そういった意味でも視野を広げ、会話の引き出しを沢山用意しておく事はとても大切な事だと思います。

言いたいことを我慢している

会話をしない人の中には、自分の中に何かを秘めているという人も居ます。

本当は言いたい事があるけれど、相手の気持ちを考えて言う事が出来ない。

そんな事だってあるはずです。

たとえば、自分と意見が違った場合、それを言う事によって互いの間で喧嘩が起きる事もあるかもしれません。

言い合いになり、仲たがいをしてしまう事だってあるでしょう。

それは決していい関係を維持する事が出来ているとは言えません。

言いたいことを言う事が出来る関係こそがいい関係ではないでしょうか。

言いたいことを言っているからといって、誰もが喧嘩をしているわけではありません。

人によっては、言いたいことを話しているにも関わらず相手と喧嘩せず仲良く過ごす事が出来る人だって沢山います。

だからこそ、言いたい事を我慢する事が必ずしも良いことだとは言えません。

沈黙は怖くない!沈黙には仲良くなる秘訣が隠されているんです!

つい沈黙を体験してしまうと、焦る気持ちを持ってしまう事でしょう。

どうにかして、相手との会話を盛り上げなければならない。

そんな風に思うはずです。

交際期間が長くなればなるほど、相手と沈黙になってもさほど気にはなりません。

それだけお互い独立した考え方を持つ事が出来るからです。

ですが、そうではなくまだ交際すら始まっていないような状況の時は、思わず相手の事を意識しすぎてどうしたら良いのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

沈黙を体験したとしても、それが必ずしも悪いこととは言えません。

相手もあなたに良く思われたいという気持ちがあるからこそ、話をする事が出来ないという事だってあるかもしれません。

そんな場合には、お互いに前向きに話をする事によって自然と心を開いていくことだって出来るようになるかもしれません。

沈黙というとどうしても良くない印象を持たれる場合が多いのではないでしょうか。

しかし、実際には沈黙すべてが悪いというわけではありません。

時にはそれによって仲良くなるきっかけを掴む事が出来る場合もあります。

だからこそ、その沈黙という上辺だけの関係性に惑わされて不安な気持ちになる必要はありません。

前向きにとらえ、仲良くなるきっかけとして考えればいいだけなのです。

物事には、必ず二面性があるものです。

だからこそ、たった一面だけを見て判断するには早急すぎるという事もあるのです。

話が続かない事に対して、二人の相性が合わないのかと不安になってしまう人も居るかもしれません。

しかし実際にはそうとも言い切れない部分が沢山あります。

だからこそ、すぐに悲観するのではなく前向きな心を持つ事が大切です。