彼氏に寂しいと言われた時のいい女の返事7選!彼をもっと虜にして振り回しちゃえ!について
彼といい関係でいると思っていたのに、彼から寂しいと言われたら嬉しいと思う反面どうしたんだろうと心配になることもあるでしょう。

普段そんなことを言ってこないようなタイプの男性であれば驚きますよね。

彼女に寂しいと言う男性の心理はどのようなものなのでしょう。

それを言われた時にあなたの正しい対応法はあるのでしょうか。

彼氏に寂しいと言われた女性のより良い返事をご紹介します。

ベストな回答を見つけて彼をあなたの虜にしちゃいましょう!

男性は女性より寂しがり屋な生きもの

男性といえば女性よりもたくましくて強いと思ってしまいがちです。

部下や後輩に頼られていたり、しっかりしている男性と思われている男性なら尚のこと男らしい一面しか見せていないかもしれません。

しかし実は女性よりも男性の方が寂しがり屋だと言われています。

一般的に男性は寂しいという気持ちを誰かに伝えたりすることをしないようです。

なので女性にとっては男性が寂しがっていることに気付かないこともあります。

気付かずにあまり連絡をしていなかったり、友達との遊びを優先させていたりすると、彼は他の構ってくれる女性に目が行ってしまわないとも限りません。

男性は口には出さないけれども寂しがり屋だということは覚えておきましょう。

口に出している時はまだ間に合うのです。

あなたに寂しいというサインを出しているので、その意味を汲み取ってしっかりとサポートしてあげましょう。

でもなかなか素直に「寂しい」とは言えない

女性が寂しい時は素直に寂しいと言いやすいですし、その方が男性にかわいいと思ってもらえます。

女性も甘えることが得意な女性も多くいるでしょう。

しかし男性は素直に寂しいという気持ちを口に出すことはできないようです。

男性は女性に弱みを見せたくないと思っています。

女性にはいつでも自分は強く頼りになると思ってほしいと考えています。

なので寂しいということを口に出して言うことをプライドが邪魔して言えないのです。

その代わり寂しいと感じている時には、ちょっとわかりにくいようなサインを出しています。

例えばメールや電話の頻度が多くなっていたり、一緒にいる時によりひっついてきたりという行動です。

その他普段はあまり言わないのに「疲れた」と言ってくるのもサインの一つです。

そのような言動が見られた時には彼は寂しいと思っていると受け取っていいでしょう。

そのほんの少しの態度を気づいてあげれるようになると彼は気持ちを分かってもらえたと思い、あなたのことがより好きになるでしょう。

彼から「寂しい」と言われたときは本気で寂しいとき

本気で寂しい
普段は弱音を言うことがなかった彼が「寂しい」と言ってきた時は本当に寂しい時です。

女性のように構ってもらいたいから言っているのよりも重く受け止めた方が良いでしょう。

プライドの高い男性は寂しいということを意を決して言っていることもあるのです。

そのように言われたら女性はもちろん嬉しいでしょう。

まずはその寂しいと言われて嬉しかった気持ちを彼にちゃんと伝えましょう。

そうすることで彼は「寂しいと言うことは恥ずかしいことではなく、彼女は喜ぶことなんだ」ということが分かるので今後も気持ちを伝えやすくなるでしょう。

そして彼が寂しいと言ってきた時には彼を存分に甘えさせてあげると良いでしょう。

彼氏が寂しいと言ってきた時のいい女の返事7選!

彼が寂しいと言ってきたら、あなたはどのような態度を取るといいのでしょう。

相手が勇気を出して寂しいと言ってきた時にその受け答えによって今後のお付き合いが長引くかどうかも変わってきます。

プライドの高い男性が弱音を吐くこということは並大抵のことではありません。

彼は少し弱っている時なのかもしれません。

人間関係などで悩んでいるのかもしれません。

そんな彼を満足させることができる対応をご紹介しましょう。

1:「私も寂しい」と気持ちに寄り添ってあげる

まずは彼の寂しいという気持ちを聞いてあげましょう。

滅多なことで彼は寂しいという言葉を口にしたのではないはずです。

ですので、まずはその気持ちに同調してあげましょう。

私も寂しかったということを伝えてみましょう。

勇気を出して寂しい気持ちを伝えた彼は、寂しいのは自分だけではなかったと安心してくれるはずです。