しかしながら「好き?」のように『?』マークが付いている場合はまた別の感情が湧いてくるという女性もちらほら。

最初はもちろん「好きだよ」と素直に答えられていたけれど、だんだんと心のこもらない義務的な返答になってしまう場合があります。

愛の言葉はたまに伝え合うからこそときめくものです。

そんなことも気づかず、毎日あなたに愛情の確認をしてくる男性は、束縛気質の重い男な可能性が高めであることを忘れないでください。

洋服に対して注文する

あなたを束縛したがる男性の中には、洋服に注文をつけてくるタイプの人はいませんか?あなたが足を露出する洋服を着たり、首元が開いた洋服を着ることを嫌がるのは、他の男にあなたの素肌を見せることに対して嫉妬しているからです。

皆さんもそうだと思いますが、街中でスカートを履いていたり、首元が広く開いている洋服を着ている女性だからといって注目したりしないですよね。

あなたが着ている洋服にいちいち口出ししてくるような男性はそれ以上のことにも嫉妬しやすいので付き合っていくのが大変かもしれません。

LINEが長文

本当に仲の良い、信頼関係が成立しているカップルほどLINEの内容はたんぱくだったりします。

「明日、9時でOK?」「OK!」みたいな感じです。

これが重い男になると「〇〇ちゃん、今日もお疲れ様!今日は〇〇に行くって言ってたけどどうだった?〇〇ちゃんならきっとお仕事うまくいったに間違いないね!〇〇ちゃんに営業されたら、僕だったら絶対に契約結んじゃうもんなぁ。どんな風にお仕事してるのか今度見てみたいな。きっと素敵なんだろうな。明日は9時で大丈夫かな?もし時間変更の希望があったら、遠慮せず教えてね!じゃあ、返事楽しみにしてるね。」とこんな感じでしょうか。

長い!!と突っ込みたくなりますよね。

男性としては本当にあなたに好意を持っていて、あなたのことが知りたいし、気に入られたい一心なのかもしれませんが、こういうLINEが長い男性は重たい男である可能性が高いのでくれぐれも気をつけましょう。

どこでも迎えに来る

迎え
遅くなったときや疲れているとき、電車やバスで帰るのってとっても辛いですよね。

そんな時、お迎えに来てくれる彼、とってもありがたいものです。

あなたとしても私のことを心配してくれる優しい彼と思うでしょう。

実際、彼が優しいことに間違いはないと思います。

ただ四六時中一緒にいられるなら遠かろうが、遅かろうがどんな犠牲を払ってでも迎えにいきたい心理が男性の中では働いていますので、あなたがもしも電車で帰るから大丈夫なんて言った日には「誰か別の男といるんじゃないか?」「本当に帰り道なのか?」といった束縛男特有の疑心が発動してしまい、面倒なことになりますので、毎回迎えに来てくれると言われてもあなた自身が「大丈夫!」と断ることを意識しておきましょう。

何事もはじめが肝心です。

好みを押し付ける

人それぞれ趣味や好みがあります。

自分の好きなものを相手が好きになってくれたら一緒に楽しめて素敵ですよね。

しかし、だからと言って強要するのはいけません。

重い男は自分の趣味や好みを相手に理解してほしい、好きになってもらって一緒に盛り上がりたいという願望を人一倍強く持っていたりするため、あなたが乗り気でないのにもかかわらず、自分の趣味に付き合わせたり、好みに合わせてほしいと言ってきたりと何らかの行動を起こします。

そんな時はあなたも遠慮せず自分の気持ちを伝えてください。

相手が自分の好き嫌いを押し付ける権利があるのならあなたにも同じようにそれを断ったり、拒む権利があります。

連絡が遅れると怒る

お互い仕事をしていたり、学生なら授業やバイトがあったり、もしくはテレビを見ていたり、お風呂に入っていたり、私たちは携帯を常に見ているわけではありません。

それなのに連絡が遅れたら怒る男性もいます。

こういうタイプの男性は重い、かつ自己中心的な傾向があるので一緒にいてとても疲れるでしょう。

基本的にこういう男性はあなたの予定は、全く気にしていません。

それに自分以外に大切なものがあるということが理解できない人が多いので、連絡が遅れた理由を話したところで理解し合うことは難しいでしょう。

両親に会いたがる

出会って間もなかったり、付き合って間もない時に、両親にやけに会いたがる男性いませんか?これは結婚して、確実にあなたを手中に収めておきたい願望が強い男性の可能性があります。

両親を巻き込まれると結婚が予定よりも早まることがあります。

その場合はもっと時間をかけて見るべきだった彼の特徴が見ることができていないということが起こり得ます。

結婚してから実はとても重い男だった、、、ということがないように気を付けましょう。

予定を把握したがる

重い男の特徴の一つとして、パートナーの予定を把握したがるということがあります。

何故、予定を把握したがるかというと好きな人が自分の知らない行動をすることを極端に嫌がるからです。

こういう男性は実は自信がないのです。

自分に自信がないからこそ、相手を信頼することができません。

「他の誰かと会っているんじゃないか」という不安がいつでもつきまとうため、予定を把握せずにはいられません。

付き合っている段階でも、結婚してからもあなたの予定をすべて相手に伝える必要はありません。

もし知りたがる男性がいたらそれは重い男である可能性大です。

何もない人に嫉妬する

あなたが男友達や女友達と電話したりLINEしたりすることを嫌がる男性はいませんか?もし、あなたが普通の友達と会ったり、連絡をとったりすることに対して、やきもちをやいたり、拗ねてしまったりするような男性がいたら気を付ける必要があります。

異常な嫉妬は時に恨みや怒りに変わってしまいます。