恋愛に疲れた時の癒し方20選!おすすめなBOOKから映画まで、あなたの心に沁みる作品をご紹介!について
恋愛に疲れたと感じるとき、それは自分だけではないので責めずに受け止めて、ゆっくりと休むことが大切です。

たとえ好きなことであっても、辛いことが続いたり、できないことが続いたりすると投げ出したくなります。

疲れたと感じます。

さらに努力しようとしても悪循環となることのほうが多いですので、そのようなときはゆっくり休み、また新しい恋愛探しをする元気をためておくほうがいいと思います。

今回は恋愛に疲れた時の癒し方として、おすすめなBOOKや映画といった心に沁みる作品を紹介します。

️恋愛に疲れた時の癒し方20選

恋愛に疲れた時はまず、休憩しましょう。

そして癒されましょう。

人それぞれ好きなことは十人十色、何をしてリラックスできるかもさまざまです。

そこで、おすすめの癒し方として20通りの方法を紹介します。

自分に向いてそうだなと思うことからどんどんチャレンジしてください。

新しい趣味を発見できるかもしれません。

睡眠をしっかりとる

睡眠
恋愛にしても何事にしても、疲れたと感じるときはその疲れを取り去ってあげることが一番大切です。

そこで、一番大切なのは睡眠をしっかりとることです。

普段から睡眠不足気味の人は、眠る前にスマホを眺めないようにしましょう。

パソコンやスマホのブルーライトは脳を刺激してしまい、リラックスして眠れなくなってしまいます。

便利なのでついつい調べものをしたり、ただ目的もなく色々なページを閲覧したり、欲しかったお品がセールになっていないかチェックしたり、指ひとつでチェックできるのだから眠る前に見たくなるのは当然です。

布団に入るまではスマホを触ることがあっても、布団に入ると同時に電源をオフしてしまい、朝のアラームとともに再起動させるくらいがいいかもしれません。

リラックス効果のあるアロマも効果的です。

どうしても眠れない時は処方薬やドラッグストアのお薬にお世話になることもあると思いますが、できるだけ自然に眠れるように心がけるのがベストです。

ゆっくりお風呂に浸かる

一人暮らしをしている人は特にシャワーのみで終わらせてしまいがちのお風呂の時間、休日や週末といった時間のあるときだけでもゆっくりお風呂に浸かるようにしてください。

一日の疲れをしっかり取ってくれるとともに、ゆっくりお風呂に浸かることで全身の筋肉をほぐし、血の巡りもよくなると思います。

お風呂に浸かることを楽しみにするのもいいと思います。

お気に入りの入浴剤を数種類ストックし、その日の気分によって使い分けるのもいいと思います。

子供向け商品ではありますが、入浴剤がはじけた後にかわいいキャラクター商品が出てくるお品もあります。

好きなキャラクターや懐かしのキャラクターがあれば、試しに買ってみてもいいと思います。

ちょっとセレブな気分になりたいときは、アフタヌーンティーリビングの入浴剤やロクシタンの入浴剤もおすすめです。

美味しいものを食べる

美味しいものを食べる
普段は体型を気にして食事制限をしがちな人も、時々は気を緩めて美味しいものを食べる時間を作ることが大切です。

美味しいものを食べることで幸せな気持ちになれますし、普段心の中に持っている悩み事や疲れを取り去ってくれるようにも思います。

美味しいものを食べるときは、一人ゆっくり味わうのもいいですし、気兼ねなく一緒に過ごせる友人や家族と味わうのもいいです。

さらに、美味しいものを食べる時間を大切にすると同時に、栄養バランスの整った食生活も大切にしてほしいです。

普段、仕事や学校生活などやるべきことに追われ、ついついおろそかにしてしまうことも多いと思います。

出来るだけ自炊するようにして、一食ごとに野菜をたくさん食べるようにしましょう。

一人暮らしをしている人は野菜をたくさんに食べづらい悩みもあるでしょう。

賢く冷凍ストックしたり、便利な作り置きレシピを頼ってみてください。

自炊するようになると、お惣菜や外食がけっこうお財布にひびくことがよく分かります。

思い切り泣く

子供の頃は当たり前のように出来ていたことが、大人になればなるほど周りの意見や目線を気にするようになり、出来なくなることはよくあります。

自分の感情をあらわにすることもその一つであり、泣きたい時に思いっきり泣いたり、悔しい気持ちや怒りの気持ちを思いっきり爆発させたりすることは難しくなります。

とくに仕事場や学校といった多くの人が見ている場所では理性が勝り、自分の感情を抑えることが多いと思います。

日本人特有、和を大事にする人種なのでこれは致し方のないことです。

しかし、これをずっと続けているといつか限界がきてしまい、疲れて何もしたくなくなるかもしれません。

大切なことは、家族や友人など気兼ねしない人といる時、あるいは自分一人の時に我慢していた感情を思い切り吐露することです。

思い切り泣くのもその一つです。

恋愛においてもその他のことにおいても、思い切り泣く時間を作ってあげてください。

友達と遊ぶ