浪人生の男性を好きになってしまった時の対処法8選!勉強と恋愛を両立させられる恋をしよう!について
人はどのタイミングでどのような人を好きになるかわかりません。

ふとした瞬間に恋に落ち、自分や相手の都合とは関係なく恋心を抱いてしまうものです。

時には勉強で忙しい浪人生の男性を好きになってしまうこともあるでしょう。

大切な受験を控えている浪人生の多くは、恋愛をしているほど時間や心に余裕がありません。

しかし、せっかくの出会いを逃すのは惜しいですよね。

浪人生の男性を上手く落とすためには、勉強と恋愛の両立を目指すことがとても大切です。

今回は浪人生の男性を好きになってしまったときの対処方法を詳しく紹介していきます。

浪人生ってなに?

浪人生とは学校を卒業後、一年度以上経過してから新入学しようとする志願者のことを指します。

多くは高校卒業時に進学先が決まらず、次の年度の受験を目指して勉強する人のことをいいます。

一年浪人することを「一浪」、二年浪人することを「二浪」というように年とともに数字が増えます。

浪人生は次の受験に合格できるようにと必死に勉強しているため、時間に猶予はありません。

多くの浪人生は予備校に通っています。

予備校とは入学試験準備のために通う民間が運営する進学塾のような施設です。

予備校は好きな講義を自由に受けることができるため、浪人生によって一日の予定は異なります。

講義のない時間帯は予備校内にある自習室で勉強をし、帰宅後は自宅で勉強する人が多いです。

常に勉強漬けの一日を送っているため、恋愛に興じている余裕がないのが大きな特徴です。

このような浪人生の男性を好きになってしまったときは、恋愛と勉強の両立を目指しましょう。

浪人生の特徴

浪人生の特徴
浪人生の男性との恋愛を発展させるためには、相手の特徴を知ることがとても大切です。

適切な対策を取れるようにするためにも、浪人生の特徴についてきちんと知っておきましょう。

浪人生の世界には、独特な世界があります。

高校生とも現役大学生とも違う立場のため、知らなかったということも多いはずです。

次は浪人生の特徴について詳しく紹介していきます。

変な自信がある

浪人生の男性には、変な自信を持っている人もいます。

勉強漬けの日々を送っているため、漠然とした自信を持ってしまうこともあります。

自信を持つのは悪いことではありませんが、根拠のない自信はただの能天気になってしまいます。

「次こそは受かる」など前向き過ぎることばかり言っている男性には注意が必要です。

他にはプライドの高い浪人生もいます。

「その大学に合格できないわけない」「あの時は体調が悪かっただけ」など自分を肯定化します。

こちらも自分のモチベーションを上げるための気持ちであればいいですが、自分のプライドを守るために強がっているだけでは実力が伴いません。

努力や根拠が伴う自信か、楽観的な考えからの自信かをしっかり見極めるのが重要です。

努力や根拠が伴う自信を持った男性であれば、きっと次こそは合格できるかもしれません。

余裕がない

浪人生の男性には、余裕がないという特徴があります。

毎日勉強漬けのため、遊んだり恋愛をしたりしている心や時間の余裕はまったくありません。

多くの浪人生はアルバイトをせずに勉強だけに集中しています。

朝から晩まで予備校にこもり、帰宅後も食事とお風呂を済ませればまた机に向かい始めます。

浪人生活の間は両親にお世話になっている状態です。

日々の食費や光熱費、家賃はもちろん、高い予備校代を親に出してもらう人も少なくありません。

そのため希望の大学に進学したいという気持ち以外にも、これ以上両親に迷惑はかけられないという思いから追い詰められている浪人生もいます。

多くの浪人生は時間だけでなく、あらゆるプレッシャーや不安によって心の余裕もない状態です。

このような浪人生と恋愛関係になるためには、相手に余裕がないことをきちんと理解しましょう。

どうでもいいことが気になる

浪人生の男性には、どうでもいいことが気になるという特徴があります。

勉強を効率よく進めるためには、ただ机に向かうだけでなく集中して勉強に励むことが大切です。

しかし、浪人生のなかには集中力に欠けている人もいます。

浪人生に限らず、興味のないものに集中して取り組むというのは多くの人にとって苦行です。

勉強中に集中力が切れてしまうとどうでもいいことが気になりはじめてしまいます。

たとえば部屋の片づけをしはじめたり、しばらく読んでいなかった漫画が読みたくなったりなど、今やらなくてもいいようなことが気になりはじめ、その欲求を満たさないと満足できなくなります。

「浪人生なら勉強しなきゃ!」と思うかもしれませんが、それは本人が一番わかっています。

ですが浪人生だからといって高い集中力の持ち主とは限りません。

このようなタイプの浪人生は勉強が難航し、思うように結果を得られない傾向にあります。

他の人よりも覚えるのに時間がかかるため、より余裕がなくなってしまいます。

疲れている

疲れている男性
浪人生の男性には、疲れている方もたくさんいます。

常に勉強漬けのため、気持ちをリフレッシュしたりリラックスしたりする時間がほとんどありません。

もちろん24時間勉強しているわけではありませんが、常に気を張っている状態です。

休息を取るにしても疲れた脳を休めるためのものであり、遊んだり恋愛したりするのとは違います。

浪人生には勉強疲れの他にも不安疲れ、プレッシャー疲れなどの気持ち的な疲れがあります。

「また落ちたらどうしよう」「次失敗したら後がない」など将来に対して大きな不安を抱えています。

このような気持ち的な疲れは浪人生活がはじまってから志望校に合格するまで続きます。

効率よく勉強し、合格への道を開拓するためには自分の気持ちをコントロールするのも大切です。

そのため多くの浪人生は勉強疲れだけでなく、気持ち的にも大きな疲労感を抱えています。

生活習慣が乱れがち

浪人生の男性には、生活習慣が乱れがちな特徴があります。

高校生であれば登校時間や時間割などが決まっているため、毎日規則正しい生活ができます。

しかし、浪人生には高校時代のような時間的拘束がありません。

よく言えば自由に生活ができますが、効率よく勉強する予定を自分で考える必要があります。

ひとたび予定組みを失敗していまうと生活習慣が乱れ、昼夜逆転した生活を送ることになります。

特に夜は徹夜をして勉強する浪人生も多く、朝起きれずに生活リズムが狂ってしまいます。

恋愛においては不規則な生活を送る彼に合わせるのはとても難しいでしょう。

いつどこで勉強しているのか予測しづらいため、連絡を取ることさえも躊躇ってしまいます。

効率よく勉強するためにも規則正しい生活習慣を身につけることが非常に重要です。

楽な方に流れやすい

浪人生の男性には、楽な方に流されやすいという特徴があります。

勉強に追われ我慢ばかりの日々を過ごしているため、楽な方に流されやすい傾向があります。

自分は勉強漬けの毎日を送っているのに、同級生たちはキャンパスライフを満喫していたり、就きたかった仕事に汗を流していたりと充実した日々を送っています。

キラキラ輝く同級生たちを羨ましく思ってしまうのも仕方ありません。

「たまには息抜きしようよ」と同級生たちに誘われればついつい甘いお誘いに流されてしまいます。

これと同様に恋愛においても彼女から甘いお誘いを受けるとつい流されてしまう傾向があります。

そのため恋愛に夢中になりすぎて再び浪人することに…というケースも少なからず存在します。

浪人生の男性と付き合う際は、彼にとって何がベストかを一緒に考えて我慢することも重要です。

プライドが高い

浪人生の男性には、プライドが高いという特徴があります。

その背景には「浪人生」という一度失敗した経験を隠したいという劣等感がある場合もあります。

浪人生になるということは、受験に失敗したということです。

もともと男性はプライドの高い生き物ですから、この失敗経験は大きな衝撃になったでしょう。

周囲から馬鹿にされたくない、もう二度と失敗したくないと高いプライドを持つようになります。

目標に向かって懸命に努力するのはプラスですが、なかには世間体ばかり気にする人もいます。

世間体ばかりを気にする人は集中力が散漫になり、結局勉強にも身が入らないことが多いです。

他にもプライドが高い人は、やたらと形から入ろうとする傾向があります。

終わらないうちに参考書を買い足したり、やたらと徹夜をして勉強しようとしたりします。

これは勉強を頑張っているアピールをし、万が一受験に失敗しても周囲から「頑張ってたのに惜しかったね」とひとまず頑張りを認めてもらえるように予防線を張っているのです。

精神的に強くなれることも

浪人生の男性には、精神的に強くなれる特徴があります。

受験に失敗するということは、人生において大きな挫折経験になるでしょう。

一度の挫折で不貞腐れるようであれば成長するのは難しいでしょうが、大きな挫折を経験することでやる気に火がつき、今まで以上にストイックに頑張りはじめる男性もいます。

このように大きな挫折経験は、その人を精神的に強くしてくれる可能性があるのです。

浪人生活のなかには甘い誘惑やプレッシャー、不安などあらゆるものが渦巻いています。

その一つひとつと向き合い、自分自身の力で合格までの道筋をつくっていかなければなりません。

高校を卒業後は一日のスケジュールも気持ちの切り替えもすべて一人で行っていきます。

過酷な生活を過ごしていくうちに、自分の感情を上手くコントロールできるようになったり、効率的な方法を考えられるようになったりと精神的に強くなることもあります。

楽観的

浪人生の男性には、楽観的な考えを持つタイプの人もいます。

楽観的な浪人生は受験に失敗したことについてあらゆる言い訳をつけて自分を正当化します。

たとえば「部活が忙しくて勉強ができなかった」「受験日当日に体調が悪かった」などいろいろな言い訳をつけて「でも一年間勉強すれば合格できるだろう」と浪人生活を楽観視しています。

浪人生活は高校生活と異なり決まった時間割がありません。

自分の能力に合わせて予備校の講義を受けたり、必要な参考書を解いたりする必要があります。

よく言えば自由に勉強ができますが、一方ですべてを自分でコントロールする難しさもあります。

楽観的な浪人生はそのことに気付かず、浪人すれば合格できると簡単に考えています。

もちろんそんなはずはなく、浪人をしてもきちんと勉強をしなければいい結果を得られません。

誘惑を断ち切れない

浪人生の男性には、誘惑を断ち切れないという特徴があります。

勉強漬けの日々を送っていると、たまには息抜きをしたいと甘い誘惑に流されてしまいます。

もちろん浪人生にも休憩や娯楽は必要ですが、上手くコントロールをする必要があります。

息抜きと称していつまでも遊んでいるわけにはいきません。

効率的に勉強ができないタイプの浪人生には、誘惑を断ち切れないという特徴があります。

実際に浪人生の周囲にはさまざまな誘惑があります。

SNSを見れば同級生が遊んでいる情報が入り、街に出れば楽しそうなもので溢れています。

誘惑に流されるか流されないかは自分が決めるため、意志が弱いとすぐに流されてしまいます。

このような誘惑は浪人生活のなかにずっと存在します。

いくら漫画を捨て、テレビを消し、SNSを退会しても自分から誘惑を探して付いていってしまいます。

誘惑を断ち切るためには確固たる決意を持ち、誘惑に負けないことが最も重要です。

現実逃避しがち

現実逃避
浪人生の男性には、現実逃避しがちという特徴があります。

勉強漬けの日々には面白みなどなく、つい自分にとって都合のいいように解釈してしまいます。

たとえば「テストの結果が悪くても本番までに頑張れば大丈夫」「志望校に入学したらどんなキャンパスライフを送ろうかな」など今向き合うべき課題から目をそらし、楽観的な考えになります。

将来に対して夢や希望を抱くことは決して悪くはないのですが、描くだけでは意味がありません。

それを実現するために日々努力することが何よりも大切なのです。

このように現実逃避ばかりを繰り返していると、結局根本的な問題を解決できないままになります。

受験日直前に慌てて勉強してもいい結果を得ることは難しいですよね。

浪人生には現実逃避をせず、目の前の課題と向き合う意志の強さも大切です。

妥協しない

浪人生の男性には、妥協しないという特徴があります。

多くの浪人生は他に受かった上で第一志望の大学に入学するために浪人生活を選択しています。

つまり自分の目標達成に対して妥協していないのです。

ただ大学に入れればいいわけではなく、明確な目標や理想を持っている人が多い傾向にあります。

妥協のできない人は自分に対しても非常にストイックです。

目標達成のために何をするべきか冷静に分析し、それを達成するためにひたむきに努力します。

このような男性は勉強だけでなく、仕事や恋愛に対しても誠実です。

いい意味で完璧主義者のため、いろいろなことに対して努力や挑戦を尽くすことができます。

一方で少し頑固な性格の持ち主とも言えるかもしれません。

自分がこうだと思ったらとことん追求しようとするため、時には周囲を混乱させることもあります。

目標がある

浪人生の男性には、目標があるという特徴があります。

ほぼすべての浪人生には「第一志望の大学に行く」という明確な目標が存在します。

勉強漬けの日々を送り、並々ならぬ努力を積み重ねているのもすべては合格のためです。

このように熱い想いを抱いている浪人生には、合格以外の目標があるケースも多いでしょう。

たとえば「○○の研究をしたい」「××企業に入社したい」など第一志望合格の先にも明確な目標やキャリアビジョンを描いている人も多く、将来に対してとても真面目に考えています。

明確な目標を持っている人は計画性があるのはもちろん、努力家な性格の持ち主でもあります。

人は目標が明確であればあるほど高いモチベーションを維持し、努力することができます。

たとえ辛いことがあっても目標達成のために頑張ろうと思い、上手く気持ちをコントロールできます。

浪人生にはセルフコントロールがとても重要なため、目標を持つことにも大きな意味があります。

あまり遊ばない

浪人生の男性には、あまり遊ばないという特徴があります。

第一志望校に合格するために浪人の道を選んだ浪人生に遊んでいるヒマはありません。

たまに気持ちをリフレッシュし、脳を休めるために休息を取ることはありますが、現役の大学生や社会人のように決まった曜日に休みがあるわけでもなく、基本的には勉強漬けの日々です。

多くの浪人生は「第一志望に合格しなければ」というプレッシャーを感じています。

もちろんレベルを下げて進学することもできますが、それでは浪人生活の意味がなくなります。

「せっかく浪人生活をさせてもらったのだから、第一志望校に合格しないと!」というのが本音です。

そのために毎日予備校に通い、空き時間は遊ぶ間もなく勉強をしているのです。

甘い誘惑は浪人生にとって大敵です。

本人を思うのであれば誘惑を断ち切り、静かに応援してあげるのが賢明でしょう。

浪人生も恋愛する

浪人生
浪人生は勉強漬けの日々を送っているため、恋愛をしているヒマがありません。

しかし、浪人生だから恋愛をしてはいけないというわけでもないのです。

実際に浪人中に恋人をつくり、恋愛と勉強を両立して第一志望校に合格している人もいます。

浪人生活中の恋愛はその方法さえ誤らなければプラスの効果を期待することもできます。

それでは浪人生との恋愛とはどのようなものなのでしょうか。

次は浪人生の恋愛事情や恋愛心理について詳しく紹介していきます。

恋愛事情

第一志望校合格と恋愛に深い因果関係はありません。

恋人をつくったからといって不合格になるわけでもないですし、恋人をつくらなかったからといって必ずしも第一志望校に合格できるというものでもありません。

そのため浪人生にとって「恋愛=悪」というものではないのです。

しかし、多くの浪人生は「恋愛に現を抜かしていていいのか?」と慎重になってしまいます。

そこにはあらゆる行動に制限をし、我慢をした方が合格に近づけるのではという思いがあります。

確かに勉強をすることは大切ですが、必ずしも我慢をすれば身につくものではありません。

大切なことは勉強と恋愛を上手く両立させることです。

勉強時間が減ってしまうのは恋愛だけに限らず、休憩や食事、入浴なども同じですよね。

つまり恋愛をしたからといって勉強時間が減ってしまうというわけではないのです。

休憩や食事、入浴の時間を上手くコントロールしているように恋愛も工夫すれば問題ありません。

勉強と恋愛を上手く両立している男性は、メリハリのある生活を送っています。

勉強するときは勉強に集中し、彼女との時間は思い切り楽しむことでメリハリがうまれるのです。

ダラダラせずに二人きりの貴重な時間を満喫するからこそ、短時間でも質のいい恋愛を楽しめます。

恋愛心理

浪人生にとって恋愛を楽しむのは悪いことではありません。

上手く勉強と恋愛を両立させれば彼女の存在がモチベーションになり、勉強に身が入ります。

どんなことでも根詰め過ぎるとどこかで歯車が狂ってしまいます。

頑張っても頑張っても結果が出なければモチベーションも下がり、やる気がなくなりますよね。

ふと立ち止まればすぐにわかることでも、根詰め過ぎると視野が狭まり気づきずらくなります。

勉強を頑張ることも重要ですが、少しくらい心に余裕があった方がもっと効率的に頑張れます。

メリハリのある恋愛を楽しむことにより、心に少しだけ余裕を持たせることができます。

勉強に限らず、仕事も同じですがそれだけを長く続けるのは困難です。

恋愛という楽しみを生活の一部に加えることによって、心に余裕ができ視野も広がります。

根詰めることも減れば自分の問題や課題にも気づきやすくなりますよね。

浪人生だからといってあらゆるものを制限し、我慢することだけが正解ではありません。

恋愛は浪人生にとって心理的にプラスの効果をもたらしてくれる可能性も十分にあります。

浪人生の男性を好きになった時の対処法8選

勉強で忙しい浪人生ですが、そんな男性を好きになったときはどう対処すればいいのでしょうか。

普通の恋愛と同じように猛アプローチしてしまうと彼の負担になってしまうこともあります。

浪人生の男性だからこそ気を付けるべきポイントがたくさんあります。

いい恋愛に繋げるためにも押すだけのアプローチではなく、引くアプローチを身につけましょう。

最後は浪人生の男性を好きになったときの対処法について詳しく紹介していきます。

程よい距離感

浪人生の男性を好きになった場合は、程よい距離感を保つようにしましょう。

彼のことが好きだからといって猛アプローチしてしまうと、彼の負担になってしまう可能性があります。

浪人生にとって最も重要なのは、第一志望校に合格することです。

恋愛はついでというわけではありませんが、あなたよりも大切であることは間違いないでしょう。

上手く付き合えても勉強を理由にデートを断られることもたくさんあります。

それでも彼に依存せず、程よい距離感を保ちながら彼を応援してあげることがとても重要です。

そのため自分から積極的に連絡をするのは控え、彼からの連絡を待つようにしましょう。

彼の集中力を切らさないためにも、相手の生活リズムに合わせてあげることが大切です。

なかなか恋愛関係が進展せず、歯がゆい思いもありますが焦らずに彼を見守ってあげましょう。

刺激を与えない

浪人生の男性を好きになった場合は、刺激を与えないようにしましょう。

勉強に集中しなければいけない浪人生にとって集中力を切らす誘惑や刺激は大敵です。

たとえば「私よりも勉強が大切?」「もっと会いたいよ」など誘惑したり刺激するような発言は彼を困らせるだけでなく、勉強に対する集中力も切れてしまいます。

浪人生にとって最も重要なのは第一志望校に合格することです。

それをきちんと理解していれば、なかなか連絡がこなくても不安になる必要はないですよね。

彼だってあなたに会いたいと思っているはずです。

しかし、また浪人生にならないためにもこの一年を全力で頑張らなければならないのです。

思うように勉強が進まず、結果が出なければさらに自分を追い込み勉強しなければなりません。

当然そうなればあなたと会える時間や連絡の頻度も減ってしまうでしょう。

彼の勉強を応援するのは彼のためだけではなく、あなたのためでもあります。

二人が思い切り恋愛を楽しめる日を迎えるためにも彼に刺激を与えないようにしましょう。

意見を尊重してあげる

浪人生の男性を好きになった場合は、相手の意見を尊重してあげるようにしましょう。

勉強漬けの日々を送っている浪人生にとって、デートの時間は貴重な息抜きでもあります。

自分が楽しむことばかりを考えて行動してしまうと、結果として彼に負担をかけてしまいます。

男性にリードしてもらいたいところではありますが、自分でプランニングすることも大切です。

二人だけのラブラブな時間を楽しむというよりは、彼にとっていい息抜きの時間になるように工夫することで彼にとっても楽しめる時間になるでしょう。

他にも彼の勉強を優先してあげることも重要です。

予備校や模擬試験の予定を尊重し、彼の予定に合わせてあげるようにしましょう。

お互いを高め合う

浪人生の男性を好きになった場合は、お互いに高め合える関係性を目指しましょう。

勉強漬けの日々を送っている浪人生は、常にピリピリとした雰囲気に包まれています。

そのような彼へ一方的に「頑張れ!」と応援するだけでは、いい関係は築けないでしょう。

すでに頑張って勉強をしている彼にとってはプレッシャーになってしまいます。

言葉も大切ですが、お互いを高め合える関係性を構築することが何よりも重要です。

お互いを高め合える関係になるためには、努力や頑張りを共有することが効果的です。

あなた自身も何か目標を設定し、二人で努力を重ねることで高め合える関係になれるでしょう。

相談に乗る

相談に乗る
浪人生の男性を好きになった場合は、相手の相談に乗るようにしましょう。

試験へのプレッシャーや勉強疲れなど浪人生はさまざまな悩みを抱えています。

彼の負担を少しでも軽減してあげるためにも相談に乗ってあげることが大切です。

積極的に声をかけ、アドバイスをするのではなく、彼の心に寄り添うようにしてあげましょう。

相談に乗る際のポイントは、ただ彼の話を聞いてあげることです。

浪人生ではないあなたに具体的なアドバイスをされたらプライドが傷ついてしまうこともあります。

彼のプライドを傷つけないためにも「大変だね」「頑張ってるんだね」など相手の思いに共感し、努力を認めてあげることで彼の不安やストレスを軽減することができます。

なるべく割り勘

浪人生の男性を好きになった場合は、なるべく割り勘にするようにしましょう。

アルバイトをしているヒマのない浪人生にとって、デートの出費は大きな痛手となってしまいます。

通常であれば男性が奢ってくれることの方が多いですが、それは彼にとって負担になります。

彼の金銭的な負担を軽減するためにも、デートのお金はなるべく割り勘にすることが大切です。

彼から割り勘を切り出すのは難しい可能性があるため、あなたから割り勘を提案しましょう。

そうすれば彼も遠慮なく割り勘しやすくなりますし、金銭的な負担を軽減することができます。

他にもなるべくお金がかからないデートプランを提案することも必要です。

割り勘でも高価なディナーなどは結局負担になってしまうため、リーズナブルなデートをしましょう。

癒す

浪人生の男性を好きになった場合は、彼を癒してあげる存在を目指しましょう。

勉強漬けの日々を送っている浪人生は、心も体もボロボロな状態で癒しを求めています。

疲れた心や体を癒してあげるために努力することが大切です。

彼を癒すためにはいつもニコニコとした笑顔を保ち、彼の心に寄り添ってあげるようにしましょう。

笑顔はどんな人に対しても好印象を与えます。

ニコニコされて嫌な気持ちになることはほとんどないですよね。

他にも彼の話を落ち着いて聞き、愚痴や不安のはけ口として受け止めてあげることも重要です。

的確なアドバイスをするよりも、笑顔で聞いてあげる方が彼の心を癒してあげられます。

プライドを傷つけない

浪人生の男性を好きになった場合は、彼のプライドを傷つけないように注意しましょう。

一度受験に失敗した経験を引きずっている浪人生もいます。

あなたがキャンパスライフを満喫していたり、仕事が順調に進んでいたりする話を聞くと、彼のプライドが傷ついてしまう可能性があります。

あなたにとっては日常の会話でも、場合によっては自慢のように聞こえてしまうこともあります。

勉強疲れでピリピリしていることもあるため、普通の会話にも注意が必要です。

彼のプライドを傷つけないためには会話の内容に気を付けるだけでなく、彼の頑張りを認め、褒めてあげることも重要です。