清楚系女子の特徴9個!そんな清楚系女子のようにモテたいのならやるべき事26個!について
清楚系女子とは、控えめで清潔感のある柔らかい印象の女性のこと。

清楚系女子は男性からかなりモテます。

どうして清楚系女子はモテるのか?また、清楚系女子のようにモテるためにはどうすればいいのか?などを詳しく紹介していきます。

清楚系女子になって男性からモテたいと思っている女性は、ぜひ参考にしてくださいね。

いつの時代も男性は清楚系女子が好き

あなたは「大和撫子」という言葉を聞いたことがありますか?日本で古くから使われている言葉で、現在の「清楚系女子」という言葉の由来となっているといっても過言ではありません。

女性の上品なたたずまいや奥ゆかしさ、態度や表情が穏やかな姿を褒める意味があります。

つまり「清楚系女子」とは、いつの時代も男性の憧れとされているのです。

なぜモテるのか

先ほども紹介したとおり「清楚系女子」は男性の憧れ、つまりは男性が考えている女性の理想を詰め込んでいるのです。

清楚系女子と聞くと、透き通るような白い肌にサラサラな黒い髪、ひらひらとなびくワンピースなど主に外見を想像すると思います。

そんな清楚系女子は、果たして男性にどんなイメージを持たれているのでしょうか?

一途なイメージ

男性は一般的に女性の初めてになりたがるとされています。

つまり、男性慣れをしていなく新鮮な雰囲気のある清楚系女子のことを「一途な子だな」と思うのです。

たとえば、話しをすれば笑顔で楽しそうに聞いてくれる姿は、男性からするとかなりの好印象。

自分の話を最後までしっかりと聞いてくれれば「俺に興味を持ってくれている」と安心しますし「もっと話していたい」と感じるため、男性からモテるのです。

将来を考えやすい

清楚系女子の丁寧な仕草や、おしとやかな口調は上品でとても魅力があるといえます。

そのため男性は「この女性なら周りに紹介しても恥ずかしくない」と思うため、将来を考えやすいといえるでしょう。

やはり言動など、すべてにおいてガサツであったり、下品な印象の女性は周りに紹介するのが嫌だと考える男性も多いようです。

その面、清楚系女子は清潔感があり、自然な美しさがあるため男性は惹かれていくというわけです。

純粋そう

清楚系女子には「守ってあげたい!」と男性に思わせる、不思議な魅力があります。

たとえば、プレゼントをあげたら「嬉しい」と素直に喜びを表現したり、無邪気にはしゃいだりする姿は「この子は放っておけないな」と男性に感じさせる力があるのです。

多くの男性は女性から頼られることが大好きなので、まさに守ってあげたくなるような純粋なイメージの清楚系女子には目がありません。

清楚系女子の特徴9個ご紹介!

男性から好印象の清楚系女子はこういったイメージを持たれているため、モテる傾向にあります。

なんといっても清楚系女子は「モテの代表格」ですから、モテる女子になりたいのであれば、まずは清楚系女子の特徴を掴んでしまいましょう。

1:清潔感のある服装

清楚系女子を彩るマストアイテムといっても過言ではないワンピース。

その中でも特に、清潔感の溢れる白色のワンピースは着用するだけでも透明感を引き立たせます。

やはり、男性はパンツスタイルよりもスカート姿の女性に魅力を感じるそうです。

そういった理由もあり、ワンピースはモテの代名詞である清楚系女子には打ってつけのアイテムなのかもしれません。

2:ナチュラルメイク

ナチュラルメイク
女性にとってメイクは、自分を変身させることができる魔法のアイテムだと思います。

ですが、陶器のような綺麗にカバーされた肌や、魅惑的といえる赤い唇は男性からの評判はあまり良くないそう。

つまり、男性はスッピンに近い薄づきのナチュラルメイクが好きなのです。

確かに素肌を活かした、透明感のあるメイクはいつだって男女ともに憧れるものといえます。

3:謙虚で大人しい

自分の意見を人の目も気にすることなくズバスバと述べる女性よりも、席の隅っこの方で「うんうん」と微笑みながら話を聞いている女性に男性は目が行きがち。

清楚系女子は、男性に「守ってあげたい」と思わせるのが上手です。

確かに自分の意見を押し出せる女性のことを「守りたい」と思う男性は少ないのではないでしょうか?やはり、モテるためには男性に「放っておけない」と感じさせることが大切です。

その点、謙虚で大人しい清楚系女子がモテるというわけです。

4:親しみやすい

態度や表情が穏やかな清楚系女子は親しみ感があります。

第一印象が奇抜な女性よりも、穏やかで清潔感のある女性の方が話しやすいですよね。

男性は気になる女性がいても、恥ずかしい気持ちが大きく、なかなか自分からは声をかけられない人もいます。

そんな男性でも、清楚系女子には「受け止めてもらえるかもしれない」と思うもの。