ロマンティックな男性の特徴6個!そんな男性と付き合った場合のメリットと注意点について
ロマンティックなことを好むのは女性ならではと思っている人もいるかもしれませんが、実は男性も非常にロマンティックな生き物なんです。

もともと男性は妄想や空想に思いを馳せる傾向があり、恋愛においてもいろいろな理想や想像を持っています。

ロマンティックな男性と付き合えば、きっといつまでもときめきを持てるような恋愛ができるのでは?と期待も膨らみますよね。

しかし、ロマンティックな男性にはメリットもあれば注意点もあります。

今回はそんなロマンティックな男性の特徴と付き合う場合のメリットや注意点について詳しく紹介していきます。

女性より男性の方がロマンチストが多い?

多くの男性は「女性はロマンチストだな」と思っていますが、実は女性よりも男性の方がロマンチストが多い傾向にあるのをご存知でしょうか。

恋愛ドラマや漫画を好む女性が多いため、ロマンチストは女性が多いと思いがちです。

しかし、実際には女性の方が恋愛にドライな部分を持っている生き物なのです。

一方、男性は恋愛にロマンティックな展開や希望を持ちやすい傾向にあり、女性よりも夢見がちな人がたくさんいます。

それでは男女でのロマンチストの違いには、どのような特徴があるのでしょうか。

まずは男女の大きな特徴について詳しく紹介していきます。

女性は現実的

女性にはリアリストが多く、物事の考え方が非常に現実的です。

もちろん、ロマンティックな状況やシチュエーションに憧れを抱くことはあります。

恋愛ドラマや漫画を見て「いつかこんな素敵な男性と出会えたらいいな」「私もあんなお姫様みたいになりたいな」という気持ちになることもあるでしょう。

しかし、それは単なる希望であって、それが現実的でないとしっかり理解しています。

そのため現実世界で白馬に乗った王子様やツンデレな御曹司を探すことはありません。

将来的には結婚もしたいし、子供も欲しい。

そのためにはいつまでも夢を見ているわけにはいかず、自分の身の丈に合った男性を探すのです。

彼氏にロマンティックなシチュエーションを用意してもらったときも、ロマンティックなシチュエーションよりもそれを用意してもらえたことに感動します。

綺麗な夜景を見ているシチュエーションに満足し、実は夜景には興味がないものです。

女性が計算高く、リアリストであると言われるのは、このような面を持つからでしょう。

男性は理想を求めやすい

一方、男性は女性よりも理想を追い求めるタイプの人が多い傾向にあります。

よく男性は論理的思考を持つといいますが、それと理想を求めるのとは別問題です。

論理的思考を持っていますが、それはあくまで問題解決における過程に過ぎません。

理想はその上にあり、それをどう掴むかを論理的に考えているだけなのです。

論理的とは必ずしも現実的とイコールの関係にあるとは限らず、論理的な思考であっても非現実なことを目指したり、突拍子もないアイディアを出したりすることがあります。

たとえば「将来は社長になって大金持ちになりたい」という夢を持つとします。

男性は社長になることを目指して勉強をしたり、人脈をつくったりと行動に移します。

しかし、女性は社長になることのリスクや社長になれるまでの過程でどのようなことが必要かをざっくり計算し、それが現実的かどうかをまず判断します。

社長になって大金持ちになることには夢やロマンがありますが、それを実現するまでに多大なリスクがあるのであれば、安定した生活を送りたい女性にとっては非現実的です。

ですが、男性はそのようなリスクを勘定するよりも未来の夢やロマンに魅力を感じ、それを追い求めることにやりがいや生きがいを感じるようになります。

男性が論理的思考を持ちながらも、理想や夢を求めやすいというのは、論理的思考の有無と理想や夢を求めることが必ずしもイコールの関係ではないからです。

恋愛にはある程度のロマンティックが必要

年齢を重ねていくと恋愛に対する夢や希望が薄くなっていきます。

特に女性は出産や育児というタイムリミットがあるため、現実的になりやすいのです。

しかし、恋愛にロマンティックを求めるのは決して無駄なことではありません。

実は恋愛にはある程度ロマンティックがあった方が男女の関係が上手くいくのです。

それではロマンティックは恋愛にどのような影響を与えてくれるのでしょうか。

恋愛におけるロマンティックの効果について詳しく紹介していきます。

マンネリ化しにくい

恋愛にロマンティックがあるとマンネリ化しにくいというメリットがあります。

誰でも付き合ったばかりの頃はいろいろなことに胸を踊らせてドキドキするものです。

相手の仕草や表情の一つひとつにときめき、刺激的な日々を送っていました。

しかし、時間が経つとドキドキしていた仕草や表情も日常のひとつになってしまいます。

少しずつ変わり映えしない日常に溶け込んでいき、特別感が減少してしまうのです。

恋愛に刺激や特別感がなくなると二人の関係もマンネリ化しやすくなります。

そこでロマンティックな雰囲気やシチュエーションを定期的につくることで、付き合ったばかりの頃のようなドキドキや胸を踊らせるようなイベントをつくることができます。

それをきっかけにお互いの存在の大切さや愛情を再認識することができるでしょう。

長続きするカップルほど定期的に刺激的なイベントを取り入れているものなのです。

愛情が伝わる

恋愛にロマンティックがあると愛情が伝わりやすくなるというメリットがあります。

同じ「好き」という言葉を伝えるのにも、言い方やシチュエーションがとても重要です。

テレビを見ながら「好きだよ」と言うのと、夜景の見える丘で「好きだよ」と言うのでは、同じ言葉でも言葉の重みやニュアンスが変わってきます。

言われて嬉しい言葉でも何かのついでに言われるよりも、ロマンティックなシチュエーションで「好きだよ」と言ってもらえた方がドキドキしますよね。

恋愛では言葉や態度だけでなく、その場のシチュエーションもポイントになります。

プロポーズのときにあらゆるシチュエーションにこだわるのと同じことです。

多くの女性は素敵なシチュエーションにも喜びますが、その素敵なシチュエーションを用意してくれた彼の気持ちや愛情にも深く感動しているのです。

ロマンティックはただ視覚的に相手を喜ばせるだけでなく、その背景にある労力や時間、工夫などからも愛情を伝えられる方法でもあります。

愛情を再認識できる

恋愛にロマンティックがあると愛情を再認識できるメリットがあります。

一緒にいる時間が長くなればなるほど、二人の関係に中だるみができやすくなります。

付き合っていた頃は一緒にいるだけで幸せだったのに、付き合いが長くなると一緒にいることが当たり前になってしまい、感動もどんどん薄れていってしまいます。

毎日一緒にいて毎日「彼のことを愛している」を感じることはないですよね。

日常が濃くなればなるほど愛情を再認識しづらくなってしまうのです。

そのような関係のなかにロマンティックなシチュエーションをつくったらどうでしょう。

素敵なシチュエーションに気持ちが高ぶり、彼への愛情を再認識するはすです。

彼も同様にロマンティックな雰囲気に感化されてあなたへの愛情を再認識するでしょう。

ロマンティックな雰囲気は、長く付き合っているカップルにいい刺激を与えてくれます。

ロマンティックな男性の特徴6個をご紹介!

ロマンティックな男性の特徴
実は女性よりも男性の方がロマンティックな人が多いというのをご存知でしょうか。

男性は夢やロマンを探求するのが好きなため、ロマンティックな人も多いのです。

それではロマンティックな男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

次はロマンティックな男性の特徴について詳しく紹介していきます。

1:夢を持っている

ロマンティックな男性の特徴は、夢を持っているということです。

もともと男性は夢見がちな生き物で、夢やロマンという言葉に弱い傾向があります。

男性が持っている夢とは、具体的な人生設計やビジョンなどとは別物です。

たとえば少年漫画に登場するような冒険譚に胸を踊らせるのも男性の特徴です。

女性からすれば「フィクションでしょう?」と一蹴してしまうようなことでも、男性にとっては「もしこれが本当だったら」と空想にワクワクしてしまうものなのです。

ここでいう夢とは、必ずしも恋愛に絡めたものではありません。

私生活や仕事などの一片にも夢を感じるものを持っており、胸をときめかせています。

2:自分に自信を持っている

ロマンティックな男性の特徴は、自分に自信を持っているということです。

女性の心理を理解していると思っているロマンティックな男性は、それだけ自分に自信があるため、臆することなく好きな女性にもアプローチすることができます。

他にもロマンティックな男性には、恋愛経験が豊富な人が多い傾向にあります。

女性を喜ばせる術を知っているため、女性からの人気も高いのです。

豊富な恋愛経験を持っているということも、自分に自信を持てる要因のひとつでしょう。

自分に自信が持てる背景には、それだけいろいろなことを探求してきた経験があります。

誰もがロマンティックな思考を持って生まれたわけではありません。

これまでもいろいろとロマンティックなシチュエーションや女性が喜ぶことを考えて実践してきたからこそ、自信を持って女性にもアプローチできるのです。

3:サプライズが好き

サプライズ
ロマンティックな男性の特徴は、サプライズが好きということです。

彼女が喜ぶことをしたいロマンティックな男性は、何かとサプライズをしたがります。

彼女の誕生日や二人の記念日にはサプライズでディナーを予約したり、食事中に素敵なピアノ伴奏を手配していたりと非常に用意周到です。

基本的には派手なサプライズが好きで、大勢の友達を呼んでパーティーをしたり、フラッシュモブでプロポーズを演出したりとあらゆる引き出しを持っています。

それを喜ぶ女性もいますが、周囲から注目を浴びるため恥ずかしがる女性も多いです。

女性の羞恥心とは裏腹に、男性は自信満々にサプライズの感想を求めるでしょう。

4:マメである

ロマンティックな男性の特徴は、マメであるということです。

ロマンティックなシチュエーションをつくるためには、事前準備が必要です。

たとえばレストランを予約したり、プレゼントを買ったり、プレゼントを渡すときのシチュエーションや演出を考えて準備をしたりと並々ならぬ苦労が隠れています。

それを自ら率先してやろうとする男性は、非常にマメな性格の持ち主です。

普段の生活でもどうすれば彼女が喜ぶかを考え、彼女の行動に注目しています。

自分のことをあれこれ考えてロマンティックな演出をしてくれたら嬉しいですよね。

一方、自分も何かやらなければというプレッシャーを感じる女性も少なくありません。

5:努力家

ロマンティックな男性の特徴は、努力家であることです。

夢見がちでふんわりしたイメージがありますが、実は夢に対してはストイックです。

たとえば「お金持ちになりたい」「贅沢な暮らしをしたい」など漠然とした目標を掲げると、それを達成するためにストイックに努力を積み重ねていきます。

壮大な夢を追い求めるタイプだからこそ、それを成し遂げる努力も並々ならぬものです。

誰もがそれは無理だろうと思う夢でも、努力で叶えてしまうこともあります。

そんな努力家でロマンティックな男性は、恋愛においてもストイックです。

彼女を喜ばせるためなら、たとえ忙しくても最善のプランを徹夜してでもつくります。

6:一途である

一途
ロマンティックな男性の特徴は、とても一途であるということです。

夢や空想の世界に思いを馳せるロマンティックな男性は、恋愛においても夢見がちです。

恋愛ドラマや漫画に登場するようなドラマティックな出会いや恋愛を求めており、自分もそこに登場する理想の男性になるべく努力を積み重ねます。

そんなロマンティックな男性は、一途でピュアな恋愛に胸をときめかせています。

女性は女性らしく、男性は男性らしいことに魅力を感じる古典的なタイプです。

そのためリアルな恋愛においても、一途に一人の女性を想い大切に付き合います。

一度好きになってもらえれば、きっといい関係を築くことができるでしょう。

そんな男性と付き合ったときのメリットとは?

ロマンティックな男性は、乙女な一面を持っていると思われがちですが、実は非常に男らしくストイックな性格をした頼れるタイプの人が多い傾向にあります。

恋愛においてもとても一途で、女性を大切にしてくれるなど魅力がたくさんあります。

そのようなロマンティックな男性と付き合うとどのようなメリットがあるのでしょうか。

次はロマンティックな男性と付き合うメリットについて詳しく紹介していきます。

喧嘩が少ない

ロマンティックな男性は恋愛の楽しさや醍醐味、女性が喜ぶポイントなどを熟知しているため、鉄板のイベントやシチュエーションを逃しません。

知識が豊富というのもありますが、非常にマメな性格をしているため、自分の彼女が喜んでくれることをピンポイントでリサーチし、適切な対応をしてくれます。

ズボラな男性はすぐに彼女の誕生日や二人の記念日を忘れてしまいます。

記念日を大切にしている女性にとって、それを忘れられてしまうのはショックですよね。

カップルの中には記念日を忘れられてしまったことが原因で大げんかになってしまったり、記念日に何もしてくれないことを不満に思っていたりする人もいます。

その点、ロマンティックな男性はその辺のことは抜かりないため、記念日のたびに喧嘩になってしまうこともないでしょう。

喧嘩が少ないということは、カップルにとって非常に重要なポイントです。

喧嘩が多いと相性が悪いのでは?と不安になってしまいます。

常に心穏やかに過ごし、一緒にいて居心地がいい相手の方が何でも上手くいくものです。

女心をよく理解している

ロマンティックな男性は、他の男性よりも女心をよく理解しています。

何をすれば彼女が喜ぶのか、彼女は何をして欲しいと思っているのかがわかるのです。

女性は何でも「察して欲しい」という生き物です。

男性よりもおしゃべりではありますが、最も大切なことは直接口に出して言いません。

前項で例に挙げた記念日ひとつとっても、わざわざ「記念日はどうすの?」「記念日にどこか一緒に出かけようか」など自分から彼を誘うようなことはしないのです。

ギリギリまで「記念日を覚えていてくれているかな?」と相手の様子をうかがい、忘れていたら「何で忘れたの?」「もう想いが冷めたの?」と彼を責め立ててしまいます。

面倒にも思えますが、女性にとって察してくれることは愛情表現の一種でもあります。

察するの裏には、「私のことをちゃんと考えてくれている」という愛情があるのです。

その点、女心をよく理解して適切な行動が取れるロマンティックな男性は、彼女の気持ちを上手く察して彼女が望んでいることを的確に実現することができます。

いつもドキドキさせてくれる

ロマンティックな男性は、いつもドキドキさせるサプライズを用意してくれます。

プロポーズや記念日のような大々的なものではなく、ちょっとした刺激をくれるのです。

たとえばお店や電車に乗るときにレディーファーストをしてくれたり、「好き」「愛している」など言葉で愛を伝えてくれたりと恥ずかしいことでも積極的にやってくれます。

端から見ればキザなようにも思えますが、やってもらえた側はドキドキしてしまいます。

このような小さなドキドキは、二人の関係にほどよい刺激を与えてくれます。

カップルにとって常にドキドキできるシチュエーションがあるのはとてもいいことです。

相手への愛情も感じやすくなりますし、マンネリ化を防ぐ効果も期待できます。

ロマンティックな男性が恋愛上手と言われるのは、ただ女性を喜ばせるのが上手いだけでなく、ほどよい刺激を与えていい関係を持続させることができるからです。

愛されていると実感できる

ロマンティックな男性と付き合うと、常に愛されていると実感することができます。

マメな性格でロマンティックな男性は、いつも彼女を喜ばせることを考えています。

何かやってくれることももちろん嬉しいですが、その行動の背景にはあなたを一途に想っている、あなたを喜ばせたいという純粋な愛情が感じられることでしょう。

あなたに対して愛情がなければ、わざわざ手のかかるようなことを準備したりしません。

時間も手間もかけてサプライズをするのは、それだけあなたを愛している証拠です。

そのような行動の裏に秘められた愛情に気付くたびに、彼から愛されている、大切にされていると深く実感することができるでしょう。

付き合った時の注意点とは?

付き合った時の注意点
ロマンティックな男性にはマメで優しく、一途であるなどの魅力がたくさんあります。

付き合ったらいつも刺激を与えてくれ、長く愛情を持続させることができるでしょう。

その一方で、付き合ったときにちょっと困るような注意点もいくつかあります。

恋人としては完璧に見える男性ですが、どこに注意すればいいのでしょうか。

次はロマンティックな男性と付き合うときに注意するべき点について紹介していきます。

女性に幻想を抱いている

ロマンティックな男性は、何事にも夢や希望を抱きがちです。

時には非現実的なものにも胸を膨らませ、いろいろな妄想をしていることもあります。

それを非現実的なことであると理解していればいいですが、「絶対にそうに違いない」と断定して追い求めてしまうと厄介なことになってしまいます。

ロマンティックな男性は夢や希望を実現することに対して非常にストイックです。

もともと努力家でもあるため、自分だけでなく他の人にも努力を求める傾向があります。

女性に対して幻想を抱いていることも多く、自分の理想に叶わなければそれを実現するための努力や行動を求めてくる可能性もあるでしょう。

彼の幻想を醒めさせるか、自分らしさを追求しない限り、あなたに対して求めてくるものもどんどん増えていってしまいます。

どこかで線引きをし、お互いに過ごしやすい関係を築くことがとても重要です。

女性に対し常に美しくあることを望む

ロマンティックな男性は、女性に対して常に美しくあることを望む傾向があります。

夢見がちな性格なため、架空の女性像を現実の女性に求めることもあるでしょう。

たとえばスレンダーな体型や美しい肌や髪、自分のスタイルに適したファッションなどあらゆる角度から女性を見て、自分の理想とする女性像に近づけようとします。

それが努力で実現できる範囲であればいいですが、実際はそう簡単にはいきません。

女性側にもいろいろと都合がありますし、常に完璧な姿を維持することは困難です。

彼の男らしいストイックな一面に惹かれる女性がいる一方、そのストイックさを他者にも強制的に求めてしまうところに飽き飽きしてしまう女性がいるのも事実です。

ロマンティックな男性と上手に付き合うためには、お互いの妥協点をきちんと決めておくことが非常に重要です。

ロマンティックな関係を押し付ける

ロマンティックな男性は、ロマンティックな関係を押し付ける可能性があります。

恋愛に対しても夢見がちなロマンティックな男性は、理想の恋愛像を持っています。

恋人ができたら○○をしたい、一緒に○○に行ってみたいなどいろいろな希望があり、それを一つずつ叶えていくことに喜びを感じます。

それまでは普通の男性でもごく当たり前に抱く希望ですが、問題はそのときのシチュエーションや彼女の反応などにもこだわりがあり、それを相手に求める可能性があるのです。

ストイックな性格で妥協ができないロマンティックな男性は、ロマンティックな関係を築くことに対しても非常にストイックに追い求めてしまいます。

もっと気取らずに自然体で生活をしたいという女性にとっては、少し窮屈に感じてしまうかもしれませんね。

ナルシストな一面を持つ

ナルシスト
ロマンティックな男性は、ナルシストな一面を持っている傾向があります。

彼女のためにいろいろと試行錯誤をするのが好きなロマンティックな男性ですが、そのすべては100%彼女だけのために行っていることとは限りません。

なかには最高のシチュエーションを用意し、彼女を喜ばせられる自分に酔いしれている可能性も大いにあり得ます。

結果として彼女も喜べるものであればいいですが、ただ男性が自分の欲を満たしたいだけのために行なっているものでは、まったく意味がありません。

いくら彼女のためといっても、彼女を振り回してしまっているだけであれば、男性の自己満足だけで終わってしまいます。

このようなナルシストな一面を持っている男性の場合、彼の理想とする男性像を叶えるために好き勝手振り回せれてしまう可能性があるので注意しましょう。

人前でも気にせずイチャイチャできる

ロマンティックな男性は、人前でも気にせずにイチャイチャできるタイプが多いです。

女性側も公共の場でイチャイチャできるタイプだったらいいですが、あまり人前ではイチャイチャしたくない人だと彼の甘えっぷりにドン引きしてしまう可能性があります。

ロマンティックな男性は、ただ人前でイチャイチャしたいのではなく、自分が理想とするシチュエーションで彼女とイチャイチャしたいだけなのです。

そのため、人前でというよりは、自分がイチャイチャしたいシチュエーションにたまたま人が大勢いただけという考えの方が正しいでしょう。

たとえば夜景の見える公園でハグしたいという希望があった場合、近くに人がいてもその欲求を満たすために人目を気にせずハグしてしまいます。

そういうことに抵抗がある女性にとっては少し困ってしまうかもしれませんね。

度を超えたロマンティックは引いちゃう

ロマンティックな男性は女性を喜ばせることがとても好きで、どうすれば彼女が喜んでくれるのかをあれこれ考えながらいろいろなサプライズをしてくれます。

自分を喜ばせてくれるのは嬉しい一方、街中での派手な演出や大勢の人を巻き込んだサプライズなどは周囲から注目を集めるため、恥ずかしくなってしまうこともあるでしょう。

特にフラッシュモブなど大掛かりなサプライズは、喜ぶ女性もいれば、「もう二度とあんな恥ずかしいことはしないで!」と怒ってしまう女性もいます。

度を超えたロマンティックは思わず引いてしまうようなことがあるため、事前に何をやってほしくないかを彼に伝えておくと安心です。

常識の範囲内で理想を求めるのはOK

ロマンティックな男性は、自分の理想や幻想をストイックに追い求めてしまいます。

しかし、追い求めたからといって必ずしも手に入るものでもありません。

非現実的過ぎることであれば、どんなに頑張ってもそれを叶えるのは難しいでしょう。

自分だけで求めるならいいですが、周囲に迷惑をかけるのなら諦めなければなりません。

好きな彼が常識外の範囲で理想を求めようとする際は、止める必要があります。

ただ彼の考えを否定するのではなく、常識の範囲内でと制限をつけるといいでしょう。

ロマンチストよりナルシストが勝る男性には要注意

ロマンチストな男性の中には、ナルシストな一面が勝ってしまう人もいます。

素敵なシチュエーションに感動するのではなく、実現した自分に酔っているのです。

このようなタイプの男性は、彼女の意思よりも自分の想いを優先してしまいます。

「彼女のため」と口では言っていても、何一つとして希望が叶わないこともあります。

ナルシストな男性を見極めるためには、きちんと会話が通じているか確認しましょう。

自分の意見を言ったのに無視されるようなことがあれば、それは自分本位な行動です。

自分勝手な恋愛になってしまう

ナルシストが勝る男性と付き合うと、自分勝手な恋愛に巻き込まれてしまいます。

行動が自分の欲を満たすためになり、彼女の気持ちがおざなりになってしまうのです。

せっかく記念日をお祝いしてくれても、それが彼女の希望や理想とかけ離れたものではまったく意味がないですよね。

本当に彼女のことを想って失敗したのならいいですが、ただ自分の理想や夢を押し付けているだけであれば、一緒にお祝いする意味がなくなってしまいます。

彼の行動が誰のためのものなのかをきちんと見極めるようにしましょう。

適度にロマンティックな男性とドキドキの恋愛を楽しもう

女性よりも夢見がちな性格の男性は、少なからずロマンティックな一面を持っています。

恋愛においてもロマンチストな男性は、彼女へのサプライズなども積極的に企画します。

彼女のことを喜ばせることが大好きな彼なら幸せそうですが、あまりストイックになりすぎると彼女の希望をおざなりにしてしまう恐れもあります。

過度なロマンチストは幻想ばかりを追い求めてしまうため、一緒に付き合っている方が振り回されてしまう可能性があります。

適度にロマンティックな男性とドキドキの恋愛を楽しむようにしましょう。