男の本音14選!【デート編/同棲編/結婚編】様々なシチュエーション別での男性の本音を徹底調査!について
「彼って何を考えているのか分からない」「男の人って本音ではどう思っているの?」恋する女性なら一度は男性に対して思うことですよね。

男の本音を理解してよりよい関係を築いていきたいと考えている女性のために、この記事では様々なシチュエーション別での男性の本音をこっそり教えちゃいますよ!

男性の本音は女性には分からない

はじめに結論から言ってしまえば男性の本音というものは、女性には分からないものなんです。

「気が合うと思って付き合い始めた彼だけど、結局のところ何を考えているのか分からない」「気になる彼の本音を知りたいのになんだかはっきりしない」女性ならそんなモヤモヤを抱えてしまう人も多いです。

分からないとは理解しているつもりでもやっぱり知りたい男の本音。

まずはなぜ男の本音を女性は理解することができないのか。

その理由について解説していきます。

そもそも脳の作りが違う

脳の作り
男の本音を知りたいと思う女性はたくさんいるのですが、なかなか分かり合えないのが男と女。

どうして同じ人間なのに分かり合えないのでしょうか?そこには男女の脳の作りが関係しているのです。

例えば女性なら「ただ話を聞いてくれるだけでいい」という共感の部分が強い生き物ですが、男性は話を聞いたら「解決しなくては!」という考え方をする生き物なんです。

他にも男性は「上書き保存」女性は「フォルダ保存」こんな言葉を聞いたことはありませんか?このように男性と女性とでは基本的に物事の捉え方が違うんです。

お互いの話を聞いて受け入れようという気持ちを持つことはできますが、根本的に相手の考え方をすっかり変えてしまうということは難しいです。

これはどちらがどう悪いということではなく、そもそもの脳の作りの問題なのである意味どうすることもできないという状態なんです。

特に恋愛においては理解し合えないことが多い

男性と女性。

それぞれ性別の異なる人間同士が恋愛をする上でどうしても分かり合えないことが出てきます。

特に恋愛という面ではお互いが少し感情的になってしまう部分もあり、冷静ではいられなくなったりすることもありますよね。

恋愛というものは相手の気持ちを考えたり、面白いところを見つけたり、時には妥協することも必要です。

お互いに自分のことを受け入れて欲しい!という気持ちを押し付けてしまうと上手くいきませんよね。

男女は基本的には理解し合えないことがたくさんある。

そんな風に初めから分かっていれば気持ち的にも楽になります。

「彼と分かり合うために今までいろんなことを試してみたけど、あまり効果を実感できない」そんなことがあっても落ち込む必要はありません。

分かり合えないからこそ男性の本音を知って焦らないことが大切ですよ!

だからこそ男性の本音が知りたい!

男性と女性はそもそも脳の作りが違うので分かり合うのが難しかったり、恋愛においてもなんだか上手くいかない。

そんな場面がたくさんあります。

男女は基本的には分かり合うことが難しいと分かった上で、だからこそ男性の本音を知りたい。

女性なら誰しも思うことですよね!相手の気持ちを変えることは難しくても男の本音を理解することで、あなたが彼にとって居心地の良い場所になったり、またあなた自身も「何がいけないんだろう」と悩むことが少なくなると思います。

男性とより良いお付き合いをするためにも男の本音を知って楽しい恋愛をしましょう!

恋愛関係を長く続けるため

「気になる相手はいてもなかなかそれ以上発展しない」「告白されて付き合ったのになぜか最終的にはいつも振られてしまう」そんな経験はありませんか?

自分では上手くいっているはずでも突然男性から別れを切り出されてしまった。

そんな経験はとても辛いものですよね。

恋愛関係を長く続けるためにも男の本音を理解することは非常に重要なのです。

自分が相手のためにと思ってしていたことが、実は彼を傷つけていた!口ではありがとうと言っていたけど彼は本当は喜んでいなかったり。

やはり本音が分からなければ自然とあなたといることに居心地の悪さを感じてしまい、長くお付き合いをすることは難しいんです。

そんなことにならないためにも男の本音をしっかりと理解しておきましょう!

相手に少しでも寄り添うため

男の本音を理解することは自分が男性と付き合う上で、分かっているからこそ少し楽になるという点がありますよね。

それ以外にも相手の男性のためにも男の本音を理解することが今後の恋愛に役立つんです!ほとんどの男性に女性に好意があっても「好き」と言葉ではっきり伝えてくれることが少ないなと思うことはありませんか?そんなところにも男の本音が隠れているんです。

男性にとって何も言わなくても自分を理解してくれる女性というものはとても貴重な存在で「これからもずっと一緒にいたい」と思わせてくれる数少ない相手なんです。

やはり男性に選ばれているのはこういった隣に置いておきたい女性なんですよね。

男性と女性は分かり合えないと言われていますが「少しでも相手に寄り添いたい」そんな気持ちはとても大切ですよね。

そのためにも男の本音を理解して、相手に寄り添うことができる女性になっていきましょう!

男の本音14選をご紹介!

男性と女性はなかなか分かり合うのが難しいもの。

それを理解した上で男の本音を理解することが女性にとってはとても大切なことだと知っていただけたと思います。

次は実際に男性はこんな時はこんなことを考えているといった男の本音を「デート編」「同棲編」「結婚編」と分けて14選紹介します。

細かく紹介しているのでシーンに合わせて男の本音を知ることができますよ!同じ男の本音でも場所やあなたが彼女なのか、妻なのかによっても少し内容が変わってきます。

男の本音を見極めてよりよい男性との恋愛に繋げていきましょう!

デート編

デート
男性とお付き合いをするなかで欠かせない項目!お付き合いといえばまずデートですよね。

好意を持っている男性とのデートは女性なら誰しも前日からドキドキしてしまうものです。

まずはそんな男性とのデートの中での男の本音を探っていきます!「今日は彼とたくさんお話しできたし、彼のことも知れて私のことも知ってもらえて、ご飯も美味しかったし本当に楽しい時間だった!」あなたはそんな満足感いっぱいで今日のデートを終えたと思っていたのに、それから彼と連絡が前みたいに取れなくなって・・・。

どうして?楽しそうに見えていたけど彼は本当はどう思っていたの?そんな苦い経験はありませんか?

そんなことを繰り返さないためにも男の本音を理解してデートに臨みましょう!

1:女性らしい清潔感のある服装をしてほしい

まずはデートの服装についてですね。

あなたの好きなファッションはどのようなファッションでしょうか?白Tシャツにジーパンのようなカジュアルなスタイルや、高めのヒールでビシッと決めたかっこいい女性。

いろんなジャンルのファッションがありますよね。

彼女とのデートでの場面。

そんな時の男の本音は「女性らしい清潔感のある服装」そんな格好でデートに来て欲しいなんです。

男性は面と向かって女性に「その服あんまり女性らしくないよね」といきなりそのようなことは言えないものです。

なので、服装について何も言われなかったとしても「もう少し女性らしい格好で来て欲しかった」「普段からこんな清潔感のない服装をしているのかな・・・」本音ではそんなことを思っている人もいます。

ボーイッシュな女性や、基本はノーメイクそんな女性もいますが「自分がデートをする相手には女性らしくて清潔感のある女性がいい」そんなことを思っている男性は多いです。

デートでは偶然知り合いに会う場面もあります。

そんな時に隣にいる女性が身なりに全く気を遣ってない女性だったら。

基本的にプライドが高い男性は「デートに誘うのはやめよう」そんな風に思ってしまうのが本音なんです。

2:デート代を奢る・多く出すは本気の証拠

「デートの食事代は基本男性が出す」なんとなく暗黙の了解でデートにはそんな空気がありますよね。

それはいつの場合もそうというわけではなく、相手が本命の女性の場合だった場合のみそうなるのです。

やはり男の本音としては「自分の好意のある女性にはお金を払わせない」そんなプライドがあり、自分が「できる男」というところを見せたいものなんです。

例えば全額ではなくても、少し多めに出してくれたりする場合もあなたに対して本気である可能性が高いです。

あなたに魅力を感じているからこそ、自分の男としての部分をアピールしたいという男性の行動に繋がっているため、ここでの男の本音は「デート代を奢ってくれたら、もしくは多めに出してくれたら本気」そう思っていいでしょう。

3:スマホをあまりいじらないでほしい

現在ではほとんどの人がスマホを持っていて、何かしら毎日いじっているなんてことも普通になってきました。

あなたもついついスマホをいじってしまう。そんなことはありませんか?

日常生活ではそれでも構いませんが、彼とのデートを自慢したくて彼とのツーショット写真を撮るのに何度も納得がいくまで撮り直したり、はたまたそれが終わったと思えばお店の中や注文した料理をずっと写真に撮ってはインスタを更新することで頭がいっぱい。

いつも友達といる時のノリでついついそんなことをしてしまいがちですが、男の本音は「デート中はスマホをあまりいじらないで欲しい」そんな風に思っています。

思い出に一枚二枚写真を撮っている彼女の姿は可愛らしく映るものですが、明らかにSNSやスマホに振り回されているあなた姿を見た時に男性は引いてしまうんです。

またあなたに好意があって色々な話をしたいと思っていたのに、話の途中でスマホをいじりだしたり、通知が気になって何度もスマホを取り出したり。

そんなことばかりされたら一緒にいる男性は気分が悪くなってしまうかもしれません。

今やスマホをいじるといった行為は誰でもしていることなので「スマホいじらないで」とわざわざ注意をするような男性はいませんが、本音では「ずっとスマホをいじっているような女性とはもうデートしたくない」そんな風に思っていることもあるので要注意です!

4:「ありがとう」の言葉がほしい

とても基本的なことですが、あなたは彼に対して「ありがとう」としっかり言葉で伝えられていますか?

デートなんだから男性に奢ってもらえて当たり前。

迎えに来てもらえて当たり前。

そんな風に思っていたら注意が必要です。

確かに男性は好意を持っている女性に対して自分の良いところを見せたい。

常にそう思っているものですが、それに対して女性が一度も「ありがとう」と言ってくれなかったら男性としてはどうしても引っかかります。

また自分は彼に対して「ありがとう」としっかり言えていると思っていても、よくよく考えてみたらちゃんと言えていなかった。

そんなこともあります。

ドアを開けてくれるようなほんの小さなことでも「ありがとう」としっかり言葉にすることで、あなたの印象はかなりアップするんです。

逆にしてもらったことに対して「ありがとう」が出ない女性にはがっかりさせられるのが男の本音なんです。

5:帰宅後は連絡がほしい

デートも終わって自宅へ帰宅。

あとはもう寝るだけ。

そう思って彼と解散した後は一切連絡しない。

そんな風になっていませんか?「家の近くまで送ってもらったからもう連絡する必要はない」そんな風に思ったり「もう疲れたから連絡はまた明日でいいや」そんな風に帰宅した後の連絡はしない。

そんな女性多いのではないでしょうか?実は男の本音として「彼女が帰宅したあとも連絡が欲しい」男性はそんな風に思っているんです。

デートの解散の時間は夜遅くなってしまうことも多く、男性としてはちゃんと家に着けたかどうか心配しています。

また、家の前まで送ってもらったという安全面で危険がない場合にも「今日はありがとう」「とっても楽しかったね!」などと一言連絡が欲しいのが男の本音です。

男性はプライドが高い反面、少し小心者なところもあるので心の中では「今日のデートは楽しんでもらえたかな?」と考えることもあります。

そんな時に女性の方から「楽しかったよ」と一言連絡をもらえるだけでも男性は嬉しくなります。

またしっかりと「ありがとう」と伝えることで丁寧な女性という印象が残るでしょう。

デートに誘うなら最後まで気を遣える、男性を安心させてくれる女性。

男の本音ではこんな女性とデートをしたい!そう思っているんです。

同棲編

同棲
同棲しているからもう安心。あなたはそんな風に思っていませんか?

「私のことが好きだから一緒に住んでいるんだ」そう思っているのは実はあなたの方だけかも!?次は男の本音「同棲編」です。

同棲している彼の本音が知りたい。そんな女性の方も多いはず。

「一緒に住んでいるからこそ本音を言い合ったら気まずい雰囲気になるかも」「常に一緒に過ごすからこそ口には出さないけどこんな風に思っている」同棲している中でも男の本音はたくさん隠れています。

毎日一緒だからこそお互いの気持ちを理解し合って気持ちよく生活したいですよね。

そんな女性のために男の本音「同棲編」を紹介します!

6:時には一人になりたい

実は彼「時には一人になりたいな・・・」そんな風に思っているかも。

寝る場所も食事をする場所も、お風呂も一緒。

やっぱり一緒に住んでいるからには一緒の時間を全部共有しないと!そんな風に思っていませんか?それぞれ別々の生活をしていたあなたと彼。

彼は「たまには一人の時間が欲しい」実はそんな風に思っているんです。

なるべく多くの時間を一緒に過ごしたいからという理由で同棲を始めたと思いますが、彼の中ではもうその事実だけで十分だから自分の時間も欲しい。

だけど「それって私のことが鬱陶しいってこと?」と彼女に言われるところを想像したら言えない。

そんな男性も多いんです。

なのでたまには友達と旅行に行って数日間あえて空けてみたり、実家に顔を出してみたりと意識的に彼の一人の時間を作ってあげることが大切です。

一緒に過ごしているからこそあまり波風立てない方が今後のためと彼は思って本音を言わないことも十分考えられるので、たとえ口では「一人になりたい」と言われなくても、たまにはそんな時間を作ってあげる。

それは彼にとってとてもありがたいことだったりします。

7:ガーリー過ぎるインテリアは嫌

インテリアが大好きで自分の家はおしゃれにしたい!そんな女性は多いですよね。

でも男性からしてみれば「なんだかおしゃれ過ぎて落ち着かない」「自分の家じゃないみたい・・・」本音ではそう思っているかも。

特に今はいかに生活感を失くすかというインテリアが流行していて、100円均一などでもおしゃれなアイテムがたくさん売られている時代です。

お金を掛けなくても簡単に家の模様替えをすることができますが、同棲している以上はあなただけの家ではありません。

彼にとってみれば生活感を消し過ぎてどこに何があるのかわからなくて困ってしまったり、自分のものを置いているだけなのに「おしゃれじゃない」と何でもかんでも指摘されることにストレスを感じてしまうんです。

それがきっかけであなたとの関係が上手くいかなくなることもあります。

ガーリーでおしゃれな部屋は女性の憧れですが、それは自分の部屋だけにしてリビングはあまりこだわりすぎないなど注意が必要です。

「一緒に住んでいるんだから相手にも配慮して欲しい」それが彼の本音なんです。

8:恥じらいを残してほしい

同棲が長くなればなるほどどうしても気が緩みがちですよね。

まだ結婚しているわけではないのに、彼に恥じらいのない姿を見せてしまうと「あなたのことを女性として見ることができなくなる」それが本音だったりします。

一緒にいる時間が長くなってきて、お風呂から上がった後裸で歩き回ったり、休みの日は一日中パジャマのままだらしなくしている。そんなことはありませんか?

やはり男性としては自分の彼女にはいつも女性として可愛らしく、綺麗でいて欲しいものなんです。

家でもいつも完璧にメイクして、服もしっかり着替えてほしいとまではいかなくても、ある程度は髪を整えたり、人に会っても恥ずかしくない程度の格好をして欲しいと本音では思っています。

男性は女性の恥じらいや、恥ずかしがる姿にグッとくる生き物なんです。

自分の彼女には一緒に住んでいるとはいえ、少しは恥じらいを残して欲しいというのが男の本音ですね。

9:養っていきたい女性かどうか判断している

同棲しているということは、後々は結婚まで視野に入れてお互い生活していると思います。

しかし10年も同棲していたのにある日パッタリ別れてしまった。

周りの友達もびっくり!そんなこともあるんです。

一緒に住んでいるんだから彼との関係はもう安心。あとは結婚するだけ。

そんな風に考えていると、ある日突然思いもよらない結末になってしまうことも。

男性は何も考えていないようで、普段からあなたのことを良く見ていますし、今後一生養っていきたいかどうかしっかりと考えています。

縛られることを嫌う男性も多く「あなたと本当に結婚して大丈夫か」実は色々とチェックしているんです。

その中であなたとの生活の価値観や、同棲してからも付き合った頃のような女性らしさがあるかどうか、まだ結婚が確定したわけではなく、今考えているところというのが男の本音です。

油断してしまうと結婚まで考えているパートナーを逃してしまう。

そんなことにもなりかねないので気をつけましょう。

結婚編

結婚
愛する彼との結婚生活の中でも男の本音は隠れています。

結婚したから安心!と思いきや、まだまだ謎の多い男の本音。

いつまでも男の人が実際はどう考えているのか知るのって難しいですよね。

そんな結婚生活の中での男の本音もしっかり紹介していきます!

10:支えてほしい

「結婚したら男性が大黒柱としてしっかり家庭を守って欲しい」「収入面でも父親としても家に関することは全般をやってほしい」女性としては結婚したら男性にしっかりとして欲しいという気持ちを持つ人が多いと思います。

しかし男の本音としては全部を任せっきりにするのではなく、妻であるあなたには支えになって欲しい。そう思っているんです。

それは必ずしもあなたにも働いて欲しいとか、何かあったら家族は妻が守るとかそういうことではなく、あくまでも彼が夫として存在している上で支えが欲しいという意味なんです。

男性が家族のために一生懸命働くことはもちろんですが、朝はお弁当を作ってあげたり、帰ってきたらすぐお風呂に入れるように用意していたり「働くのは当たり前だけど配慮してほしい」それが男の本音です。

誰しも自分の頑張りを認めて欲しいですし、時には支えが必要なんですよね。

11:結婚前と変わらぬ接し方でいたい

やはり女性としてあなたに魅力を感じたから彼はあなたを選んで結婚することができたんです。

しかし「結婚したら人が変わってしまった」そんなことがあれば彼としては「騙された・・・」そんな悲しい気持ちになってしまうこともあるでしょう。

毎日一緒にいて彼との関係に慣れてきたからといって言葉遣いが乱暴になったりしていませんか?

もう彼に気を遣うことはしなくていいと思って、自分のものを部屋に散らかしっぱなしにしていたり、テレビを見て大笑いして、彼とは全く会話もなくなる。そんな風になってはいませんか?

彼は結婚する前のあなたの姿を見てあなたを選んでいるので、結婚前と後であまりにもあなたが変わってしまえば彼にとってはがっかりですよね。

場合によっては「結婚する相手を間違えた・・・」そんな風に思ってしまう可能性もあります。

結婚する前と後では自分に極端に変わりがなかったか、一度自分自身を見直してみましょう。

12:家事は任せたい

家事
今では「主夫」「ワンオペ育児」なんて言葉もあるくらい、男性も家事を手伝うものという空気に世間は変わってきました。

しかし男の本音としてはやはり家事は女性に任せたい。そう思っている人も多いです。

特に今まで一人暮らしをしたことがない男性と結婚した場合は、料理や掃除を自分一人でした経験がなく、それをやっている自分が全く想像がつかないのです。

家事は女性にできればお願いしたい。そう思っている男性はまだまだ多いです。

夫である彼は見えないところで上司の理不尽な指示にストレスを感じたり、残業が続いたりと肉体的にも精神的にもかなり疲れているかもしれません。

それにプラスして家庭を支えなければいけないというプレッシャーもあるので「家事はできたら妻にやって欲しい」それが彼の正直な気持ちです。

13:家庭を支えなければならないプレッシャーがある

やはり夫である彼には家庭というプレッシャーがかなりのし掛かっています。

「自分が頑張らないと家族全員共倒れ」そう思うだけで精神的にかなり追い詰められるものがありますよね。

まだ夫婦二人という場合なら大人が二人なので、どうしてもという場合にはあなたもパートに出たりと家庭を経済的に支えることができますが、子供がいる場合には自由に使える時間も少なく働きに出るのは難しいですよね。

子供がいると何かと出費がかさみますし、将来大学に行くことまで考えると・・・。

男性は自分が働きに出ている分、意外とそんな先のことまでしっかりと考えています。

実際会社で大変な仕事をしていても家族のことを考えたらそう簡単に辞める訳にもいきません。

実際に言葉にすることはなくても「家族のために日々頑張っている、プレッシャーと戦っている」そんな気持ちを分かって欲しいと思っているのが男の本音ですね。

14:時にはドキドキしたい

結婚してしまうと毎日が同じことの繰り返しでどうしても生活の中にドキドキがなくなってきてしまいます。

毎日忙しすぎてそんなこと忘れてしまいがちですが、男性は今でも「たまにはドキドキしたいな」本音ではそんなことを考えています!

そんな彼のためにたまにはあなたの方からデートに誘ったり、たまには女性を感じさせるメイクや服装をして彼を驚かせましょう。

日常の中のちょっとした変化でも男性は嬉しいものなんです。

結婚してからもたまにはドキドキしたいと思うのが男の本音なんです。

男性はいつまで経っても恋愛関係でいたいと思っている

男性は意外といつまでも気持ちがピュアで少年のように純粋だったりします。

あなたに好意を持って一生懸命追いかけたあの日のように、男性はいつまでも女性と恋愛関係でいたいのです。

彼があなたとの付き合いに慣れてしまい、ドキドキを求めて他の女性に目移りしてしまう前に彼との恋愛関係を長く保ちましょう!

女性の方が現実的になってしまう

女性の方が案外現実的で結婚して家庭を持った途端、お金の管理や夫に対して周囲と比べてシビアになるなど女性という部分より、妻としてのしっかりとした部分が目立つようになっていきます。

男性としてはいつまでも女性と楽しくワクワクして過ごしたいものですが、結婚したら急に「月のお小遣いはいくらまで」「〇〇さんの旦那さんはもっと稼いでるのに」そんな現実的な事実を語りがちです。

確かに生活を管理していく中で、現実を見ることは大切なのですが、急に恋愛モードから現実的になり過ぎると男性としては少し引いてしまうところがあるのも本音です。

徐々に恋愛対象としては見れなくなっていく

妻として家庭を管理してくれることは男性としてもとても有難いことですが、あまりにも現実的でいつもお金のことばかり、家事が大変だという愚痴ばかり聞かされる。

そんな状態になってくると、彼は次第にあなたのことを女性として見ることが難しくなってきます。

「私は一生懸命やっているだけなのに」女性側からしてみるとそんな風にも思ってしまうと思うのがですが、どこかで肩の力を抜いてみて下さい。

「今日はお仕事どうだった?」そんな一言を彼にかけてあげるだけで、彼としてはあなたに女性的な魅力や優しさを取り戻すことができるんです!大変な仕事から帰ってきたら優しい奥さんに癒されたい。

男性は本音ではそう思っていますよ!

そんな男性の想いに向き合うことが大切

男性はやはりいつまで経っても子供っぽいところがあります。

頑張るのは当たり前だと思っていても、女性に「いつも頼りにしているよ!」「あなたがいないとダメなんだ」そんなこと言われたい。

本音ではそう思っています。

同時に男性はプライドが高い生き物なので口では自分から「頑張っていることを褒めてほしい!」そんなことは言いません。

ですがそれを察して欲しいのが男性の本音なんです。

男性の想いを理解して向き合ってあげることがとても大切です。

女として見てくれる事に感謝する

時には彼に対して自分が女として見てもらえることを感謝しましょう。

やはり女性的な魅力を感じない女性には男性は近寄って行ったりしません。

彼があなたの傍にいてくれるということは、あなたを女性として好意を持っているということなんです。

当たり前のことかもしれませんがその事実にもう一度気づいて、あなたを選んでくれた彼に改めて感謝しましょう!

初心を思い出す

やはり大切なのは「初心忘れるべからず」ですよね!彼のことを好きになったあの日のこと、初めてデートに行った日、初めて手を繋いだ日をもう一度思い出してみて下さい。

今でもドキドキしてきませんか?彼と付き合う前は「彼に好かれよう」「彼をゲットしたい!」という気持ちで頭がいっぱいだったと思います。

付き合いが長く慣ればなるほどそんな気持ちは忘れがちですが、もう一度初心を思い出して彼との関係をより良いものにしていって下さいね!

一緒にいることが当たり前だと思わない

彼と交際がスタートすると「彼はもう私のもの」当たり前のようにそんな気持ちになりますが、実際は一緒にいることが当たり前ではないんですよね。

何かほんの小さなきっかけで彼とこじれてお別れが来ることだって十分あり得るんです。

実は知らないところで彼を傷つけていて、彼は何も言わずに我慢していることがあるなんてこともあります。

一緒にいることが当たり前で、これからもそれが続いていくことが普通だとは思わずに、時には彼の話に耳を傾けたり、あなたも不満があれば溜め込まずに彼に相談して下さいね。

男性の本音が分かれば良い関係を築く努力ができる!

見えないところに潜んでいる男性の本音。

デート編、同棲編、結婚編と様々なシチュエーションに合わせて紹介してきました!分かっていたようで理解できていなかった男性の本音もあったかと思います。

男の本音が理解できれば彼との関係をより良いものにしていくことができるんです!男の本音をこの機会にしっかりと理解して彼との楽しい毎日を送って下さいね。