塩顔とはの写真
人それぞれ顔立ちが異なりますが、顔立ちを調味料にたとえてタイプ別にした呼び方があります。

そのなかでも薄い顔立ちをしており、クールな印象が強い男性を「塩顔」と呼びます。

韓流スターには塩顔が多く、近年の韓流ブームもあり、塩顔男子に注目が集まっています。

それでは塩顔とはどのような特徴があるのでしょうか。

今回は塩顔の特徴とさまざまな顔の種類について詳しく紹介していきます。

顔の特徴を知り、好みのタイプをはっきりさせてから新しい出会いを探しにいきましょう。

男性の顔を調味料に例えた〇〇顔

男性の顔を調味料に例えた

ひと昔前に男性の顔を調味料にたとえた〇〇顔という呼び方は流行りました。

もともとは1980年代に「しょうゆ顔」「ソース顔」という言葉が誕生し、広く使われるようになりました。

時代が変わった現在でも男性の顔を調味料にたとえる呼び方は使われつづけており、最近では「しょうゆ顔」「ソース顔」以外にも「塩顔」「みそ顔」「マヨネーズ顔」など種類が増えています。

調味料にたとえる呼び方は、主に顔のパーツや雰囲気、印象によって細かく分類されます。

その人がどのような性格であるかは別として、見た目から得る印象を調味料にあてはめています。

そのため、調味料のイメージと実際の性格やタイプが異なることも多々あります。

調味料にたとえる方法はあくまでイメージとして参考程度に留めておいた方がいいでしょう。

まずは今流行りの塩顔をピックアップ

男性の顔を調味料にたとえる呼び方は、もともと「しょうゆ顔」と「ソース顔」の二種類だけでした。

時代とともにその種類が増え、最近では塩顔、みそ顔、マヨネーズ顔などもあります。

そのなかでも塩顔は数年前から絶大人気を博しています。

塩顔の主な特徴は肌が白く、スッキリとした鼻筋、切れ長な一重や奥二重などが挙げられます。

白く、クールな印象が強いことから、「塩」にたとえられています。

芸能人では及川光博さんや星野源さん、綾野剛さんなどが塩顔として知られています。

まずは今流行りの塩顔について詳しく紹介していきます。

塩顔の特徴12個

塩顔の特徴

塩顔の男性にはいくつかの共通する特徴があります。