なぜなら、職場は仕事をする場であって異性としての行動に抵抗感を持ちやすいのです。

連絡先を交換する際は、会社や学校の帰りなどがおすすめです。

仕事や学業を気にしない場所で連絡先を聞くことによって、スムーズに教えてくれる可能性が高くなります。

しつこく聞かない

気になる人ができた時、猪突猛進な行動力は素晴らしいものです。

しかし、なんでも強引に進めれば報われるというわけではありません。

しつこく連絡先を聞いたり、しつこい質問などによって、相手に嫌がられてしまう恐れもあるのです。

しょうがなく連絡先を教えてもらっても、その先の進展は望めないでしょう。

相手が拒否した場合は、一度時間を置き、方法を再度考え実践してみましょう。

焦りは禁物なのです。

一方的に渡すだけではだめ

「連絡ください」と連絡先を渡しても、関係進展は望めません。

相手と合意の上で連絡先を交換することが、その後の進展に必要な事なのです。

一方的に連絡先をもらっても「後で連絡しよう」となってしまい、永遠に連絡しないことも多々あります。

連絡先を渡した方は、今か今かと待たなければならず、その後の行動にも移すことができなくなってしまいます。

恥ずかしい気持ちも理解できますが、相手との関係進展を望むなら相手と合意の上で連絡先を交換するようにしてみましょう。

連絡先を交換したあとの行動も重要

前項でもチラホラ紹介していますが、連絡先を交換したことがゴールではありません。

連絡先を交換した時点がスタートなのです。

連絡先を交換し、その後どのように活用していくかによって、その後の展開は大きく変わっていくのです。

ここからは、連絡先を交換したあとの行動についてご紹介していきましょう。

その日のうちに連絡をする

連絡先を交換したら、その日のうちに連絡するようにしましょう。

なぜなら、連絡先を交換し時間が経過するにつれて、不安感が出てきてしまうからです。

連絡先を交換したという高揚感が薄れ、次第に失敗しないようにという感情が出てきてしまい、消極的な行動をとりやすくなってしまうのです。

また、相手も連絡先を交換したことによって何かしらのアクションを期待しています。

それなのにいつまでも連絡がなければ、期待することを止めてしまいますし、嬉しさや行動力も半減してしまい双方にとってマイナスとなるのです。

交換で終わらないようにやりとりは続けよう

連絡先を交換した後は、できるだけやりとりを続けるようにしましょう。

「今日はありがとうございました」「楽しかったです」など、返信を不要としない内容を連絡しても、一方的過ぎて関係進展に繋がりません。

連絡先を交換しただけでは、スタートに立っただけにすぎません。

そこからどのような行動、どのような内容を送るかによって、関係性は大きく変化するのです。

これまで、連絡先の交換だけで、何の恋愛的進展も見られなかったという人は、自身の行動や連絡内容を見返してみましょう。

きっと、一方的な内容・行動を見つけられるはずです。

ただし相手のペース合わせることが大切

恋愛や人間関係を築くためには、自分本位ではいけません。

相手があって成立する事柄なのです。

そのため、マニュアル通り、自分の思った通りに強引に推し進めようとしても、うまくいかないでしょう。

相手の反応や様子を伺いながら、相手を思いやった発言、行動をしていく必要があるのです。

こういった要素が必要になることから、恋愛や人間関係で成長することができるのです。

恋愛や人間関係を面倒だとはねつけてしまう人々がいますが、恋愛や人間関係形成では自身の成長が望めますし、その場でしか得られない能力も多々あるのです。

自己中心的にならず、相手のペースと自分のペースをどのように組み合わせていくかが重要なポイントで楽しめる部分なのです。

男性が思わず返したくなるLINEとは?

女性と男性は思考や行動目的が異なります。

この点を無視して、自分ならこうしてほしいから相手も同じだと考えてしまうのは失敗の原因となります。

ここからは、男性が思わず返信したくなるようなLINE内容についてご紹介していきましょう。

相手の趣味や興味のある内容

男性は好奇心旺盛です。

自分が興味を持てる分野には積極的に行動しますし、飽きずに探求していけるのです。

つまり、男性が興味を持てない内容であれば、どれだけ努力しても振り向いてもらえないということです。