独身の時にしかできないこと15選!結婚する前にやっておきたいことリストを作って人生をより充実させよう!【恋愛編/友達編】について
結婚を夢見る女性も多いですが、独身時代には独身のときにしかできないことがたくさんあります。

将来のことを不安視している間に、貴重な独身時代を無駄にしていませんか?

結婚をして手に入れられる幸せもあれば、独身時代にしか味わえない幸せもあります。

せっかくなら独身時代にしかできないことを満喫してから結婚したいですよね。

今回は独身のときにしかできないことについて詳しく紹介していきます。

結婚する前にやっておきたいことをリスト化し、人生をより充実させましょう。

独身でいるメリットとデメリット

結婚適齢期を迎えると周囲から「いつ結婚するの?」という無言の圧力を感じるようになるでしょう。

なかには直接結婚の有無について言及してくる人もいますよね。

しかし、独身でいるのが悪いというわけではありません。

独身時代には独身のときにしかできないことがあり、人生に潤いや刺激を与えてくれるでしょう。

この貴重な時期を無駄にするのはとてももったいないですよね。

独身時代にしか味わえないメリットを知ることで結婚後に後悔するのを回避できるでしょう。

一方、独身であり続けることにもデメリットがあります。

縁と出会いに身を任せ、結婚の機会を待ち続けるのもいいですが、後悔しないようにデメリットを知っておくことが大切です。

次は独身でいるメリットとデメリットについて詳しく紹介していきます。

メリット

独身時代が長く続くと、周囲から結婚を急かされることもありますよね。

愛する人と結婚するのも素晴らしいことではありますが、必ずしもそれが正解とは限りません。

独身時代にはそのときにしか味わえない魅力やメリットがたくさんあります。

将来、結婚を希望している方も独身でいるメリットを知ることで独身時代を満喫することができます。

結婚後に「あれをしておけばよかった」「これをしておけばよかった」と後悔しないためにも、独身時代にしかできないことを思う存分満喫することがとても大切です。

それでは独身でいることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは独身でいることのメリットについて詳しく紹介していきます。

趣味を楽しめる

独身でいるメリットのひとつは、趣味を楽しめるということです。

結婚をするとパートナーと共にする時間が長くなり、趣味に費やせる時間が減ってしまいます。

趣味を満喫するためには、時間だけでなくお金も必要です。

いくら共働きといっても二人の将来のために貯金をしたり、投資をしたりするお金がいりますよね。

場所を必要とする趣味であれば、部屋の決め方、部屋の割り振りなども相談する必要があります。

独身であれば自分の好き勝手に決められますが、夫がいればそう簡単にはできません。

個人的な趣味であっても時には相手の許可や理解を得る必要があります。

場合によっては趣味を制限したり、我慢したりしなければいけないこともあります。

このようなことから、好きな趣味を思う存分楽しめるのは独身の特権ともいえるでしょう。

特にお金や時間がかかる趣味の場合は結婚後に継続するのが難しくなります。

結婚後に後悔しないためにも、独身のうちに好きな趣味を思い切り満喫しておきましょう。

お金を自由に使える

独身でいるメリットのひとつは、お金を自由に使えるということです。

結婚をすると共働きであってもある程度お金に制限がかかるようになります。

夫婦の財布が別の場合、生活に必要なお金を項目ごとに割り振ることが多い傾向にあります。

たとえば食費と光熱費は自分、家賃と日用雑貨費は夫などという具合です。

夫婦の財布が共有の場合、お小遣い制の夫婦が多いでしょう。

毎月決まった金額のお小遣いを与えられ、それ以外は家庭のお金のとして管理されます。

どちらにせよ独身時代と同じようなお金の使い方はできません。

高額なものを購入する際は夫婦で話し合い、相手の理解と許可を得る必要があります。

これまで自由にお金を使ってきた方にとっては窮屈に感じられるかもしれませんね。

夫婦の間に子供ができれば、使えるお金はさらに制限されるでしょう。

自分で稼いだお金を自由に使えるのは独身時代だけです。

お金を自由に使える独身のうちに、結婚後は経験できないような贅沢を楽しんでおきましょう。

自由時間が多い

独身でいるメリットのひとつは、自由時間が多いということです。

結婚をするとパートナーと過ごす時間が増え、自然と一人の時間が減ってしまいます。

愛するパートナーと過ごす日々も楽しいですが、たまには自由に過ごしたくもなりますよね。

まとまった時間だけではなく、ちょっとした感覚のズレがストレスになることもあります。

たとえば結婚をすると食事やお風呂、寝る時間などをパートナーと合わせるようになります。

これまでは自分のタイミングで生活していましたが、お互いの協調性が求められます。

大きな問題ではないように思えますが、それを毎日続けていると少しずつストレスになります。

完全に自由な時間を満喫できるのは独身時代だけです。

結婚後に子供ができればさらに自由時間はなくなっていきます。

毎日子育てや仕事、家事などに追われ、趣味にあてる時間もどんどん無くなっていくでしょう。

パートナーのいる生活、子供のいる生活にしかない幸せもありますが、独身時代にしか味わえない自由さや幸せもあります。

出会いの場へ行ける

出会いの場
独身でいるメリットのひとつは、出会いの場へ行けるということです。

結婚をすると夫だけを愛さなければいけないため、出会いの場へ行くこともできません。

恋愛を楽しめるのは独身時代だけであり、結婚をしたらもう二度と別の人とは恋愛できません。

結婚後に「もっと恋愛を楽しめばよかった」と後悔しないためにも恋愛を満喫しましょう。

出会いの場へ行くことには二つのメリットがあります。

ひとつは生涯を共にする最愛のパートナーと出会うきっかけをつくれるということです。

いくら結婚を夢見てもパートナー候補と出会えなければ夢を叶えることはできません。

積極的に出会いの場へ行くことで、自分の理想に適した男性と出会える可能性が高まるでしょう。

もうひとつは単純に恋愛を楽しめることです。

男性が変われば同じ恋愛は二度とありません。

出会いの場で出会った男性の数だけ新しい恋愛があり、それぞれ異なる楽しみがあります。

刺激的な恋愛、心落ち着く恋愛、夢中になる恋愛などさまざまな種類の恋愛を楽しめるのは独身時代だけです。

結婚後に後悔しないためにも、独身のうちにいろいろな恋愛を楽しんでおきましょう。

デメリット

独身には独身ならではのメリットがある一方、少なからずデメリットも存在します。

将来的に結婚を考えている方も考えていない方も独身であり続けるデメリットを知っておきましょう。

デメリットを知ることで自分の人生プランを練り直し、より幸せに近づくことができます。

次は独身でいるデメリットについて詳しく紹介していきます。

寂しい時がある

寂しい
独身でいるデメリットのひとつは、寂しいときがあるということです。

いくら趣味や仕事が充実していても、ふとした瞬間に孤独な寂しさを感じることがありますよね。

幸せにはそれぞれ異なる種類や形があり、恋愛の寂しさは恋愛でしか埋めることができません。

趣味や仕事が充実していても、恋愛や結婚の代わりにはならないのです。

特に気持ちが疲れていると人肌恋しくなり、寂しさも増幅してしまいます。

こんなときにそっと寄り添ってくれる恋人やパートナーがいたら…と思うこともありますよね。

独身でいる時間が長ければ長くなるほど、このような漠然とした寂しさを感じる機会が増えます。

なかには老後のことや孤独死など遠い将来について心配する人もいます。

好きな人と一緒にいたいから結婚するという人もいますが、寂しさを埋めるため一緒にいて安心できる男性と結婚したいと願い女性もいるでしょう。

寂しいという感情が結婚に対して前向きな気持ちにさせてくれることもあります。

病気の時が心配

独身でいるデメリットのひとつは、病気のときが心配ということです。

病気はある日突然襲ってくるため、事前に準備をしておくことがなかなかできません。

結婚し、パートナーがいればすぐに頼り、協力してもらうこともできますが独身では難しいでしょう。

体が弱ると心まで弱ってしまうので、病気をきっかけに寂しさや心細さを感じる女性もいます。

特に仕事を休職しなければいけないほどの病気になると大変です。

収入が激減し、貯金を切り崩しながら療養しなければならない…という事態も十分に考えられます。

結婚をしていれば保険に加入している人も多いですが、独身だとまだまだ未加入の方も多いです。

パートナーがいれば少なからず金銭的な援助も受けられるでしょう。

独身でいるデメリットは寂しさだけでなく、金銭的な問題などにも大きく関わってきます。

困ったときに頼れる相手がいないというのは大きなデメリットであり、克服するのも難しいでしょう。

一度、生涯独身を決意した女性でも中年くらいになり、健康問題を感じるなかで結婚の必要性を実感する方も少なくありません。

友達が結婚すると焦る

独身であるデメリットのひとつは、友達が結婚すると焦るということです。

充実した独身生活を送っていても、親しい友達がどんどん結婚していくと焦ってしまいますよね。

独身生活を満喫していても、親しい友達の幸せそうな姿を見れば羨ましく思ってしまうものです。

まだ結婚に対する気持ちが固まっていないため、漠然とした不安や焦りだけが募ってしまいます。

他にも親や親戚、結婚した友達からのプレッシャーもあるでしょう。

「まだ結婚しないの?」「結婚したら幸せだよ」など「結婚=幸せ」という考えを突きつけられます。

明確な人生プランがある人にとっては迷惑な話としてスパッと割り切れますが、独身と結婚の間で揺れ動いている人にとっては大きなプレッシャーになってしまいます。

結婚すればそのようなプレッシャーを受けずに済みますが、結婚は焦るものではないですよね。

自分のタイミングがあるのであれば、周囲に流されずに固い意志を貫きましょう。

独身の時にしかできないこと

結婚をすれば結婚生活にしかない幸せを手に入れることができます。

一方、独身時代にも独身のうちにしかできないことや幸せがたくさんあります。

結婚後に「あの時もっとこうしておけばよかった」と後悔しないためにも、独身のうちにしかできないことを思い切り満喫し、満足した後に結婚するのもいいでしょう。

それでは独身のときにしかできないことにはどのようなものがあるのでしょうか。

次は友達編と恋愛編の二つに分けて独身のときにしかできないことについて詳しく紹介します。

友達編8選

結婚には結婚でしか手に入れられない幸せがあります。

その一方で結婚と同時に制限や我慢をしなければいけないこともたくさんあります。

どちらが幸せかというのではなく、どちらにもメリットやデメリットが存在するのです。

いい結婚生活を送るためには、独身時代を心ゆくまで満喫することが重要です。

独身時代を満喫することでひとつの区切りができ、次のステップへ進みやすくなります。

結婚後に困難があったとしても、頑張り時だと割り切って困難に立ち向かうことができるでしょう。

いい結婚生活を送るためにも後悔のない独身時代を過ごすことが重要です。

まずは友達と一緒にやっておきたいことについて詳しく紹介していきます。

旅行

旅行
独身のときにしかできないことのひとつは旅行です。

結婚して子供ができると金銭的にも時間的にも旅行に行きづらくなってしまいます。

独身であればひとり分の旅費で済みますが、結婚後は夫と子供の人数分だけ旅費が増えます。

さらに子供が小さいうちは飛行機や新幹線の問題などがあり、移動距離にも制限がかかります。

子供たちが成長した後も自分だけではなく、家族が楽しめる旅行計画を立てなければなりません。

自分の好みに合わせて自由に観光できるのは独身時代だけでしょう。

特に海外旅行は行きづらくなってしまいます。

移動距離も長く、旅費も高いためハネムーン以降海外旅行に行けない夫婦も少なくありません。

金銭的にも時間的にも自由の利く独身時代は、海外旅行を中心に巡ってみるのもいいでしょう。

さまざまな国を巡り、ここでしかできない体験をするのも貴重な時間です。

他にも留学に挑戦するのもいいでしょう。

留学はまとまった時間が必要なため、結婚後に実践するのは難しくなってしまいます。

語学を身につけたい、異文化交流をしたいという方は結婚前に留学するのがおすすめです。

勉強のためだけでなく、旅行目的も兼ねて満喫している人もたくさんいます。

合コン

独身のときにしかできないことのひとつは合コンです。

結婚をしたら夫だけを愛さなければいけないため、男女の出会いの場に行くのはご法度です。

既婚女性が後悔するもののなかでも合コンや飲み会はかなりの割合を占めています。

「もっと恋愛を楽しんでおけば」「積極的に合コンに行っておけば」と後悔しているのが本音です。

当然ながら結婚をすると一気に出会いの場から遠ざかってしまいます。

男性との関わりが極端に減り、女性としての価値を見出せず悩んでしまう女性もいます。

結婚後は結婚したからと割り切らなければいけませんが、結婚前であればいくらでも遊べます。

独身時代は人生のなかで最も自由度の高い時間です。

合コンへ参加し、いろいろな男性と恋愛を楽しめるのは限られた極わずかな時間だけです。

その貴重な時間を楽しまないのはもったいないですよね。

せっかくなら独身時代に積極的に合コンへ参加し、いろいろな男性と恋愛を楽しんでみましょう。

そのなかで理想の男性と出会えるかもしれません。

思い切り楽しみ、そこで理想のパートナーと出会えたら一石二鳥ですよね。

限りある時間だからこそ、後悔しないように思い切り楽しむことが大切なのです。

女子会

女子会
独身のときにしかできないことのひとつは女子会です。

好きな時間に好きなだけおしゃべりに花を咲かせていられるのは独身時代だけです。

結婚をすると生活の中心がパートナーとの時間になってしまいます。

一緒に食事をし、くつろぎ、眠るというのが一般的な結婚生活のため自由に制限がかかります。

特に女性は多くの家事を担っているため、誘う側も遠慮してしまいます。

こちらに問題がなくても「いつも連れまわしてたら悪いな」と女友達の方が遠慮してしまうのです。

そこに子供が生まれればさらに時間やタイミングに制限がかかります。

基本的に子供中心の生活になるため、上手く都合を合わせても2~3時間くらいが限界でしょう。

子供が小さいうちはオシャレなカフェや居酒屋で女子会を開くことも難しくなります。

結婚や出産を機に友達との距離が遠くなってしまったと感じる女性も少なくありません。

お互いの都合だけを合わせ、自由に飲んだりおしゃべりしたりできるのは独身時代だけです。

遊び残しをしないためにも、独身時代にこそ思い切り遊ぶことが重要です。

満足するまで遊んでおけば、結婚や出産後のストレスを軽減することができます。

高価な買い物

独身のときにしかできないことのひとつは高価な買い物です。

自分のお給料を自分のためだけに使えるのは独身時代に限ります。

結婚をすればお互いの将来のために貯金をしなければなりませんし、そのために欲しい物ややりたいことを我慢しなければいけないこともたくさんあります。

特に子供が生まれると出費が一気に増えます。

女性は産前、産後はしばらく働けないため世帯収入もガクッと下がってしまうでしょう。

夫のため、子供のために欲しい物を我慢している方がほとんどです。

高価な買い物はほとんどできないと考えてもいいでしょう。

お金や時間がある独身時代にこそ、好きなものや高価なものを思い切って買っちゃいましょう。

服やバッグであれば結婚後でもしばらく使い続けることができます。

男友達とデート

独身のときにしかできないことのひとつは男友達とのデートです。

結婚後は夫以外とデートできなくなってしまうため、独身時代に男友達のとデートを楽しみましょう。

結婚をすると恋愛や交友関係にもさまざまな制限がかかります。

男性と恋愛関係になるのは不倫になりますし、浮気を疑われる行動も控える必要があります。

いくら友達であっても男性と会う場合は二人きりになるのは避け、複数人で会う方が安心です。

このように交友関係のあり方にも変化が生じるため、息苦しさを感じるかもしれません。

男友達とデートを楽しめるのは独身時代だけです。

ちょっと小悪魔的でスリリングな恋愛を楽しめるのも独身のうちだけなので、思い切り楽しみましょう。

夜遊び

独身のときにしかできないことのひとつは夜遊びです。

夫婦二人であれば友達と居酒屋に行くこともできますが、朝まで遊び倒すのは難しいでしょう。

結婚後は夫婦の生活を大切にしなければいけないため、夜遅くまでの外出は好ましくありません。

遊びに行ったとしても頻度を抑え、家庭を第一に考えることが重要です。

子供が生まれればさらに夜遊びに行きづらくなってしまいます。

ちょっと居酒屋で女子会といっても子供の食事や寝かしつけなどがあるので行けません。

旦那さんに面倒を見てもらうといっても、毎週末お願いするのは気が引けてしまいますよね。

なにより子供との時間が少なくなってしまい、コミュニケーション不足が心配になります。

このように結婚後は子供がいてもいなくても夜遊びがしづらくなります。

結婚後に後悔しないためにも独身時代に思い切り夜遊びを楽しんでおきましょう。

ライブ

独身のときにしかできないことのひとつはライブです。

好きなアーティストのライブに行くためにはお金も時間もかかりますよね。

結婚をすれば少なからず金銭的にも時間的にも制限がかかります。

ライブだけでなく、グッズを集めたりファンクラブに入ったりするのも難しくなることもあります。

特に地方公演まで遠征していた方は遠征の回数を控える必要が出てくるかもしれません。

チケット代だけでなく、宿泊費や交通費もかかるため簡単には行けなくなってしまいます。

他にも子供が生まれたら月に何度もライブに行くのは難しいでしょう。

旦那さんに面倒を見てもらっても地方公演まで行くのは難しいため距離に制限がかかります。

自由にお金や時間を使える独身のうちにいろいろなライブに行っておくのがおすすめです。

クラブ

独身のときにしかできないことのひとつはクラブ遊びです。

クラブは男女の出会いの場にもなるため、結婚後は控えた方がいいでしょう。

男性のなかには奥さんのクラブ遊びをよく思わない人もたくさんいます。

若い頃遊んでいた男性ほどクラブの内容を知っているため、奥さんには控えて欲しいのです。

他にも子供が生まれれば簡単には遊びに行けなくなってしまいます。

基本的にクラブは夜から朝方にかけて営業しているため、子供を残して行くわけにはいきません。

夜遊びと同様に家族を第一に考えるのであれば結婚後は控えた方がいいでしょう。

なかなか遊びに来れなくなるからこそ、独身のうちに思い切り羽を伸ばしておくことが重要です。

恋愛編7選

独身時代には遊ぶだけでなく、結婚に向けての努力をすることも重要です。

いざ結婚をしようと思っても、何の準備もできていなければ心もとないですよね。

いい恋愛を成功させるためには、事前準備も重要です。

そういう意味では独身時代にやっておくべきことは、友達編と恋愛編とでは大きく異なります。

最後は独身時代にやっておくべきことの恋愛編について詳しく紹介していきます。

料理の練習

料理の練習
独身時代にこそ料理の練習をしておきましょう。

これまで料理をしてこなかった人が結婚と同時に料理ができるようになるわけではありません。

旦那さんに美味しい料理を振舞うためには、独身時代から料理の練習をしておきましょう。

とはいえ、レストランで提供されるような本格的な料理でなくても構いません。

多くの男性は素朴で、家庭的な料理を好む傾向にあります。

肉じゃがを得意料理として挙げる女性に好感が向けられるのもそういう背景があるからです。

レシピアプリやサイトから勉強する以外にも料理教室に通ってみるのもいいでしょう。

最近では独身男性も料理教室に通っているため、素敵な出会いに巡り合えるかもしれません。

料理の腕も上達し、いい出会いにも巡り合えれば一石二鳥ですよね。

色々な人と付き合う

独身時代にはいろいろな人と付き合うようにしましょう。

恋人はもちろん、友達関係も幅広い方と付き合うことでいろいろな感性に触れられます。

結婚をすると恋愛をする機会もなくなり、友達のコミュニティも限られるようになります。

新しいコミュニティもできますが、独身時代と比較するとそれほど広くはないでしょう。

いろいろな人と付き合うということは、それだけいろいろな人の感性とも触れられるということです。

なるべくいろいろな人の感性に触れることによって、さまざまな刺激を受けられます。

恋愛にしても、友達にしても幅広いタイプの人と付き合えばいろいろな価値観を見られるでしょう。

その経験は結婚後にもきっと役立つはずです。

街コン

独身時代には積極的に街コンに参加してみましょう。

街コンは一度にいろいろな男性と出会うのにピッタリな場所です。

恋人探しに限らず、男友達を増やす意味でも効率的に人脈を広げることができます。

いざ結婚しようとしても、相手がいなければなかなか上手くいきませんよね。

独身時代から出会いのきっかけをつくっておくことで、結婚にも結び付きやすくなります。

付き合う男性が異なれば、経験できる恋愛も異なります。

早い段階からいろいろな形の恋愛を経験しておくことで、自分の理想の相手が見つかるでしょう。

男性を見極める目を養うこともできるため、恋愛の経験値を上げられるよう励みましょう。

海外旅行

独身時代には積極的に海外旅行に行ってみましょう。

結婚をすると時間的にも金銭的にも制限がかかるため、簡単に海外旅行に行けなくなります。

自分が稼いだお金を自由に使えるのは独身時代の特権です。

特に子供が生まれるとお金や時間の問題だけでなく、移動できる距離も制限されてしまいます。

ハネムーン後はしばらく海外旅行に行けなくなるため、独身時代に満喫しておきましょう。

知らない土地を旅行するといろいろな刺激を受けることができます。

言葉や文化の違いを肌で感じ、新しい価値観を持てるようになるかもしれません。

独身時代にしかできないことをたくさん経験しておくと、結婚後の不満の解消にも繋がります。

自分磨き

独身時代には自分磨きに力を入れてみましょう。

結婚をすると自由な時間が少なくなるため、自分磨きに費やせる時間も制限されてしまいます。

たとえば資格やスキルアップのための勉強をするのもいいでしょう。

結婚後は仕事と家事の両立に忙しく、ゆっくり勉強の時間を持つことも難しくなります。

金銭面的なことでいえば、エステやファッションに投資するのもいいでしょう。

結婚後は金銭的に制限がかかるため、独身時代のように自由にお金を使えなくなります。

自分で稼いだお金を自由に使えるうちにエステやファッションにお金を投資してみましょう。

素敵な自分を手に入れられればそれだけ自信がつきますし、婚活にもいい影響を与えられます。

さらに子供が生まれれば自分磨きどころではありません。

子供中心の生活になってしまうため、キラキラした自分を楽しめるのは独身のうちです。

自分を磨くためだけでなく、キラキラした自分を楽しむためにも自分磨きをしてみましょう。

マッチングアプリ

独身時代にはマッチングアプリで理想の男性を探してみましょう。

何もせずに理想の男性と出会うのはとても難しく、奇跡に等しい確率です。

いい縁を結び、理想の結婚を手に入れるためには自ら行動することも大切なのです。

理想の男性と出会うためにもマッチングアプリを活用してみましょう。

マッチングアプリとは、恋愛や結婚相手を探している男女が利用するサービスです。

自分のプロフィールを登録し、相手からのアプローチを受けることができます。

もちろん、相手のプロフィールをもとにこちら側から理想の男性にアプローチすることもできます。

出会い系にも似ていますが、きちんとした企業が運営しているアプリもたくさんあります。

お洒落

独身時代にはお洒落を思い切り楽しみましょう。

結婚をすると金銭的に制限がかかるため、お洒落にお金をかけづらくなってしまいます。

好きなブランドの洋服やバッグを買ったり、エステに通ったりできるのは独身の特権です。

自分のお金を自由に使えるうちに思い切りお洒落を楽しみましょう。

子供が生まれたらさらにお洒落から遠退いてしまいます。

すぐに走れるようにパンツスタイルばかりになったり、時間がなく美容室に行けなかったりもします。

それは母になった誰しもが通る道です。

独身時代にお洒落を満喫しないと、子供ができてから後悔してしまうことがあります。

結婚後に後悔をしないためにもできるときにお洒落を楽しみましょう。

やりたいことをまとめて独身を楽しむ為のマイリストを作っちゃおう!

独身者は周囲から結婚を急かされることもありますが、独身のうちにしかできないこともあります。

結婚後に「あれもしたかった」「これもしたかった」と後悔しないようにすることが大切です。

そのためには独身のうちにやりたいことをまとめ、独身を楽しむためのマイリストを作りましょう。

やりたいことを思うがままに書き出し、それを実行していくことで独身生活を満喫できます。

充実した独身生活を送った女性は、結婚後の生活に不満を持ちにくくなります。

幸せな結婚生活を手に入れるためにも、充実した独身生活を楽しみましょう。