恋のキューピットの仕事5選!友達の恋愛を成功に導くためにやるべきことを教えます!について
「恋愛に積極的になれない」「好きだけど行動できない」そんな友達の悩みを聞いたことはありませんか?

それはもしかしたら、あなたに助けて欲しいとサインを出しているのかもしれません。

恋愛に苦手意識を持っている人は多く、身近な存在が手助けしてあげることで、スムーズに発展していく場合が多々あります。

この記事では、そんな恋のキューピットの仕事内容と優れた恋のキューピットになる方法についてご紹介していきましょう。

恋愛に悩んでいる女性は多い

恋愛に悩んでいる女性
「恋活アプリ」「婚活アプリ・パーティー」など、恋愛に関するアプリやサービスは非常に多く、市場規模も年々大きくなっています。

なぜ、恋愛に関するサービスがこれほど充実してきているかというと、それだけ「恋愛」に対する欲求が多いからなのです。

恋愛したいと考えている女性は今も昔も非常に多いのです。

しかし、恋愛関連サービスが充実しているのは、恋愛に対する欲求だけが関係しているわけではありません。

恋愛に対する欲求が強いだけなら、自分たちで積極的に行動し恋愛を楽しめばいいだけなのです。

つまり、恋愛に対しての強い欲求と、一人では恋愛を進められないという女性が多いことから、恋愛関連サービスが発展・充実したということなのです。

恋愛をしたいという欲求を持っていても、「どのようにして恋愛を始めればいいのか」「どうやって関係を築いたらいいのか」など、恋愛に悩んでいる女性は大変多く、それらをサポートするために、恋愛関連サービスが発展・充実しています。

恋愛に関する悩みは、多種多様にあり、具体的な解決策を見つけられず、時間だけを費やしていく女性も少なくありません。

まずは、恋愛に悩んでいる女性の悩みについてご紹介していきましょう。

自分自身の恋愛関連の悩みと見比べながら、世間の女性がどのようなことで悩んでいるのか知ってみましょう。

恥ずかしくて積極的に行動できない

恋愛に関する女性の悩みで多いのが「恥ずかしくて積極的に行動できない」というものです。

数十年前までの恋愛は、男性がリードしてくれましたし、告白も大半が男性からでした。

女性は受動的に待っているだけで、比較的スムーズに恋愛が進んでいた時代があったのです。

しかし、現代は待っていても簡単に恋愛が進展していく時代ではありません。

そのため、女性からも積極的に男性にアプローチすることが必要なのです。

しかし、受動的な恋愛をしていた以前の名残から、自ら積極的に男性にアプローチできる女性は多くありません。

気になる異性を見かけても、男性のように声をかけることができませんし、自らアプローチして交際を申し込める女性もそれほど多くないのです。

また、恋活アプリや婚活パーティーなど、参加・利用していることを友人に知られたくないと思ったことはありませんか?

その理由は、女性が積極的に恋愛に対して努力するのは「恥ずかしい」といった印象を持っているからなのです。

恋愛に対して積極的に行動していると、「モテない女性のようで恥ずかしい」「ガツガツしているようで恥ずかしい」といった意見も聞かれることから、女性が恋愛に関して努力し行動するのは「恥ずかしい」といった印象を持っている女性が多いということが分かります。

嫌われるのが怖い

臆病な女性に限らず、誰でも「人に嫌われたくない」と感じます。

気になる男性がいても積極的にアプローチできないのは、アプローチして努力して行動しても、「嫌われたらどうしよう」といった恐怖心を持っているからです。

自分から積極的に努力し行動した場合、成功したならそれらは全て自分の喜びとなります。

しかし、逆もまた同じで積極的に行動し努力したのに失敗した場合、それら全ての悲しみが自分自身に降りかかるため、怖くて行動できなくなってしまうのです。

女性はもともと、集団で行動するように遺伝子に組み込まれています。

単独で狩りをする男性と違い、知恵を使い周囲と協力し、生活を成り立たせていたのです。

そのため、1人で努力したり行動したりすることに恐怖心を感じますし、「誰かに助けて欲しい」「誰かと協力したい」といった感情を持つのです。

どう進展させて良いか分からない

男性が積極的な場合、恋愛関係をリードしてくれますし、女性はそれらを受け取るだけでスムーズに発展します。

しかし現代は、積極的な男性ばかりではありません。

絶食系男子と呼ばれる恋愛に無関心な男性がいたり、女性主導で恋愛を進めて欲しいと考える草食系男子がいるなど、非積極的な男性が非常に多くなりました。

そのため、恋愛に関して女性が主体となって進めなければ、進展できないケースも多くなったのです。

しかし、これまで受動的であった女性が簡単に主導権を握り、上手にリードできるはずがありません。

良い感じになっても、相手の好意を感じていても、その後どのように進展させたらいいのかわからない女性が非常に多いのです。

友達以上恋人未満のような曖昧な関係のまま数カ月~数年過ごすこともあります。

そういった曖昧な関係を続けているうちに、男性が他の女性に目移りする場合もありますし、他の肉食系女子に取られてしまう場合もあり、さらに自信を失くし、恋愛の進展方法に悩んでしまう女性が非常に多いのです。

誘うタイミングが分からない

女性の恋愛に関する悩みで、意外に多いのは、「誘うタイミングがわからない」です。

前項でご紹介したように、女性はこれまで受動的な恋愛を続けてきました。

男性のように自分から女性を誘ったり、「告白」「プロポーズ」など、恋愛発展のきっかけを自ら作ったことがありません。

そのため、どのようなタイミングで誘ったらいいのか、どのような関係になったら恋人となりえるのかなど、恋愛に関するきっかけの掴み方が得意ではないのです。

女性はもともと、周囲の空気感を読んだり、他者の表情から相手の気持ちを察することが得意です。