童顔メイクのポイント5選!幼顔ってなんでモテるの?誰からも愛されるメイク術をマスターしよう!について
あどけなさの残る幼い顔立ちは、女の子らしい可愛さをより引き立たせてくれます。

クールで大人っぽいメイクも素敵ですが、可愛い童顔メイクに憧れている人も多いでしょう。

女性だけでなく、男性にも童顔メイクがとても人気です。

童顔メイクは男性が思わず「可愛い!」と思ってしまうポイントを的確に押さえています。

女の子らしい可愛さを手に入れ、好きな男性をキュンッとさせちゃいましょう。

今回は童顔メイクのポイントと誰からも愛されるメイク術を詳しく紹介していきます。

️モテる童顔メイクをマスターしよう!

童顔メイクは女性だけでなく、男性からも人気の高いメイク方法です。

幼顔の女性は子どものような可愛さを持っているため、守ってあげたくなる男心をくすぐります。

今も昔も多くの男性は小動物のような可愛さを持った女性に魅力を感じます。

幼顔の女性はその魅力的なポイントを兼ね揃えており、多くの男性から人気を得ています。

男性にモテるためには、童顔メイクをマスターするのが近道です。

もともと幼顔ではない女性でも、童顔メイクをマスターすることで幼い印象を演出できます。

童顔メイクとは

童顔メイクとは、子どもの顔のように幼い印象を与えるようなメイクのことを指します。

人は成長とともに骨格や筋肉も発達し、子どもの頃の顔から少しずつ大人の顔へと変化します。

なかには実年齢よりも年上に見られる方もいるでしょう。

骨格や筋肉が発達し、大人の顔になっていきますが、メイク方法を工夫すれば童顔をつくれます。

童顔メイクをする際には、いくつかのポイントがあります。

そのポイントを押さえることで、大人っぽい顔立ちの女性でも童顔な印象を与えることができます。

女の子らしい可愛さを引き出すメイク

童顔メイクは、女の子らしい可愛さを引き出すメイクのひとつです。

それではなぜ、「童顔」と「可愛い」がリンクするのでしょうか。

それには深い関係があるのです。

赤ちゃんが可愛く見えるのは、母性や父性本能をくすぐるためだと言われています。

可愛い姿に愛情を持つことによって世話をしてもらえ、自分の生存確率を高めることができます。

赤ちゃんには可愛く見えるための可愛いポイントがあります。

たとえば目や耳が顔の中心より少し下に位置していること、大きな目、小さな鼻などです。

全体的に丸みを帯びていて、柔らかそうな肌感も「可愛い」と思わせるポイントのひとつです。

このような特徴はアニメのキャラクターやゆるキャラなどにも共通しています。

つまり、このポイントを押さえることで「可愛い」という印象をつくりだすことができるのです。

童顔メイクはこの可愛いポイントを押さえて可愛いを引き出すメイクでもあります。

幼さを感じさせるキュートなメイク

童顔メイクは、幼さを感じさせるキュートなメイクのひとつです。

前項でも述べた通り、幼さと可愛いは密接な関係にあり、それをメイクでつくることができます。

幼い顔立ちは可愛さだけでなく、優しさや柔らかさといった印象を与えます。

男性は潜在的に母性を求めており、優しさや柔らかさを持った女性に惹かれる傾向があります。

美しい顔立ちや凛としたカッコよさも素敵ですが、可愛さにはそれとは異なる魅力があるのです。

キュートさを引き立たせるためには、若いというよりも「幼い」印象を与えることが重要です。

幼い印象を持つ女性は、それだけで思わず守ってあげたくなる心理をくすぐることができます。

小動物のようにか弱く、丁寧に接してあげなければいけないという気持ちが刺激されます。

️童顔メイクのポイント5選

可愛い印象を与えるためには、童顔メイクのポイントを押さえておきましょう。

可愛く見せようと張り切り過ぎるとつい厚化粧になってしまいがちです。

しかし、小さな子どもはお化粧をしませんよね。

童顔メイクでは、メイクを頑張るというより自然な可愛さを引き立たせることがとても重要です。

厚化粧にならないように気を付けながら、童顔メイクのポイントを押さえていきましょう。

次は童顔メイクのポイントについて詳しく紹介していきます。

1.すっぴんみたいなツヤ肌

ツヤ肌
童顔メイクをするときは、すっぴんみたいなツヤ肌をつくりましょう。