眠る前のリラックスした状態なら、素のままで会話を楽しむことができます。

誰かに話を聞いて貰うことは心の安定へと繋がり、明日への活力となります。

6:ドキドキ・キュンキュンしたい

添い寝だけで満足する男性は、ただドキドキ・キュンキュンしたいという気持ちもあります。

彼氏彼女の関係になると、お互いのことが手に取るように分かるようになります。

付き合っている期間が長くなればなるほど、お互いのことが好きな気持ちに変わりはなくともマンネリ化してしまいます。

添い寝だけの関係は、友達以上恋人未満の微妙な状態に似ています。

お互い恋愛感情があることは分かっているのに、手を出したくても出せない状態です。

青春時代、好きな人のことを考えただけで苦しくて、目が合っただけでもドキドキ・キュンキュンした感覚は覚えていますか?

添い寝だけの関係はそんなドキドキ・キュンキュンする新鮮な気持ちを思い出させてくれます。

男性が女性の寝顔にキュンとくる訳とは?

女性の寝顔
男性が女性の寝顔にキュンとくるのには理由があります。

人それぞれ色々ありますが、いつもは隠している部分が全てオープンになっている、自分だけが知っている顔、といった秘密めいたところには誰しもキュンとします。

いくつか男性が女性の寝顔にキュンとくる理由を紹介します。

可愛い寝顔を意識するためにも、参考にしてください。

無防備だから

女性の寝顔は無防備で、普段とのギャップにキュンときます。

いつもは仕事でピリピリしていたり、プライベートでも彼氏のことや友人のことを気遣い、周りのことをじっくり見ている女性はなかなかリラックス出来ません。

時間に追われていると、疲れていても我慢することも多いです。

泣きたくても泣けない、ぐっと我慢することもあります。

周りのことを気にして、自分の感情を抑えることもあります。

そういったことが全部なしになる寝顔はすごく無防備です。

自分だけが見れていることに特別感を感じます。

安心しきっている姿が可愛い

寝顔はすべての緊張感から解き放たれ、安心しきっている姿なので可愛いです。

起きていて、自宅でリラックスしている時間は別として、人前にいるときは心のどこかに緊張感を持っています。

いつも見られていますし、仕事場での人間関係やプライベートでの人間関係はどちらも多少気を遣います。

一日の疲れから解き放たれ、安心しきっているときの表情はある意味ドレスアップしたときの恰好よりも可愛いかもしれません。

自分だけが見られる特別な姿というところに意味があります。

男性は独占欲が強く、自分だけが出来るところにぐっときます。

完全に素の状態だから

寝顔は完全に素の状態なので、いつもは見られない表情が見られます。

恋人と一緒にいる時間、普段よりは気を許していても少しの緊張感は持っています。

女性は彼氏の前では可愛い女性でいたいですし、疲れていても多少の無理はします。

お付き合いが長くなってくると気を張らなくなるかもしれませんが、彼氏に嫌われたくない気持ちに変わりはありません。

このように、デートの時間も女性が完全に素の状態になることはあまりありません。

あるとすれば、二人きりで好きなことをしていたり、少しイチャイチャしているときだったりと限られてきます。

寝顔は本当に貴重で、完全に素の状態です。

彼氏彼女の存在になると、恋愛の煩わしいところを乗り越えつつ、時々寝顔を見て幸せな気持ちになる時間があります。

添い寝の関係だと、面倒くさいことが一切なくて、かわいい寝顔だけを独り占めできるのですごく魅力的なのかもしれません。

子供みたいだから

寝顔は大人びたふりをしている女性ですら、子供のようにも見えます。

寝ている時まで緊張感をキープできる人はいません。

すごく無防備で、あどけなくて、子供のように可愛く見えることもあります。

幼いころは自分の感情を抑えることなく、好きなことは好き、嫌なことは嫌、自分の気持ちは最後まで貫き通すことが当然のように出来ていました。

大人になると、色々な人間関係を気にして我慢しないといけないことが増えます。

寝ている時間はそういった理性で自分を押さえることが一切ないため、すごく自由です。

添い寝している相手も寝顔を見ることで、いつも我慢している女性が無防備になることにキュンとするのだと思います。

守ってあげたくなる

まるで子供のような無防備な寝顔を見ていると、思わず守ってあげたくなります。

子供は無鉄砲で、その場の空気を読まずに自分の言いたいことを言うので周りの大人がハラハラします。

時にフォローを入れ、子供をトラブルから守ります。

寝顔を見ていると、いつもは頑張っている大人の女性も幼い子供のように見えます。

普段も自分が守ってあげたいと思うようになります。

添い寝だけの関係はすごく微妙な距離感です。

そこから不思議な絆が生まれ、時間をかけて恋愛関係に発展することもないわけではありません。

愛おしくなる

子供のように可愛らしい寝顔を見ていると、すごく愛おしく思えるようになります。

無防備で可愛い表情を見ていると、まるで自分の子供のような感覚になります。

この女性は自分がいないといけないから、しっかり守っていこうという気持ちになります。

添い寝だけの関係を長い間続けていると、それは少しずつ添い寝だけの関係ではなくなるのかもしれません。

お互い心のどこかに特別な感情を持つようになります。

愛おしい気持ちは恋愛感情なのか、それとも家族愛に近いものなのか、いずれにしてもすごく深い愛情で包まれているものです。

お互いの無防備な寝顔を見せても平気なのですから、何もないわけにはいきません。

癒されるから

寝顔を見ているとすごく癒されるという要素もあります。

普段は色々と気を張っていることが多いですが、寝顔はすごくリラックスした状態です。

その表情を見ていると、自分もトローンとしてきて同じように癒される気持ちになります。

このままの時間がずっと続いて、いつまでも二人きりでいたいとすら思います。

癒される時間は人にとってすごく大切で、起きている時間のストレスや疲れを吹っ飛ばしてくれます。

ストレス発散しなくても、穏やかな時間を過ごすだけで嫌なことを忘れることができます。

添い寝だけの関係は、お互いの癒しを満たす上でもすごく貴重です。

男性が喜ぶ添い寝の誘い方をご紹介!

添い寝の誘い方
すごく魅力的なことが詰まった添い寝、さらに男性が喜ぶ添い寝の誘い方を押さえることで、彼の気持ちを独り占めしましょう。

添い寝する前にちょっと可愛い女性をアピールしておいて、おやすみなさいの後に男性のハートごと持ち去りましょう。

計算していないフリして、思い切り計算してじわりじわりと距離感を縮めます。

そのまま添い寝だけの関係になるのも、恋人関係になるのも、それは二人だけに決定権があります。

素直に「一緒に寝ようよ」と提案する

素直に一緒に寝たいと提案すれば、嫌だと言う男性はあまりいないと思います。

下心があってもなくても、一緒に寝たいと女性から言われて嫌な気持ちになる男性はほとんどいません。

それに、男の人は女の人の気持ちをスッと理解してくれませんので、先に自分から言った方が楽です。

ストレートに伝えれば、男性もストレートに受け取ることが出来ます。

寝る前に少しコミュニケーションを楽しみ、お互いの体温に落ち着きながら眠ることが出来れば最高です。