老け顔ってどんな顔の写真
老け顔であることをコンプレックスに感じる女性は多いです。

自分だけかなと鏡を見ては落ち込んでしまうこともよくあるのではないでしょうか。

これは仕方ないことだと半ば諦めてしまうのはとてももったいないです。

老け顔に見られてしまう原因を理解して、老け顔を卒業しましょう。

そして生き生きした自分になり、新しい出会いを探しましょう。

今回は老け顔に見られる原因11選とその対策12選をご紹介します。

老け顔を改善して自信を持って出会いを探そう

老け顔を改善して自信を持って出会い

老け顔ってどんな顔のことを言う?

老け顔とは年齢よりも年上に見られる顔のことを言います。

シミやシワ、艶を感じないヘアスタイル、疲れたような表情、感情の起伏を感じない表情、年相応よりも年上に見える服装など色々な要素があります。

落ち着いているように見えるという意味では良い意味なのかもしれません。

人によって大人っぽく見られることを嬉しいと思う人がいれば、若く見られないことにショックを受ける人もいます。

女性はほとんどの人がいつまでも若く美しくいたいものですので、悲しい気持ちになることのほうが多いかなと思います。

老け顔と言われる顔

老け顔にはいくつか原因があります。

年齢よりも年上に見られる。

どこか疲れたように見える。

ニキビ、乾燥、毛穴など色々な肌トラブルを抱えている。

といったものが考えられます。

自分が老け顔と言われる原因がどこにあるのかきちんと理解して解決することで、それは克服できると思います。

実際に自分が老け顔だと言われるとショックを受け、なげやりな気持ちになってしまいます。

少し気持ちが落ち着いてからでかまいませんので、どうすればいいのかを考えていきましょう。

そのまま放っておくのと、改善しようと頑張るのとでは未来は変わってきます。

持って生まれた要素よりも、自分のケアを出来ているのか、プラス思考なのかマイナス思考なのかは大きく影響するでしょう。

まずは老け顔だと言われる原因から見ましょう。

年齢よりも老けて見える顔

年齢よりも老けて見える顔、もともと大人びた顔立ちであることは要素になるでしょう。

シミやシワ、たるみ、くすみといった年齢からきてしまうものがまずあります。

面長な人はどちらかと言うと落ち着いて見えるので、実年齢よりも年上に見られるでしょう。

メイクやヘアスタイル、服装といった毎日の習慣や自分の好みからくるものもあるでしょう。

性格が落ち着いていて、あまり表に出ることを得意としないといった性格的なものも考えられます。

年齢よりも老けて見える顔の背景には色々な要素があることを分かって貰えたでしょうか。

こんなにあるのかとすでに重たく思われたかもしれませんが、一つ一つと向き合って自分を変えていきましょう。

いつもお疲れ気味の顔

プライベート、仕事、学校生活は充実していますか?

お疲れ気味の顔になってしまうのには様々な要素があります。

自分のことを振り返ってみてください。

いつも時間に追われていて休みがない。

夜型の生活をしていて朝はなかなか起きられず、身支度はバタバタしてしまう。

ストレスの捌け口になりそうな趣味や好きなものは特にないので、心のどこかにいつもイライラを抱えている。

心を開いて、自分のことをトコトン話せるような人が近くにいない。

一つ一つの物事をマイナス思考で捉えてしまう。

当てはまるもの、あるいは近いなと思われたものはありましたでしょうか?

長年の考え方や習慣は簡単に変えられないかもしれませんが、少しずつ変わりましょう。

老け顔だと言われることを減らせるだけではなく、自分の生き方そのものを変えるきっかけになればと思います。

肌トラブルなどが多い顔

女性にとって肌のお悩みはあるあるですよね。

人それぞれが抱えているコンプレックスでもある肌トラブルを克服して、自分に自信を持たせてあげましょう。

以下のうちで当てはまるものはありますか?

毛穴の開きが目立ってしまい、ファンデーションやコンシーラーではカバーしきれない。

肌の乾燥やテカりが目立ち、化粧のりがよくない。

大人ニキビを繰り返してしまう。

目元にハリがなくアイメイクがうまくいかない。

睡眠不足や夜型の生活になり、目元のクマがキレイに取れない。

コンシーラーを使ってもカバーしきれない。

ソバカスが目立つ。

その他にも色々なものがありますが、多くの女性が色々なコンプレックスを抱えていると思います。

つい、これは自分の体質や肌の弱さからくるものだから仕方ないと諦めてしまいますよね。

スキンケアや生活習慣を見直すだけでもかなりちがいますので、是非見直して貰えたらと思います。

老け顔と言われてしまう原因11個

老け顔と言われてしまう原因

なぜ自分が老け顔と言われるのか?
それは持って生まれたものがほとんどの原因ではなく、今までの習慣から来ている色々なものがあります。

ざっくり言われても難しいものがあると思いますので、11個に分けて説明させていただきます。

是非、今までの自分を振り返るきっかけとして貰えたらうれしいです。

頭が痛くなるような内容から、すごく共感できる内容まで様々です。

未来の老け顔の自分とさよならしましょう。

では、始めます。

1 シワが目立つ

目尻、口元のほうれい線、おでこ、頬など顔のシワが目立つと老け顔に見られてしまいます。

浅いシワ、深いシワに分けて紹介します。

浅いシワ、手で引っ張ると伸びてなくなるものは乾燥によるものが多いです。

早めからの保湿ケアをしましょう。

化粧水、乳液、保湿クリームで念入りにケアして、1週間に一回のペースでパックするのがいいと思います。

基礎化粧品にそこまでコストをかけられない時は、ドラッグストアのものでも充分です。

わりと大手製薬メーカーが出しているものや、無添加の敏感肌用のものまであります。

化粧品カウンターのように専任スタッフはいませんが、数人化粧品に関する知識を持つ女性スタッフはいます。

是非、声を掛けてみてください。

コストをかけてでも保湿に力を入れたい人には資生堂のグラナスシリーズがおすすめです。

基礎化粧品からファンデーションまでひととおり揃います。

とにかく時間がないという方には、オールインワンでもかまいません。

お財布事情と相談しながら、ご自身に合うもので毎日の保湿ケアを頑張ってください。

深いシワは日々の表情、加齢、生活習慣からくるもので、手で引っ張っても取りきれません。

シワの進み具合が深くなればなるほど改善が基礎化粧品での回復は難しいので、早めからの対策が大切です。

出来るだけ明るい表情を心がけ、顔のストレッチをしましょう。

シワ取りクリームは気になる部分に直接少量塗るものです。

ポーラから出ているリンクルショットはそのために開発されました。

わりと高価ですが試す価値はあります。

資生堂のリンクルクリームやKOSEのリンクレスもおすすめです。

いずれのシワ取りクリームも、念入りに保湿ケアを行った上でしてください。

コストがかかる頭の痛い話かもしれません。

でも、1日でも早くケアするのがベストなので色々試してみてください。

2 シミがある

シミがある

顔にシミがあると暗い印象になりがちで、老け顔に見られてしまいます。

シミの一番の原因は紫外線により、メラニンが活性化することにあります。

夏だけではなく、その他の季節も念入りに日焼け止めを塗るようにしましょう。

不規則な生活をして、細胞の生まれ変わりがが一番活発化する22時~2時くらいに起きているのもよくありません。