なので、恥ずかしいと思ったらきちんとその気持ちを伝えてください。

それでも2ショット写真を撮りたがる重たい男性だったとしたら、今後の付き合い方は考え直してみても良いのかもしれません。

お揃いの物を持ちたがる

付き合いたての頃はお互い燃え上がっているため、相手と離れている時間すら惜しい、なんて気持ちになるものです。

ですので、お揃いのアクセサリーなど共通の物を持つことでいつもつながっていると感じることが嬉しい、そんな気持ちになったことがある方も多いのではないでしょうか。

しかし、それも度を越すと考え物です。

例えばペアルックで歩きたいという男性がいます。

これも場所やレベルによりますが、テーマパークとかそういった場所であれば問題はないと思います。

これが街中で、かつ全身一緒みたいなことになってくると、すれ違う人にはちょっとだけ冷たい目で見られてしまうことは覚悟しておく必要があります。

あなたが嫌がっても勝手に彼がプレゼントしてくることもあるかもしれませんので、付き合ってまだ時間が経ってないうちにやんわりとお断りしておきましょう。

すぐに泣く

すぐに泣く男性
何かあったらすぐに泣く男性は重たいと言えるでしょう。

例えばけんかをしたとき、寂しいときはもちろん、嬉しい時や楽しい時すら泣く男性は正直少しだけ鬱陶しく感じてしまうかもしれません。

すぐ泣けるということは感情が豊かであるということなので、喜怒哀楽も激しい可能性は高いです。

あなただって泣きたい時があるはずですよね。

そんな時、自分より先に男性が泣いてしまったらどうでしょうか。

なんだか泣きたい気持ちがなくなるというか、引いてしまうというか、そんな気持ちになってしまうものですよね。

喜怒哀楽の激しい男性は怒ったときも気持ちに制御がかけられなくなってしまうかもしれません。

怖いですよね。

デートの計画が細かすぎる

女性にとってはデートの計画を練ってくれる男性は頼りがいのある素敵な男性にうつりますよね。

しかし、そのデートの計画が細かすぎると大変です。

あなたとのデートを無駄にすまいと綿密な計画を立ててくる男性、付き合うあなたはぐったりしてしまうかもしれません。

気持ちが落ち着きません。

次は〇〇へ行こう、次は〇〇へ、次は〇〇へ、、、せっかくの休日デートなのに家帰るとほっとしてしまう、そんなデートは嫌ですよね。

あなたへの愛情があるからこそではあるのですが、もう少しスローペースにデートをしてみようと提案してみると良いかもしれません。

毎日会いたがる

毎日会いたくなるほど人を好きになったことがありますか?好きだからこそ毎日顔が見たいと思ったり、触れたいと思うことは決して悪いことではありません。

お互いがそうであればなんの問題もありません。

しかし、どちらかがそうでない場合は状況は変わってきます。

一方は会いたいのに会えない気持ちがストレスに感じますし、毎日会わなければいけないと思っている方からすると会うことがストレスになります。

会うことが義務のように感じてしまうこともあります。

重い男だと思われないためにも、男性にはまず、自分の彼女がどれくらい会いたいと思う人なのか見極めていただきたいものです。

そして、会いたい気持ちをコントロールできる心の余裕を持ってほしいと思います。

重い男の見極め方とは?

ここまで重い男の行動を見てきましたがいかがでしょうか?ここからは重い男につかまってしまわないように見極めるポイントをお伝えしていきたいと思います。

ただ、下記のポイントがあるからと言って最初からその人の印象を決めつけないようにしましょう。

どんな人があなたと相性が良いのかは誰にも分かりません。

もしかした重い男の方が、扱いやすいし、分かりやすくて好き、なんていう方もいるかもしれません。

連絡の頻度

まずは連絡の頻度を見ていきましょう。

あなたの周りでやけに返信が早かったり、毎日連絡が多い男性はいませんか。

恋愛したての頃はお互いの気持ちが高まっているので、チャットのように素早くやり取りをしてくれる男性だと楽しくて良いと思います。

ですが、あなたが仕事の時や友人と過ごしているときに頻繁に連絡が来たらどうでしょうか。

たまったLINE通知を見てあなたはきっとうんざりしてしまうはずです。

おまけに着信履歴なんて残っていた時にはため息ものです。

必要な時に連絡が取れることは大切ですが、男性であまりにも頻繁に連絡を取ってくる人がいたらあなたにとって重たい存在になってしまう可能性は大きいので注意が必要かもしれません。

ネガティブ

ネガティブな男性
あなたにとって『負』の存在にしかなり得ないのがこういう男性です。

「俺なんか」「どうせ」「でも」こういったマイナスのキーワードが多い男性は負の存在となってあなたに重くのしかかります。