話が続かない男性の8個の特徴と沈黙を防ぐコツについて
デートは楽しいものです。

わくわくしたりドキドキする事によって、幸せな時間を楽しむ事が出来るでしょう。

だからこそ、多くの女性が恋をしたいと思うのかもしれません。

恋をする事によって、人生がより豊かになる経験をする事が出来る人は沢山いるはずです。

今までの自分では考えられないようなパワーを持つことが出来るようになる事でしょう。

だからこそ、恋をする事は素晴らしいことなのです。

恋がうまくいけば、デートをするチャンスを掴む事だって出来るでしょう。

そのデートがうまく行く事によって、本格的に交際する事が出来る。

そんな事もあるでしょう。

だからこそ、デートの出来は、その後の恋愛をより良い物にする為にも、とても重要な事です。

ですが、それが意外と難しいことだったりします。

既に交際しているような場合では、デートはただただ楽しいものなのかもしれません。

自分の行きたいところに、好きな人と行く事が出来ることは幸せを感じる瞬間なはずです。

だからこそ、多くの人が難しい事を考えずに前向きな気持ちで楽しむ事が出来るのでしょう。

ですが、問題は交際前です。

交際前では、相手に対する遠慮もあります。

自分がしたい事を相手に強要する事によって、変な空気になってしまう事だってあるかもしれないのです。

どんなにその前にいい関係を作る事が出来ていたとしても、初めてのデートで失敗してしまうとそこから盛り返す事はなかなか難しい問題かもしれません。

どうしても、初回のイメージが後を引いてしまう事によって、段々と二人の関係も冷めてしまうこともありえます。

恋愛はタイミングです。

そのタイミングを的確につかむ為にも、デートを成功させる事は重要です。

その為には、楽しい話をする事が出来るように意識して行動してください。

そこで今回は、デート中に話が続かなくなってしまう人に対してその対策をお話ししたいと思います。

そうする事によって、これからの二人の関係をより良いものにしていく事が出来るようになるかもしれません。

気まずい!デート中沈黙になった!そんな経験ありませんか?

デート中
初デートの時は、誰もが緊張するはずです。

相手とどんな話をしたらいいのか悩む事だってあるでしょう。

自分の事を良く見せたい・もっと好きになって欲しいという気持ちが強ければ強いほど、話す内容に悩みすぎてしまい、結果的にどんな話をしたらいいのか分からなくなってしまうのです。

そのせいで、話をする事が出来なくなってしまうこともあるでしょう。

デート中、最も嫌な事は沈黙になってしまう事かもしれません。

沈黙になってしまうと、途端に空気が悪くなります。

どんどん緊張してしまい、余計に話をする事が出来なくなってしまう事だってあるでしょう。

それはまさに悪循環であり、いい事では無いはずです。

気まずい瞬間は誰にでもあるものです。

そのせいで相手との関係性までもが気まずくなってしまう事だってあるでしょう。

だからこそ、多くの人がその瞬間を避けたいという気持ちを持っているのです。

出来るだけ会話を続け、楽しい時間を共有したいという気持ちを持っているはずです。

交際を開始し、何度もデートをするような関係になる事が出来れば、例え沈黙があったとしてもさほど気にはならないでしょう。

むしろ、相手に心を許しているからこそ沈黙の時間があったとしても気にならないという事だってあるはずです。

けれど、交際前であればそんな時間が気まずく感じてしまうのも仕方がないことなのかもしれません。

沈黙になり、何とも気まずい気持ちになる。

それは珍しいことでは無く、当たり前の事なのかもしれません。

話が続かない男性の8個の特徴とは

話が続かない男性の特徴
それでは、ここからは、話が続かない男性の特徴についてご紹介させていただきます。

男性が何か話をふってきたとしても、あまりいい反応が出来ず、それがきっかけで、男性側が段々と話をする勇気を持つ事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

次第に互いに無口になり、結果的に話をする事が出来なくなってしまう。

そんな事だってあるはずです。

そんな場合でも、相手のタイプを知る事によって対策を練る事が出来るようになるかもしれません。

もともとそういう人だという理由を知る事が出来れば、さほど相手の反応を気にする事も無くなるのではないでしょうか。

だからこそ、自分の気持ちをすっきりさせるという意味でも相手の気持ちを知る事はとても大切な事です。

ここからご紹介する特徴は、全ての人が当てはまるものでは無いかもしれません。

ですが、そうだったとしても少しでも当てはまる事があるとすれば、それだけでも何かヒントとして受け入れる事が出来るようになるのではないでしょうか。

少しでも自分の恋愛をいい方向に向かわせる為にも、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

1 同じ話しかしない

会話が続かない人の中には、そもそも会話が下手という人が居ます。

会話が下手だからこそ、自分の中での話題のレパートリーが少なく結果的に同じ話ばかりしてしまうようになってしまうのです。

最初は、盛り上がっていた話も何度も同じ話をされる事によって段々と飽きていきます。

結果的に話が盛り上がらなくなってしまうのです。

話をしている方も、自分の話に対して反応してもらう事が出来なければ嫌な気持ちになってしまう事もある事でしょう。

そのせいで、結果的に会話が続かなくなり二人の関係は更に悪化してしまうかもしれません。

同じ話しかしないという事は、それだけ会話をする事が下手という事を理解してあげましょう。

そうする事によって、こちらから話題を提供するような事が出来るようになるかもしれません。

それが結果的に会話を盛り上がらせることとなり、前向きな行動につなげる事が出来るようになる事でしょう。

2 自分に自信がない

自分に自信がない男性
話をするという事は、それだけ自分の事を分かって欲しいという事です。

逆を言えば、話をすればするほど自分の考えている事が相手に伝わってしまうという事なのです。

自分の気持ちが相手に伝わる事によって、理解をしてもらう事が出来る気持ちと分かってしまうからこそ、不安になるという両方の気持ちを体験する事となるでしょう。

自分に自信が無い人の場合、自分の事を相手に知られる事に対して抵抗感を抱く事も珍しいことではありません。

だからこそ、段々と話をする事すらしなくなってしまうものなのです。

自分の好きな相手に嫌われたくないからこそ、自分の話をする事が出来ない。

そんな事だってあるのです。

相手がなかなか話をしてくれないと、不安な気持ちになる事もあるでしょう。

その気持ちを感じる理由も分からないでもありません。

だからこそ、相手が話をしてくれないからといって自分の事を好きでは無いと決めつけるのは早いのかもしれません。

実際には好きだからこそ、話をする事が出来ないという事だってあるのです。

自分に自信の無い人に、無理に話をさせようとすると相手の警戒心をあおってしまう事になるだけになる場合もあります。

だからこそ、自分の気持ちを優先させて出来るだけ仲良くなりたいからこそ話をしたいという気持ちも分からないではありませんが、焦りは禁物です。

相手のペースを待ってあげる気持ちを持つ事が大切なのです。

3 人の話を聞かない

話が続かないというと、どうしても沈黙をイメージしてしまうでしょう。

ですが、中には沈黙では無く会話が続かない場合もあります。

それは、相手が話を聞いていない場合です。

どんなに相手に対して話をしていたとしても自分の話を聞いていない場合には、会話が成立する事がありません。

相手の事に興味が無い場合には、どれだけ話しかけられたとしてもそれに対して話をする気持ちを持つ事が出来ないでしょう。

つい他の事を考えていて話しすら聞いていない。

そんな事だってあるかもしれないのです。

話を聞いていない人といくら会話を盛り上げようとしても、それは無理な話です。

だからこそ、まず大切なのは自分に興味を持ってもらう事です。

そうする事によって自分の話を聞いてもらうきっかけを探す事が出来るようになる場合もあります。

人の話を聞かないというのも少し問題があるように思えるかもしれません。

ですが、そうだとしても、その人と会話を成り立たせたい。

話を続かせることによって楽しい時間を過ごしたい。

そんな気持ちを持っているのであれば、それに合わせた行動を取る必要があるのではないでしょうか。

そういった意味でも、話を聞いて貰う事が出来るように自分自身が行動する事が大切だと言えるでしょう。

4 話の引き出しが少ない

話の引き出しが少ない男性
他人と会話を長く続ける事は、意外と難しいものです。

つい自分の興味がある事だけを話してしまえば、相手に対して退屈な気持ちや嫌な思いにさせてしまう事もあるかもしれません。

そうならないようにする為には、沢山の話をまんべんなく出来るようになる事が大切なのかもしれません。

話の引き出しを多く持つ人は、それだけ会話の幅を広げていく事が出来るようになります。

相手の反応を見ながら、会話をどのように膨らませていけば良いかを考える事が出来るようになるのです。

だからこそ、相手に合った会話をする事が出来るようになるのです。

それによって、楽しい会話をする事が出来るようになる事でしょう。

話の引き出しが少ない人は、話題に広がりがありません。

例え一つの話題で盛り上がったとしても、そこからなかなか会話を広げる事が出来なければ、結果的に会話が続かないという事になってしまいます。

恋愛を成功させる為には、出来るだけ長く沢山の楽しい会話をする事が大切なのです。

だからこそ、引き出しが少ない人は改善していく必要があるかもしれません。

会話の引き出しは、自分で努力する事によって広げていく事が出来るようになります。

色々な事に興味を持ち、前向きに周りに目を配る事によって自然と多くの情報を自分の中に蓄積していく事が出来るようになります。

それが結果的に自分に興味を持ってもらうきっかけにする事が出来るようになるかもしれません。

会話の引き出しを広げる事によってメリットがあるのは恋愛だけではありません。

人間関係をよりよいものにするという意味でも、会話の引き出しが多い事はとてもいい事だと言えるでしょう。

だからこそ、どんな人も常に前向きな気持ちで世間を見る事が大切です。

趣味がない

会話の引き出しの一つとして趣味があります。

趣味がある人は、その話題になると、他の人とは比べ物にならないほどの、知識を発揮する事があります。

それが結果的に周りの人との会話のきっかけになる事でしょう。

だからこそ、趣味があるだけで会話を広げる事が簡単になる場合もあります。

趣味の内容は人によって違います。

だからこそ、自分の趣味と同じ人と出会う事が出来るようになればそれだけ会話を盛り上げる事が出来るようになるでしょう。

けれど、大切な事はそれだけではありません。

例え共通の趣味が無かったとしても、自分の趣味の話に対して興味を持ってもらう事が出来る場合もあるのです。

趣味がある事によって、人よりも詳しく話をする事が出来る内容を持っているという事になります。

それが結果的にデートの際に会話を盛り上げるきっかけにつながる場合もあります。

だからこそ趣味がある事はいい事なのです。

会話が盛り上がらないという人の中には、そもそも趣味すら持っていないという人も多いのではないかと思います。

だからこそ、好きな事を見つけ趣味を持つ事によって自分の事をアピールするきっかけにする事も会話を楽しむ事も出来るようになる事でしょう。

4 真面目

相手と会話をする際、受け取る側の人がどんな風に話を聞いてくれるかは意外と分からないものです。

自分としては単なる例え話のような形で会話をしたとしても、それが結果的に相手に不快な思いをさせてしまう場合もあるでしょう。

だからこそ、つい相手がどんな反応をするのかが気になってしまう。

そんな人だっているはずです。

相手の受け取り方が気になって、自分の思っている事をうまく話す事が出来ない人は真面目な人が多いのかもしれません。

真面目だからこそ、自分の気持ちを伝える事よりも相手がどう思うのかが気になってしまい、上手く会話をする事が出来なくなってしまうのです。

それが会話が続かなくなってしまう原因でもあります。

本当であれば、相手の事を考えて行動する事はとても素晴らしいことです。

いい人間関係を作っていく為には、気遣いの心を持つ事はとても重要な事だと言えるでしょう。

ですが、何事にも限度があります。

余りにも考えすぎてしまうと、結果的にいい関係を維持する事は出来なくなってしまうものなのです。

我慢をすればいい関係になる事が出来るかと言われればそんな事はありません。

関係をいい方向に向かわせる為にも本音で話をする事が大切な事もあります。

真面目な人こそ、自分の気持ちでは無く相手の気持ちばかりを考えてしまうかもしれません。

ですが、時には何も考えず、自分の思った事を相手に伝えてみる。

そんな気持ちを持つ事も大切なのではないでしょうか。

5 表情が硬い

会話はコミュニケーションの一つです。

だからこそ、会話を楽しむ為には、互いに心を開く必要があります。

相手の気持ちを考えずに行動していてはいい関係を作る事は難しいです。

また、表情が硬い場合には、相手も警戒し上手く会話をする事が出来ない場合もあるかもしれません。

だからこそ、表情を明るくする事は大事な事だと言えるでしょう。

表情が硬い場合には、相手に警戒心を持たせてしまうこともあります。

そのせいでいい関係性を作っていく事が出来ない場合もあるでしょう。

お互いに警戒しあっているような二人であれば、会話を盛り上げる事は難しいかもしれません。

だからこそ、もし相手と会話を盛り上げたいと思うのであれば、表情から意識して行動する事が大切です。

自分の情状は自分では分からないものです。

だからこそ、無意識のうちに厳しい顔になってしまっている場合もあるかもしれません。

そうなってしまっては、相手が警戒してしまっても無理はありません。

そうならないようにする為にも、普段から表情を意識して行動する事が大切だと言えるでしょう。

6 優柔不断

優柔不断な男性
自分で決定する事が苦手な人の事を優柔不断と言います。

相手が優柔不断な場合、常に自分がいろいろな事を決定しなければなりません。

仕切り屋の人からすれば、その関係性が心地よいという事もあるかもしれませんが、中にはそれが負担に感じてしまう人も居る事でしょう。

だからこそ、優柔不断が会話が続かない原因になる事もあります。

例えば何かを決める際、互いに意見を出し合う事が出来ればそれだけでも会話を盛り上げる事が出来ているという事になります。

例えすぐに決定する事が出来なかったとしても、相談という過程を踏む事によって、コミュニケーションを取り互いの気持ちを理解し合うきっかけを掴む事が出来る場合もあるのです。

だからこそ、相談し悩む事は無駄ではありません。

ですが、優柔不断な人の場合にはそもそも自分で考えて行動しようとする気持ちがありません。

だからこそ、相談にならないのです。

何か物事が起きた時も、相談する事が出来ず全てを任せられてしまったらどうでしょうか。

きっと責任を感じるかもしれません。

少しは相談に乗って欲しいと思うのではないでしょうか。

にも拘わらず、それが出来ないからこそ、会話が続かないと言われてしまうのです。

何でも相手任せ

優柔不断な人の場合には、自分で決定する事が苦手です。

自分の決定のせいで悪い方向に物事が進む事を警戒しているのでしょう。

だからこそ、そうなった時に責任を取るのが嫌だからこそ自分の気持ちを出さず他人任せにしてしまうのかもしれません。

何かを聞かれた場合『何でもいいよ』と答える事を、優しさだと思っている人も居ます。

ですが、実際にはそれは優しさでは無く、単純に面倒な事から逃げているだけなのではないでしょうか。

そう言った意味でも、なんでも他人に任せる人はそれだけ会話が成り立たないような人だという事が言えるのではないでしょうか。

7 冗談が通じない

会話をしている中で、時にはちょっとした冗談を言う事もあるでしょう。

そうする事によって、場の空気が和んだり更に仲良くなる事が出来る場合もあるでしょう。

けれど、中には冗談が全く通じないような人も居ます。

そんな人がいると、つい会話が盛り上がらず結果的に話をする事が出来なくなってしまうのです。

冗談が通じない人の中には、真面目な人が多いのかもしれません。

冗談を冗談と思わず全てを簡単に受け止めてしまうのです。

それは考え方によってはとても素直な心を持っている人だという事も出来るでしょう。

ですが、場合によってはそれが会話が続かない原因となってしまう事もあるので注意が必要です。

人間は正しいことばかりを話していては息が詰まってしまう事もあります。

時には違う事を話したりして、気持ちをリラックすさせる事も大切です。

だからこそ、そういった気持ちを解消するという意味でも、時には冗談を寛容に受け入れる事が大切になります。

冗談が通じないと、結果的に周りの人とうまくやっていく事が出来ない場合もあります。

それは自分にとってマイナスとなる行為ではないでしょうか。

出来るだけ周りの人とうまくやっていく事が出来るかどうかが、自分にとって重要な事になります。

冗談が通じない人は、自分でもその状況に気が付く事が出来るはずです。

もっと周りの人とうまくやっていきたいという気持ちを持っている事もあるかもしれません。

だからこそ、慣れる意味でも多少嫌な事を言われたとしてもそれを鵜呑みにしないようにふるまう事もまた、大切な事もあります。

8 言い訳が多い

自分に自信が無い場合、何か問題が起きた時自分が責められてしまうのではないかと不安になってしまうこともあります。

周りの人がそんな気持ちが無かったとしても、自分で勝手にそう思い込んでしまうのです。

それが結果的に自分を苦しめてしまう事に繋がります。

相手から責められたくない気持ちが強ければ強いほど、言い訳を言うようになってしまう事でしょう。

言い訳をすればするほど、周りからの信用度は減るかもしれません。

その為、いい事はないのです。

けれど、ついこの現状を打破したいという気持ちが強いからこそ言い訳をしてしまうということもあるでしょう。

一度言い訳をするようになると、それが癖になってしまい何度も言い訳をするようになってしまう可能性もあります。

それがいつの間にか自然と口から出るようになってしまうのです。

そうなってしまっては自分の気持ちを周りの人が素直に受け入れる事すらなくなってしまうかもしれません。

少しでも誤解のないように過ごす為にも、言い訳はしないようにしましょう。

話が続かない男性の心理って?

それでは、そもそも会話が続かない場合、男の人はどう思っているのでしょうか。

その心理を知る事によって、相手の気持ちを少し理解出来るようになるでしょう。

そうする事で対策を考える事が出来るようになるかもしれません。

ネガティブな事ばかり思っていた気持ちも、いつの間にか前向きに考える事が出来るようになる事だってあるでしょう。

相手の事を知るという意味でも、多くの情報を知る事はとても意味のある事です。

話が続かない事に対して悩んでいるときはぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

緊張している

相手との会話が続かない場合、つい自分の事が嫌いなのではないかと思ってしまう事もあるでしょう。

一度そう思ってしまうと、話をする事すら嫌だと感じる事もあるかもしれません。

ですが、本当はただただ緊張しているというだけの場合もあります。

緊張していれば、誰もが口数は少なくなるものです。

自分の事が嫌いだからこそ話をしてくれないと思っている場合でも、実際は自分の事を好きだからこそ話をする事が出来ないなんて事だってあるかもしれないのです。

好きな気持ちを持ってくれているにも関わらず、相手と会話が盛り上がらないからと言って自分から諦めてしまう事は実にもったいないことなのです。

話の話題を探している

話のテンポは人によって違うもの。

自分としては、会話が盛り上がっていない、話が続かないと感じるようなテンポだとしても場合によってはそれがその人にとって一番いいテンポという場合もあります。

そんな時は、そもそも相手は会話が盛り上がっていないと思っていないこともあるのです。

物事の考え方は人によって様々です。

だからこそ、自分が思っている感覚が必ずしも他の人と合うかどうかは分かりません。

自分の基準だけで物事を考えてしまうと、無駄な悩みを持つ事に繋がってしまう事だってあるでしょう。

ゆっくり話をする人の中には、次の話題を考えながら会話をしている人も居ます。

その場合、会話をする事が嫌なのではなく、むしろ積極的に会話をしようとしているという場合もあります。

話題を探す事によって、相手ともっと仲良くなりたいと思っていることだってあるのです。

つまらないと思っている

相手が話をしない場合、一番簡単な理由はつまらない思っているという事です。

つまらないと思っているからこそ、話をする気持ちにすらならないのかもしれません。

相手にもっと話をして欲しいという気持ちがあるのであれば、相手が楽しいと思えるように努力することも大切です。

そういった意味でも視野を広げ、会話の引き出しを沢山用意しておく事はとても大切な事だと思います。

言いたいことを我慢している

会話をしない人の中には、自分の中に何かを秘めているという人も居ます。

本当は言いたい事があるけれど、相手の気持ちを考えて言う事が出来ない。

そんな事だってあるはずです。

たとえば、自分と意見が違った場合、それを言う事によって互いの間で喧嘩が起きる事もあるかもしれません。

言い合いになり、仲たがいをしてしまう事だってあるでしょう。

それは決していい関係を維持する事が出来ているとは言えません。

言いたいことを言う事が出来る関係こそがいい関係ではないでしょうか。

言いたいことを言っているからといって、誰もが喧嘩をしているわけではありません。

人によっては、言いたいことを話しているにも関わらず相手と喧嘩せず仲良く過ごす事が出来る人だって沢山います。

だからこそ、言いたい事を我慢する事が必ずしも良いことだとは言えません。

沈黙は怖くない!沈黙には仲良くなる秘訣が隠されているんです!

つい沈黙を体験してしまうと、焦る気持ちを持ってしまう事でしょう。

どうにかして、相手との会話を盛り上げなければならない。

そんな風に思うはずです。

交際期間が長くなればなるほど、相手と沈黙になってもさほど気にはなりません。

それだけお互い独立した考え方を持つ事が出来るからです。

ですが、そうではなくまだ交際すら始まっていないような状況の時は、思わず相手の事を意識しすぎてどうしたら良いのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

沈黙を体験したとしても、それが必ずしも悪いこととは言えません。

相手もあなたに良く思われたいという気持ちがあるからこそ、話をする事が出来ないという事だってあるかもしれません。

そんな場合には、お互いに前向きに話をする事によって自然と心を開いていくことだって出来るようになるかもしれません。

沈黙というとどうしても良くない印象を持たれる場合が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には沈黙すべてが悪いというわけではありません。

時にはそれによって仲良くなるきっかけを掴む事が出来る場合もあります。

だからこそ、その沈黙という上辺だけの関係性に惑わされて不安な気持ちになる必要はありません。

前向きにとらえ、仲良くなるきっかけとして考えればいいだけなのです。

物事には、必ず二面性があるものです。

だからこそ、たった一面だけを見て判断するには早急すぎるという事もあるのです。

話が続かない事に対して、二人の相性が合わないのかと不安になってしまう人も居るかもしれません。

しかし実際にはそうとも言い切れない部分が沢山あります。

だからこそ、すぐに悲観するのではなく前向きな心を持つ事が大切です。