気になる人と連絡先を交換する方法10選【学生編/社会人編】自分から行動して彼の気を惹こうについて
「同じ学校に気になる人がいる」「同じ職場に気になる人がいる」といった状況を体験したことがありますか?

同じ学校や同じ職場など、近しい環境で気になる人ができるというのは、非常に幸運なことです。

「気になる人ができない」「出会いがない」と悩んでいる人が多い中、近しい環境で好意を感じられる人と出会えるのは奇跡に近いことではないでしょうか。

そんな奇跡的な出会いを果たしても「どうやって連絡先を交換したらわからない」「どうやってアプローチしたらいいかわからない」と二の足を踏んでいては、奇跡の出会いを逃してしまい、積極的になれない自分に自己嫌悪さえ感じてしまうようになるでしょう。

この記事では、気になる人と連絡先を交換する方法についてご紹介してきます。

好意を持てる相手と出会ってから焦るのではなく、事前に学んで準備を整えておきましょう。

気になる人ができたら積極的に動こう

気になる人ができた時、まずは自分の気持ちと向き合って「本当に好きなのか?」「異性として意識しているのか?」など自問自答していませんか?この行動は、実は自分に自信がないことから発生している可能性が大いにあります。

アプローチしてフラれてしまうのが不安だからと、行動しない理由を探しているということです。

このような自問自答は大切な行為ではありますが、自問自答している間に、気になる相手に別の異性がアプローチしたり、行動したくないからと相手の嫌な面を探し出そうとするなど、あまりいい結果となりません。

「どうしてあの人にはいつも恋人がいるのだろう」自分より劣っているような人なのに「結婚しているのはどうしてだろう」と思ったことがあるでしょう。

そういった人たちとあなたの違いは、気になる人ができた時の行動の違いかもしれません。

気になる人ができた時、どのような行動をするかによって将来が大きく変わっていくのです。

受け身ではいつまでも進展しない

素敵な人、気になる異性を見つけた時「声をかけてくれたらいいな」「何かのきっかけがあればいいな」など、漫画で見られる展開を想像し、それらが実際に起こらず何も進展がないといった経験をしたことは誰にでもあるでしょう。

こういった経験から、積極的に行動し、自分からアプローチしていけた人だけが、恋人を手に入れ結婚への進展していけるのです。

しかし、いつまでも自分で行動せず、相手からの行動を待ってみたり、何かのきっかけを待っていてはいつまでたっても恋人はできませんし、気になる相手と恋愛関係を楽しむこともできないのです。

稀に、突発的な出来事によって連絡先を交換することができたり、相手から連絡先を聞かれるなどして恋愛に発展するケースがありますが、それは相手がその人を意識していたからであって、何の感情も持っていない相手であれば、受け身で居続けても恋愛への発展は望めません。

こうして、恋愛を望みつつ恋愛できない期間が続くと、自分に自信を失くしていきますし、恋愛自体に嫌悪感を感じるなど自己防衛本能が働き始めます。

「自分は恋愛を望んでいない」「どうせ結婚しても離婚するだけ」など、自分を擁護するような思考に陥りやすく、「拗らせ女子」「勘違い女」と呼ばれるジャンルに発展する恐れもあるのです。

恋愛は、絶対に行わなければならないものではありません。

しかし、恋愛によって自己肯定感を高めることもできますし、恋愛しないことによって大きな影響を与える事柄でもあるのです。

受け身で居続けることは、非常にもったいない行動なのです。

もたもたしていたら他の人にとられちゃうかも

前項でもご紹介したように、受け身で居続けても何かしらの偶然が重なり恋愛に発展するケースも存在します。

また、外見的に非常に恵まれている人は、周囲から好意を持たれやすく、これらのケースも多くなります。

しかし、外見だけで他人を惹きつけられる人は実際にそれ程多くありません。

つまり、偶然の重なりによって恋愛関係に発展するケースはそれほど多くないということです。

それなのに、偶然を待ち、自分の気持ちを確かめる事に時間を費やしているとどのようなケースが考えられるのでしょうか。

それは、気になる相手が他の人にとられる可能性です。

日常生活を送っていると、あなた自身に多くの出会いがあるように、相手にも多くの出会いがあります。

そこで、あなた以外の積極的に行動できる人が、その人を気に入ったとしたら、すぐにアプローチを始めるでしょう。

人は好意的にアプローチしてくれる人に、悪い印象を持ちません。

男性は好きでもなかった異性から告白されただけで、その女性を意識し始めるという特徴を持っています。

つまり、何でもない相手として見ていた相手であっても、アプローチを続けることによって好感を持ち、さらに好きになってしまうことも多々あるということです。

自分の気持ちを再確認し、「よし、アプローチを開始しよう」と思った時には、すでに恋人ができていたなんて事態も多々あるのです。

そういったことを繰り返していると、アプローチすることがますます怖くなっていきますし、人を好きになることに抵抗を感じるようになるのです。

「好きな人ができない」と嘆いている人々は、こういった事を繰り返すうちに、好きになる気持ちにブレーキをかけるようになっているからです。

気になる人ができた時の行動によって、あらゆるリスクやデメリットが発生してしまうのです。

気になる人と連絡先を交換する方法

連絡先交換
気になる人ができた時、その次の行動によって大きな影響があるという事が理解できた人も多いでしょう。

自分の気持ちを確かめてから行動したいと思っている人はそれでもいいのですが、時間をかけすぎることによって、他の人にとられてしまうというリスクも発生します。

それなら、自分の気持ちを考えながら、同時に行動すればいいのです。

気になる人ができ、その人をどう思うかは接触してみなければ分かりません。

つまり、相手を知っていかなければ異性として好意を持っているのか、人間として好意的に受け止めているのかわからないということです。

気になる人ができた時、最初にする行動は、連絡先の交換です。

連絡先の交換だけであれば、自分の気持ちを確かめながら相手を知ることも可能になります。

しかし、どうやって連絡先を交換したらいいかわからないといった人も多々います。

いきなり目の前に行って「連絡先を教えて欲しい」と言えるような人であれば、上記のような葛藤を繰り返すこともありませんね。

簡単に聞きに行けないからこそ、自分の感情と向き合って二の足を踏んでしまうのです。

ここからは、気になる人との連絡先の交換方法について、具体的にご紹介してきましょう。

自分の状況に当てはめながら、自分に一番適している方法を参考にしてみましょう。

  

学生編

同じ学校に気になる人がいる場合、連絡先の交換は比較的簡単なように思っている人がいます。

しかし、学部が違っていたり、受ける授業が違っていたり、学年やクラスが違い接触する機会は廊下だけといった人々にとって、連絡先の交換は非常に高度な行動になります。

学生と一括りにして考えてしまうと、具体的な対策や行動がわからず、結局行動できなくなってしまうのです。

ここでは、学生で使える連絡先交換技を複数紹介していきましょう。

相手と自分の関係性によって複数の技を組み合わせてみたり、少しずつ試しながら、連絡先をゲットしてみてください。

1:グループ内で交換する

連絡先を交換するとき、赤の他人とはしませんよね。

つまり、何かしらの接触があり、信頼してもいいと思えなければ連絡先の交換は成立しないのです。

インターネットやSNSが発展し、誰でも簡単に連絡先を交換できるように思われている時代ですが、連絡先の交換がしやすい環境だからこそ、人々はそこに抵抗感を持ったり、必要以上に警戒心を持ち交換したがらないケースもあるのです。

まずは、連絡先を交換するために接触の機会を持つ必要があります。

一対一では、相手の警戒心を強めてしまいます。

可能なら、複数の友人と気になる異性とそのグループ同士で交友を持ってみましょう。

1人では不安でも、コミュニケーション能力が高い友人に協力してもらえば、グループ同士で仲良くなることは容易でしょう。

大勢で遊びに行った後は、連絡先を聞きやすくなりますし、全員で交換しようとなれば、一人だけ拒否といった協調性を欠く行動が見られなくなります。

つまり、連絡先の交換を拒否される可能性を低くすることができるのです。

この時、個人的に聞くよりも、何かしらの理由を見つけて複数人で交換する場を設けると、より連絡先をゲットしやすくなります。

例えば「今度バーベキューをしたいから連絡先をみんなで交換しよう」だったり、「サークルのイベントに誘いたいからみんなの連絡先を教えて」などです。

間違っても、気になる異性だけと連絡先を交換しないように注意しましょう。

気になる異性だけに連絡先を聞いてしまうと、グループとしての交友関係に亀裂を生みやすくなってしまいますし、相手が抵抗感を示す可能性が高くなってしまいます。

まずは、相手の連絡先を手に入れることだけに集中し、断りにくい環境づくりを目指しましょう。

2:ノートなどを借りる口実を作る

前項でも紹介したように、何かしらの理由を付けると連絡先交換への抵抗感を薄めることができます。

また、あなた自身も口実があれば、断られた時のショックを和らげることができます。

学生で連絡先交換の口実に使いやすい事柄といえば、ノートの貸し借りです。

学生なら誰でも持っている物がノートであり、口実として使用しても不審に思われる可能性が低いと言えます。

しかし、クラスが違っていたり、専攻が違っていると「あれ?」と不審に思われたり、「どうして自分のノートが必要なんだろう」と思われてしまう恐れもあります。

そういった時は、ただ単に「ノートを貸してほしい」ではなく、「見やすいノートだと評判だから貸してほしい」「気になる専攻だから貸してほしい」など、具体的な理由を用意しておきましょう。

相手が不審に思わないように、より信ぴょう性が感じられる理由が効果的です。

また、ノートはその人の内面が出る部分でもあるため、見せたくないと思っている人も存在します。

そういった時は、教科書や授業で使用する道具などを借りるといった口実がおすすめです。

ノートや教科書を口実に使った時、「○○に借りなよ」「嫌だよ」と言われた時は、すぐに引き下がりましょう。

しつこく「貸して」と言ってしまうと、その先の連絡先交換が非常に難しくなってしまいます。

「ごめんね」と笑顔を忘れず、次の方法を試してみましょう。

3:写真を送るのをきっかけに教えてもらう

学生なら、クラスや学校内で写真を撮り合うことも少なくありません。

撮った写真を送ることを口実に連絡先の交換にこぎつけることができます。

この時のポイントとしては、相手が魅力的に映っている写真を使う方が効果的です。

自分がブサイクに映っている写真を、わざわざ送ってほしいと思う人はいません。

「削除しといて」と言われてしまうのがオチです。

たまたま撮った写真の中に、気になる相手を映り込ませ、「良く撮れてるから送るよ」と言えば、連絡先交換も容易になります。

しかしこの時、携帯電話が手元にないため共通の友人に送っておいてと言われるケースも存在します。

そういったケースを引き起こさないために、相手が携帯電話を握っている瞬間に声をかけるようにしてみましょう。

携帯電話が手元にあり、簡単に連絡先を交換でいる状況なら相手はほとんど断りません。

断ってきた場合は、何かしらの抵抗感を持っている証拠ですから、アプローチ方法を変更させる必要があるでしょう。

4:友達に教えてもらう

共通の友達がいる場合、連絡先交換は比較的容易です。

友達に教えてもらい、適切な口実を作って連絡すればいいのです。

しかし、この時注意するのは、教えてもらう友人を選ぶことです。

あなたに好意を持っている友人に教えてもらおうとしても、相手は教えない可能性があります。

何かしらの理由を付けて、気になる異性とあなたを遠ざけるような行動に出る場合もあるのです。

また、同じ人を気になっている可能性がある人も注意です。

同じ人を気になっていた場合、当然教えてくれるわけがありませんし、「好きなの?」と探りを入れてくる可能性もあり、その後の進展が難しくなっていきます。

教えてもらう友達の選び方としては、既に恋人がいる友達がおすすめです。

既に恋人がいる友人なら、気になる異性がかぶることもありませんし、あなたに好意を寄せている可能性も非常に低いでしょう。

また、恋人がいる友人なら、あなたの気持ちを察し、グループ交際のような形で協力してくれる場合もあります。

内向的な人や、積極的に行動しずらい人にとって、友達は恋愛において強力な助っ人となりえます。

しかし、強力なライバルにもなりえるのです。

そのため、友達伝いで連絡先を聞く場合は、その人選に注意してみましょう。

5:SNSからメッセージを送って教えてもらう

SNS
気になる異性がSNSを利用している場合は、SNSからメッセージを送り、しばらくSNS上でやり取りを続けるのも効果的です。

SNS上で多くの人は、自分の良い部分を見せようとします。

つまり、嫌いな相手からのメッセージであっても、拒否する可能性が非常に低いのです。

また、SNS上には写真や日記など、あらゆるものを投稿していますね。

それらに関連する口実を作れば、自然な形でコンタクトをとることが可能なのです。

また、SNSでは相手の情報を多く集めることができます。

相手が気になっている事柄や、好きな事、趣味など情報を集め、相手が返信したいと思うメッセージを作成することも可能なのです。

SNS上で信頼関係が作れれば、SNS以外の連絡先交換も容易になります。

まずは、相手のSNSで「いいね」など、少しずつ接触を増やしていくようにしてみましょう。

また、SNS上では独自のルールを設けている人々もいます。

「いきなりのダイレクトメッセージはお断り」という人や、「同じSNSを利用している人限定」といったルールなども存在し、それらをトップに記載している人もいるのです。

そういったルールを無視してしまうと、相手は全く相手にしてくれなくなります。

SNSからメッセージを送る際は、相手のルールを熟知し、情報を集めてからチャレンジしてみましょう。

社会人編

学生と違い、社会人では仕事や社会人としてルールを守りつつ連絡先を交換する必要があります。

職場では学生のように写真を撮る機会はありませんし、SNS上からいきなりダイレクトメッセージを送ると、「気持ち悪い」と抵抗感を持たれる場合も少なくありません。

つまり、学生よりも高度な連絡先交換術が要求されるということです。

ここからは、社会人が使える連絡先交換方法についてご紹介していきましょう。

6:「仕事の相談」と言って教えてもらう

社会人が連絡先を交換する際使用できる口実といえば、「仕事の相談」です。

「仕事の相談がある」と言われれば、恋愛や異性として接触してきていると思われにくく、抵抗感なく連絡先を交換しやすくなります。

しかし、「直接聞いて」と言ってくる人もいるでしょう。

プライベートに仕事を持ち込みたくない人は、その場で問題ごとを解決しようとする傾向が強く、仕事の相談もその場で解決しようとしてしまいます。

こういった人に連絡先を聞く場合は、「誰にも聞かれたくないことなので、連絡先を教えてもらえませんか」など、一言付け加える必要があります。

また、重すぎる相談をしてしまうと、「労基に相談しよう」「自分よりも上司に相談した方がいい」と大事になってしまうので、注意が必要です。

相談事として理想的なのは人間関係でしょう。

人間関係の悩みなら、他者に聞かれたくないという理由にも合致しますし、上司に相談しにくいのも理解できます。

相手が不審に思わず、また重く受け止めすぎない相談内容を選ぶのがポイントになります。

7:飲み会の場で交換する

飲み会
飲み会の場で交換するのは、非常にスムーズな交換方法です。

飲み会に行きたがらない若い世代も多くなりましたが、飲み会では気になる異性とコミュニケーションをとることもできますし、このように連絡先を交換する場としても使えるのです。

お酒の力を借りれば、相手も抵抗感が薄くなりますし、自分自身も普段より積極的な行動をとることができます。

しかし、注意することは、連絡先を交換した後の連絡内容です。

「昨日はありがとうございました」だけで送ってしまうと、「また行きましょう」で終わってしまいます。

社交辞令だけで会話が途切れ、その後なんと連絡したらいいかわからなくなってしまいやすいのです。

つまり、飲み会で連絡先交換した後は、その連絡内容が非常に重要になってくるということです。

「昨日はありがとうございました」の他に、飲み会で仕入れた情報を記載してみましょう。

例えば「○○が好きだと言っていましたが、私もそうです」や「この内容はどういう意味だったのですか」など、相手の返信が必要な内容を送ってみましょう。

そうすることで、日常的に連絡を取りあえる関係に進めることができます。

8:お店の場所を教えるのをきっかけにする

送別会や歓迎会、新年会など、会社外での行事ごとは多数存在します。

そういった場では、当然飲食店を利用するのですが、その場所を教えるまたは教えてもらうことをきっかけに連絡先を交換することが可能です。

しかし、違う部署の場合、同じ部署の人に聞いてと言われてしまう可能性もあります。

お店の場所を教えるまたは教えてもらうことをきっかけに連絡先を交換する場合は、相手がおすすめしている店の情報を仕入れ、プライベートでそのお店に行ってみたいといった内容で聞いてみましょう。

つまり、その人しか知りえない情報を欲していることをアピールするのです。

そうすることで、他者に振られる心配もありませんし、より自然に連絡先を聞くことが可能になります。

また、プライベートで利用するお店ですから、休日に連絡することもできるのです。

休日に連絡する関係に慣れれば、誘いやすくもなりますし、仕事とは違った関係性を築きやすくなります。

9:相手の好きそうな動画やサイトを紹介

動画
社会人でも学生相手でも、相手の情報を仕入れそれらを恋愛に活かすことは非常に重要です。

相手が興味を持っている分野を利用することで、より自然に関係を進展させることができるのです。

相手の好きそうな動画やサイト、ゲームなどの話題から自然に連絡先を交換することができるのです。

この時、自分も一度利用しておくのがおすすめです。

よりその事柄に詳しくなっておけば、話のきっかけにもなりますし、相手から「こんなおすすめもあるよ」と提案してもらうこともできるのです。

詳しくもないのに好きそうな動画やサイト、アプリゲームなどの話題を出すと、「知らないくせに」と不信感を持たれるきっかけになる恐れもあるのです。

10:ストレートに直接聞く

社会人なら、ストレートに連絡先を聞くのもおすすめです。

はじめから好意があることを前提に、連絡先を聞いてみるのです。

こうすることで、相手に自分を意識させることもできますし、全く脈なしだった場合、はっきりと断ってもらうこともできるのです。

また、「もう少し仲良くなってから」などと提案があれば、飲みや食事にも誘いやすくなりますし、徐々に関係を深めることもできるのです。

「フラれるのが怖い」「気まずくなるのが嫌だ」という人は、前項の方法と組み合わせて使ってみるといいでしょう。

連絡先を聞く際の注意点

気になる人ができた時、行動することは非常に重要です。

行動することによって、自分に自信を持つこともできますし、恋愛に進展する可能性を高めることもできます。

しかし、ただ行動すればいいというわけではありません。

しっかりと注意点を踏まえ連絡先を聞く必要があるのです。

注意点を理解しておかなければ、失敗体験が積み重なり、自信喪失につながりかねません。

恋愛や異性に対して恐怖心を持つ可能性もあるのです。

ここからは、連絡先を聞く際の注意点について紹介していきましょう。

タイミングを考える

連絡先を聞く際はタイミングが重要です。

好意の有無にかかわらず、タイミングが悪いために、連絡先交換ができない場合もありますし、「どうしてこんなタイミングで聞いてくるの」と相手に不信感を与えることもあるのです。

どのようなタイミングで聞くことが適しているのか、自分の状況に当てはめながら読み進めてみましょう。

二人きりになったとき

友達に知られたくないという思いから、大勢の前で連絡先交換を避ける人々もいます。

そういった人物に連絡先を聞く際は、周囲に人がいない場所で行いましょう。

つまり、二人きりになったタイミングを選択するのです。

プライドが高い男性などは特に、異性に連絡先を聞かれる姿に恥ずかしさを感じます。

冷かされることも嫌いますし、悪態をつき距離を置こうとする場合もあるのです。

こういった人々に連絡先を尋ねる際は、十分な配慮が必要になります。

気軽に聞きたいなら周りに人がいるとき

前項とは逆に、二人きりの場で緊張してしまい、思ってもいないことを発言する人もいます。

照れ隠しから「無理」「嫌だ」と拒絶する場合もあるのです。

こういった照れ屋な人相手に連絡先を聞く場合は、より恥ずかしさを感じにくい環境で聞く必要があります。

大勢の友達が一斉に連絡先を交換する場であったり、複数の人同士、グループ同士で交換する状況などを作り出しましょう。

相手に抵抗感を感じさせてしまうと、今後の関係進展が難しくなってしまいます。

会社や学校の帰り際

学校の帰り
会社員は特に、職場での連絡先交換に抵抗を持ってしまいます。

なぜなら、職場は仕事をする場であって異性としての行動に抵抗感を持ちやすいのです。

連絡先を交換する際は、会社や学校の帰りなどがおすすめです。

仕事や学業を気にしない場所で連絡先を聞くことによって、スムーズに教えてくれる可能性が高くなります。

しつこく聞かない

気になる人ができた時、猪突猛進な行動力は素晴らしいものです。

しかし、なんでも強引に進めれば報われるというわけではありません。

しつこく連絡先を聞いたり、しつこい質問などによって、相手に嫌がられてしまう恐れもあるのです。

しょうがなく連絡先を教えてもらっても、その先の進展は望めないでしょう。

相手が拒否した場合は、一度時間を置き、方法を再度考え実践してみましょう。

焦りは禁物なのです。

一方的に渡すだけではだめ

「連絡ください」と連絡先を渡しても、関係進展は望めません。

相手と合意の上で連絡先を交換することが、その後の進展に必要な事なのです。

一方的に連絡先をもらっても「後で連絡しよう」となってしまい、永遠に連絡しないことも多々あります。

連絡先を渡した方は、今か今かと待たなければならず、その後の行動にも移すことができなくなってしまいます。

恥ずかしい気持ちも理解できますが、相手との関係進展を望むなら相手と合意の上で連絡先を交換するようにしてみましょう。

連絡先を交換したあとの行動も重要

前項でもチラホラ紹介していますが、連絡先を交換したことがゴールではありません。

連絡先を交換した時点がスタートなのです。

連絡先を交換し、その後どのように活用していくかによって、その後の展開は大きく変わっていくのです。

ここからは、連絡先を交換したあとの行動についてご紹介していきましょう。

その日のうちに連絡をする

連絡先を交換したら、その日のうちに連絡するようにしましょう。

なぜなら、連絡先を交換し時間が経過するにつれて、不安感が出てきてしまうからです。

連絡先を交換したという高揚感が薄れ、次第に失敗しないようにという感情が出てきてしまい、消極的な行動をとりやすくなってしまうのです。

また、相手も連絡先を交換したことによって何かしらのアクションを期待しています。

それなのにいつまでも連絡がなければ、期待することを止めてしまいますし、嬉しさや行動力も半減してしまい双方にとってマイナスとなるのです。

交換で終わらないようにやりとりは続けよう

連絡先を交換した後は、できるだけやりとりを続けるようにしましょう。

「今日はありがとうございました」「楽しかったです」など、返信を不要としない内容を連絡しても、一方的過ぎて関係進展に繋がりません。

連絡先を交換しただけでは、スタートに立っただけにすぎません。

そこからどのような行動、どのような内容を送るかによって、関係性は大きく変化するのです。

これまで、連絡先の交換だけで、何の恋愛的進展も見られなかったという人は、自身の行動や連絡内容を見返してみましょう。

きっと、一方的な内容・行動を見つけられるはずです。

ただし相手のペース合わせることが大切

恋愛や人間関係を築くためには、自分本位ではいけません。

相手があって成立する事柄なのです。

そのため、マニュアル通り、自分の思った通りに強引に推し進めようとしても、うまくいかないでしょう。

相手の反応や様子を伺いながら、相手を思いやった発言、行動をしていく必要があるのです。

こういった要素が必要になることから、恋愛や人間関係で成長することができるのです。

恋愛や人間関係を面倒だとはねつけてしまう人々がいますが、恋愛や人間関係形成では自身の成長が望めますし、その場でしか得られない能力も多々あるのです。

自己中心的にならず、相手のペースと自分のペースをどのように組み合わせていくかが重要なポイントで楽しめる部分なのです。

男性が思わず返したくなるLINEとは?

女性と男性は思考や行動目的が異なります。

この点を無視して、自分ならこうしてほしいから相手も同じだと考えてしまうのは失敗の原因となります。

ここからは、男性が思わず返信したくなるようなLINE内容についてご紹介していきましょう。

相手の趣味や興味のある内容

男性は好奇心旺盛です。

自分が興味を持てる分野には積極的に行動しますし、飽きずに探求していけるのです。

つまり、男性が興味を持てない内容であれば、どれだけ努力しても振り向いてもらえないということです。

相手の男性の趣味や興味のある分野の内容をLINEの中に盛り込むようにしてみましょう。

写真付きLINE

男性は、視覚から情報処理する能力に長けています。

つまり、視覚的な刺激を盛り込むことで、興味を惹くことができるのです。

LINEには、文字だけではなく男性が興味を持ちそうな写真を添付するようにしてみましょう。

「綺麗な景色」「抽象的な絵」などぼやけた内容ではなく、男性の趣味に関連した内容の写真や、はっきりと認識しやすい写真を送るのが効果的です。

例えば、面白い道路標識や、スポーツ関連写真など、気になる男性が気になっている事柄、面白いと感じる事柄に関する写真を添付してみましょう。

「彼女いるの?」など自分に興味があるかもと思わせる内容

男性は特に、自分に好意を寄せていると感じられる女性を無下に扱いません。

下心があり、あわよくばとどんな男性も思ってしまうのです。

その下心を利用し、関係を進展させることができるのです。

体の関係を持てということではなく、男性の注意を惹き付け、気付いたら大切な存在になっていたという展開を作り出せばいいのです。

そのような展開を作り出すためには、あなたの好意をチラつかせ、自分に興味があるのかもと思わせ続けるのです。

確信を持たせてしまうと、男性は満足し次に目を向けてしまうため、確信を持たせない程度に調整する必要があります。

連絡先交換は進展の第一歩!勇気をだして踏み出そう

連絡先交換は、恋愛での第一歩です。

連絡先交換をしなければ、その後どのように進展させればいいか分からなくなりますし、相手の事もより深くまで知ることはできません。

「恥ずかしい」「断られたくない」という気持ちを持つことも理解できますが、その一歩を踏み出すかどうかで、今後が大きく変化するのです。

自分に合った方法を選び、是非気になる人に実践してみましょう。