しかし好きになるのは仕方がない

略奪愛なんて・・・と否定的な話をたくさんしましたが、好きになってしまったものは仕方ないというのも事実です。

だって好きになってしまったんだもの、その人のことが気になるし、どんな手を使ってでも手に入れたいという気持ちが芽生えるのは恋愛にとってつきものです。

略奪愛ではなくても好きな人ができたときは、どんな手を使ってでも手に入れたいし、自分のものにしたい!誰にも取られたくない!と思ったりしますよね。

それは恋愛においてごく普通の感情です。

それがたまたま誰かのものだったというだけのこと。

言葉で言えば簡単に片付けることだってできてしまいます。

好きになると、とことんその人のことを追いかけたいという女性は多いです。

誰かのものと知れば知るほど、手に入れたいと思う女性もたくさんいます。

好きの感情は時に厳しいものだったりするのです。

恋は自然にしてしまうもの

どんな恋愛であれ、恋って自然にしてしまうものですよね。

相手と知り合って、仲良くなっていくうちにその人のことを考えることが増えたり、一目惚れだったりすれば会ったその日からその人に夢中になってしまったり。

気づけばどんどん相手のことが知りたくなって、相手と一緒にいたくて、付き合って、結婚して、家族になってとどんどん妄想も膨らんでいきます。

恋をすることで女性はとても綺麗になるし、恋をしている自分が大好きだという人もいます。

恋愛は女性にとってなくてはならないものです。

だからこそどんな場面でも恋は自然と生まれてくるのです。

略奪愛も同じです。

だれかのものと知っていても相手が優しくしてくれたり、タイプだったりすると好きになってしまうのです。

どんなきっかけであれ、恋は自然にしてしまうものなのです。

好きになること自体は悪いことではない

人を好きになることってとても素晴らしいことです。

誰かを好きになって、その人のために何かをしたくなったり、その人に振り向いてもらうためにたくさん努力したり、好きになることで女性として輝くことができます。

人を好きになること自体は決して悪いことではないのです。

でもその好きになった相手がどんな人なのかで、それがいいのか悪いのかが決まってくるのです。

彼女もいないし、もちろん結婚もしていない、奥さんもいないとなれば好きになっても大丈夫だし、その人と付き合ったり結婚したりすることもとてもいいことです。

でもだれかの彼氏だったり、だれかの旦那さんだったりするとその好きは本当にいいものなのかを問われるのです。

あなたの気持ちを優先してもいい恋なのか、そうではないのかを判断しなくてはいけません。

友達の彼を好きになってしまったときの対処法5個

略奪愛なんてテレビや漫画や小説だけの話だ・・・というわけでもありません。

世界中のどこかで今でも略奪愛は進行していたりするもの。

それほど略奪愛って案外身近にあるものなのです。

あなたの友人だって今どこかで奥さんがいる男性を好きになっていたり、関係を持ってしまったしているかもしれません。

人のものってよく見えますよね。

自分に持っていないものを持っているのなら尚更です。

あの人の旦那さんかっこいいな。

あの人の彼氏は素敵な人だなと思うことで、それが好きに変わってしまうことだってあります。

もしあなたが友達の彼を気になったり、好きになってしまったときは、今すぐにでも告白して手に入れたい!と思うのではなく、そうならないように対処する方法を身につけておきましょう。

人のものを手に入れても誰も幸せになることはできません。

あなたのためにも、略奪愛を制御する方法を知っておきましょう。

1:彼との接点をなくす

まず、友達の彼を好きになってしまったり、気になってしまったりする時にはその彼との接点をなくすようにしましょう。

気になるから、好きだからとあなたが彼に近寄れば近寄るほど略奪愛が起こってしまいます。

あなたと友達と関係や友達とその彼氏の関係を壊さないためにも、あなたが彼との接点をなくす努力をしなければなりません。

男性なんて星の数ほどいます。

あなたにとってその彼はだれかのものの時点で運命に人ではありません。

あなたがその恋愛をしてしまうことで運命の彼との出会いもなくなってしまいます。

あなたが接点をなくすことで傷つく人もいないし、みんなが幸せな道を歩むことができます。

まずは接点を断ち切る気持ちを強く持ってみましょう。

連絡をとらない

連絡をとらない
接点をなくす方法の一つが連絡をとらないことです。