添い寝だけの男性心理6選!女性の寝顔にキュンとくる訳とは?について
添い寝だけの男性はどういう気持ちで添い寝出来るのか、考え出すと不思議です。

男性はチャンスがあれば女性を自分のモノにしたい下心でいっぱいの人がほとんどのハズなのに、どうして添い寝だけで我慢できるのだろう?女性の寝顔にキュンとくるのだろうか?と色々考えます。

今回は添い寝だけで幸せになれる男性の心理、そして女性の寝顔にキュンとくる訳を紹介します。

添い寝をすると幸せ度が上がる

添い寝をすると、すごく幸せな気持ちが上がります。

人はいつも心のどこかに警戒心を持っていて、何かトラブルが起きた時の対処を考えながら生きています。

大人になればなるほど、その場の空気を読み、相手に合わせて行動することが多いです。

寝るときはそういったことをすべて忘れて、すごく自由になれる瞬間です。

その自由な瞬間に添い寝を許す相手には、それだけあなたに心を許していますよという暗示でもあるので、お互い必要とされていることに幸せ度が上がります。

好きな人の寝顔は特に心から幸せになります。

いつもは見ることの出来ないリラックスした表情、自分だけが見られることに幸せな気持ちになります。

安心感を感じられる

添い寝されると、隣に誰かいることに安心感を感じられます。

一人暮らしをしている人の多くは遅くまで残業し、自宅には寝に帰るだけの人もいれば、夜遅くまで色々なことに追われて多くの人に囲まれているわりに、帰って一人で寝るだけの人もいます。

心のどこかに、一人で寝ているときに孤独感を抱えている人も多いです。

隣に添い寝してもらうことで、自分は一人ではないという安心感に包まれます。

そして、幼いころに母親や父親、家族に添い寝してもらったころの幸せな時間を思い出します。

自分は一人ではないと思えると、色々なことを頑張ろうと思えます。

相手を愛おしく思える

添い寝することで、すごく相手を愛おしく思うことができます。

添い寝する、添い寝される、いずれもお互いをすごく大切に思い合い、心を許していないと出来ません。

不意打ちで添い寝することはあったとしても、了解の上での添い寝はお互いの間に緊張感があると出来ません。

まったく自由にリラックスしている相手を眺めていると、ずっとこの時間が続いて一緒にいられたらいいのにと、相手をすごく愛おしく思えます。

添い寝する瞬間はすごく安心します。

朝も同じように幸せな気持ちで迎えられるととても落ち着きます。

元気な体でいられるのも、明日の朝から頑張れるのも、添い寝のおかげです。

一人で寝ているよりも、誰かに添い寝してもらって寝たほうが幸せな気持ちになれます。

実際お互い起きている間は意思があり、喧嘩をしたり、楽しいことを言って笑いあったりします。

そういう意思の疎通がなくても、傍にいてくれるだけでも幸せな気持ちになれることはすごく素敵なことです。

近年では添い寝フレンド=ソフレが流行している

添い寝
近年は添い寝フレンド、ソフレが流行しています。

ソフレを扱った少女漫画やドラマも実在します。

女性を中心に、安心感や安らぎを求めるためにソフレを専門とする業者に依頼する人もいます。

ソフレという関係を取ることで、恋愛の煩わしい関係、束縛、駆け引きなどに振り回されることなく、お互いの安心感や絆といったいいところだけを取ることが出来るという意見の人がいます。

確かに、彼氏彼女の関係は面倒くさいことも多いので分かる気はします。

別に彼氏彼女がいる上で、別の男女とソフレの関係になる人もいます。

そこに肉体関係はないから、やましいことはしていないと言い切れます。

人によってはそれはもう浮気になるのでは?と思われるかもしれませんが、色々な価値観があります。

ソフレの関係の人がいることをオープンにせず、自分だけの安らぎにするのならそれはそれで問題ないと思います。

プライベートでは大人でも安らぎが必要です。

体の関係はなく添い寝するだけの関係

ソフレに体の関係はなく、添い寝するだけの関係です。

友達以上、恋人未満の微妙な関係のときは一番ドキドキして、それがまた楽しいのと似ているかもしれません。

キスしたり、ぎゅっと抱きしめたりしたいけれど出来ない、お互いのドキドキする気持ちだけを楽しみます。

大人だと、忘れかけていた片思いを楽しむ青春時代に浸ることができます。

女性は下心ありきの男性に疲れたときに、ソフレという関係の安心できるパートナーがいることで心の安定を保つことができます。

男性は女性の強気な態度や感情の起伏に疲れて、恋愛はもう嫌だと思った時に、ソフレという関係の安心できるパートナーがいることで、自分のプライドをキープできることができます。

お互い添い寝するだけの関係をキープできるのであれば、ソフレはすごく理想的な関係だと言えます。

それだけ添い寝をすることはメリットがたくさんあるということ

添い寝することにはたくさんのメリットがあります。

まず、お互いを必要とされていることから、日々心のどこかで感じている孤独感を払拭することができます。

自分を必要としてくれる人がいるから、明日も頑張ろうと思うことができます。

恋愛をするとなると、相手を探すことに疲れるかもしれません。

彼氏彼女が出来た後も、喧嘩をしたり、お互いの価値観のズレから口論になったり、色々とすれ違いはあります。

ソフレはそういった面倒ごとがほとんどありません。

添い寝をすることにはこれ以外にもたくさんのメリットがあります。

紹介しますので、ソフレが気になった人、ソフレの関係をキープ中の人は参考にしてください。

スキンシップがとれる

添い寝することで、スキンシップを取りやすくなります。

お互いすごくリラックスした状態なので、手を繋いだり、軽くハグしたり、そういったことを普段はためらって出来ませんが、すごく自由になれます。

体の関係にはならない、ここまでというボーダーラインをあらかじめ決めておくことで、お互い嫌な気持ちになることもありません。

その微妙な関係にドキドキし、楽しむことが出来ます。

スキンシップはすごく大切なのに、恋人、夫婦のいずれも一緒にいる期間が長くなるとだんだんそういったことが疎かになります。

出会って最初のころのキュンキュンする気持ちを忘れてしまいがちです。

添い寝はそういった甘酸っぱい気持ちを全部思い出させてくれます。

添い寝するだけの関係の相手がいることで、恋人や夫婦とも落ち着いた関係でいられる人もいると思います。

人の体温はすごく温かくて、落ち着きます。

疲れているときや寂しいときは特に、誰かと軽くスキンシップを取るだけでもすごく癒されます。

幼いころ、泣いた後に抱っこをせがんだり、母親の手がないと寝れなかったエピソードがあったりしませんか?年齢を重ねても同じで、人と人との体温はすごく安らぐものです。

コミュニケーションがとれる

添い寝することで、コミュニケーションがとれるようになります。

起きている時間はお互い同じ空間にいても、時間があれば掃除をしておこう、家事をしておこう、作り置きをしておこう、見逃したDVDがあった、友人にLINEを返していないなどやりたいことをやってしまい、会話が疎かになっていることがあります。

寝る前は布団の中にお互いの存在があるだけですので、自然と何もせずにコミュニケーションを取ろうとします。

今日一日であった幸せな出来事、嫌だった出来事、今度の休日に何をして過ごすのか、今ハマっているモノ、見たいドラマや映画、友人の話などとりとめもない話題で盛り上がってください。

嫌なことがあった日は、泣きながら添い寝して貰ってもいいと思います。

辛いときはお互い様です。

普段出せない自分をオープンにすることができます。

眠る前に自分の話を聞いて貰った、相手の話を聞けたという満足感は良い眠りを誘ってくれそうな気がします。

ぬくもりを感じられる

添い寝することで、ぬくもりを感じられることは素敵です。

人肌の温かさに勝る安らぎはないかもしれません。

温かいココアやコーヒー、寒い冬の日のこたつやストーブ、ブランケットなども人の心を安らげてくれますが、何よりも人肌の温もりはとてもリラックスできます。

人肌の温もりに勝るものはないかもしれません。

特に一番リラックス出来る温かい布団の中で添い寝して触れる人肌の温もりほど落ち着くものはありません。

お互いの存在を必要とし、信頼し合ってるからこそのぬくもりもあります。

ただ添い寝するだけでも良いですし、手を繋いだり、軽く腕枕をしたりしながら寝てもぐっすりと眠れると思います。

朝起きた時、変わらずにその人の人肌があることがまた、その日の活力へと繋がります。

よく眠れる

よく眠れる
添い寝することで、ぐっすりとよく眠れるようになります。

眠る前に色々と考えすぎてしまったり、暗い部屋でスマホをいじりすぎたり、DVDを観たり、頭を刺激し過ぎてなかなか眠りにつけないことがあります。

添い寝してくれる人がいることで、相手への配慮から一定の時間には眠るようになります。

また、隣でスマホを触ったり、暗い部屋でDVDを観たりすることも控えるようになります。

誰かが隣にいてくれるという安心感はすごく大きくて、自分は一人ではない、受け止めてくれる人がいるという安らぎでぐっすり眠れるのも大きいです。

自然と眠れない理由がなくなり、ぐっすりと眠れるようになります。

一定数の不眠症の人は、薬を服用しないと眠れない人もいます。

すべて解決するかどうかは分かりませんが、添い寝して貰うことで不安な気持ちが減り、薬を服用することは変わらなくても、不安な気持ちで夜を過ごすことはなくなると思います。

添い寝だけの男性心理6選

添い寝だけの男性には心の内に秘めていることがいくつかあります。

女性から見た男性は一部の草食系男子を除き、肉食系です。

チャンスさえあれば、そこに恋愛感情がなくても自分のモノにしたいという下心を持っていると思っています。

それなのに、男性が添い寝だけで堪えられるなんて本当なのだろうかと不思議で仕方ない人もいると思います。

添い寝だけで満足できる男性の心理を紹介します。

それに共感しつつ、理想の添い寝できるパートナーを探して貰えたらと思います。

1:癒されたい

添い寝だけで満足する男性は、ただ癒されたい気持ちでいっぱいです。

恋愛をすると、お互いの気持ちの駆け引き、彼女の感情の起伏の激しさへの悩み、将来の結婚へのプレッシャーなど色々な悩みが出てきます。

普段疲れ切っていて、恋愛の良さは分かっているものの、とりあえず今は面倒くさいから恋愛したくない、ただ癒されたいという気持ちの男性もいます。

そんな男性にとって、お互い添い寝するだけの関係でいられる女性は癒しそのものです。

結婚へのプレッシャーもない、会いたい時に会ってお互い一緒にいればいい、多少の価値観のズレは目をつぶっていられるなど楽だと感じることが多いです。

別でお付き合いしている彼女がいて、彼女とうまくいかない時に気持ちのバランスを保つために添い寝の関係の女性を持つ人もいると思います。

一線を超えてしまうと浮気や不倫になってしまい、別れの原因となります。

添い寝の関係だけだと、物理的には浮気や不倫にはなりません。

それを女性がどう捉えるかは別として、男性は違う所で自分の身を守りつつも安らげる存在を求める時に添い寝だけの関係の女性が欲しいと思うのかもしれません。

同じような価値観の女性と出会った時、お互いを癒すために添い寝する関係になれたらすごく素敵ですね。

2:愛情表現をしたい

添い寝だけで満足する男性は、愛情表現をしたい気持ちがあります。

恋愛の面倒くさいことはしたくないけれど、自分の感情を注げるパートナーが欲しいと考えています。

親から子供に向けられる、無償の愛情に少し似ています。

若いころは野心に燃えて色々なことに精を出します。

そして、物欲や独占欲もそれなりにあるので、ハイブランドの服や小物を好んで買ったり、誰もが羨むような美人の恋人を探し求めたりします。

ある程度の年齢になるとそれは落ち着き、物欲もさほどになくなり、安定志向になることがあります。

そういったとき、有り余った自分の感情を降り注ぐ相手が欲しいと考えます。

結婚し、家庭を持っている人であれば家族という存在があります。

昨今は多種多様な考え方が認められるようになり、生涯独身を貫く人もいます。

そんな人にとって、添い寝できる関係の人は愛情表現をできる理想の相手です。

3:愛情がほしい

愛情がほしい男性
添い寝だけで満足する男性は、愛情が欲しいと考えています。

恋人を作ればお互い愛情を注ぐことができますが、そういったことが面倒くさいと感じた時に、添い寝だけの関係でいられる相手はピッタリです。

添い寝をすることで、お互いを必要としていることを感じます。

普段は別のパートナーがいたとしても、一緒にいる時間だけは愛情を求め合うことができます。

気を遣わずに、お互い何も考えずに一緒の空間で過ごせる相手にはなかなか出会えません。

大人になると、恋人や夫婦でも添い寝で寝ることは毎日ではありません。

幼いころ、両親や祖父母の添い寝してもらった温かみを覚えていて、自然とそういった愛情を求めるところも大きいです。

心が弱っているときは特に、愛情が欲しくて添い寝してくれる存在の人は大切な存在になると思います。

恋愛に疲れたけれど、誰かからの愛情が欲しいと考えた時に添い寝だけの関係はちょうどいいのかもしれません。

4:甘えたい

添い寝だけで満足する男性は、甘えたいと考えています。

恋人関係だと、彼氏がリードすることが多いです。

デートコースのプラン、記念日のレストランの予約、クリスマスプレゼント、など恋人同士の愛情確認をするポイントのほとんどが男性が中心となるべきといった考え方が根強いです。

普段も、疲れていても彼女から会いたいと言われれば出かけないといけません。

多少無理をしてでも、仕事帰りにデートすることもあるかもしれません。

キスをしたり、それ以上の関係になることも男性がリードすることが基本です。

添い寝だけでいられる関係だと、すごくリラックスした状態です。

どちらがリードする、駆け引きを楽しむといったことはほとんどなく、ただ甘えていればいいだけです。

自分自身のプライドを捨てて、ただ誰かに甘えたいと思った時、添い寝だけの関係は男性にとってちょうどいいのかもしれません。

5:会話を楽しみたい

添い寝だけで満足する男性は、お互いの会話を楽しみたいと思っています。

一緒にいる時間、お互いやりたいことをやっているとなかなか会話が成立しません。

一方的にどちらかが話していたり、誰も話さなくて無言だったりといったことがよくあります。

眠る前に添い寝すると、何かをしないといけないといったことがなくなります。

お互いのとりとめもない会話を楽しむことができます。

デートの時間だと、お互い気取って無理をして、多少会話でも見栄を張ることがあります。

眠る前のリラックスした状態なら、素のままで会話を楽しむことができます。

誰かに話を聞いて貰うことは心の安定へと繋がり、明日への活力となります。

6:ドキドキ・キュンキュンしたい

添い寝だけで満足する男性は、ただドキドキ・キュンキュンしたいという気持ちもあります。

彼氏彼女の関係になると、お互いのことが手に取るように分かるようになります。

付き合っている期間が長くなればなるほど、お互いのことが好きな気持ちに変わりはなくともマンネリ化してしまいます。

添い寝だけの関係は、友達以上恋人未満の微妙な状態に似ています。

お互い恋愛感情があることは分かっているのに、手を出したくても出せない状態です。

青春時代、好きな人のことを考えただけで苦しくて、目が合っただけでもドキドキ・キュンキュンした感覚は覚えていますか?

添い寝だけの関係はそんなドキドキ・キュンキュンする新鮮な気持ちを思い出させてくれます。

男性が女性の寝顔にキュンとくる訳とは?

女性の寝顔
男性が女性の寝顔にキュンとくるのには理由があります。

人それぞれ色々ありますが、いつもは隠している部分が全てオープンになっている、自分だけが知っている顔、といった秘密めいたところには誰しもキュンとします。

いくつか男性が女性の寝顔にキュンとくる理由を紹介します。

可愛い寝顔を意識するためにも、参考にしてください。

無防備だから

女性の寝顔は無防備で、普段とのギャップにキュンときます。

いつもは仕事でピリピリしていたり、プライベートでも彼氏のことや友人のことを気遣い、周りのことをじっくり見ている女性はなかなかリラックス出来ません。

時間に追われていると、疲れていても我慢することも多いです。

泣きたくても泣けない、ぐっと我慢することもあります。

周りのことを気にして、自分の感情を抑えることもあります。

そういったことが全部なしになる寝顔はすごく無防備です。

自分だけが見れていることに特別感を感じます。

安心しきっている姿が可愛い

寝顔はすべての緊張感から解き放たれ、安心しきっている姿なので可愛いです。

起きていて、自宅でリラックスしている時間は別として、人前にいるときは心のどこかに緊張感を持っています。

いつも見られていますし、仕事場での人間関係やプライベートでの人間関係はどちらも多少気を遣います。

一日の疲れから解き放たれ、安心しきっているときの表情はある意味ドレスアップしたときの恰好よりも可愛いかもしれません。

自分だけが見られる特別な姿というところに意味があります。

男性は独占欲が強く、自分だけが出来るところにぐっときます。

完全に素の状態だから

寝顔は完全に素の状態なので、いつもは見られない表情が見られます。

恋人と一緒にいる時間、普段よりは気を許していても少しの緊張感は持っています。

女性は彼氏の前では可愛い女性でいたいですし、疲れていても多少の無理はします。

お付き合いが長くなってくると気を張らなくなるかもしれませんが、彼氏に嫌われたくない気持ちに変わりはありません。

このように、デートの時間も女性が完全に素の状態になることはあまりありません。

あるとすれば、二人きりで好きなことをしていたり、少しイチャイチャしているときだったりと限られてきます。

寝顔は本当に貴重で、完全に素の状態です。

彼氏彼女の存在になると、恋愛の煩わしいところを乗り越えつつ、時々寝顔を見て幸せな気持ちになる時間があります。

添い寝の関係だと、面倒くさいことが一切なくて、かわいい寝顔だけを独り占めできるのですごく魅力的なのかもしれません。

子供みたいだから

寝顔は大人びたふりをしている女性ですら、子供のようにも見えます。

寝ている時まで緊張感をキープできる人はいません。

すごく無防備で、あどけなくて、子供のように可愛く見えることもあります。

幼いころは自分の感情を抑えることなく、好きなことは好き、嫌なことは嫌、自分の気持ちは最後まで貫き通すことが当然のように出来ていました。

大人になると、色々な人間関係を気にして我慢しないといけないことが増えます。

寝ている時間はそういった理性で自分を押さえることが一切ないため、すごく自由です。

添い寝している相手も寝顔を見ることで、いつも我慢している女性が無防備になることにキュンとするのだと思います。

守ってあげたくなる

まるで子供のような無防備な寝顔を見ていると、思わず守ってあげたくなります。

子供は無鉄砲で、その場の空気を読まずに自分の言いたいことを言うので周りの大人がハラハラします。

時にフォローを入れ、子供をトラブルから守ります。

寝顔を見ていると、いつもは頑張っている大人の女性も幼い子供のように見えます。

普段も自分が守ってあげたいと思うようになります。

添い寝だけの関係はすごく微妙な距離感です。

そこから不思議な絆が生まれ、時間をかけて恋愛関係に発展することもないわけではありません。

愛おしくなる

子供のように可愛らしい寝顔を見ていると、すごく愛おしく思えるようになります。

無防備で可愛い表情を見ていると、まるで自分の子供のような感覚になります。

この女性は自分がいないといけないから、しっかり守っていこうという気持ちになります。

添い寝だけの関係を長い間続けていると、それは少しずつ添い寝だけの関係ではなくなるのかもしれません。

お互い心のどこかに特別な感情を持つようになります。

愛おしい気持ちは恋愛感情なのか、それとも家族愛に近いものなのか、いずれにしてもすごく深い愛情で包まれているものです。

お互いの無防備な寝顔を見せても平気なのですから、何もないわけにはいきません。

癒されるから

寝顔を見ているとすごく癒されるという要素もあります。

普段は色々と気を張っていることが多いですが、寝顔はすごくリラックスした状態です。

その表情を見ていると、自分もトローンとしてきて同じように癒される気持ちになります。

このままの時間がずっと続いて、いつまでも二人きりでいたいとすら思います。

癒される時間は人にとってすごく大切で、起きている時間のストレスや疲れを吹っ飛ばしてくれます。

ストレス発散しなくても、穏やかな時間を過ごすだけで嫌なことを忘れることができます。

添い寝だけの関係は、お互いの癒しを満たす上でもすごく貴重です。

男性が喜ぶ添い寝の誘い方をご紹介!

添い寝の誘い方
すごく魅力的なことが詰まった添い寝、さらに男性が喜ぶ添い寝の誘い方を押さえることで、彼の気持ちを独り占めしましょう。

添い寝する前にちょっと可愛い女性をアピールしておいて、おやすみなさいの後に男性のハートごと持ち去りましょう。

計算していないフリして、思い切り計算してじわりじわりと距離感を縮めます。

そのまま添い寝だけの関係になるのも、恋人関係になるのも、それは二人だけに決定権があります。

素直に「一緒に寝ようよ」と提案する

素直に一緒に寝たいと提案すれば、嫌だと言う男性はあまりいないと思います。

下心があってもなくても、一緒に寝たいと女性から言われて嫌な気持ちになる男性はほとんどいません。

それに、男の人は女の人の気持ちをスッと理解してくれませんので、先に自分から言った方が楽です。

ストレートに伝えれば、男性もストレートに受け取ることが出来ます。

寝る前に少しコミュニケーションを楽しみ、お互いの体温に落ち着きながら眠ることが出来れば最高です。

朝は笑顔でおはようと言い、一緒に寝てくれてありがとうと伝えてください。

照れながら「そっちで寝ていい?」と質問する

少し照れながら、そっちで寝ていいと聞いてみてください。

微妙な距離感を解決するチャンスですので、男性も喜びます。

もともと隣同士で寝れるくらいの仲なのですから、一緒の布団で寝る関係になるくらいスムーズです。

照れながらというところがポイントで、勇気を出して言ってくれていることが男性にも伝わります。

そして、どちらかというと男性に慣れておらず、恋愛に奥手であるにもかかわらず勇気を出して言ってくれているのも伝わります。

男性から返事が返ってくる前に、半分くらい同じ布団に入りかけていてもいいです。

少しいたずら心があって、可愛い人だと思われます。

黙って一緒の布団に入る

黙って一緒の布団に入るのもアリです。

一緒に寝たいと言って、いざ断られたらすごくショックでもう二人きりで会いたいと思えなくなるかもしれません。

それなら、最初から黙って一緒の布団に入りましょう。

女性が一緒の布団に入ることで、男性はビックリして断るような勇気も出なくなります。

よほど、この女性は自分のことを好きでいてくれているのかなとグッと気持ちが伝わります。

今日は不安なことが多いから、傍にいて欲しいなんて言いながら甘えると、あっという間に甘い雰囲気になれます。

朝起きた時は、また一緒の布団で寝たいなと伝えておきましょう。

「寒い」と言って相手が来るのを待つ

寒いと言って相手が来るのを待つのもいいと思います。

お互い好意を持っているなら、男性側からリードして一緒に寝ることを提案してくれます。

もし、男性からリードしてくれなくても、寒いと言いながら男性にまとわりついて甘えてみてください。

流れで同じ布団で寝られることもあります。

寒いから温めて欲しいと上目遣いで言いながら、手を差し伸べたり、肩に軽くもたれたりするのも効果があります。

少し体温に触れながら、じわりじわりと男性を攻めてみましょう。

添い寝だけでも十分な愛情を感じられる!

添い寝だけでも十分な愛情を感じることができます。

キスやハグがなくても、お互いの無防備な瞬間をさらせる関係が平気ということは、それだけ深い信頼関係で結ばれているということです。

そして、お互いの間には恋愛感情を超えた深い愛情があるということです。

どちらかが相手を求めていたとしても、相手が疲れていた日は添い寝だけでぐっと我慢することもあります。

それも愛情表現の一つと言えます。

ドラマや少女漫画の主人公のように甘い言葉を囁いてもらって、一線を超えることだけが愛情ではないです。

何も言わずに、相手の傍にいる添い寝だって充分な愛情表現です。

辛いとき、悲しいとき、何も言わずに傍にいてくれた友人や恋人、家族に対して愛情を感じることはありませんか?それにも似ていると思います。

好きだよの言葉の代わりに、添い寝して手を繋ぐことでお互いの意思疎通を図ってみましょう。

相手からも同じように愛情を感じられるはずです。

そんな幸せな時間を彼と過ごしてみましょう

添い寝だけでも幸せになれる相手が見つかったなら、幸せな時間を彼と過ごしてみてください。

きっと、その時間が永遠に続けばいいのにと思うくらいにリラックスして幸せな時間となります。

そして、また彼に会いたいとお互いを求めるようになります。

添い寝だけの関係でストップするのか、それ以上の関係を求めるようになるのかは分かりません。

しかし、ストレスにさらされる現代社会では、そういったグレーの関係もいいのではないかと思います。

添い寝で繋がる愛も素敵ですね。