特技がない時の対処法の写真
特技っていざ聞かれると困る人多いと思います。

特に合コンや街コンだと話題の一つとして、特技を聞かれることが多いです。

大人になると時間に追われて、好きなことをする趣味の時間は持てても、特技と言えるまでのものをこなす時間はなかなか持てないという人がほどんどでしょう。

特技と自信を持って言ったものの、いざ好きな人の前で失敗したらどうしようという不安な気持ちもあり、なかなか人前では言えないという人もいるでしょう。

特技が特にないとお困り中、特技は何?と合コンや街コンで聞かれて困ったときに上手に返す方法を紹介します。

恋活や婚活の中で聞かれることの多い特技

恋活や婚活の中で聞かれることの多い特技

恋活や婚活で特技を聞かれることは多いです。

初対面の人同士はお互いをもっと知ろうとし、相手のことを聞き出します。

その中でも、特技や好きなことは比較的聞きやすいからでしょう。

仕事場や住まいなどはプライベートな情報もあるため、なかなか聞きづらいと感じる人が多いです。

その点、特技はプライベートな情報がほとんどなく聞きやすいと思います。

自信を持って特技がある人はいいのですが、ない人は困るでしょう。

正直に特技はないと言い切りたいところですが、会話を切ってしまうようで相手に申し訳ない気持ちもありますし、自分のプライドが許せないという気持ちもあるでしょう。

その場をうまくおさめ、相手から好感を持たれるにはどうしたらいいのでしょう。

わりとお悩みの人は多いと思います。

急に特技とか言われても…ないものはない!

初対面の人に特技は何ですか?と突然聞かれても、特にないと困るでしょう。

見栄を張ったところで、嘘がばれた時に恥ずかしいだけですし、もしかしたら相手から信頼されなくなってしまうかもしれません。

そう考えたら、下手な嘘はつきたくないですよね。

まして、将来のパートナーとなるかもしれない婚活のお相手なら、なおさらだと思います。

かと言って、ないですと言い切るのもどこか恥ずかしいですし会話を切ってしまうような申し訳ない気持ちもあり、戸惑ってしまうのも、うなずけます。

特技がとくにない人からすれば、聞かれるとすごく困る質問です。

意外と相手の人は、婚活の場で聞く質問のうちの一つとして聞いてるだけかもしれません。

あまり深く悩まず、その場の雰囲気を悪くしないようにしましょう。

そこで大切なのが、どう切り返すかです。

特技に困った時の対処法を考えておこう

特技を聞かれて困った時、沈黙にならずにその場の雰囲気をキープするにはどうすればいいのでしょうか。

前もって対処法を考えておくことで、とっさの時も安心感が持てます。

ストレートに特技はとくにないと答えるのもいいのですが、一つ一つの出会いを丁寧にしたいところです。

是非、自分の印象を上げるためにも対処法を考えておきましょう。

いくつか具体例を挙げますので、是非参考にしてください。

特技がない時の対処法14選

特技がない時の対処法

特技がなくて困ったときにどうやって対処すればいいのか?その解決策は具体例を挙げるだけで14個の解決策があります。

もしかしたら、今まで自分に自信が持てていなかっただけで周りの人から見たら光り輝く自分の魅力ってあるかもしれません。

自分では出来て当たり前だと思っていたことも、実はすごいことなのかもしれません。

シンプルに考えると、普段当たり前のように出来ていたことも、一つ一つ自信を持っていいということになります。

婚活市場であまりにも自己主張が強すぎたり、自分の自慢が多いのは嫌がられるのではないかと思うかもしれません。

長いお付き合いになるとそうかもしれませんが、第一印象はどれだけ相手に自分のことを覚えてもらうかが鍵となります。

相手のことを尊重しつつ、自分の良さをアピールするようにしましょう。

就職活動の場に近いものがあるかもしれません。

特技がないと思った時に考えたいこと

自分には特技がないと思った時に考えたいことがあります。

魅力がない人なんていないので、改めて自分のことを見直したら良いところはたくさんあるはずです。

それに自分が気付いていないか、自信が持てていないかだけです。

特技は必ずしも、皆にアピールできるようなスポーツや学問など、華々しいものである必要はありません。

手先が器用だったり、人に優しくできたり、早起きが得意だったり、そんな些細なことでもいいです。

自分が好きだと思えることならいいと思います。

是非一度自分自身を見直し、良いところを少しでも多く発見して欲しいです。

特技と思えばなんでも特技になる

特技と思えばなんでも特技になるというのは名案です。

特技と言われると、ついつい得意なスポーツ、周りから評価されたことのあるスキル、理解力のある学問などを想像します。

実はそんなことはなく、普段私たちが何気なくしている日常の仕草でも特技となります。

朝起きるのが苦手な人もいれば、得意な人もいます。

忘れ物をしょっちゅうする人もいれば、前日にきちんと準備することで忘れ物をしない人もいます。

偏食の人もいれば、何でもバランスよく食べられる人もいます。

少し驚かれる人もいるかもしれませんが、こんな日常のひとこまだって特技になります。

一番大切なのは、自分に自信を持ち、毎日一つでもいいので褒めてあげることです。

趣味が特技にならないか考える

趣味の中で特技になりそうなものはないですか?

好きなことは回数を重ねていますし、長い間経験していることが多いので、それなりに出来るようになっている人が多いでしょう。

旅が好きな人なら、旅行プランを立てたり、車の運転をしたりするのが得意かもしれません。

音楽を聴いたり演奏したりするのが好きな人なら、好きな楽器を人前で堂々と演奏することもあるでしょう。

毎朝のジョギングを日課としている人なら、マラソン大会に出場することも夢ではありません。

一定の評価や記録がないと特技とは言えないわけではないと思います。

自分が自信を持って好きだと言えるものなら、何でも特技としていいと思います。

自分のことをよく思い返してみる

自分のことをよく思い返してみましょう。

日常は仕事や習い事、お付き合いなどで時間に追われ、自分の好きな所や苦手な所、こうありたいと思う理想像、休日の好きな過ごし方などについて改めて振り返るタイミングはないと思います。

婚活するにあたり、特技で困ったことをきっかけに、自分のことをよく思い出してみてはどうでしょう。

特技を見つけることもでき、さらにこうすればもっと魅力的な人に成長できるのではないだろうかといった発見をできるかもしれません。

普段から落ち込むことが多い人なら、プラス思考を心がけることでだいぶ普段の行動が変わることなど色々考えられます。

是非、メモ書きで自分のことを思いつくままに書いてみましょう。

思わず、新しい発見が出来て笑ってしまうこともあるかもしれません。

仲の良い友人に見つけてもらう

自分の良いところを見返してみて、やっぱり特技は見つからないと思ったら、仲の良い友人に見つけてもらいましょう。

自己肯定感が低いと、どうしても自分の出来ることは出来ていて当然だと思ってしまいます。

第三者から見てもらい、特技を見つける方がスムーズなこともあります。

突然友人も私の特技を見つけて欲しいと言われたら、驚くかもしれません。

婚活を始めようと思うので、私の良いと思うところを教えて欲しいといった風にざっくりお願いした方が相手も楽だと思います。

友人の話を聞いているときは、大切なコメントだけでも記録に残すようにしましょう。

誰に対しても分け隔てなく接することができる。

毎日の挨拶が元気で、ハキハキと話すことができる。

好き嫌いがほとんどなく、何でも美味しそうに食べてくれる。

歴史マニアと思うくらい歴史が好きで、特定の時代のことは書籍を読まなくてもほとんど答えることができる。

上記のように実績として残っていなくても、周りの人から評価されていることは自分の特技として言っていいでしょう。

出来るだけ毎日笑顔でいることを心がけていますといった風に書き換えれば、プロフィールを読んだ男性は「一緒に生活したら明るい毎日が送れそう。」といった良いイメージを持ってくれるかもしれません。

特技を今のうちに作っておく

特技がなくて困ったら、今から作っておくのもいいかもしれません。

見栄を張って嘘をついたところで、後々親しくなってばれてしまうとまずいです。

それなら、今から特技を作っておくことは自分の成長にも繋がります。

そんなこと出来ないだろうと思われるかもしれませんが、これなら明日からでも出来そうと思えるような簡単なことから始めましょう。

朝早く起きるのが好きな人なら、ジョギング、読書、サークル活動といった朝活ができるようにもう少し早く起きてみると良いでしょう。

料理をするのが好きな人なら、毎日のお弁当作りを習慣にしたり、料理教室に入会してさらなるスキルアップを目指すのもいいでしょう。

寝るのが好きな人なら、キャンプや旅行にチャレンジして、どこでも寝られるアクティブな人を目指すのも面白そうです。

食べるのが好きな人なら、今までチャレンジしたことのないようなジャンルのお店に行ってみたり、料理したりしてみましょう。

こんな風に考えたら、結構楽しんじゃないかと思えるかもしれません。

何事も〇〇しないといけないと義務にすると重たくなります。

〇〇すると楽しいかもしれないと考えて、まずは気持ちを明るく持ちましょう。

会話のネタになるなら何でも良し

特技と言っても必ずしも自分の自慢である必要はなく、多少笑いのネタが入っていたり、趣味のようなものであったりしても、会話のネタになるなら何でもいいです。

婚活の場で大切なのは、お互いの会話が楽しくなり、またこの人と会いたいと思えることです。

そのため、特技の内容よりは、その場の雰囲気が楽しくなるような切り返しをする方が大切になります。

特技を聞かれて困った時、自虐的な言い方で笑いを持ちかけるのもアリかもしれません。

学生時代はスポーツや読書や色々トライしていたのですが、社会人になってからは帰って寝るだけの生活です。

もしかしたら、寝ることが特技かもしれません。

欲しいものや好きなものは特になくて、ただ毎日同じことの繰り返しかもしれません。

決まった時間にきっちり起きて、遅刻せずに会社に出勤することが特技っていうのはダメですかね。

料理は好きなんですが、イマイチ味音痴です。

食べることが特技ということで許してください。

結婚したら、きちんと作ります。

こんな感じで、日々の生活を織り交ぜながら話せば相手の人も親近感を持ってくれます。

もしかしたら、自分も同じような感じですと同感してもらえるかもしれません。

あまり深く考えず、その場を楽しく盛り上げることを考えましょう。

特技がない時の対処法 合コン・街コン編

合コン

特技がない時、合コンや街コンといったたくさんの男女がいる場だと、キラリと輝くような特技がないと周りの人に埋もれてしまうのではないかと思ってしまいますよね。

一対一の時は自分をきちんと見て貰えますが、大勢の時は必ずしも自分のことを見て貰えるとは限りません。

少しでも、自分に注目が集まるようなコメントが大切です。

そこで、特技がない時の対処法として、合コンや街コンの時にどうするのかも紹介します。

周りの人との差が出ないように明るくハキハキ話しましょう。

ひとまず好きなものについて話す

特技を聞かれて困ったら、ひとまず自分の好きなものについて話すといいでしょう。

周りの人からさらに具体的に聞かれたり、どういった時に楽しいのかと実話について聞かれたりしても、困らずに返事をすることができます。

さらに、もっとこの人の話を聞いてみたいと思わせるような含みを持たせるといいかもしれません。

普段紅茶を好む人なら…紅茶を淹れるのが得意です。

美味しい紅茶の淹れ方は色々知っています。

アイスもホットもカフェみたいに美味しいです。

朝ごはんをしっかり食べる人なら…朝ごはんもしっかり作るくらい料理が好きです。

いかに短時間で料理して、ゆっくり眠るかは毎日の課題です。

最近はアレンジトーストにハマっています。

通勤途中に読書をするのが好きな人なら…〇〇のジャンルの書籍のことなら任せてください。

おすすめの本もたくさんあるので、お貸しすることもできます。

お買い物をするのが好きな人なら…毎日いかに低コストで良いものを購入するか試行錯誤しています。

ついついセールの時は買いすぎてしまい、反省会をするのも楽しい今日この頃です。

日常のひとコマで自分が好きでしていることなら何でも良いので、一日の自分の生活の中で一番好きなことを想像してみましょう。

新しい特技が見つかるかもしれません。

昔の自慢を嫌味のないように話す

若かりし頃の栄光、大なり小なり誰しも持っていると思います。

そういったことを嫌味のないように話すことで、周りの人から注目してもらえるかもしれません。

日常のひとこまを特技としたり、趣味であることを特技としたりすることはすごく素敵です。

同じように、何かしらの自慢も趣味として話すこともできるでしょう。

少し笑いを含めたような言い方にすることで、嫌味にならないのではないかと思います。

ジョギングが好きで学生時代は色々な大会に出場したこともあります。

今は頻度が減ってしまい、少し太ってしまいました。

料理が好きで、SNSのフォロワー数がとても多かった時期があります。

今はマメに更新する余裕がなくなってしまい、過去の栄光になってしまいました。

断捨離が好きで、雑誌やネットにコラムを書いていたことがあります。

実際の生活では断捨離し過ぎて、大切なものまで捨ててしまった失敗もあります。

こういった感じで、昔の自慢の中に少し失敗談や笑いを取り入れると丸くおさまりつつ、周りの人にも良いイメージを持たれやすくなります。

他の人と被ることがないよう、いくつかの案を想像しておくといいと思います。

笑える特技でツッコミをもらう

そんなことも特技になるの?といった笑える特技でツッコミをもらうのも美味しいかもしれません。

合コンや街コンでは女子力をアピールする前に、いかに多くの人から注目されるかが大切です。

多少笑いを持たせつつツッコミをもらうくらいの方が、好印象であることもあります。

私が出かけようとすると大体雨になってしまいます。

自他共に認める雨女です。

お洗濯が好きすぎて、晴れの日は自宅にあるものを全部万国旗のように干してしまいます。

すごくスカッとして、ストレス発散にもなります。

サンマを綺麗に食べるのが爽快でたまりません。

いかに美味しく、いかに綺麗に食べるか動画を見ながら研究しました。

少し個性的で、なおかつ日常のひとこまを想像出来そうなリアルな話を織り交ぜるとなおいいと思います。

近くにいる男性から、思わず笑ってもらえるような特技をいくつか作っておきましょう。

モノマネやギャグを用意しておく

モノマネやギャグを用意しておき、どうしても困ったときはお笑いに走ることで可愛らしさをアピールしましょう。

なかなか特技としてモノマネやギャグを使う女性はいないので目立ちますし、素のままの自分を出すことで周りの男性の緊張感も解れるかもしれません。

この人と一緒に過ごしたら笑いが絶えないだろうなと思って貰えたら素敵です。

モノマネやギャグはある程度ネタを厳選しておきましょう。

一部の人しかわからないようなネタや、嫌悪感を持たれそうなネタはやめておいた方がいいです。

体を張ってネタを追及しているような一発芸人のモノマネやギャグは、笑いを通り越してどうフォローしていいのか困ってしまうかもしれません。

一世を風靡したアイドルのモノマネ、流行っている言葉や歌を使ってみるといった感じにしておきましょう。

いくつかのネタを持っておくと、その場に応じた使い分けができるかもしれません。

その場でできるくだらない特技をする

その場でできるくだらない特技をするのもアリです。

周りの人の注目を一気に集めることができ、具体的なので記憶にも残りやすいです。

光り輝くような実績や特技はその時すごいと思っても、あまり記憶には残りません。

実際に目の前で見たことの方が、相手の記憶には残ります。

箸を使うのに自信のある人なら、食事を楽しみながら箸の持ち方をアピールしましょう。

歌に自信がある人なら、その場で得意な歌の一部を熱唱してみましょう。

テレビで見ていて面白いなと思ったことを、その場でモノマネしてしまうのもいいと思います。

少しくだらないと思うことでも大丈夫なので、いくつかネタを用意しておきましょう。

その場の雰囲気が明るくなります。

できもしない特技に挑戦する

明らかにそれは自分には難しいだろうと思うようなできもしない特技に挑戦することは、自分の成長にも繋がるのでいいと思います。

大人になると、自分にはここまでしか出来ないとセーブをかけるようになります。

それを外してしまい、できもしないと思っているようなことにあえてチャレンジすることで特技にすることを目指します。

周りの人には、今挑戦中でこれから先特技になればいいなと思っているといった話し方をしておきましょう。

遠い将来プロとしてフィギュアスケートに出場するのが夢です。

年齢的には無理のあるチャレンジですが、華やかな回転技が決められるくらい上手になれる日を目指して練習中です。

誰もがうらやむようなレシピ本を出版するのが夢です。

今は冒険モノと思われるような料理も作って、日々SNSにアップするのが楽しくて仕方ありません。

誰もが夢の夢だろうと思い描くようなことにチャレンジしていることを話しましょう。

何事にもチャレンジしている前向きな人だという印象を持たれます。

明らかにウソだろという特技を話す

明らかにそれは自分の特技ではないだろうとツッコまれそうな特技でもいいかもしれません。

それも自信ありげに話すことで、小悪魔女子のイメージを持たれていいかもしれません。

明らかにウソだという特技と言われても、困ってしまいますよね。

少し具体例を書いておきます。

カレーが好きすぎて、365日ずっとカレーにまつわる料理を食べています。

カレーうどん、カレーパン、カレー、毎日同じことの繰り返しですがたまらなく美味しいです。

お弁当もカレーです。

スポーツが好きすぎて、仕事を辞めてスポーツジムに通う日々です。

貯金が底をつきそうなので、そろそろ仕事を探そうと思います。

ちょっとズッコケてしまいそうな、いくら何でもこれはないだろうと思われそうな特技を話すことで笑いに持っていきましょう。

実際のところはどうなの?と聞かれたら、想像にお任せしますとごまかしておきましょう。

その場にいる友人に聞いてしまう

その場にいる友人や、その時親しくなれた女性がいたら特技って何だろう?と切り返してみるのもいいかもしれません。

友人は何かしらの答えをしてあげないとと思うので、大なり小なり自分のことを褒めるようなコメントをしてくれるでしょう。

もちろん後日、お礼の一言を添えるようにしましょう。

同じように友人が困った時は助け船を出すようにしましょう。

その場にいる友人もコメントに困っている時は、良いところがありすぎて伝えきれないのかもしれないですといった風に笑いに持っていき、ごまかしてしまいましょう。

これから特技にしたいことを話す

これから特技にしたいことをオープンにするのも素敵です。

必然的に自分もトライしないといけなくなり、自分の成長にも繋がります。

宣言することで、自分が絶対にしないといけない状況に追い込むとでもいうのでしょうか。

ただ、あまりにもハードルが高いものを特技として話したところで、実現できることは難しいです。

これくらいなら自分でもできるだろうという範囲で話しましょう。

将来マイカーを欲しいと思っていて、今その資金を貯めるために貯金を頑張っています。

特技というほどではありませんが、日々の節約が楽しみです。

ダイエットを頑張るために、毎日のジョギングを楽しみにしています。

これをきっかけに、駅伝出場を目指してもいいかなと思っています。

どうでしょう?何か目標が合って頑張っているのだなと好感度がアップしそうです。

下手に見栄を張って嘘をつくよりも、ずっと素敵だと思います。

特技って急に言われても困りません?と話を逸らす

何も対処法がなくて困ったときは、取り合えず話を逸らしましょう。

特技って急に言われても困るんですよ。

ごめんなさい。

といった感じでこちらから謝っておけば、聞いた方も悪い気はしないでしょう。

ただ、相手は何を話せばよいか一瞬戸惑ってしまいます。

そのため、今度は自分から新しい話題を提供するといいでしょう。

誰でも楽しめそうな、今流行りのスイーツ、行ってみたい観光スポット、好きな音楽などや仕事の愚痴など、ざっくばらんに話してみましょう。

一方的な質問攻めは相手が疲れてしまうので、休み休みが理想的かなと思います。

特技がない時の対処法 婚活編

婚活

特技がこれといってなくて困ることもあるでしょう。

そんな時の対処法もあります。

困ったからと止まってしまう必要はなく、何かしらの解決策はいつだってあります。

あまり難しく考えず、何とかなるさくらいの軽い気持ちで婚活をしましょう。

婚活は一生のパートナーを決める場、他にも悩むことが山のようにあります。

特技がないくらいで落ち込む必要はまったくありません。

ラフにいる方が、良い出会いに巡り合えると思います。

人より自信があることを話す

自分は自信家であることを思いっきりアピールするのもインパクトがあっていいと思います。

これといった特技はありませんが、自分そのものが好きで、色々なことに日々チャレンジしています!くらいの思い切ったコメントも潔くていいです。

自信があるから、日々の努力も欠かさないといった言い方も好印象です。

自分に自信があるから、現状のレベルをダウンさせないために、日々の勉強や運動を頑張っています。

自分に自信があるから、仕事仲間との差が出ないように必要に応じてプライベートでも資格取得の勉強などをしています。

といった感じで、今の自分が好きだけど、だからといって自分を下げないための努力をしているといった言い方が素敵です。

今勉強していることを話す

今何か勉強していることがあれば、それについて話すのもいいと思います。

努力家のイメージを持って貰えますし、何か自分というものをきちんと持っている芯のある女性にも思われます。

特技は特にありませんが、昔から日本史が好きで、今は歴史を勉強しています。

休日は史跡を訪れたり、博物館巡りをしたりするのが好きです。

特技というほどではありませんが、英語が好きです。

現在は他の語学も学びたく、色々と勉強中です。

遠い将来、現地に旅行に行くのも夢です。

聞いていると楽しいことが想像できそうです。

もしかしたら、同じようなことを勉強している男性と話が合うかもしれません。

社会人になってからも、資格取得のために日々勉強している人は多くいます。

どんなことでもいいので、あれば自信を持って話してみましょう。

これからやってみたいことを話す

これからやってみたいこと、それぞれ色々なことがあるでしょう。

その中で一番優先したいことを話してみるのもいいと思います。

こんなことを話したら、呆れてしまうだろうか?といった心配はしなくていいでしょう。

何でもいいので、その場が楽しくなれば問題ないと思います。

これからやってみたいこと、行きたい旅先などは共通の話題がたくさんありそうで面白そうです。

そのために貯金を頑張っていますといったコメントがあるとさらに親近感がわきます。

あまり人の目は気にせず、自分が心からやりたいと思ったことを自信を持って話してみてください。

仕事の中での経験を話す

仕事

仕事の中での経験を話すのもありだと思います。

日々忙しく仕事に追われ、休日に何かに打ち込むほどの余力はないからどう頑張っても特技なんて考えられないという人もいるでしょう。

仕事の中での頑張っている自分もアピールしていいと思います。

ただ、専門的な仕事に就いている人は、一般の人も分かりやすいようにかみ砕いて話すようにしましょう。

上から目線にならないように配慮も必要です。

先日から任せて貰えていなかった仕事があったけれど、努力の甲斐あって責任者に抜擢されました。

今後も頑張ろうと思っています。

こんな感じで、軽く話すようにしましょう。

もしかして同業者の女性なら、色々と盛り上がるかもしれません。

友達から言われたことを話す

友達から言われたことをそのまま話すのもいいと思います。

特に女友達は自分のことをしっかり見てくれているので、下手に褒めることなくストレートに何でも言ってくれることが多いです。

どんな時もありますが、自分のことを思って言ってくれていることは忘れないようにしましょう。

友達から言われたこと、先日遅刻が多いと怒られたので、最近は朝6時前に起きるようにしています。

何事も早め早めの行動が一番ですね。

こういった感じで、叱られたことも強みとしてアピールすることもできます。

日々の友達との会話で自分に対してどういったコメントが多いのか、是非振り返って考えてみましょう。

好きなものについて語る

特技は自分が得意なこと、考えようによっては好きなものについてとことん語るのもありだと思います。

好きなものについて語る間は自信を持って話せますし、何を聞かれてもほとんど困ることはないでしょう。

好きなものについて語るとき、一方的な話し方にならないようにだけ配慮しましょう。

自分は何かをハンドメイドするのが好きで、暇さえあれば服や鞄をミシンで作ります。

そんなじっくり集中できる時間そのものがストレス発散でもあるのですが、どうですか?何かじっくりするのは好きな方ですか?

といった感じで、一息ついたら相手が話すようにタイミングを作ってあげましょう。

好きなものを話すときは楽しいからひたすら語っていたくなりますよね。

でも、まだ初対面に近い人には少し配慮があったほうがいいと思います。

最近ハマっているものを話す

最近ハマっているものってないですか?

普段見ているドラマ、CM、本など何でも良いので素敵だと感じたことを話してみましょう。

特に統一性がなくても問題ないので、自分がいいと思ったものを相手はどう思うか聞き返してみましょう。

最近話題になっているものは相手も気になっていることが多いかもしれません。

とりあえず、色々と手を変えて話題を提供してみてください。

共通の話題があれば、今後デートのお誘いもしやすくなります。

くだらない特技で笑いにする

くだらない特技で笑いにかえるのもその場の雰囲気が明るくなっていいと思います。

なぜ、婚活の場で自分を下げてまで特技をアピールしないといけないのか?自分の良いところしか話したくないと考える人もいるでしょう。

考え方によっては、最初から素の自分も出すことで相手に安心感を持って貰えます。

この人となら、気兼ねなく安心して生活できそうと思って貰えるかもしれません。

お互い良いところを見せ合うだけでは、結婚生活は進まないです。

くだらない特技、何でも良いのですが、牛乳のイッキ飲みが得意だった、など過去の笑い話も面白そうです。

同世代からはモテないのに、おじいちゃん世代からはすごくモテてしまって、息子とお見合いしないかと懇願されてしまったことがある、とかも楽しそうです。

笑顔で元気に話すことが一番です。

変なプライドは捨てて素の自分を見せましょう。

合コンや街コンとの違いはしっかり自分を知ってもらうこと

合コンや街コンは、たくさんの人がいる中でどれだけ目立ち、どれだけ多くの人から自分に好感を持って貰えるかがポイントとなります。

婚活はまた合コンや街コンとは一味違い、それぞれの相手とじっくり話し合う場です。

自分はどういった人なのか、そして相手はどういった人なのかを理解し合いましょう。

下手に目立つことよりも、素の自分をどれだけ出せるかが大切です。

あまり焦らずに、一つ一つの出会いを大切にしましょう。

特技がないと思っても会話が広がれば大丈夫!

婚活、合コン、街コン、それぞれ自分を知ってもらうにはどうすればいいのか悩むことでしょう。

いずれも自分に自信があり、特技が特になくてもその場を楽しみ、会話が広がっていれば問題ないと思います。

親しくなった相手と一緒に特技を作っていくことだってできます。

スタートラインだと考え、これから自分がどう成長していくかを考えましょう。