年下女性の魅力の写真
男性にとって、同い年や年上女性よりも人気なのが年下女性。

年下女性にたいして、「可愛い」と感じる男性が多く、「年下以外恋愛対象にならない」と断言する男性もいる程です。

この記事では、男性が夢中になる年下女性の魅力と、その魅力を使って年上男性を落とす方法についてご紹介していきます。

自身の持つ魅力をフル活用して、素敵な年上男性を落としてみましょう。

年下女性が好きな男性は多い!

「男性は年下女性が好き」とは聞くものの、明確な根拠などなく漠然とただ言われているだけだと思っている人もいるでしょう。

年下男性が好きな女性にとっては、信じたくない事実でもあります。

好きな女性のタイプは、もちろん男性によって異なりますし、男性側も年齢から選別して好きな女性を選んでいるといった認識はないはずです。

しかし、本能的に見ても、男性は自分よりも年下を好む傾向が圧倒的に多いと言えます。

芸能人の年の差婚を見て、驚く女性や批判的な意見を向ける女性もいますが、芸能人の年の差婚は、生物的に見ても珍しいことではありませんし、男性に特殊な性癖があるわけでもないのです。

大手結婚情報誌ゼクシィの調査で、交際相手との年齢差をアンケートしたところ、6割以上のカップルが「彼氏は年上である」といった結果となりました。

彼氏との年齢差が2~3歳が最も多く25%、次いで5歳以上年上が23%です。

次に多い結果は同い年の21%ですが、彼氏が10歳以上年上という女性は、その次に多い13%という結果でした。

ちなみに、彼氏が年下と答えた女性は18%です。

彼氏が2~3歳年下であると答えた女性は、18%中12%で、一番多かった男性が2~3歳年上25%の約半分以下という結果となりました。

さらに、交際に発展するまでの期間にも特徴があり、男性が年上の方が、付き合い始めの期間が早く、婚約時期も早くなるといった調査結果もあります。

交際男性が年上の場合は、交際も結婚もスムーズであり、男女ともにメリットがあるということがわかります。

日本は若いアイドルが人気

日本では、アーティストやアイドルなどの低年齢化が進んでいます。

その年に流行した物や、人気アイドル・アーティストなどの様子を見るだけで、多くの人が何を望んでいるのかはかり知ることができるでしょう。

アーティストやアイドルの低年齢化が進んでいるということは、世間が求めているものが若く、そして女性らしく可愛らしい女性ということです。

ファンの年齢は上がっていくのに、毎年新しいアイドルが誕生し、そのほとんどが10代後半や10代前半ということは、それだけ男性にとって年下女性が魅力的だという事を表しています。

「男性は単純だから若い女性を好む」「若ければ何でもいいんでしょ」と、女性は批判的な意見を言いたくなるでしょう。

男性というのは、非常に単純ですが、言い換えれば素直に女性のいい部分を受け取れるという事なのです。

単純な男性だからこそ、女性の魅力的な部分を素直に受け取り惹かれますし、嫌な部分があれば当然嫌いになっていくのです。

つまり、年下女性に魅力的な部分がなければ、男性は惹かれることがありませんし、年下女性には多くの男性を惹きつける魅力が存在しているという事なのです。

生物学的にも、男性は若い女性を好むと言われています。

より健康に多くの子孫を残しやすい若い女性を好むと言われているのです。

しかし、女性の好みは人によってさまざまあると言えるでしょう。

生物学的に有利であると言っても、年下女性に何の魅力もなければ男性は好みません。

人は毎年年齢を重ねていきます。

どうやっても、若いままではいられません。

そのため、若い女性を好む男性に、批判的な意見を向けたくなる女性も多いでしょう。

しかし、批判的な考えを持って相手を見るよりも、そこから何かしら自分にも取り入れられる魅力的な部分を見つけ、それらを確実に身に着けていく方が、はるかにメリットが多いと言えるでしょう。

そんな年下女性の魅力6個

そんな年下女性の魅力
年下女性には、その他の女性が考えるよりも多くの魅力的なポイントがあります。

男性にたいして「恋人にしたい」「一緒にいたい」と思わせる魅力があるのです。

自身の年齢というのは、どれだけあがいても毎年重ねていくしかありません。

しかし、年下女性が持つ魅力的な部分を知ることによって、自身に取り入れていくこともできますし、それによって自分も魅力的な女性になることができるのです。

また、「恋愛が苦手」「年上男性が苦手」と思っている年下女性もいるでしょう。

しかし、自分たちの魅力を知ることで、自信を持って恋愛することができるようになりますし、恋愛対象として年上男性も視野に入れることができるようになります。

これまで恋愛対象外だった年上男性を、恋愛対象として見れるようになると、これまで出会ったことがないような素敵な男性と知り合うことができるようになりますし、自分の運命の相手と呼べるような男性と、出会うことも可能になるのです。

ここからは、年下女性が持つ魅力について徹底解説していきましょう。

1:素直で純粋

年下女性最大の魅力ともいえるのが、素直で純粋なところです。

素直で純粋な年下女性を見ると、年上男性は保護欲をくすぐられますし、「あらゆることを教えてあげたい」「守ってあげたい」と感じるのです。

年上女性や、同年代の女性は、男性と仕事面で競うことも多く、「男性に負けたくない」といった感情を持っていますし、それらがプライベートにまで影響し、男性にたいして素直に甘えることもできませんし、男性の知識にたいして「凄い」と感じても、それらを純粋に表現することができないのです。

男性という生き物は、女性に称賛されると自分を誇りに思うことができますし、女性に頼ってもらうと、本領を発揮しさらに努力を積み重ねて女性の期待に応えようとします。

しかし、年上女性のように上から目線で支持されたり、同い年女性のように何でも競い合ってくるような女性と一緒にいると、気が休まりませんし、「頑張ろう」という気力も起きません。

さらに「自分が頑張らなくても女性が頑張っているし」と甘える感情が芽生えてしまい、一緒にいると頼りない男性に成り下がる傾向もあるのです。

しかし、年下女性のように純粋で素直に受けてもらったり表現されると、男性はその姿を可愛いと感じますし、自ら能力を向上させ、さらに女性に「認めてもらおう」「役に立とう」と奮起することができます。

結果、男性にとっても年下女性と一緒に過ごすことはメリットがあることから、男性は年下女性を好む傾向にあるのです。

経験が少なくリアクションも新鮮

年下女性の素直さや純粋さについて、どういった部分のことを指しているのか深掘りしてご紹介していきましょう。

まず、年下女性は年上女性や年上男性と比べ圧倒的に経験が少ない傾向にあります。

社会人と学生であれば、年上女性や年上男性が体験している日常は、年下女性にとって非日常であり、未知の世界なのです。

そういった年下女性は、年上男性の話が面白いと感じますし、興味深く聞いてくれます。

例えば、男性が「仕事が大変で」と話した時、同年代の女性や年上女性なら「私の方が大変」「仕事が大変なのは当たり前」と突っぱねるでしょう。

しかし年下女性は仕事にたいして頑張っている男性だと受け止めますから「凄い」と素直にリアクションすることができますし、「仕事のどんなところが大変なの?」「社会人としてどんなところに気を遣えばいいの?」など、年上女性や同年代社会人女性からは聞かれない、新鮮な質問やリアクションをするのです。

こういった素直なリアクションをもらうことによって男性は、年下女性に自分が認められたと感じますし、男性自身も話していて「楽しい」といった感覚を持ちます。

駆け引きをしない

恋愛で使える駆け引きについて、あらゆる場所で見かけることができます。

インターネット上や雑誌、テレビなど、誰でも見やすい場所に、恋愛で使える駆け引きは大々的に紹介されています。

恋活や婚活ブームが長らく続いていますし、それらを忠実に現場で実践している女性も多いでしょう。

しかし、こういった駆け引きに、男性は疲れてしまっているのです。

恋愛の駆け引きは、上手くやればそれなりの効果を得ることができます。

しかし、男性も女性が行う駆け引きについて知っていますし、それらを実際に目の当たりにすると「またか」「駆け引きしているのでは」など、ネガティブに捉えたり、相手の女性に不信感を持ってしまうこともあるのです。

「駆け引きのつもりはない」と思っている女性でも、相手の男性がどう感じるかが重要ですから、「駆け引きしているのでは」と不信感を持たれた時点で、恋愛の進展が難しくなると言えるのです。

しかし、年下女性は純粋で素直ですから、恋愛にたいしてそもそも駆け引きを行いません。

「好き」だと感じた時は、積極的に話に行きますし、好きだというオーラを発生させて接近します。

「好きという気持ちを悟らせないように」といった駆け引きをすることが少ないのです。

そういった純粋な行動は、単純な男性にとって分かりやすく、裏を読む必要がないため、一緒にいても疲れません。

年下女性のリアクションを素直に受け取り、男性側もアプローチしやすいことから、年下女性は好まれるのです。

2:肌がピチピチ

どれだけ高額な化粧品を使っても、高額なエステに通い続けても、「若さ」に匹敵する肌は作れないでしょう。

肌がピチピチなうえに、透き通るような透明感を持っている年下女性を見ると、男性は思わず触れたくなってしまいます。

男性は素肌を愛しますし、素肌から美しい女性を求める傾向があります。

そのため、特段化粧をしていない年下女性であっても、肌が美しいので恋愛対象として考えてしまうのです。

確かに、年齢を重ねても非常に美しい女性は増えてきました。

外見から実年齢を当てるのが非常に難しいような美しい女性が多くなっています。

しかし、肌質というのは触れれば分かりますし、見ているだけでも若さを実感させるものです。

こういった点は、年上女性がどうしても手に入れられない年下女性の大きな魅力ポイントと言えるでしょう。

しかし、年下女性であっても、年齢は重ねていきます。

そのため、何もしなくても肌がピチピチであり、それらを魅力的だと感じさせられるうちに恋愛しておかなければ、非常にもったいないと言えるのです。

年齢を重ねてから「たくさん恋愛しておけばよかった」「もっと積極的に行動すればよかった」と思っても、肌質はもう戻ってきません。

高額なエステや医療の技術を使っても、若いころの肌は、取り戻せないのです。

3:感情が豊か

経験が少ないことから、年下女性は感情が豊かであり、それを惜しみなく表現することができます。

経験を積み重ねると、日常生活において感動することや、心を動かされる機会は少なくなっていきます。

ほとんどのことを経験してきたからこそ、動じることもありませんし、感情が動かないために、それらを表現することもありません。

男性は、女性に喜んでほしいと感じますし、女性の注意を引きたいと思っています。

しかし、感情が乏しい年上女性と一緒にいても、リアクションも少なく驚いてくれる機会もないため、やりがいや実感を感じにくいのです。

その点、年下女性は、経験がないことによって感情が豊かであり、あらゆることに感動してくれたり、悲しんでくれたり、笑ってくれたりと、一緒にいて刺激的で楽しいのです。

年上女性と同様に、年上男性も経験を積んでいることから、日常生活が単調になっています。

驚くこともありませんし、何かを見て感動する機会も少ないのです。

しかし、好奇心旺盛な男性は、日常生活に刺激が欲しいと感じています。

そういった男性の欲求を満たせるのが、年下女性の感情が豊かな部分なのです。

4:頼ってくれる

男性に素直に甘え、そして頼る部分は、年下女性の魅力です。

恋愛では、お互いに自立していることが大切なのですが、自立心が強すぎたり、自立と相手を尊重するバランスが崩れ、恋愛が上手くいかなくなる女性が非常に多いと言えます。

男性は、女性に頼られると自尊心が満たされますし、さらに「頑張りたい」という向上心を持ちます。

しかし、年上女性は自立心が強すぎることから、男性を支えすぎ男性が頑張る機会を奪ってしまいますし、そういった行動によって男性をダメにしたにも関わらず、「自分はダメな男にしか縁がない」と嘆き、頼りない男性を量産してしまうのです。

年下女性なら、素直に男性を頼ることができます。

自分が知らない知識を持っている年上男性にたいし、尊敬する気持ちを持っていますし、素直に質問しアドバイスを受け入れることができるのです。

そういった姿を男性は「可愛らしい」と感じますし、自分がもっと頼られる存在になりたいと頑張ることができるので、男性・女性どちらにとっても、メリットの多い関係性を築きやすいのです。

5:守ってあげたくなる

男性には保護欲というものがあります。

庇護欲という欲求もあります。

これらは、相手を「守ってあげたい」という欲求です。

自分より弱いものにたいし、自ら盾になり行動し、相手を困難な状況から救い出したいという感情や、傷つかないように守り続けたいといった感情のことです。

保護欲や庇護欲を男性に感じさせる女性は、恋愛上手と言われるほど、大切なスキルになります。

しかし、年上女性は、これらの欲求を男性に抱かせるのが得意ではありません。

なぜなら、守ってもらわなくても自分で切り抜けられますし、男性に「守られたい」と思われるのは、「自分がダメな女」と思われているようで抵抗を感じてしまい、そういった感情を男性に抱かせないような行動をとってしまいやすいのです。

しかし、年下女性には、こういった駆け引きがありません。

弱く無知な自分にたいして、経験がないから当然だと考え受け入れていますし、頼れる男性にたいして感謝の気持ちを持つこともできます。

そのため、男性はこういった年下女性にたいして、さらに「守ってあげたい」といった欲求を持ちますし、女性が何かお願いしなくても、率先して困難を回避してくれるのです。

男性自ら、女性のために行動することができますし、「守っている」という実感を感じることによって、男性自身も心が満たされることから、年上男性にとって年下女性は魅力的な存在だと言えるのです。

6:子供っぽい

年上男性は、年下女性を見ていると「子供っぽい」と感じます。

普段見慣れている同年代女性や年上女性のように落ち着いた行動が見られませんし、感情表現が多く、まるで子供を見ているような愛しい感情を持ちやすいのです。

「子供っぽい」という感情は、ネガティブな意味を持つ場合と、ポジティブな意味を持つ場合があります。

例えば、年上女性にたいして「子供っぽい」と感じた時、「経験値が多い癖にまるで子供のようでみっともない」といったネガティブな意味となります。

しかし、年下女性にたいして「子供っぽい」と思った時、「子供のように可愛らしい」「子供のように不安定だから守ってあげたい」などポジティブな意味に変わります。

つまり、年下女性だからこそ魅力的だと感じられるものや、同じ印象なのに、年下女性だからこそ許される事柄があるということです。

年下女性だからこそ可愛く見えることもある

年下女性だからこそ可愛く見える

前項でご紹介した「子供っぽい」という印象も、年下女性だからこそポジティブな意味として捉えることができます。

年齢によって受け取り方が変わるのは「不公平だ」と感じる女性がいるかもしれませんが、それが現実です。

経験の少ない子供にたいし、激しく怒ったり、大人と同じような行動を要求する人を見ると「器が小さい」「優しくない」と感じることがありませんか?

それらと全く同じで、男性も年下女性だからこそ温かく見守れる部分があるのです。

ここからは、年下女性だからこそ可愛く見れる、許せるといった事柄についてご紹介していきましょう。

年下女性は、他の女性たちよりも優しい目で見られている部分があります。

それらを知り、恋愛や人間関係に活かしてみましょう。

わがままを言う

「わがままな女性」というのは、一般的にネガティブな意味です。

男性の予定を考えず、「今すぐ会いたい」「今すぐ来て」というのもわがままですし、「これが食べたい」と言っていたのに、突然気分が変わり、「違うものが食べたい」「違う場所に行きたい」というのもわがままです。

こういった発言を、男性と同年代の女性が行ったり、年上の女性が行った場合、「自分勝手」「優しくない」といった印象となってしまいます。

しかし、年下女性が行うと、「わがままな姿が可愛い」「自由奔放で愛らしい」など、ポジティブな意味として受け取られるのです。

年下女性のわがままを受け入れることは、男の甲斐性だと考えていますし、そのわがままを受け入れることで自分が優れた男性であると、男性自身が感じられるため、年下女性のわがまま行為は、可愛いと受け止めてもらえるのです。

小さなことではしゃぐ

小さな出来事ではしゃいだり、何でもないような事柄で驚き騒いだりする姿も、年下女性だからこそ許されます。

年上女性や同年代女性が、小さいことではしゃいでいると「大人げない」「落ち着きがない」「女性らしくない」などと、非常にネガティブに捉えられてしまいます。

同じことをするのに、年下女性は「可愛い」「元気」「天真爛漫」など、ポジティブな捉え方をされますし、そういった女性の姿を見ていると、男性も元気になったり、楽しい気分になったりするのです。

小さなことではしゃぐ年下女性を見ていると、男性は自分が新しい知識を女性に与えられたと感じ、満足感を得ます。

そして、さらに驚かせたい、はしゃがせたいといった欲求を持てることから、年下女性のこれらの行動は可愛らしく見えますし、許される行動なのです。

ヤキモチを焼く

ヤキモチを焼く
年下女性のヤキモチを焼く姿も、男性は喜びますし、年下女性だからこそ許される行為といえます。

もし、年上女性が年下女性と同じようにヤキモチを焼くと、「嫉妬深い」「余裕がない」「大人の女性として魅力がない」といった捉え方をされます。

男性は無意識に、年上女性には大人として振る舞ってほしいと感じていますし、大人らしく自分の身勝手な行動を許してほしいと感じています。

年下女性に対しては、彼女たちの行動を許すことが自分の役目であり、可愛い姿を見せて欲しいと感じているのです。

そのため、年下女性のヤキモチは「可愛らしい」と受け止められますし、「愛されている」と感じるのです。

年上女性がヤキモチを焼くと「信用されていない」といったネガティブな捉え方をします。

このように、全く同じ行動であっても、年上なのか年下なのかによって、男性の捉え方は大きく異なるのです。

年下というだけで、許される行動は多く、それらを上手に活用していくことで、年上男性との魅力的な恋愛が可能になるのです。

しかし度が過ぎると嫌な女になるので要注意

年上女性と比べ、男性の年下女性に対するハードルや要求、捉え方などは非常に寛容だと言えます。

しかし、寛容だからといって、何をし続けても許されるというわけではありません。

全ての男性が、全ての行動を余裕を持って許してくれるわけではありませんし、「年下」ということにあぐらをかいて、身勝手な行動を続けると、男性の怒りをかったり、呆れさせる原因になる場合もあるのです。

恋愛や人間関係は、相手への配慮を忘れた時点でスムーズに進まなくなっていきます。

それは年上相手でも年下相手でも同じことです。

年下の魅力を勘違いし、自分勝手な振る舞いや相手を傷つけるような行為は、当然避けるべきでしょう。

たまに垣間見せるくらいがちょうど良い

それでは、どの程度、年下としての振る舞いをすればいいのでしょうか。

まず、明確な回数や頻度を提示するのは難しいと言えます。

なぜなら、人間関係も恋愛関係も、相手がいてこそのことですし、人によって許せる度合いや許せるタイミングなどは異なるからです。

適切な頻度としては、たまに垣間見せるくらいでちょうど良いでしょう。

頻繁に見せていると、それが日常的になり新鮮さもなくなり、年下の魅力が半減してしまいます。

日常生活では、一般的な女性としての振る舞いを心がけ、適度なタイミングで年下女性の魅力を活用していきましょう。

そうすることで、絶大な効果を発揮することができますし、あなた自身がダメになってしまうリスクも回避することができます。

そんな可愛がってくれる年上男性を落とすのに必要なこととは?

年下女性が持っている魅力について、理解できたでしょう。

自身の魅力が理解できたところで、それらの活かし方や年上男性を落とす方法について知る必要があります。

魅力があっても、それらの活用方法が分からなければ、人間関係にも恋愛関係にも活かすことができません。

宝の持ち腐れとなってしまうのです。

年齢は、黙っていても重ねてしまいます。

つまり、刻一刻と年下女性の魅力を活用できる時間は減っているという事なのです。

年上男性を落とす方法や、年下女性の魅力を活かす方法を知り、さっそく試してみましょう。

年下の可愛さをアピールする

年下の可愛さをアピール
年上男性を落とすためには、年下女性だけが持っている「可愛い」という魅力を存分に活用する必要があります。

年上女性には絶対に真似できない可愛らしさを、年下女性なら作り出すことができるのです。

それでは、年下女性が使える可愛さアピール方法について、いくつかご紹介していきましょう。

頼りない一面を見せる

年上男性に対し、頼りない一面を見せてみましょう。

例えば、少々ドジな部分や、苦手なものに怯えている姿、重いものが持てない様などです。

頼りない一面を見せることで、男性が率先して助けてくれるようになりますし、放っておけない存在として見るようになります。

しかし、仕事で何度も頼りない一面を見せていると、男性から嫌がられる存在になってしまう恐れもあるため、仕事内容に関係のないときに、これらの行動をとってみましょう。

知らないことは素直に教えてもらう

分からない言葉があった時、意味が理解できない時、知らない事柄に直面した時、年上男性に素直に聞いてみましょう。

「恥ずかしい」「バカだと思われたくない」といった小さなプライドから聞けない女性も少なくありませんが、年下女性だからこそ許され愛される行動の一つです。

わからないことを「わからない」と素直に聞けるところが、年下女性の魅力的な部分なのです。

聞かれた時、男性は「バカだな」「恥ずかしい人だな」などと思いません。

素直に聞けることや、学ぼうとする姿勢に、むしろ好感を持つでしょう。

初めての場所に連れて行ってもらう

年上男性は、年下女性の「初めて」が大好きです。

初めての場所へ連れて行き、無邪気に喜ぶ姿を見るのが非常に楽しく、幸福を感じるのです。

年上男性を落とす際は、初めての場所に連れて行ってもらうようにしましょう。

具体的な場所を指定するのではなく、「こういった場所に行ったことがない」「こんなものに興味がある」などと、ざっくりとしたニュアンスで伝えるようにしましょう。

あくまでも主導権は男性に握らせ、男性が「やってあげた」と感じられるようにしましょう。

その方が、男性の満足度や幸福度が高くなります。

常識はしっかりと身につける

年下女性だからといって、何もかもが許されるわけではありません。

年下女性の魅力を勘違いし、失礼な発言や常識をわきまえない振る舞いは、男性を引かせてしまいますし、一緒にいて恥ずかしいと感じさせてしまいます。

逆に、常識ある振る舞いや一般的な社会人としての振る舞いをするだけで、「年下なのにしっかりしている」と好感触を与えることができます。

食事のマナー

食事のマナー
デートや外出の定番は食事です。

食事の頻度は非常に多くなる傾向がありますし、自身の食事姿は、見せる機会が多いものです。

つまり、食事のマナーがきちんとできないと、それだけマイナスな面を見せてしまうことになるのです。

肘をついて食べない、箸をかまない、こぼしたり、見ていて不快になるような汚い食べ方をしないなど、当たり前の食事マナーを身につけるだけでいいのです。

この当たり前の食事マナーができない人は、意外に多いのです。

なぜなら、自身の食事姿など見る機会がないからです。

フォークやナイフを使ったテーブルマナーを身につけたり、グラスについたリップを拭うなどよりも、一般的な食事でのマナーについてしっかりと身につけてみましょう。

仲良くなっても敬語を使う

仲良くなると、気分が緩んでしまい年上男性に対して敬語を使わなくなります。

仲良くなったからこそできることですが、交際前はできるだけ敬語を使う必要があります。

また、交際後も、男性の知人の前に行った時は、敬語を使うのがマナーです。

しっかりとした敬語が使える女性は、男性をたてることができますし、男性を上手くたてられる女性を、男性は好みます。

「敬語は使わなくていいよ」と言われても、時々敬語を外すくらいでちょうどいいでしょう。

その方が、新鮮味が失われませんし、敬語を外した瞬間の可愛らしさをいつまでも演出することができます。

デートのあとのお礼の連絡

デートの後、最初のうちは毎回お礼を言っている人も多いでしょう。

しかし、次第にデートに慣れてしまい、お礼の連絡や帰宅の連絡をしなくなってしまう女性がいます。

付き合ってからは、毎回お礼を言う必要はありませんが、交際前は特にデートの後必ずお礼の連絡をしましょう。

礼儀がある人と思わせることができますし、いつまでも礼儀を忘れない姿に、「年下なのにしっかりしている」「付き合ってからも大事にしてもらえる」などポジティブな印象を与えることができます。

おごってもらって当たり前だと思わない

年上男性だからといって、女性におごることが当たり前ではありません。

毎日働いて得たお金を、他人に使うという行為について、軽んじてはいけません。

そういった事が当たり前になってしまうと、仕事やお金への感謝が薄れますし、男性への感謝も薄れ尊重する気持ちもなくしてしまいます。

何かをおごってもらったら、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

そして、たまには男性へあなたが奢ることも必要です。

もし、男性が女性におごられることを嫌がるようなら、小さなプレゼントなどを用意して、日ごろの感謝を伝えましょう。

自立した女性になる

男性に素直に頼れること、甘えられることが年下女性の魅力ですが、自立心がいらないわけではありません。

恋愛や人間関係の大前提は、自立していることです。

誰かに頼らなければ生活できなかったり、自分で何もできないようであれば、恋愛や人間関係を始める以前の問題なのです。

年上女性は、自立心が大きくなりすぎるため、恋愛関係が上手くいかなくなりますが、年下女性は自立心がなさすぎることによって恋愛関係を破綻させます。

自立心は、どちらの女性にとっても大切であり、バランスが重要なのです。

仕事をテキパキとこなす

仕事では、年下年上と言ってられません。

会社や雇用者からお金をもらっているのですから、それに見合った働きをする必要がありますし、男性に甘える場所ではないのです。

休憩中や、休日は男性に甘えればいいのですし、仕事中はテキパキとするべきことを行いましょう。

家事は一通りできるようになる

自立が必要なのは、仕事に限ったことではありません。

家事についても、一通りできるようにしておく必要があります。

なぜなら、生きていくうちは必ず家事を続ける必要があるからです。

共働きになったとしても、女性の家事負担は大きいものです。

それらが全くできなければ、男性は結婚を考えられませんし、自立している女性とは言えないのです。

他人に流されない

好奇心と行動力があり、何でも楽しそうにするのが年下女性の魅力です。

しかし、他人に流され過ぎたり、メディアに踊らされている女性は、量産型女子になってしまいますし、他の女性と見分けがつかないような女性に対して、男性は心を惹かれません。

アドバイスは素直に聞き入れる必要がありますが、何でも受け入れればいいというわけではないのです。

自分に必要な事は何なのか、自分の頭で考える癖を忘れないようにしましょう。

大事なことはギャップを見せること!

年上女性でも、年下女性でも、恋愛ではギャップを見せることが重要です。

「こういう印象だったのに、違った」という部分に男性は目を惹かれます。

つまり、自分を見てもらうためには、ギャップを見せる必要があるのです。

年下女性としての魅力を活かすためには、それに負けないほどの大人っぽさと良識、マナーを身につける必要があります。

優しく包み込んでくれる年上男性と素敵な恋をしよう

年上男性との恋愛は非常に楽しく、魅力的なものです。

自分が知らなかった多くのことを教えてくれますし、自分の姿をおおらかに見守ってくれるのも、年上男性ならではです。

そんな魅力的な恋愛をするためには、自分の持っている魅力を知ることと、その活かし方を知る必要があるのです。

どちらが欠けても、自分を活かすことができませんし、自分が活かせない恋愛は、続けていても苦しくなってしまいますし、魅力的な男性を落とせない場合もあるのです。

年下女性が持つ魅力を、最大限活かし、年上男性との恋愛を楽しんでみましょう。