思っているのかもしれません。

そのような想像をして思わずドキドキし、顔を赤らめてしまうこともあるでしょう。

人混みで手を握られる

人混みのなかでふと彼が手を握ってくれたらドキドキしてしまいますよね。

手を握るという行為は恋人っぽさが際立ち、恋愛感情が高まるポイントでもあります。

まだ恋人関係ではないときであれば、擬似的に恋人体験ができてしまいます。

彼のゴツゴツとした大きな手に男らしさを感じて顔を赤くしてしまうこともあるでしょう。

その他にもリードしてくれる男らしさにドキドキしてしまう女性もたくさんいます。

人混みというシチュエーションで手を引かれたら男性のたくましさが感じられるでしょう。

これまで彼を男性として意識していなかった女性でも、思わずドキッとするはずです。

それをきっかけに恋が芽生えることも珍しくありません。

ドキドキする機会は片思いや恋人がいるときだけではありません。

ふとしたドキドキが新しい恋を芽生えさせてくれる可能性も十分にあり得るのです。

ぐいっと腕を引かれる

好きな男性にぐいっと腕を引かれてドキドキしてしまうこともあります。

人混みで迷子になったり、道を間違えたりしてぐいっと腕を引かれることもありますよね。

男性にとっては咄嗟の行動でも、女性にとってはドキッとするシチュエーションなのです。

ぐいっと腕を引かれる行動には、男らしさとリードしてくれる包容力を感じられます。

女性は男性に助けてもらうというシチュエーションに弱い傾向があります。

迷子から助けてもらう、正しい道に導いてもらうというのも一種の手助けです。

言葉で教えてもらうよりも、少し強引に腕を引かれた方がより男らしさを感じるでしょう。

普段は優しいタイプの男性であれば、いつもとのギャップにもドキドキしてしまいます。

漫画に登場するような少し強引な男性に憧れを抱いている女性は案外少なくないのです。

肩にもたれかかられる

好きな男性に肩にもたれかかられたら思わずドキドキしてしまいますよね。

肩にもたれかかられるシチュエーションは電車やバスの座席や甘えるときなどがあります。

恋人関係であれば彼女に甘えるようにもたれかかることも少なくないでしょう。

片思いであれば電車やバスで寝落ちしてしまったときやふざけているときなどがあります。

どちらも彼の存在を近くに感じ、緊張や恥ずかしさによってドキドキしてしまいます。

寝落ちしてしまった場合は、彼の無防備な姿を見てドキッとすることもあるでしょう。

人はギャップに弱い生き物です。

片思い中の彼の寝顔やうとうとした無防備な姿も普段は見られないギャップのひとつです。

これまで恋愛対象として意識していなかった相手でも、彼の無防備な姿や肩にもたれかかるといったボディタッチによって恋心が芽生えることもあります。

自分だけに弱みを見せる

好きな男性が自分だけに弱みを見せてくれたら思わずドキッとしてしまいますよね。

多くの人は親しくない人や信頼していない人に弱みを見せることはありません。

弱みを見せるというのは、自分のコンプレックスや触れられたくないことを相手に打ち明けるということであり、親しい人や信頼できる人にしかできないことです。

彼が弱みを見せてくれるというのは、それだけあなたを信頼している証拠かもしれません。

彼が「信頼している」と言わなくても、信頼されていると想像しドキッとしてしまいます。

ここでのドキドキは信頼されて嬉しい、頼られて嬉しいという感情が大きいでしょう。

弱みを見せてくれたということは、それだけ彼との距離も縮まっている証拠です。

悩んでいる彼には申し訳ないですが、彼との距離が近づいたことに喜ぶ女性もいますよね。

寂しそうな顔をする

好きな男性との別れ際に寂しそうな顔をされたらドキドキしてしまいますよね。

「一緒にいた時間が名残惜しいのかな」「もっと一緒にいたいと思ってくれているのかな」といろいろな想像が駆け巡るでしょう。

多くの女性は好きな男性の小さな表情の変化にも敏感に反応してしまいます。

彼の寂しそうな顔を見たら「私も別れ惜しい」と胸が締め付けられてしまうでしょう。

私に好意があるのかな?という期待の意味のドキドキもありますが、私も寂しいよという切なさや寂しさのドキドキも混じります。

ドキドキする理由は情熱的なものだけではなく、もの寂しさや悲しさなどにもあります。

別れ際に彼が寂しそうな顔をしたら、脈ありかもと期待してみるのもいいでしょう。

嫉妬の素振りを見せる

あなたが他の男性と親しくしているときに、好きな男性が嫉妬の素振りを見せたら思わずドキドキしてしまいますよね。

片思い中でも恋人関係でも、好きな男性に嫉妬されるのは少し嬉しく感じてしまいます。

嫉妬するということは、それだけあなたのことを大切に思っている証拠です。

他の男性に取られたくない、自分にとって特別な存在という意味が含まれます。

どうでもいい相手であれば、他の男性と親しくしていても何とも思わないですよね。

嫉妬するというのは、あなたを意識しているからこその感情なのです。

ただし、わざと嫉妬されるような行動を繰り返すと呆れられてしまう可能性があります。

ふとした行動への嫉妬はいいですが、わざと嫉妬させるような行動は控えましょう。

寒い中待っててくれる

寒い中待っててくれる

好きな男性が寒い中、じっとあなたが来るのを待つ姿にドキドキする人もいます。

「寒い」という困難がありながら、じっと待つ姿に健気さや愛情を感じるのです。

どうでもいい相手であれば、寒さを理由に予定をキャンセルすることもあるでしょう。

寒い中待っててくれるということは、困難があってもあなたに会いたいという証拠です。

他にも寒さをしのぐために店内や駅構内で待つという選択肢もありますよね。

しかし、店内や駅構内で待たないのは少しでも早く会いたいからかもしれません。

寒い中待っててくれるという行動の背景には、いろいろな憶測が散らばっています。

「もしかして?」という期待にドキドキし、顔を赤らめる女性もたくさんいるでしょう。

困ったとき助けてくれる

あなたが困っているときに好きな男性が助けてくれたらドキドキしてしまいますよね。

前述した通り、多くの女性は男性に助けられることにドキドキしてしまいます。

特に女性には解決するのが難しいことを助けてもらったときはドキドキが増します。

たとえばビンのふたが開かない、高いところの物が届かないなど男性の腕力や高身長をいかして助けてもらいたいときもありますよね。

そのような「男性だから助けてもらえた」というシチュエーションは、より男らしさを感じることができ、思わずドキドキしてしまうことが多い傾向にあります。

人間は自分にはないものを持っている人間に惹かれやすいという特徴があります。

男らしさやたくましさにドキドキしてしまうのは、そういう特徴も大きく関係しています。

重い荷物を軽々持ち上げる

重い荷物を軽々と持ち上げる姿にドキドキしてしまう経験はないでしょうか。

自分では持ち上げられない物を軽々と持ち上げる姿に男らしさを感じることができます。

前述した通り、人間は自分にはないものを持っている人間に惹かれやすい傾向があります。

「荷物を持ち上げる」というのも、自分にはない腕力を持っているということです。

助けてもらえたという嬉しさもありますが、そういう男らしさにドキドキするのです。

特に細身の男性が重い荷物を軽々と持ち上げると見た目とのギャップもありますよね。

今まで気づかなかった男らしさを見て、恋が芽生えるということも珍しくありません。

まだ片思いにも発展していない男性が突然気になり出すということもよくあることです。

スーツ姿でキメてくる

好きな男性のスーツ姿がきまっているとドキドキすることがありますよね。

スーツは男性をより男らしく、かっこよく見せてくれるファッションのひとつです。

普段の私服とは異なり、紳士的で大人っぽい雰囲気が醸し出されます。

成人式や仕事終わりなどでスーツを着ている男性を見ると思わずドキッとしますよね。

いつもより大人っぽい姿に頼もしい、男らしいと感じる女性も少なくありません。

私服とスーツとのギャップにドキドキしてしまうこともあるでしょう。

他にもネクタイを緩める仕草にドキッとする女性も多いですよね。

ビシッときまっていた姿がネクタイを緩めることでかしこまった感じが解けます。

普段はスーツ姿しか見たことがないという女性は、かっこよくきまっているスーツ姿よりもオフ感が出るネクタイを緩めた姿の方がドキッとするかもしれませんね。

イメチェンをしてくる

好きな男性がイメチェンをしてきたら思わずドキドキしてしまうでしょう。

彼がイメチェンをしたことでよりかっこよくなったら間違いなくドキドキしてしまいますが、野暮ったかった男性がイメチェンによってかっこよくなってもドキッとしますよね。

イメチェンにはかっこよさに磨きをかける以外にも、これまで恋愛対象ではなかった男性の意外な一面を知るきっかけにもなり得るのです。

男性は髪型やファッションで全体的な印象が大きく変わります。

イメチェンをしたことで思わぬ恋に落ちてしまうこともあるでしょう。

その他にもイメチェンの理由が気になってドキドキすることもあります。

これまでの印象を大きく変えるイメチェンには、心情の変化が隠れていることがあります。

女性も失恋をすると髪を切ることがありますよね。

男性も同様に環境や心情の変化によってイメチェンをすることがあります。

その理由を想像し、不安や期待に思わずドキドキしてしまう女性も少なくありません。

素直に甘えてくる

好きな男性が素直に甘えてきてくれたら思わずドキドキしてしまいますよね。

男性に甘えたい女性も多いですが、女性に甘えたい男性も少なくありません。

一方、多くの男性は気を許した女性にしか素直に甘えることができません。

男性は自尊心やプライドが高い生き物のため、他人の前ではつい虚勢を張ってしまいます。

素直に甘えてくれるということは、それだけあなたに心を許している証拠です。

いつもと違う彼の表情にドキッとするとともに、甘えられる嬉しさにドキドキしますよね。

片思い中の関係であれば、彼との距離も一気に縮まります。

恥ずかしさのあまり突き放してしまうのではなく、思う存分甘やかしてあげましょう。

突然抱きしめられる

好きな男性に突然抱きしめられたらドキドキしてしまいますよね。

抱きしめるという行為は、最も接する面積が広いスキンシップのひとつです。

ぎゅっと抱きしめられれば彼と密着し、温もりや心臓の音まで伝わってくるでしょう。

恋人関係であっても突然抱きしめられたらドキドキしてしまいます。

不意打ちの行動は、一気に大量のアドレナリンを放出します。

その結果、血行がよくなり顔が真っ赤になってしまう女性も少なくありません。

まだ恋人関係でなければ、よりドキドキ感は増すでしょう。

好きな人と触れているドキドキもあれば、今後の展開に期待するドキドキもあります。

ほとんどの女性は恋人関係の有無に関係なく、突然抱きしめられたらドキドキし、顔を真っ赤にしてしまうでしょう。

壁ドンをしてくる

好きな男性に壁ドンをされるのもドキドキして顔が赤くなる行動のひとつです。

壁ドンとは、男性が女性を壁際に追い詰めて手を壁にドンと突く行動のことをいいます。

最近では数多くの漫画やドラマ、映画で胸キュン行動として取り上げられています。

壁ドンは女性と男性との距離が非常に近づくため、思わずドキドキしてしまいます。

距離だけでなく、逃げられないというシチュエーションもドキドキ感を増幅させます。

女性は少し強引な男性に惹かれるため、ちょっと強引に壁際に追い詰めて距離を縮められるというシチュエーションにドキドキしてしまうのです。

冗談であっても好きな男性が急接近するシチュエーションはドキドキしてしまいますよね。

恋人関係であっても非日常的な行動に思わずドキッとするでしょう。

不意打ちでキスをされる

好きな男性に不意打ちでキスをされたらドキドキして顔が真っ赤になってしまいますよね。

キスは恋人たちのスタンダードな愛情表現ですが、不意打ちだとドキッとしてしまいます。

前述した通り、女性は少し強引なシチュエーションに弱い傾向があります。

キスだけでなく、ハグや手を繋ぐなどのスキンシップも不意打ちだとドキッとします。

急な行動に驚くのもありますが、少し強引なことへのときめきの方が大きいでしょう。

少し強引な行動を男性からのリードととらえる女性も少なくありません。

片思いであれば、キスは特別な意味を含みます。

通常であれば友達同士は簡単にキスをしないため、何か深い意味を考えてしまいますよね。

キスをされたドキドキもありますが、その後の展開を期待するドキドキもあるでしょう。

ストレートに「好き」と言われる

凝った演出やサプライズも嬉しいですが、ストレートに「好き」と言われたらドキッとし、思わず照れてしまいますよね。

大好きな彼と付き合えても、毎日「好き」と伝え合うカップルは少ないでしょう。

好きだから一緒にいる、好きなことは当たり前だととらえ、わざわざ言葉にしません。

一緒にいるのだから不満はありませんが、物足りなさを感じている女性もいるでしょう。

そのようなときにストレートに「好き」と言われたらドキドキしてしまいますよね。

片思い中であれば、これ以上嬉しいことはないでしょう。

想いが通じ合い、これまでの長い片思いが実った瞬間でもあります。

緊張や恥ずかしさ、これからの期待によってドキドキすること間違いないでしょう。

こんな男性の行動には思わず顔が赤くなる

ドキドキして顔が赤くなるのは、アドレナリンが分泌されることによって心拍数が上がり、体内の血管が拡張して血行がよくなるからです。

アドレナリンは緊張や恥ずかしさ、照れ、強い喜怒哀楽の感情によって分泌されます。

恋愛においては好きな男性のふとした行動や仕草によってドキドキすることもあります。

特に男性との距離が近くなったり、ボディタッチをされたりするとドキドキしますよね。

そのドキドキによって思わず顔が赤くなることもあるでしょう。

このドキドキは恋愛を楽しむためにとても重要な要素です。

彼の行動に一喜一憂してしまうこともありますが、それも恋愛の醍醐味でもあります。