脈なしな女性と思われてませんか?思わせぶりもモテ女には必要かも!気になる彼に脈ありと思わせるおすすめな8個の方法について
彼氏が欲しくないわけじゃないし、ガードが固いわけでもないけれど、なぜか恋愛に縁がないというあなた。

もしかしたら脈なし女の行動をとっていませんか?ここでは脈なしの女性がどんな態度をとるのか、脈ありと思わせるにはどんな行動をとればいいのかについて、具体的にご紹介していきます。

モテから程遠い、脈なし女

人は自分に好意があるんじゃないかな?と感じる相手には、だんだん自分も好意を持ってしまいがちになるという性質があります。

なんとも思っていなかった相手でも、告白されたことをきっかけに、少しずつ好きになってしまった。

そんな話を聞いたことがあるかもしれません。

つまり、周りの男性たちになんとなく「脈ありでは?」と思わせる言動をしている女性はモテやすいということになります。

反対に、あなたがもし男性から「脈なし女」と思われていたら、当然モテからは程遠いということになってしまうのです。

脈なしな女性の特徴

まずは、恋愛で脈なしな女性が男性にとってしまう態度の特徴を見てみましょう。

もしあなたもこんな態度をとっているとしたら、男性から脈なしだと誤解されている可能性があります。

うっかりやってしまっていたら、今すぐ行動を改めましょう。

脈なしな女性の特徴をつかんで、参考にしてみてください。

うまくいかない片思い

一人の男性に執着して、何年も片思いを続けている女性もいます。

彼以上の存在はいないと思っていたり、思い続けていればいつかは恋が実ると信じていて、なかなか諦めることができないでいるのです。

「彼以外にいい男なんていない」と決めてしまっているので、周囲の彼氏予備軍はあまり目に入りません。

せっかく好意を持たれることがあっても、始めから受け入れる気持ちがないため、興味すら持たずにそっけない態度をとってしまいがち。

これでは片思いの彼以外の男性からすると、完全に脈なしな女性だと受け止められるでしょう。

出会いのチャンスがあっても、「この女性にはアプローチしても無駄だな」と思われてしまうのです。

自分の都合優先

脈なしな女性は、男性から食事やデートに誘われても、自分の都合を優先して遠慮なく断ります。

もし脈ありな女性だったら、なんとかして男性の都合に合わせようとしたり、別の日を提案してきたりするでしょう。

女性が合わせようという姿勢を見せなかったり、男性から別の日はどうかと提案されても、「また今度ね」と言うだけで具体的な日時を出さなかったりすれば、脈なしの可能性が高いです。

そもそも脈なしな女性からすると、貴重な時間をなぜ興味のない男性のために合わせなければならないの?と思っているでしょうが、それを口に出して言うわけにもいきません。

そのため消極的にNOサインを出しているのです。

相手の話を聞かない

好きな人の話なら身を乗り出して聞くけれど、脈なしな女性は興味のない人の話は聞く気がありません。

そうは言ってもまったくの拒絶というのは、なかなかできるものではありません。

そのため、聞いていなくてもその場では聞いているフリをしている可能性があります。

次のような態度は、男性の話を聞いている女性の脈なしサインです。

適当な相槌

会話をしていても、「へぇ~」「ふ~ん」とただ適当な相づちを打っているだけというのは、かなりあからさまな脈なしサインです。

脈がないというよりも、「あなたとの会話はつまらない」と言っているようなものですから、友だち以下とみなされている可能性もあります。

脈なしの女性は相槌を打っていても、視線はまったく別の方向に向いていたり、スマホをいじりだしたりするかもしれません。

もはや会話を続けるのが悲しくなるような光景です。

彼女はむしろ、早く会話を終わらせてほしいと思っているのではないでしょうか。

こんな時男性は、自分が会話したいという欲求だけでなく、相手の気持ちを察することも必要でしょう。

会話の中身を覚えていない

「この前話したあのことだけど…」「え?そんな話したっけ」と、まるで会話の中身を覚えていないようだったら、その女性は脈なしと言えるでしょう。

好意を持った男性との会話であれば、女性にとっては彼のことを知るチャンスでもあり、その内容もしっかり覚えているはずです。

「忘れっぽいのかな?」なんてポジティブに受け取るのもよいですが、同じように会話の中身を覚えていないことが繰り返し起こるなら、残念ながら彼女は興味がないのかもしれません。

覚える以前に、彼女が元から話を聞いていなかった可能性すらあります。

別の人の話と間違える

こちらも同様で、別の人が話した会話の内容を「あんなこと言ってたよね」などと間違えてくる女性は、その男性に興味がないのかもしれません。

つまり脈なしということです。

「あなたはその他大勢のひとり」と言われているようなものです。

好きな男性の話の内容であれば、別の人と間違えるようなことはしません。

こういう小さな間違いにも、脈なしサインは隠されているのです。

そもそも親しくなる前の女性にとって、ほとんどの男性が「どうでもいい」「なんとも思わない」レベルに属しています。

話の内容を別の人と間違われているようでは、現段階ではその「なんとも思っていない」脈なしだというのが現実です。

自分の話を全くしない

脈なしの女性は、すすんで自分の話をしません。

人は好きな相手には心を開き、自分を知って欲しいと思います。

ですから、自分の話を聞いて欲しくなるのです。

しかし、心を開きたくない相手には、そんなことをする必要がないのです。

脈のない相手には、わざわざプライベートや近況についても話そうとはしません。

自分を知ってほしいどころか、何も教えたくないとさえ思っていそうです。

むしろ聞き出そうとしても、それとなく話を逸らされたりして、誤魔化されることもあるかもしれません。

そういう段階で、根掘り葉掘り話を聞き出そうとするのは逆効果です。

女性の出しているNOサインに気づいて、しつこくしない方が賢明です。

LINEの返信が適当

LINEの返信
LINEも重要なコミュニケーションツールのひとつです。

LINEのやりとりをうまく使うことで、より親密度が増したり、それとなく好意を伝えることもできるものです。

しかし、このLINEの返信が適当ということは、残念ながら脈がないというサインになってしまいます。

脈なしな女性のLINEの返信の例を、いくつかご紹介します。

男性は、LINEの返信によって、相手の女性がどんな気持ちでいるのか、メッセージに隠された本音を見分けるスキルを身につけた方がよさそうです。

返事が遅過ぎる

どうでもいい相手へのLINEの返事は面倒だなあと、誰でも思ったことがあるのではないでしょうか。

そんなときは、会話が続かないように、わざと返事を遅くしたりすることがありませんか?思い当たる人もいるのではないでしょうか。

好きな人にはそんなことはしませんよね。

つまり、これも脈なしな女性のとる態度なのです。

興味がないどころか、むしろ面倒くさいと思われている可能性も大です。

もし女性が何かの都合で返事が遅れるなら、必ずその理由を言って、フォローするでしょう。

「突然急ぎの仕事が入っちゃって」などと理由をあげて、相手に許してほしいと思うのが脈ありな態度です。

「返事遅れてごめんなさい」という一言さえ添えられていなかったら、残念ながら脈なし確定と言えるかもしれません。

既読スルー・未読スルー

わかりやすい脈なしの特徴のひとつが、この既読スルー・未読スルーです。

好きな人からのLINEであれば、いつ来るかと楽しみに待っているし、すぐに返信したくなるものですよね。

自分発信でも、何かと理由をつけてメッセージを送ってくることでしょう。

既読スルーは、返事したつもりができていなかったとか、うっかり忘れたというミスもあるかもしれませんが、未読スルーは読む気すらない、迷惑とさえ思われているかもしれない態度なので、注意が必要です。

脈なしどころか、嫌われるのは避けたいものです。

1度や2度ならともかく、毎度既読スルー・未読スルーの連続で、返事なんて滅多に来ないというのであれば、ほぼ間違いなく脈なしでしょう。

会話を弾ませようとしない

LINEの返事が「うん」「なるほど」「わかった」など一言しか返ってこないのも、脈なしの特徴です。

好きな相手とのLINEなら、会話を弾ませようと努力したり、そもそも努力しなくても弾んでしまうものだったりします。

一言返信、相槌だけのLINEは、「早く終わらせたいな」と思っている可能性が高いでしょう。

既読スルーよりはマシかもしれませんが、「察してほしい」と思っている女性もいます。

LINEのメッセージ画面を見て、振り返ってみればわかるはず。

一方的に会話を続けているのは自分だけで、相手の女性はほぼ返事しかしていないようだったら、脈なし度は高いです。

脈なしサインに気づけないと、迷惑行為にもなりかねません。

スタンプだけの返事

スタンプでしか返事がこないのも、脈なしの可能性があります。

特に「は~い」や「OK」「了解」などの返事でしかないスタンプばかりなら、会話をする気がないどころか、文字で返事するのさえ面倒だと思っているサインかもしれません。

興味のない相手から、延々とLINEのメッセージが届くことほどうんざりすることはありません。

これも返事をしているだけマシとも言えますが、内心の迷惑度はかなり高くなっていることでしょう。

一方的なLINEのメッセージは、相手の女性の時間を奪っていることにもなります。

男性は一度冷静になって、送るのを控えたほうがよさそうなケースです。

変に駆け引きをしようとする

付き合う気もないのに、曖昧な態度をとり続けて気を引こうとするのは脈なし女性の可能性があります。

いつもはLINEの返事もそっけない、既読スルーもしょっちゅう。

なのに、男性があきらめて離れようとすると、慌てて気を引くような素振りを見せてくる。

デートには誘ってくるけれど、奢らせるばかりで手も握らせない。

これって駆け引きされてるのかな?なんて思ってしまいそうですが、こんな女性は本命とは別に、男性をキープしている可能性もあります。

本当に大切な相手なら、相手を振り回してばかりの身勝手な行動はとらないものです。

付かず離れずの状態で男性をキープしようとする女性は、もしも本命とうまくいくことがあれば、あっさりそちらに行ってしまいます。

男性を都合のよい男にしてしまう、脈なし行動のパターンです。

恋愛相談をする

恋愛相談
オブラートに包むどころか、はっきり脈なしと宣告しているといっても過言ではないのが、相手の男性に恋愛相談をするというパターンです。

ここまでされたら、さすがにどれだけ鈍い男性でも、自分は脈なしだと察するのではないでしょうか。

もちろん、女性がわざとやっていない場合もありますが、それは初めから男性を恋愛対象として見ていないために、自分がそんな酷な仕打ちをしていることに、気付いてすらいないからなのです。

ただし、恋愛相談をするということは、ある程度の信頼がある間柄として認めているということです。

その場合は、親身に相談に乗って相手の信頼を得ることで、一発逆転のチャンスがないとは言えません。

しかし、単なる惚気や話を聞いてほしいだけの場合は、やはり完全に脈なしと言えるでしょう。

元カレの話をする

女友だち同士であれば、よく話題になるのが元カレのこと。

思い出だったり愚痴だったり未練だったり、ネタは色々あるかもしれません。

しかし気のある男性に対して、わざわざ元カレの話をする女性はいないのではないでしょうか。

脈ありな関係の2人なら、雰囲気が壊れてしまう可能性もあります。

そんなリスクを負わないように、好きな男性には元カレの話はしないものです。

なんの気兼ねもなく元カレの話をしてくる女性は、相手を異性というよりは、女友だちと同レベルでしか見ていないのです。

ただし、今のところは脈なしでも、友だちレベルには見てくれているということなので、進展する可能性はゼロではありません。

このケースは焦らずよい関係を育めれば、チャンスがあるかもしれません。

誘いに乗らない

デートや食事に誘っても、何かと理由をつけて毎回断られてしまう。

それはやんわりとした「拒絶」の合図です。

わかりやすい脈なしサインですね。

誘われてうれしいけれど、本当に予定があってその日は無理、となれば、別の日を提案したり、次のチャンスにつなげようとしてくるはずです。

「機会があったら…」などと言われて待っていても、永遠にその機会はやってこないものです。

人は誘いを断るたびに、罪悪感を持ってしまいます。

そして罪悪感を持たせる相手を、だんだん嫌いになってくるのです。

だから、何度もめげずに誘い続けるのは考えものなのです。

また、「みんなで行くなら…」と2人だけで会うことを避けられるのも、脈なしの合図だと受け取れます。

女性の方は、なんとか気づいてくれないかな…と困っている可能性もあります。

️脈なし女は恋のチャンスを失うかも!

恋のチャンスを失う
脈なし女はどんな特徴があるのか見てきましたが、あなたはもしや、こんな態度をとっていませんか?そこまでひどくはないけれど、誤解を生むような行動はしているかも…。

そんなあなたも脈なし女と思われているかもしれません。

あなたが脈なし女でいる限り、せっかく生まれた恋のチャンスを失う可能性があるのです。

好きな人が遠ざかる

もしもあなたが脈なし女だったら、好きな人が遠ざかってしまうかもしれません。

本当は好きなのに、誤解されるのは悲しいことですよね。

脈なし女から好きな人が遠ざかるのはどうしてなのか?ひとつずつ見ていきましょう。

せっかく両思いでも諦められてしまう

この人は脈なしだろうな…と感じたら、それ以上行動に出ないで諦めてしまう人も意外と多いものです。

ですから、もしお互いに好意を持っていたとしても、あなたの態度がまるで「脈なし女」を思わせるものだったら、男性はすっかり誤解してしまうでしょう。

せっかくの両思いでも、何も始まらないうちに終わりを迎えてしまうかもしれません。

それってとても悲しいことですよね。

アプローチされにくい

自分はモテるという自覚があって、自信たっぷりの男性ならともかく、大抵の男性は自分が女性に嫌われていないかどうか、自信がなかったりします。

結果を気にせずアプローチする男性もいますが、そこまで思い切れない男性も多いのです。

特に、会社の同僚やサークルの仲間など、玉砕覚悟で告白して失敗した場合、後々ぎくしゃくすると困る関係だとなおさらです。

脈なし女は好きになっても無駄だな、と思われてしまうため、アプローチされないまま終わってしまいます。

恋愛対象から外される

この女性、ちょっといいな…と思うきっかけとして、会話が弾んだり、LINEのやりとりが楽しく続いたりという、コミュニケーションがスムーズなことがあげられます。

しかし脈なし女の行動は、ほとんどがコミュニケーションに問題ありです。

まともに会話も続けられない相手では、恋愛しようという気にもなれませんよね。

たとえお付き合いに至ったとしても、楽しくないかも思われてしまいます。

そんなわけで脈なし女は、恋愛対象からは外されてしまうのです。

すなわちモテ女には思わせぶりも必要!

「この人、もしかして自分に気があるのかな?」と思ってから、なんだか相手の人が気になる存在になてしまった…。

そんな経験はありませんか?人は相手からの好意を感じるほど、自分もその人を好きになりやすいものです。

これは「好意の返報性」といって、心理学の中でもよく知られている法則です。

人は何かをもらったときに、相手にお返ししなければと思うもの。

それが好意であれば、好意でお返ししたくなる法則が働くと言われています。

この法則で言うと、周囲に好意があるように思わせる「思わせぶり」な態度をとる女性は、周囲からも好意を持たれやすい、すなわちモテやすい女性だと言えるのです。

好きな人に脈ありと思わせる、思わせぶりテク8選

好きな人にそれとなく好意を伝えたいけれど、ちゃんと伝わるか心配だったりしますよね。

脈ありだと思わせるには、どんなテクがあるのでしょうか?これから具体的にご紹介します。

彼をたくさん褒める

男性は基本的に、偉いと思われたい、相手より上に立ちたいと考える生き物です。

そんな男性の自尊心をくすぐるのにぴったりなのが、この「褒める」というテクニックです。

褒められて嫌な気持ちになる人はいないですし、たとえおだてられているとわかっていても、褒められればなんとなく気分がよいものです。

普段褒められ慣れていない男性や、自分に自信のない男性ならば特に、褒めることは効果的でしょう。

「自分に気があるのかな?」と感じますし、自分のプライドを満たして、いい気分にさせてくれる女性に好意を持つのも当然ですよね。

たくさん褒めれば褒めるほど、彼の自尊心は満たされるでしょう。

特定の相手に限らず、褒め上手な女性は周囲のみんなから好感を持たれることでしょう。

褒め上手になるには、相手に関心を持ち、相手をよく観察して、小さなことでも気付いたら褒めるようにしましょう。

男性を褒めるのは恥ずかしいことではありませんし、褒められて喜ぶ彼を見るのもうれしいですよね。

とても素敵なことなので、どんどん彼を褒めてあげましょう。

小さな変化に気づいてあげる

彼を褒めるのと同じように、彼をよく観察して、小さな変化に気づいてあげましょう。

もちろん、気づいたら相手にも伝えてあげること。

例えば、「前髪切ったんだね」とか「そのネクタイつけてくるの初めてだよね」などの外見の変化には気づきやすいでしょう。

また、「なんだか今日元気ないね」や「なんだか調子いいみたい。何かいいことあった?」などと、ちょっと見ただけではわからない内面の変化などにも気づいてあげると、「自分のことを気にかけてくれてるんだな」とうれしくなるのです。

相手に関心を持っていないと、小さな変化には気づけないですよね。

自分のちょっとした変化に気づいてもらえると、人は「こんなところまで自分のことを見てくれているんだな」と感じます。

そして、「もしかして自分に好意があるのかな?」とも思います。

人は自分のことを気にかけてくれる相手のことを好きになりやすいのです。

彼の小さな変化に気づいてあげて、脈ありサインを送ってあげましょう。

ニコニコ笑顔で接する

笑顔で接する
ニコニコ笑顔の女性に、悪い印象を持つ人はいないと思います。

笑顔の女性はそれだけで魅力的ですが、もし女性が自分に対していつでもキラキラの笑顔を見せてくれているとしたら、男性も胸がキュンとしてしまうのではないでしょうか。

好きな人の前では、自然と心が弾んで笑顔になってしまうという人も多いでしょう。

しかし、時々恥ずかしさや緊張で、まったく笑顔になれないという人もいるのです。

彼に話しかけられても固い表情で接してしまうというのは、誤解されそうですしもったいないですね。

そんな人は、まず彼を好きになった自分を認めてあげましょう。

人を好きになるのは恥ずかしいことではなく、とても素敵なことなのです。

緊張しすぎてしまうなら、あえて彼と接する機会を増やして、その状況に慣れていくようにしましょう。

だんだんと自然に接することができるようになります。

せっかく好きになったのですから、少しずつでも、自分の本心が伝わるような笑顔になれるといいですね。

そうすればきっと、彼にも脈ありだと気づいてもらえるはずです。

何度も目を合わせる

女性と何度も目が合うと、男性はその女性のことが気になり始めます。

そして、気になっているうちにだんだん好きになってしまうというパターンが多いのです。

男性は勘違いしやすいのだとも言えますが、その傾向を利用しましょう。

何度も目を合わせるのは、彼に脈ありと思わせるのにとても有効なテクニックなのです。

ただし、自分に自信のない男性や、ちょっと奥手な男性などは、目が合うことで動揺してしまうこともあるようです。

「自分はどこか変なのかな?」や「もしかして怒ってるのかな?」など、女性の意図が伝わらずに不安にさせてしまうのですね。

あるいは「偶然だよね」とまったく視線の意味に気づいてくれない場合も。

そんな誤解を生まないためにも、目が合ったらニコッと微笑むことも忘れないようにしましょう。

会話中にも、目を合わせながら話すと効果的です。

彼にどんどん意識させて、脈ありだと思わせましょう。

いつでも彼の横を狙う

女性が彼の横を狙うというのは、とてもわかりやすい脈ありサインなのです。

人はパーソナルスペースといって、他人が侵入してくると不快に感じる、いわば縄張りのようなものがあります。

女性がこのパーソナルスペースの中に男性を受け入れてもOKというのは、大いに脈ありの可能性があるのです。

人はいつも側にいる人のことを意識するようになりますし、「もしかして自分のこと好きなのかも」と思うのは自然なことです。

そうして気になり始めると、相手のことをいつの間にか好きになってしまうことも多いのです。

また、単純接触効果といって、人は何度も接する機会が多い相手には好印象を持つようになります。

そういった心理作用もうまく利用して、彼の横をいつも狙うようにしましょう。

軽いボディタッチなども加えると、さらに効果的です。

彼の趣味を勉強する

彼がどんな趣味を持っているのか知っていますか?ぜひ彼の趣味にも興味を持ってみましょう。

自分の趣味に興味を持ってくれる人がいると、それだけでもうれしいですよね。

ましてやそれが異性だったなら、ちょっと心がウキウキしてしまいます。

さらに、彼の趣味について勉強して、それをアピールしてみるのがおすすめです。

彼もさすがに「これはもしかして自分に気があるのでは?」と感じるでしょう。

共通の趣味ができることになるので、自然と2人での会話も盛り上がりますよね。

そして、彼の趣味を勉強すると、趣味を通して彼と接するチャンスが増えるというメリットがあります。

何度も接する人に対しては、好意を持ちやすいのでしたよね。

そうしてどんどん、彼の気になる存在になっていきましょう。

オーバーリアクションで喜ぶ

オーバーリアクションで喜ぶ女性
会話をしていて相手の反応が薄いと、なんだか面白くないですよね。

その反対に、オーバーリアクション気味に返してくれると、会話を楽しんでくれていると感じられて、うれしいものです。

女性と会話していて、彼女の反応がオーバーリアクションだったら、彼もきっと「これは好感触かも」と感じるでしょう。

リアクションのよい女性というのは、自分を認めてくれると感じられるので、男性にとっては一緒にいて居心地がよいのです。

ちょっと面白いことを言ったときに、女性がオーバーリアクションでウケてくれたりしたら、とっても満足するものなのです。

男性には、周囲から偉いと思われたい欲求があります。

単純と思うかもしれませんが、「さすが!」「知らなかった!」「すごーい!」「そうなんだ~!」などと大げさに反応すると、その欲求が満たされるので、男性はとても気分がよくなるのです。

どうせ社交辞令だろうと思われないためには、しっかり相手のほうを見て、笑顔でリアクションすること。

声だけオーバーリアクションでも、顔は無表情だったり、相手のほうを見ていなかったりということがないように気をつけて、たくさん彼を喜ばせてくださいね。

会話に質問を挟む

会話の途中で質問を挟むと、相手のことをもっと知りたいという気持ちをアピールすることができます。

質問を挟むことで話題が途切れることはないですし、「自分に興味があるのかな?」と脈ありであると匂わせることができるのです。

会話を盛り上げるためにも、質問というのは重要なテクニックなのです。

なので、次から次へと色々な質問をすればよいというわけではありません。

間違っても事情聴取のようにならないようご注意を。

ポイントとしては、彼の話をよく聞いて、その内容を掘り下げるような質問をすることです。

例えば、「オープンクエスチョン」といって、「はい」か「いいえ」だけでは答えられない質問をすると、会話が広がります。

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どうやって」を使って質問するのです。

「どこかおすすめのレストランないかな?」「それどこにあるの?」「どんな料理がおいしいの?」「いつ行くのがいいかな?」などと広げていくことができますね。

こうして質問しながら会話することで、彼は「この人はとっても会話が弾むなあ」と感じますし、彼のことをよく知ることができるメリットもあるのです。

あまり難しく考えずに、彼の話に興味を持つ姿勢があれば、うまく質問できますよ。

脈なし女の行動を避け、思わせぶりを取り入れて!

脈なし女の行動は、女性が幸せになるチャンスを台無しにしてしまう、残念な行動です。

脈なし女の行動はどれも、1対1のコミュニケーションを拒絶していると受け取られても仕方のないものばかりなのです。

反対に、思わせぶりテクはどれも、自分から積極的にコミュニケーションをとっていく行動です。

また、思わせぶりテクを使うことで、相手を知ろうと興味を持って、共感し認めていることを伝えています。

あなたも、好きな人にはそうして接してほしいと思いませんか?

人は自分を好きになってくれる人を好きになりやすいです。

そして男性は、思わせぶりな態度をとられるとその女性のことが気になり、一気に好きになってしまうことも多いのです。

思わせぶりテクを上手に取り入れて、ぜひ彼の気になる女性になって、チャンスをつかんでくださいね。