うざい人と思われてしまう行動と発言10選!気になる男性と付き合うために必要な行動と注意点とは?について
「うざい女」と言えばどんなイメージを持つでしょうか。

ハッキリとした定義はないですが、とてもネガティブなイメージがある言葉です。

大好きな彼氏に「うざい」と言われたら、何もかも否定されているような印象を受けショックですよね。

ではどういう女性に対してうざいと思うのでしょう。

うざいと言われる人には理由はあるはず。

うざい女性の特徴を見てみましょう。

そしてうざいと思われないような対処法もご紹介します。

うざい女を脱出して新しい恋を見つけたい人必見です。

自分では気付かないうちにうざいと思われていませんか?

うざいとは「うざったい」の略です。

「うっとうしい」「わずらわしい」「面倒」「気持ちが悪い」「邪魔」「うるさい」など全ての意味が含まれています。

こうして並べただけでも嫌な言葉のオンパレードですね。

うざいと捉えるのに女性と男性では若干違いがありますが、女子がうざいと思われる人は主にしつこくつきまとってきたり、一緒にいる相手のことを不快な気分にさせる女性のことを指します。

うざいところはあるけど許せるレベルだから友達と思えるような相手と、うざすぎて存在自体が嫌になられる人といます。

男性がうざいと思うのは、束縛されたり頼られたりと過剰な依存をされた時に思うようです。

そしてうざがられている人は大抵自分ではうざがられていることは分かっていません。

自分では思い当たるところがないのに友達が冷たくなったり、遊び相手が減ったなと感じたら、実はうざい行動や発言をしているのかも?と自分を疑ってみてもいいかもしれません。

自らうざい行動・発言をする人はいません

他人はうざい人に面と向かって「うざい」とは言ってくれません。

まして、どこがうざいかなんてことも教えてくれません。

うざい人は自分ではうざいなんて気づきません。

最近どうも周りの人がよそよそしいと感じたり、彼と別れた後で「あいつはうざい女だった」なんて言われていることが耳に入って来てガーンとなってしまうパターンもあるでしょう。

だからこそ、うざい女にならないように自分の行動や発言をチェックしてみましょう。

自分ではなんとも思わないことが他人からすればうざいことも

人は自分の行動や発言は正しいと思っています。

誰しも正しいと思わなければ何も動けませんもんね。

もしも自分が発した言葉や行動がちょっと違うかも?と思えば、周りに相談したり発言を控えたりします。

でも無意識に行っている行動や発言が、他人にしてみればうざいと思われていることだってあります。

厄介なことに自分ではうざい発言や行動をしているなんて気づかないものです。

あなたの周りにも本人はいたって普通ですが、やること言うことがいちいちうざいと感じる女性はいるのではないでしょうか。

一度うざいところが見えてしまった人は、その後何をしても全ての行動がうっとおしいと思われてしまいます。

その他のところは本来なら普通なのに、一度うざいと思われた人は今後の対応が違ってくるのでご注意を。

うざい人と思われてしまう行動と発言10選

では人はどういう行動をする人のことをうざいと思ってしまうのでしょう。

うざい人にはよく見られる特徴があります。

特徴が一つの人もいますし、数個の特徴を持っている残念な人もいます。

自分に当てはまるところがないかを確認するためにもうざい人の行動や発言をご紹介します。

行動編

うざいと思われてしまうような行動をあげてみましょう。

うざい女の行動の特徴は、女性からも男性からもうざいと感じてしまうようなものもあります。

まずは行動編からです。

1:相手によって態度を変える

うざいと思う女性の特徴は裏表がある女性です。

好きな人と嫌いな人の前で態度がハッキリと違う人です。

女性同士で集まっている時には普通の話し方なのに、気に入っている男性が輪に入ってきた途端にあからさまに態度が変わるような人がいます。

目を大きく開いてキラキラさせ、声のトーンを上げて可愛く見せようと言う態度が見え見えです。

その一方で自分が好きではない男性には失礼な態度をとったり、キツイ物言いをすることも。

上司には可愛がってもらいたいために猫なで声を出したり、仕事しているアピールをするような演技派もいます。

相手によって態度を変える女性は、本人は気付かれていないと思っていても周りからは意外とバレています。

そんなことをしていると信用まで失ってしまいますし、そのことに気付いていない自分本位なところも周りからはうざいと思われます。

2:どこでも声が大きい

場所の広さやTPOに応じて声の大きさは変えることがマナーです。

にも拘わらずどこでも大きな声のままで話す人がいます。

声が大きい理由として耳が聞こえにくいとか、盛り上がっているからというわけでもなさそうな場合です。

TPOをわきまえずに大声で話す人に対して周りにいる人はストレスと感じます。

職場でも周りを気にせず大きな声で話したり笑ったりしている人は、自分以外の人は仕事をしている環境だということに気付いていないのでしょう。

うるさいと感じるくらいの大きな声は仕事の邪魔にもなりますし、一緒にいて声が大きすぎると気づいている人も周りに遠慮してストレスを感じます。

電車の中、病院の待合室、恋人との会話中、通話中、それぞれのシチュエーションに合った声の大きさを心がけるようにしましょう。

3:時間にルーズ

時間にルーズ
時間にルーズな人というのは時間の感覚にマイルールがある人が多いです。

どこかに出かけるのであれば、待ち合わせをすることは当たり前でしょう。

ですがその時間に平気で遅れてくる人がいます。

やむを得ず遅れてしまった人は、事前に連絡をして何分遅れることを告げ、着いた時には謝ってくるでしょう。

こういう人は時間にルーズなのではなく、単に遅れただけだと思うのですが、遅れるという行動が常習化されていたり、遅れることに対して連絡がなかったり、遅れてきても謝らない人がルーズと言えます。

遅れることへの罪悪感がないのでしょう。

そういう人に遅れてきたことを咎めると「焦る必要ないじゃん」など開き直るような態度をされることも。

後の予定がないとしても、時間を守った人を待たせてすまないと思う気持ちはないようです。

大幅に遅れてきたのに化粧やヘアスタイルはバッチリだったら、待たされていた相手にとっては「それをするくらいならまず連絡をしてきてほしかった」と思うでしょう。

さらには私生活までだらしがないと思われるでしょう。

4:マウンティングをする

マウンティングとは格付けをする行為のことを言います。

他者と自分を比べて順位を付けたがる女性がいます。

女社会ではよくあることで、カーストという言葉を使う場合もあります。

マウンティングする女性の特徴としては持ち物や高級さをアピールしてきます。

そのまま持ってるものを自慢してくる人もいますが、高度なテクとしてSNSにアップする時に、さりげなく後ろの方に高級なものを背景かのように置いて映している場合などもあります。

学歴や職場の企業規模を自慢してくる場合も。

自虐ネタのように見せかけて自慢してくるような人もいます。

「私なんて料理ヘタだから、この前も(難しい料理)失敗しちゃってさぁ」と難しい料理もチャレンジできるほどの腕前があるアピールをしてくる場合も。

人と比較して自分を自慢するような態度は見ていてモヤモヤしてきます。

特に男性は人と比較するようなことがないため、「で、何が言いたいわけ!?」となります。

マウンティングをする女性は、男性だけでなく女性が見てもうざいと思いますよね。

5:時間を気にせず連絡してくる

時間を気にせず連絡してくる
深夜でも電話やSNSを気にせずしてくる人はメンヘラ傾向にあります。

メンヘラ的な女性は好意を持った相手にはとことん執着してくる傾向にあります。

自分のことを分かってほしい、相手のことをもっと知りたいと思う気持ちが人よりも強く、相手の気持ちはお構いなしになるのでしょう。

普通であれば翌日に仕事があると分かっていれば、あまりに遅い連絡は控えます。

でも相手の予定を気にすることなく遅い時間や深夜に連絡をしてきます。

仮に電話やLINEなどをスルーしてもしつこく連絡してきたり、長いLINEを延々と送ってくるようなこともあります。

相手が明らかに仕事中だと分かる時間にも連絡をしてくることがあります。

特に男性は仕事中に自分勝手に連絡をしてこられると、うざいと思う気持ちが高まるようです。

発言編

続いてうざい人はどのような発言が多いのでしょう。

自分に自信がないが故に、何かと注目を引きたいという心理が働くので、うざいと思われるようなことを言ってしまうのでしょう。

うざい女性の発言とはどのようなことがあるのでしょうか。

6:プライベートな質問ばかり

男性は大切な女性には家族のことやオフの時間についてなどプライベートなことを語りますが、それ以外の人に語ることはありません。

それにも関わらず、根ほり葉ほりプライベートについて質問してくる女性のことを男性はうざいと思います。

今付き合っている人がいるのか、前に付き合っていた人はどうなったのか、など聞かれたくないようなことばかり質問してくる相手は敬遠がられます。

またそのような質問をしてくる人は、聞かれたくないからと話をはぐらかしてもまたその話に戻してきます。

その話を他の人にもしたり、大きな声で話すので周りの人にも聞こえてしまったりと嫌なことのオンパレードです。

男性はこの人ならと思う女性にはプライベートなことを話してくるものなので、相手から話してこない限りは聞かない方がいいでしょう。

7:自慢話が多い

自慢話が多い
自慢話が多い人もうざいと思われます。

このタイプの人は話の中にいちいち自慢話を盛り込んできます。

「新人くんが私のところにばかり質問してくるんだよね、好かれちゃったみたい、困ったな」と私はモテているアピール、「連休は海外旅行に行くんだ、次はどこにしようかな」と聞いてもいないのにお金を持っているアピールをしてきます。

人の自慢話ほど面白くない話はありません。

本当に人がうらやむような物を持っているような人は、決して自慢することはありません。

むしろ反感を買うことのないように隠したりするものです。

自慢をしてくる人の心理は、その話をすることで「すごい」と思ってもらいたいのでしょう。

自己満足することができずに、他人の評価によって自分が満たされるというタイプです。

8:人の悪口ばかり

口を開けば人の悪口ばかりを言う、悪口が癖になっている人は「うざい」というより、一緒にいたくない人と思われているでしょう。

悪口を言う人と一緒にいることで、自分も悪口を言ってると思われたくないですもんね。

おそらく人の悪口を言う人は、人と自分を比べてばかりいる性格で、常に劣等感を持っているのではないでしょうか。

はじめはそれが悪口と感じなかったり興味本位から悪口は面白く感じるでしょう。

しかし話すたびに人の悪口ばかり言っていると、次第にうざいと思われます。

他の話題はないの?なんて思ってしまいます。

さらには「私にこれだけ悪口を言っているということは、私のことも他で悪口を言ってるのかも?」と疑いの気持ちも出てくるでしょう。

また自分が一番正しいと思っていることにも通ずるところがうざいのです。

9:否定的な発言から入る

会話の中で必ず人の言うことは否定する人がいます。

「でもね」「違うの、、」が口癖になっている人がいます。

相手の方から相談をしてきたことに対してくるので親身になりあれこれと考えた上で意見を述べると、あれやこれやと否定をされるとうざいと思ってしまいますね。

相談してきたこと以外にも「週末にランチビュッフェに行くんだ」と言うと「でもあそこってあんまり美味しくないよね」のように、楽しい会話に水を差すようなことを言われると盛り下がってしまいます。

こういう人は会話の中で自分が優位なポジションに立ちたいと思っているのです。

相手を否定することで自分の地位を高く見せようとしています。

つまり否定して相手の評価を下げることで、自分の評価を上げたいと思っています。

一度や二度なら我慢できるようなことでも、会話の何かにつけて否定してくる人とは一緒に話したいとは思わなくなります。

10:決めつけた言い方をする

価値観は人それぞれなのに、自分の価値観を強く主張する人がいます。

自己主張するだけならいいのですが、他人の意見まで自分の価値観で決めつけてくる行動にはちょっとイラとします。

そういうタイプの人は会話に「絶対」という言葉をよく使ってきます。

「絶対こうしたらいいよ」など。

そしてそれを本人は無意識のうちに相手に押し付けてくるので注意しづらいところです。

決めつけるタイプの人は「我が強い人」とも言われます。

自我を押し通そうとすることで相手への気遣いや配慮が欠けていることが多々あるでしょう。

人には様々な意見があり、そういう意見もあるんだと思っていれば相手の発言を受け入れることはできるでしょう。

自分にはなかったところを自分の知識にできます。

でも自分の意見以外は認めない的な発言をされると、視野や心の狭さにうんざりしてしまいますね。

そんな人が男性と付き合うのに必要な行動とは?

自分にうざい女性に当てはまる部分があるかもと思ったら気をつけなくてはいけません。

特に彼が欲しいと思っている女性は真剣に自分を見直してみた方がいいでしょう。

うざいと思われる行動はついしてしまう癖かもしれません。

でもちょっと意識をするだけでうざいところは改善されることだってあります。

男性と付き合いたいと思っている人がこれからの行動で意識すると良いところをご紹介します。

発言する前に一度相手がどう思うか考える

うざいと思われる女性は相手を不快な気分にさせる天才です。

そのことをよく覚えておき、自分が何か発言を口にしようとする前にその発言は相手を不快にさせないかを考えるといいのです。

人と話している時につい自分の話や自慢話に話をすり替えていませんか?

上から目線な言い方になっていないかもチェックしましょう。

これらは全部無意識の行動なのでずっと意識しておくのはとても疲れることですし、気を抜いた時にはまたうざい女になる癖が出てきてしまうこともあります。

ですので常に心の中で目の前にいる相手を尊重するという気持ちを持ちましょう。

相手を尊重していれば、自然にもっと相手の話を聞いてみたいと思います。

相手を尊重することができれば、決して相手を不快にさせるようなことにはならないです。

相手が話すことを聞いてから発言する

うざい女性は相手の話している言葉を遮って話してしまいがちです。

でも会話はあなたのためにだけあるのではありません。

お互いが相手をある程度気遣いながら気持ちよく会話することが必要です。

そのためにも相手が話していることは真剣に聞くようにしてください。

今までだと相手の話を使って、いかに自分の話をしたいかということばかり考えていたはずです。

でも相手の話を真剣に聞こうと思ったら、話の全てを聞く必要があります。

真剣に話を聞いていれば、相手の会話に対して質問や意見だって出てくるはずです。

そうしてお互いの会話が成立していくので、相手の会話をとってしまうような行動にはならないです。

あなたと会話している人に興味を持ち、話を真剣に聞くことをしましょう。

自分のどこが悪いのか書き出す

書き出す
一体自分のどの部分がうざいと思われるのかを知るために、客観的に自分を見つめ直すことも必要です。

そこで自分の悪いと思えるところを紙に書き出してみるのです。

友達が急に怒った時のことを思い出して書いたり、彼に振られた時に言われた言葉を思い出したりするとうざいところが出てきやすいでしょう。

書いているうちにあまりにも数が多いと、だんだんと自分が情けなくなってくることがあるかと思います。

涙を流してしまうことだってあります。

でもまずは自分を知るためにも一度書き出してみてください。

自分を知ることで改善の一歩に

思い当たることが全部書き出せた時には、きっと自分自身のうざい面が見えてくるはずです。

今まで無意識にしていたことでも、自分で自分を知ることによってこれからは無意識が意識しての行動になるのです。

誰しも嫌なことを意識して言うなんてことはないですよね。

書き出すことによって、あなたは今度から話をする時に嫌なことを言っていないかを考えてから発言できるようになるはずですよ。

好かれている人の行動を観察する

観察
周りに自然と人が集まるような誰からも好かれている人がいませんか?

その人の行動をよく観察して、自分とどこが違うのかをチェックしてみるといいでしょう。

話し方、聞き方、相槌、笑い方、きっと好かれている人は素敵だなと思えるところがあります。

うざい人は今まで自分のことしか考えずに話していたのかもしれません。

ですので一緒にいた人の良い面が見えていなかったのかも。

意識して好かれている人のことを見ていると、お互いが相手のことを気遣いながら話していることにも気づくでしょう。

相手の良いところを褒めるようにする

うざいところを直したいと思っている時点で、もううざい女性とさよならできるのも近いでしょう。

直したいと思ったら相手のことを尊重すると発言が変わっているものです。

そうなるとだんだん相手の良いところが見えてくるはずです。

今までは気付かなかったようなところがいっぱい見えてきたら、その部分を素直に相手に伝えましょう。

相手が素敵な人であればきっと褒めてくれたら喜びます。

褒められて喜ばない人はいないでしょう。

突然誰かのことを褒めるなんてできないという人は、まずは素敵な人を観察してください。

素敵な人は必ず周りの人の良いところを褒めているはずです。

確かな褒め言葉でなくても、相手の意見に対して「なるほどね!さすが!」などと言うだけでも相手は褒められたと受け止めてくれます。

そのような言い回し方も素敵な人を見て真似てみましょう。

注意点とは?

うざい人が急に変えようと思い行動することは勇気のいることです。

周りの人に急にどうしたのかと変に思われないかと思うでしょう。

でも女性は人の変化に敏感ですが、男性は周りの変化に対して鈍感な人が多いのです。

いわば単純に受け止めてくれるので、急に行動を変えても普通にいい人だったんだなと受け止めてくれるでしょう。

でもあなたが変わろうとしたそんな時に、あなた自身が気をつけた方が良い点をまとめてみました。

過剰に気をつけてしまわないこと

うざいところを直して彼をゲットしたいという気持ちが強すぎるあまり、無理をしすぎてしまってはよくありません。

自慢話が出てしまわないように気をつけようと意識しすぎると、今度は自分の意見を言うタイミングがわからなくなってしまうことだってあります。

意識しすぎることで素の自分を見失うことになってしまわないようにしましょう。

嫌われてしまうかもと臆病にならないこと

うざい女性の行動や発言は、根底に自分に自信がないことから出てしまうことがほとんどです。

自分に自信がないのは、周りの人から認められていないと思うからなのでしょう。

でも認められていないと思う原因は、あなた自身の今までの態度や発言から発生しているのです。

でもあなたが変わることで、周りの人はあなたの良さをあなたより先に見つけてくれるはずです。

楽しい会話をすることができたり、どこかにお誘いを受けることだってあるかもしれません。

あなたが変わることで、周りの評価は変わってくるのだということを覚えておいてください。

あなたが自信がないがために嫌われたらどうしようと思うことは、ちょっと考え方を変えるだけで、だれからも好かれるあなたになれるのです。

自分はうざいと思い詰めないこと

うざいと思うところを紙に書いてみましょうとアドバイスしましたが、中にはそれをすることで「私は本当にうざい女なんだ」と落ち込む人がいます。

でも紙に書き出すということは、自分自身で落ち込むために書くのではありません。

うざいと思われているところを自ら知り、それを改善していこうというために書き出すのです。

うざいところを書き出すのはスタート地点に立つという意味なので、そこからあなたがどう変わっていくのかが重要なところです。

書いている時にちょっと落ち込むことはあるでしょうが、そのあとはいかにして自分を変えれるのだろうと考えることをしてみてください。

他人からの指摘はアドバイスとしてとらえること

もしもあなたにアドバイスをくれる人がいたら、それはとてもラッキーなことです。

うざい人にうざいところを教えてくれる人なんていません。

うざい人に関わると余計に面倒になると知っているからです。

そんなリスクを飛び越えてまであなたにアドバイスをくれるならそれを謙虚な気持ちで受け止めてください。

アドバイスでなくてもうざいところを指摘してくれる人がいれば、それもラッキーなことです。

自分でその場でうざい行動に気づくことができるからです。

「昨日また寝れなくって」と眠れない自慢をしてしまった時に「また寝不足?」なんてちょっと嫌味を言われたら、それはあなたへの「そこうざいよ」というアドバイスだと受け取りましょう。

そして今までだと眠れなかった理由の忙しい自慢などしてしまいがちだったことを止めて「だから遅刻しそうで猛ダッシュで走ったら靴が脱げて恥ずかしかったよー」なんて自虐ネタにしてしまうことができるかもしれませんね。

卑屈にならないこと

卑屈になってしまうのも誰かから構って欲しいというサインです。

どうせ私なんて、、、と思っているうちはまだまだ他人からの評価を待っているということです。

卑屈になることで手助けしてくれるような人が周りにいる場合はまだ救われますが、誰もいないと卑屈になり損です。

それに今は助けてくれる人がこの先もずっと支えてくれるとは限りません。

その人もうざいところに嫌気がさして離れてしまうかもしれません。

ですのでうざいと思われる女性ができることは、自分に自信をつけることです。

自分に自信を持つことができれば、相手のことも簡単に尊重ができます。

卑屈な気持ちになんてなることはないでしょう。

まずは自分を知り受け入れることから始めよう

自分の弱点やコンプレックスを一度自分で受け入れてみてください。

人間であればどんな人にでも欠点はあるのです。

世の中にはそんな欠点を「そう、私はこんな人なんです」と素直に認めて受け入れている人もいます。

そういう人は欠点を自分自身でよく理解しているので他人とトラブルを起こさないようにうまく自分をコントロールしているのです。

自分の欠点を受け止めていない人は、そこを指摘されると隠そうとするために嘘の自分が出てしまいます。

自分を嘘で固める人はうざいと思われがちです。

もしも人に欠点を指摘されたら、自分では気づいていなかったところを教えてくれてありがとうと素直に思えばいいのです。

最初は誰でも自分の欠点を認めるまでには傷だらけにもなっています。

でもその痛みを二度と味わいたくないと思うから直していくことができるのです。

まずは自分自身の欠点を受け入れてみてください。

そこからがスタートです。

自分が変われば周りの態度も変わってくる

あなたが自分の欠点を受け入れることができ、自分への嘘偽りをなくし素直な行動に出た時には必ず周りが変わってきます。

まず、今まで居心地が良いと感じていた人たちに違和感を感じるようになるでしょう。

その代わり今まで一緒にいたことがないような人たちと行動を共にすることが出てくるかもしれません。

人は似たような人と一緒にいるものです。

あなたが変わり素敵な人になればなるほど、周りには素敵な人が増えてくるのです。

素敵な人で囲まれていたらあなたはさらに素敵になれるでしょう。

「他人と過去は変えられない、自分と未来は変えられる」という言葉があります。

あなた自身が変わればあなたの未来は絶対に変わります。

新しい自分に生まれ変わり恋をしよう!

残念ながら、うざい人はすぐにはなおりません。

でも努力をすれば必ず結果は返ってくるでしょう。

それが3ヶ月先なのか1年先なのかは誰にもわかりません。

でもまずは「うざい自分とはさよならする」と決めてください。

新しい自分になると決めれば気持ちがすっきりします。

あなたが古い自分を手放して新しい自分に生まれ変わろうと思ったら、そこからがスタート地点です。

意識しなくても変われるようになるまでは時間がかかるかもしれせんが、意識できたことが大きな一歩です。

そうなれば新しい恋はきっと近くにあるはずです。

素敵な男性を出会うためにもあなた自身が変化して、素敵な人になればいいだけです。

素敵な人になればなるほど素敵な彼が見つかるので、変わりがいがありますよ。