支配欲の強い男性の特徴13個とそんな男性と付き合った場合のメリットと注意点とは?について
支配欲の強い男性との恋愛はどうなのだろう?考えたことのある女性は多いです。

男性から愛されている方が幸せになるという一般的な考えがある手前、支配欲の強い男性との恋愛にはメリットが多いように見えます。

それでいて、自由な時間も欲しいと考える現代女性にとって、支配欲の強い男性との恋愛を窮屈に感じることもあるかもしれません。

物事はすべて表裏一体となっているので、メリットだけではなく、もちろん注意点もあるということです。

今回は、支配欲の強い男性の特徴、そしてそんな男性と付き合った場合のメリットと注意点を紹介します。

️支配欲の強い男性と付き合うとどうなる?

支配欲の強い男性と付き合うと、自分のプライベートの時間のほとんどを彼氏と過ごすようになり、自分だけの時間が僅かになってくることは想像されます。

言葉の通り支配欲が強いので、自分の彼女は自分のモノといった独占欲を持っています。

自分の目の届く範囲にいて欲しいと強く思います。

それを幸せと感じるか、窮屈だと感じるかはその人次第です。

お互いが程よい距離感を作り出し、二人にとって幸せだと思える恋愛であることが一番大切です。

彼氏からの連絡がなかなかなく、愛されている自信がないと悩む女性にとっては支配欲の強い男性との恋愛は水を得た魚のようかもしれません。

しかし、それに溺れてしまうのではなく、自分というものと冷静な判断を忘れてしまわないようにしてください。

支配欲ってどんな欲?

支配欲とは、誰かを自分の思うがままに支配したいと願う気持ちです。

二人に対等な関係はなく、支配する側は支配される人のすべてを自分に従わせ、反抗することを許そうとはしません。

恋人を独占したいと思う気持ちは構いませんが、行き過ぎた感情は支配欲へと変わってしまいます。

ほどよい距離感が大切です。

ほどよい距離感をキープするには、どんな関係であったとしても相手の意見や主張を鵜呑みにして全て従う必要はなく、必要に応じて自分の意見や主張を言ってもいいと思います。

️支配欲の強い男性の特徴13個

まず、支配欲の強い男性の特徴を書きます。

支配欲が強い男性は女性の気持ちを聞くことはなく、自分の意見を押し付けます。

そして、必要以上に女性を束縛しようとします。

周囲から見ると異様な関係なのですが、恋をすると冷静さに欠けてしまうことがあり、当の本人はそんなことに一切気付いていないケースも多いです。

彼のことを理解できるのは自分だけで、どんな目に遭っても自分は最高に幸せだと思い込むことはやめておきましょう。

リアルに流れていく現実をじっくり見据え、幸せな恋愛を見つけてください。

時間はあっという間です。

支配欲の強い男性の特徴を理解した上で、今自分が持っている悩みが軽くなることを願います。

今の関係に疲れたと感じた時、自分自身、そして自分のパートナーに当てはまるところがないかをチェックしてください。

プライドが高い

プライドが高い男
支配欲が強い男性はプライドも高いことが想像されます。

自分が絶対的に正しいと思っているので、周りの人の意見や主張に耳を傾けることはほとんどありません。

プライドが高すぎて、周りの人は自分の意見や主張に全て従えば、すべてスムーズにいくのにとすら考えています。

プライドが高すぎて、自分のためを思って言ってくれた大切な意見すら聞き入れようとしないこともあります。

自分に意見を言うこと自体が許されないのです。

自分にできないことはないし、周りの人のサポートを必要とすることもないとすら思っています。

そのため、周囲との人間関係をないがしろにする傾向にあるのかもしれません。

どんなにねじ伏せようとしても自分に意見を言うような人はとことん嫌います。

また、プライドが高いがゆえに、常にトップでいようとします。

すごく負けず嫌いな一面も持っています。

気持ちよく距離感を持ってお付き合いするには、男性のプライドを大切にしつつ、自分の意見もきちんと言える女性が理想的だと思います。

周囲の人の意見や主張を受け入れつつ、自分の意見も通すことの大切さを学んで貰いましょう。

自分が正しいという思考

支配欲が強い男性は、自分の考えが絶対に正しいと思っています。

そこには一つのミスもなく、完璧だと信じて疑いません。

もちろん、周りの人の意見や主張を聞き入れることもなく、正義の味方のような感覚で自分の意見を押し付けます。

支配欲が強い男性は、周りの人が自分とは違った選択肢や方法で何かをしていたり、話していたりすると、そういった考え方もあると受け入れることができません。

相手が間違っていると一方的に否定しにかかり、自分の選択肢や方法を押し付けます。

プライベートでもそれは同じです。