面白い話や自分の功績を自慢することも必要ですが、自分を認めて欲しければ、同じように人の話も聞く必要があります。

ワガママ

めんどくさい人はワガママな傾向があります。

自分を中心に考える傾向があるので、周りの人への配慮が足りていない場合があります。

そのため自然とワガママになってしまいます。

いつも自分が中心でないと気が済まないので、すでに決まっているルールやグループがあったとしても、無理矢理自分の気持ちを押し通そうとします。

そして、思い通りにいかないと大げさなくらいに感情的になり、扱いが大変になります。

人の生活サイクルや人間関係はあまり気にしません。

自分の都合のいいときに連絡しますし、自分が好きだと思えば人の彼氏や彼女も平気で略奪できます。

周りの人は扱いがめんどくさいことから、多少のことは目をつぶり、我慢しています。

本人は自分が可愛いと思っているので、特別にワガママが許されると思っています。

普段から自分の気持ちを言いすぎる自覚がある人は、周りの人に迷惑を掛けていないか、今一度振り返ってみてください。

頑固

めんどくさい人は頑固です。

自分の考えが一番正しいと思っていますので、他の人の考えを聞き入れたり、多数派の意見に合わせたりすることが苦手です。

自分の考えが通るまでゴネます。

仕事や学校関係において、目上の人からアドバイスを受けることがあったとします。

当然受け入れることはせず、反発し、自分のプライドが傷つけられたと怒ることもあります。

それでは自分の成長には繋がりません。

グループで一つの決め事をするとき、めんどくさい人が一人でもいるとなかなか進みません。

まったく関係のない話題を振ったり、自分の考えが通るまでゴネます。

最終的に周りが折れざるを得ない状態になってしまいます。

筋の通った考えを持つことはすごく大切です。

しかし、世の中を渡っていく上では周りの意見に賛同しないといけないことも多々あります。

周りの考えを受け入れつつ、自分の考えも話せる人になれるのが理想的です。

連絡しないと怒る

怒る
めんどくさい人は連絡しないと怒ります。

いつも自分が中心で、どんなシーンにも顔を出したいと考えています。

また、友人や彼氏彼女といった親しい間柄の人とはマメに連絡を取り合い、自分を気にかけて欲しいと考えています。

忙しくて連絡をせずにいると、感情的な言葉で責めることもあります。

相手の状況を考えることがあまりないので、相手にとってはストレスかもしれません。

返事の必要はないかなとスルーしていると、返事がなかったと怒ることもあります。

めんどくさい人から定期的に届く自慢話を交えたLINEやメールには、一言誉め言葉を添えつつ返事をする必要があります。

これも相手にとってはめんどくさいの一言に尽きます。

仕事や学校関係、そしてプライベートでも予定があるとほとんどの人が時間に追われる生活をしています。

めんどくさい人はそういったことが見えておらず、いつだって自分のことをかまってくれると思い込んでいます。

関係ないのに首を突っ込む

めんどくさい人は関係ないのに首を突っ込むことが多いです。

自分に解決できないことはないと自意識過剰で、何事も自分が中心でないと気が済みません。

それも悩み事の相談、難しい話ほど首を突っ込みたがる傾向があります。

首を突っ込んでおきながら、相談を聞いて欲しい人の話はほとんど聞かず、周りの人の考えも自分の考えに賛同させようとします。

そして、その考えが的外れであることが多いです。

このように、ほとんど役に立たないのに関係ないことまで首を突っ込むので、周りの人からは嫌がられることが多いです。

普段から世話焼きと言われることが多い人は、他の人の入って欲しくないテリトリーにまで土足で突っ込んでいないか振り返ってみましょう。

悪口や愚痴が多い

めんどくさい人は悪口や愚痴が多いです。

普段からワガママで周りを振り回すことが多く、諦めて合わせてくれる人もいれば、合わせずに喧嘩をふっかけてくる人もいます。

人間関係のトラブルが多い傾向があります。

それだけではなく、めんどくさいと思われることで、大事な話や悩み事は話して貰えないことが多いです。

グループでの楽しいイベントや飲み会には誘われないこともあります。