周囲の人に依存しない自分を作ることで、一人で行動できるようになります。

それだけではなく、相手のプライベートな時間も尊重できるようになります。

自分磨きに縛りはありません。

早起きしてジョギングしたり、料理教室に通ったり、誰に対しても挨拶するようにしたり、何でも良いです。

自分に自信がつくことで、自然と周りの人もついてきてくれるようになります。

リーダーシップを取るのも夢ではありません。

どんな時も冷静になる

どんな時も冷静になることで、相手の気持ちを理解しようとしますし、自分を振り返ることができるようになります。

感情的になると自分の欲求が先走り、相手の気持ちを理解しようとはしなくなります。

後から後悔することがあっても、一度なくしてしまった信頼関係の回復は難しいです。

立ち止まり、どんな時も冷静になることで守れるものはたくさんあります。

イライラしたり、怒りたくなったときは深く深呼吸しましょう。

そして、定期的に自分の好きなことをする時間を作ることで、今堪えれば楽しみが待っていると思えるようにしましょう。

嫌な感情を顔に出さない

嫌な感情を顔に出さないようにすることで、全体の和を乱したり、誰かを傷つけたりすることは避けられると思います。

少し嫌な気持ちになることがあっても、プライベートな時間以外はぐっと堪えることを身に着けてください。

ストレスをためてばかりだといつか爆発してしまいます。

定期的に友人と好きなことをしたり、誰かに愚痴を聞いて貰ったりして、負の感情を洗い流すことも大切です。

抱え込むことを避けることで、ちょっとしたことは笑って流せるようになります。

笑顔を増やす

笑顔を増やすことで、周りの人の気持ちは和みます。

一緒にいて楽しいと思える人、気持ちが和む人の周りには自然と人が集まります。

そして、無理に気を引こうとしなくても中心的存在になれます。

多少辛いことがあっても、笑顔でいることを心がけてください。

人の笑顔とは不思議なもので、時に人を好きになるきっかけとなることもあります。

誰に対しても笑顔を心がけ、その場の雰囲気を盛り上げるような人になりましょう。

気配り上手になる

気配り上手になることで、少しずつ周りを見れるようになります。

気配り上手になるには、いつも心に余裕を持たせることが大切です。

そのためには、何とかなるさといった楽天的な考え方や、多少のことは水に流せるくらいのおおらかさが必要になります。

周りを見るようにして、気配りをすることで、自分が助けて欲しいときも誰かが手を差し伸べてくれるようになります。

恩着せがましく優しくするのではなく、自然と誰に対しても優しくできれば理想的です。

褒め上手になる

褒め上手になることで、周囲の人の心を和ませてください。

褒められることで、人は嬉しい気持ちになります。

そして、自分を見てくれていたことに安堵し、もっと頑張ろうと思えます。

自分を認めて褒めてくれた人のことは知ろうとしますので、自然と信頼関係を築くことができます。

大げさに褒めたり、日常会話の中でさらっと褒めたり、それは相手の個性に応じて変えてください。

褒めるためには相手の良いところを見つけようとします。

自然と自分も相手の良いところを自分のモノにしようと努力し、自分の成長へとつながります。

めんどくさい人は卒業してモテちゃおう!

自分がどういう行動をすることでめんどくさいと思われているのかを知ることで、変わることはいくらでもできます。

ほんの少しの勇気と、頑張りで未来はがらりと変わります。

めんどくさい人は卒業して、モテる素敵な女性を目指しましょう。