気遣い上手な女性の特徴6個とそんな女性がモテるわけとは?実践しやすいモテテクニックもご紹介!について
周りの人に気遣いができる女性というのはモテます。

好きな人にだけ良い顔をするのではなく、誰に対しても気遣いができる女性のモテ度は確実にアップします。

気遣いは相手がその場では気付かずに、後でその気遣いに気づくようなさりげない気遣いがいいでしょう。

気がつけばあなたの気遣いに助けられていたとか、心が和んだとか、そんな恩着せがましく思わせない気遣いをすることができればいいですよね。

しかし気遣いは実践しようとすると意外と難しいものです。

ではさりげない気遣いができる女性はどんなことを考えながら気遣いができているのでしょうか?

気遣いができる女性の特徴や、上手に気遣いができるコツをご紹介します。

私も気遣いができるようになりたい!モテたい!という人には必見です。

それほど美人でもないのにモテる人いませんか?

あなたの周りにいつも人が集まっている人がいませんか?

周囲の人から頼られたり、飲み会にいつも呼ばれたり、休みの日も友達と遊ぶ約束が絶えない人。

そして職場では頼られていたり、上司からの信頼も厚い人、そんな人は見た目は普通でも男性から人気がありモテているという話もよく耳にするでしょう。

特に見た目が人より秀でているわけではないのにモテる人はなぜなのでしょう。

そしてそういう人と実際一緒にいると居心地がいいと感じます。

あなたがその人のことを思い出したらどういう気持ちになりますか?

一緒にいたいとか、誘ってほしいなどプラスの印象しか出ないのではないでしょうか。

男性だけでなく女性も人が集まる誰からもモテる人、そんな人について考えてみましょう。

その理由はズバリ「気遣い」ができる人なんです!

それほど美人でもないのにモテる人、男性からも女性からも人気がある女性、それはその人が周りにいる人誰に対してもさりげない気遣いができる人ではないでしょうか。

気遣いと言っても、相手が恐縮したり面倒だなと感じるようなお節介な気遣いとは違います。

さりげない気遣いで相手に気を遣わせることなく、そっと人に手を差し伸べることができる行動や発言ができる人です。

そんなさりげない気遣いができる女性は、男女問わず好印象を持たれ誰からも好かれています。

同年代だけでなく幅広い年齢層の人から人気があります。

全ての人に好印象を与えることができる気遣いができる人の周りには、たくさん人が集まり一緒にいたいと思われています。

あなたも「気遣いができる人」という評価を受けたらどう思うでしょう。

とても良い気分になれると思います。

そして社会では「気遣いができる」という評価は最高の褒め言葉でしょう。

男性はその気遣いに惹かれやすい

気遣いができる人は周りの空気を読むことができます。

今は話しかけない方がいい、声をかけずにそばにいるだけでいいなど、相手の状況をよく見て今必要なことを察知することができます。

仕事で疲れている時に空気を読み、一緒にいてくれるだけでもホッとするものです。

何かをしてあげるから気遣いができるだけでなく、何もしないことも相手に対する気遣いな時もあります。

そういう状況を敏感に感じ取ることができます。

仕事場では頼んでもいないのに会議に使う資料のコピーをしていてくれたり、ついでだからとコーヒーを持ってきてくれたり、職場においても気遣いがある女性は信頼されます。

相手が欲していることを察知して、言わずともさりげない優しさができる女性は、一緒にいると大切にされているような気持ちになります。

一緒にいると落ち着く、また会いたいな、一緒にいたいなと思えるので男性はそんな女性に惹かれていきます

気遣い上手な女性の特徴6個とは?

気遣い上手な女性の特徴
気遣いはできるようで実際にやってみると難しいなと感じることがあります。

わざとやっている気遣いになってしまうことだってありますし、必要のない人へ気遣いをすることで迷惑がられているかもしれません。

周りに気遣いできる人がいるので、あえて気遣いをする必要がないと思ってしまうかもしれません。

でも気遣いはちょっとしたコツでできます。

そして相手に逆に気を遣わせてしまうような気遣いではなく、さりげない気遣いまでできるようになります。

まずは気遣いができる女性の特徴を研究してみましょう。

1:その場の全体を見ている

さりげない気遣いができる人ほど周りをよく見ています。

誰かと話をしていてもその周りにいる人の様子もよく見ています。

周りに話に加わっていないが、話に加わっても良い状況だなと思ったらさりげなく話しかけて会話の輪に誘導してきます。

気遣いだと思って「こっちに来て話に加わらない?」と直接声をかけたら共通の話題がなかったり、誘ってなかった人が悪いかのような気持ちにさせ、全体を気まずい雰囲気にさせることだってあります。

さりげない気遣いができる人は全体をよく見て状況判断に長けているため、あくまでさりげなく誰に対しても嫌な思いをさせることなく気遣いができるのです。

2:物事の先を読もうとしている

気遣いができる人は先のことを読む能力に長けています。

先を読みつつ、相手の立場に立って想像力を働かせています。

例えば会議に必要であろう書類があればあらかじめ用意しておいたり、周りの人のためになるようなことを先に行動しておくことができるのです。

この能力は色々な面で役に立ちます。

経験があるから先のことを読むこともできるのでしょうが、一度経験したことを学習して後に生かすことができています。

気遣いの心があるからこそできる行動です。

3:物事の変化に敏感

周りをよく見ているためちょっとした変化にも敏感です。

周りの人の行動や表情を見て気づいたことに対して行動をしています。

メガネを変えた人がいれば「メガネを変えたんですか?前のも素敵だったけど今度のもよくお似合いですね」と変えたことに気づくだけでなく、その人がメガネを変えたことは正解だったんだと喜ぶような声かけができます。

顔色が悪い人がいれば「お加減が悪いんですか?」と声をかけてあげることは誰にだってできるのですが、気遣いができる人はさらに「お仕事変わりましょうか」とプラスαの声かけをすることができます。

元気がない人がいればさりげなくランチに誘い、二人っきりの状況を作り話しやすいような状況を作ります。

その場に応じてその時に一番良いと思われる行動をとることができます。

4:自分より他人優先

気遣いのできる人は他人を優先した行動をよくとります。

ドアを開けて先に通してくれたり、電車では空いた席に先に座らせてくれたり。

それは何かをしてあげたと恩着せがましい親切心ではなく、あくまでさりげなくスムーズに当たり前のように行動しています。

席に着く時、狭い道を通る時、会議で発言する時などその優しさは大げさなことではなく、何気ないちょっとした行動が気遣いを感じさせます。

相手に気遣いをしたことで、次の時には相手の方があなたに同じような気遣いをしてくれるという場面もあります。

そんな場合には素直に「ありがとう」と伝えて気遣いを受け入れます。

いつも自分が優先の気遣いは、同じように気遣いができる人にとってはあまり好ましいとは思えません。

どんな人でもお互いが気持ちよく過ごせるために、相手が喜ぶ気遣いができます。

5:空気が読める

周りの空気を素早く察知して発言や行動をすることができます。

相手の気持ちを察して状況をよく理解し、臨機応変に行動を変えることができることを空気が読めると言います。

丁寧に話すことを優先しすぎるあまり、相手が急いでいることに気付かず、まどろっこしい言い方をしてしまってはKY(空気読めない)な行動ですよね。

相手が急いでいるなとわかった時には、少々の例節を省いても端的に必要なことだけを話すのも気遣いでしょう。

仕事でミスをしたばかりの同僚に「大変だったね、相談に乗るよ」と声をかけたら、同僚は「今は放っておいてくれ」と思うことだってあるでしょう。

時には放っておくことも気遣いです。

今は話しかけない方が良い、慰めた方が良いなど相手の状況や気持ちの変化を気にかけて行動できるので、周囲からは何かあったら頼れるという存在に思われます。

6:友人が多い

友人
気遣いができる人は友人がとても多いです。

一緒にいると居心地が良いと感じるので人からのお誘いも多いでしょう。

また気遣いのできる人は一緒にいて安心するので、誰に会わせても間違いがないと思えます。

だから友達は別の友達にも紹介したくなり、友達の友達も仲良くなったなんてこともあります。

場の雰囲気をよくしてくれるので、合コンにもよくお声がかかります。

合コンでは周りのことを見て、気が合いそうな人同士がいれば仲良くなれるようにさりげなく気を回したりしてくれます。

周りのことばかりで本人は彼を見つけられるのかな?なんて心配していても、ちゃんとお気に入りの人とデートの約束をしていたりなんてこともあります。

周りの人だけでなく自分のことも大切にしているので、安心して気遣いを受け入れることができるのです。

そんな人の周りに人が集まらないわけがないですよね。

気遣いができる人とは他人を大切にしている人である

気遣いができる人は相手が喜ぶ姿や楽しそうにしているところを見るのが好きなのです。

他人を大切に思っているので相手が喜ぶであろうことをします。

単にその気持ちだけで行動しているため、恩着せがましさを感じることはありません。

なぜモテるのか?

気遣いができる女性は男女共にモテています。

男性にモテる気遣い・女性にモテる気遣いという区別はありません。

気遣いの本質は男女関係なく同じ要素なのかもしれません。

気遣いは相手の気持ちを推し量って気持ちの良いコミュニケーションが取れることです。

自分がされて嬉しかったことをする、自分がされて嫌なことはしない。

これが原点でしょう。

男性にとってされて嬉しかったことは女性にはわかりませんが、気遣いができる人は相手のことをよく考え、想像することもできるので「多分男性がされて嬉しいと思うことをやる」という考えになります。

それゆえに男性は一緒にいて良い気分にさせてもらったり、居心地が良いと感じるので気遣いのできる女性に惹かれるのです。

一緒にいて心地よい

気遣いのできる人と一緒にいるととても居心地が良いと感じます。

発言が同時になった時に「お先にどうぞ」と言ってくれます。

その時に「お先にどうぞと言うことが礼儀」という態度が見えたらそれは気遣いではありません。

でも気遣いのできる女性の「お先にどうぞ」は「私の話よりあなたの話が聞きたい」と思っているように受け取れます。

ですから相手は気持ちよく話をすることができます。

自分に関心を持ってくれている、期待してくれていると思わせるような気遣いができるので、周りにいる人は一緒にいて居心地がいいと思います。

男性は安心できるような女性のことを選びます。

若い時はドキドキするような恋愛も楽しめたのですが、結局選ぶのは居心地がよく安心できる女性と一緒になりたいと思っています。

自分のことを見てくれていると感じる

気遣いのある人は相手のことを一番に考えてくれているので、一緒にいると大切にされているなと感じることができます。

そこに恋愛の優劣や男女の差を感じることはありません。

「私の方があなたのことを好きだから尽くしています」とか、「男性のことを大切にするのは当たり前」とか、そのために気遣いをしているのではありません。

相手のことをよく見て、相手に今必要なことは何かと考えてくれていることが行動から分かるので、「自分のことをよく見てくれている」と感じることができます。

男性は母親を求めている、理想の人は母親なんて言われますが、それは自分自身のことをよく見てくれて理解してくれているので安心できるからです。

そんな風に自分のことを見てくれている女性がいれば、間違いなく理想の人だと思うでしょう。

将来を描きやすい

男性も結婚を考えた時には将来のことを考えます。

親や親戚・兄弟に結婚する相手だと紹介しても祝福してくれるような相手か、自分の友達と仲良くできたり大切にしてくれるかということも考えます。

また会社では夫婦で参加できるようなイベントがあるかもしれません。

その時に上司・先輩・取引相手など仕事関係の人に対してちゃんと接してくれるかということまで考えます。

その時に気遣いのできる人なら将来大丈夫だと思えるのです。

また家を買う時、子供ができた時、親が年老いた時、夫婦が年老いた時など将来を描いた時に、素敵な未来像を描けます。

堅実な男性ほど気遣いのできる女性とお付き合いしたいと思います。

彼女になった時に周りに紹介しやすい

男性は、気遣いのできる人を彼女にしたら、友達に紹介した時に羨ましがられるだろうなーなんてことも考えています。

友達に自分の彼女を紹介した時に容姿がよければ羨ましがられるでしょうが、彼女の人となりもとっても大切です。

友達と仲良くなってくれるだろうか、友達に自分とのラブラブで恥ずかしくなるような話をしないだろうか、昔話を聞かされてヤキモチを焼かないだろうか、など心配事もあるでしょう。

でも気遣いのできる女性だったら「友達に会わせても問題があるとは思えない!」と思えるのです。

彼女として友達に紹介されるのも嬉しいですもんね。

気遣いはあくまでもさりげなくすること

気遣いの絶対条件は「さりげなく気遣う」ことです。

気遣いを間違った捉え方をしてしまうと「押し付けがましい気遣い」になってしまいます。

すなわちそれはお節介のことです。

本人は気遣いができているつもりでも、それがお節介になってしまっていては相手にとって迷惑です。

仕事で悩んでいる時に、まさに悩みの原因である職場で「元気ないけどどうしたの?相談のろうか?」などとみんなに聞こえるような声で言われたらどうでしょう。

周りの人も思いやりから「大丈夫?どうしたの?」と声をかけてくるでしょう。

その原因がこの職場にあるなんて言えないことだってあります。

そんな気遣いは全く勘違いな行動です。

あくまでもさりげなく、相手は気遣われたことに後になって気づくくらいの気遣いを心がけましょう。

無理にすると押し付けになる

周りが「お構いなく」と言っているにも関わらず「大丈夫!私がしたいだけだから」と言うのはただの善意の押し付けです。

そもそもさりげない気遣いができる女性は相手に「お構いなく」と言わせることはありません。

さりげない気遣いができる女性は何も言わずに気遣いをして、相手が後になって「やっててくれたの?」と気づくのです。

さらに「勝手にやっちゃってごめんね」の一言まで添えて、相手が恐縮しないような雰囲気作りまでできるのです。

気遣いを押し付ける人は「必要ならやっておくよ」と先に言っちゃう人です。

必要なら自分から言うから、、、なんて思われますし、いちいち恩着せがましいことを言われたら気遣いとは言えませんよね。

実践しやすいモテテクニック

さりげない気遣いとは実践するとなると結構難しいものです。

周りの空気を読むことが得意な人なら気づいたことを実践するだけでいいのでしょうが、空気を読むことが苦手な人だっています。

でもいつもしているような行動にちょっとしたコツを掴むだけで、さりげない気遣いになることだってあります。

誰でも実践できて、さらにモテるテクニックをご紹介します。

男性をたてる

男性はたてられると男性は嬉しいものです。

本当は自分でできることでも男性に手伝ってもらいましょう。

終わった後は気持ちよく「ありがとう」とお礼を言うと、男性は頼られたと思って良い気持ちになります。

男性の話をさも面白そうに聞き相槌をうち、面白い面白いと聞いていると彼はより楽しく話をすることができます。

それは気遣いでもありますが、その先には男性の喜ぶ様子が見ることができるのです。

彼に喜んでもらいたいと思って男性をたててみてください。

男性はあなたのことを恋愛対象に見るようになります。

デートの会計はレジを支払ってもらったあとにお金を渡す

デートで彼がお会計をしてくれる時にそれが彼の奢りであっても、割り勘であってもあなたがお財布を出すタイミングはお店を出た後がいいでしょう。

彼がお会計の時にお財布を出して欲しくない心理はこうです。

一つ目は女性にご飯を奢る経済力があるのだと周りの人に思われたいからです。

二つ目はレジの前でいくらかな?などと言いながら、モタモタと小銭を出している姿を格好悪いと思う人がいるからです。

お店を出るまでにいくらなのかは見ておくか検討をつけておきましょう。

そしてお店を出てから彼にお金を渡します。

そんな時に彼は女性から少ししかお金を受け取らないかもしれませんし、全く受け取らないかもしれません。

そんな時は素直にお礼を言いましょう。

美味しかったなど感想も添えてお礼を言うとよりいいでしょう。

奢ってあげてよかったなと彼もあなたの気遣いに嬉しくなるでしょう。

彼の知り合いの前では彼を褒める

彼は友達に対してもいいところを見せたいなと思うことだってあります。

彼の友達に会った時に、ここぞとばかりに彼の不満をぶつける人がいます。

でもそれは余計に彼のよくないところを増幅させてしまいます。

彼の友達や知り合いの前では彼の良いところだけを言い、彼のことを褒めましょう。

彼は友達や知り合いに顔もたちますし、普段から自分の良いところをそんな風に思ってくれているんだと嬉しく思うでしょう。

褒められることが多いと、これからももっと彼女に優しくしようと考えてくれます。

彼の嫌なところを誰かに言いたくなったら、本当に心を許せる人の前にだけにしておきましょう。

女友達の前でも彼のことは褒めておく方がいいでしょう。

どこから彼の耳にあなたが彼のいないところではどう言ってるのかということが知れるかわかりませんからね。

飲み会編

飲み会
飲み会の席で気遣いは重要です。

あまり気遣いをしすぎると男性からすれば水商売でもしていたのか?と思われてしまいます。

またあなたという人がよく気がつきなんでもしてくれる人だと勘違いされてしまいます。

あなたの気遣いで周りの雰囲気がよりよくなるような気遣いをしましょう。

飲み会での上手な気遣いの方法をご紹介します。

グラスの空き具合を気にする

飲み会でお代わりを欲しいと思う時は気を使う場合があります。

グラスに残っているお酒の量からお代わりを気にすることは誰だってできます。

モテる気遣いはその先を行くことです。

相手のタイミングをよく見て気にすることです。

話が盛り上がっていなかったり、よくない雰囲気の会話の空気を感じたら、まだ飲み物がお代わりのタイミングではない見切り発進だとしても、お代わりが必要かどうかを聞いてみるといいでしょう。

その場の雰囲気が変わることがあります。

最初の乾杯は大抵ビールでするでしょうが、その最初の一杯目の減りが少ないなと思ったらもしかしたらビールが苦手かもしれませんし、そもそもお酒が苦手なのかもしれません。

ですから1杯目の減りが少ないなと思ったら、その人にお代わりを聞いてみましょう。

周りの人の手前早々にソフトドリンクにすることができないかもしれませんので、さりげなくあなたの頼むついでにという雰囲気で聞いてあげましょう。

料理の注文を率先してする

料理を注文する時に人任せにしないことです。

人に決めてもらうことが気遣いだと思っていてはいけません。

デートの時や高いお店では注文をこちらが決めることはしないことがマナーですが、飲み会の席ではみんな遠慮して頼もうとしませんし、メニューを見てもみんなで食べれる物が何か分からないという人もいます。

そんな人のためにもまずはあなたが率先して注文をするのです。

唐揚げや餃子などのお肉系、サラダなど野菜系、すぐに出てくる突き出し系などをあらかた注文します。

そしてその後で周りの人に何がいい?とメニューを見せながら聞きましょう。

あなたが先に注文したことで、みんなは食べたいメニューを注文しやすくなっています。

相手の気持ちを先回りした気遣いができるようになりましょう。

酔った人を介抱する

ついつい飲みすぎて酔ってしまった人をさりげなく様子を伺いましょう。

大きな声で「大丈夫?」などと言ってしまっては場の空気が悪くなる場合もありますし、酔っている人は恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

あなたのせっかくの気遣いがお節介になってしまいます。

さりげなくその人の様子を見て、お水を頼んで渡す、トイレに立つよう促すなどしましょう。

トイレに立つ時も最初から一緒について行かずに、見られたくない姿や聞かれたくない音があるかもしれませんからちょっと間を置いてから様子を見に行くといいでしょう。

話題についていけない人に気付く

飲み会の席で誰とも会話ができていない人や、盛り上がってない人はいないかなど周りの様子をよく見ましょう。

輪の中にいても話に乗り切れていない人もいるでしょう。

そんな人がいればさりげなく話を振り、輪の中に入りやすくしてあげるといいでしょう。

相手が話しやすい話題を出したり、話をすることが苦手そうな人であればあなたが話すことを聞いてもらってもいいでしょう。

飲み会の席に馴染めないという人もいるでしょうし、席が悪く話題に乗り遅れたという人もいます。

飲み会の席で孤独を感じると悲しくなってしまいますよね。

そんな人がいないように、あなたが周りを見て気づいてあげましょう。

デート編

デート
実際に彼とデートをしている時にもさりげない気遣いをするチャンスはいっぱいあります。

彼とは気心の知れた仲であったとしても、長く一緒にいるためには気遣いが必要でしょう。

あなたのさりげない気遣いに彼は居心地がよくなり、あなたから離れられなくなるでしょう。

TPOに合わせた服装にする

彼とデートをする時にその日に行く場所や時間によって服装を合わせましょう。

若いうちならある程度TPOに合っていなかったとしても愛嬌で許されます。

でも社会人になってからのデートは気にしなければいけません。

気軽に公園デートの時に気合を入れて歩きにくい靴や短いスカートを履いてきては合いませんよね。

おしゃれをしたい気持ちは分かりますが公園デートなら歩ける靴、座っても気にならない服装、最低限アクティブに遊ぶこともできる服装をしましょう。

お昼の時間のデートなのに、デコルテがあまりにも出ているような服装は合いません。

彼も周りの人から見られる視線が気になってしまうかもしれません。

ホテルディナーの時にミュールなどを履いてはマナー違反です。

ちょっとしたことですが、その日のデートに合った服装をしましょう。

スマホを頻繁に触らない

誰と会っている時もスマホをあまり触らないというのはマナーですが、特にデートの時はスマホを触るのは控えめにしましょう。

スマホを触るということは、彼以外の人とのことが気になるということです。

少なくとも相手にはそう取られてしまいます。

彼とのデートで調べ物をする時には、まず「調べてみよう」と彼に伝えてから触りましょう。

スマホで時間を見るのも彼にしてみたら「早く帰りたいのかな?」と思わせてしまう可能性があります。

時間は周りにある時計でさりげなくチェックするようにしましょう。

その日のうちにお礼のLINEをする

お礼のLINE
デートが終わり別れた後、必ずお礼のLINEをしましょう。

別れてすぐにLINEしてしまうと四六時中彼のことを考えているようで重荷に感じる人もいるでしょう。

タイミングとしては寝る前の常識内の時間、つまり22時くらいまでにするのがいいでしょう。

LINEの内容はその日のお礼です。

何が楽しかったなどを伝えますが、その時に「彼と何をして楽しかったか」ということを書きましょう。

遊園地にデートに行ったならジェットコースターが楽しかったと書くよりも、叫ぶタイミングが一緒だったのが面白かったなどです。

彼と一緒にいたことが楽しかったんだと伝わります。

そして明日からも仕事頑張ろうね、など彼が元気になるようなことを書いてあげるのも気遣いです。

相手のためになる気遣いでモテ度をアップさせましょう!

気遣いができる人は相手のことを思いやることができる心の持ち主です。

相手が喜ぶような心温まる行動を起こすことができることがさりげない気遣いです。

気遣いをしたことで相手も気遣ってしまうようなことはしません。

あくまでさりげなく相手のためを思っての気遣いなのです。

あなたがさりげない気遣いをすることで、周りの人はもっとあなたのことを好きになるでしょう。

そして気遣いは周りにいる人全員にしましょう。

周りからの評判がよくなりますし、そのことが周りから彼の耳に入ることだってあります。

また彼の前でだけ気遣いするのでは疲れてしまいますが、誰にでも気遣いの気持ちがあれば当たり前のように行動することができるので疲れません。

むしろあなたの人間性の一つになるでしょう。

あなたがみんなから喜ばれるような気遣いをすることで、誰からも好かれるモテ女になりますよ。